如何に生きるか 日本現代史・戦後復興
ホームページにBACK
静岡県富士市 社会保険労務士 川口徹
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/nihonkind.htm

日本経済史
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/keizai/keizakk.htm
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/keizai/nihonkind.htm

日本近代史上の奇跡 戦後復興
国内の雇用を支えたのが 製造業 建設業 鉱業
繊維衣服などの軽工業から鉄鋼電気機械自動車などの輸出産業
建設業
第3次産業へ 卸し小売 サービス業 医療福祉


1950年6月 朝鮮戦争勃発 1950s25年 戦争景気
1953年7月までs25年     

1950年代後半 1954年12月から 高度成長期 1955年 神武景気 

1957年5月 公定歩合引き上げ なべ底景気 

1957年末から日経平均反騰

1958s33年

岩戸景気 58年7月から 42ヶ月 重化学 電気 自動車 三種の神器

1950年 大企業 中小企業 二重構造 格差
高度経済成長 格差縮小
1958s33

1960年代 高度経済成長期 成長率 平均10.4% 所得倍増計画

技術革新 効率性・公平性の基準の両立

労働資源の有効活用・貧困の解消

1962s37 キューバ危機

1964年  オリンピック    不況

1964年 戦後最大の不況

1965年 山陽特殊製鋼の倒産 山一證券 日銀特融 7月赤字国債発行 秋から景気回復

1965年11月から70年7月まで いざなぎ景気 総中流社会  5年続く (57月)
ベトナム特需1965年から 1970/7まで続いた いざなぎ景気

1967s42年 第3次中東戦争 アラブ民族主義の凋落 イスラーム原理主義の勢力の台頭

1968年 国民総生産GNP 世界2位 鉄鋼二社合併

1971年S46/8 ニクソンショック 金とドルの交換停止 円切り上げ 1ドル=308円

1972年s47/7 日本列島改造  田中角栄

    円だか不況  

1973年s48 第1次石油ショック

景気後退とインフレの並行(スタグフレーション) 軽薄短小産業が伸びた

三木武夫

福田赳夫

大平正芳
1979年s54  第2次石油ショック アラブノ春 イランイスラム革命 エジプトイスラエル間平和条約 ソ連のアフガン進攻
1979年s54  1980年 格差拡大  

1980年s55
中曽根康弘
1981年s56

1981s56
再分配 同一世代内
個化 家族を持たない個化社会
1981年s56
1982年s57/10 世界同時株高

1985年日米経済摩擦 米国の反日感情が強まる一方であった
1985年s60 プラザ合意 円高 ドル高修正 円高不況
1985年地価が高騰を始める 東京都心3区 商業地前年比5割上昇

ドル高是正 先進5ヶ国合意 日本は近隣食国資本技術人材を移転 東アジア諸国の経済成長を促進 
対外不均衡

1985s60 プラザ合意 円高容認      バブル景気
         超円高デフレ 金融緩和  1ドル241円70戦 大蔵大臣竹下登

1985年 通信市場の自由化 10月
NTT株売り出し 1株119万円7000円
電電公社の民営化
1986年1月公定歩合5%から4.5%に
1986年  4月 前川リポート提出 規制撤廃 市場開放大幅な経常黒字は危機的日本の目標を国際協調と内需拡大に求めた 

1986年/7 大蔵大臣 宮沢喜一 円高 ドル買い 公定歩合の引き下げ ベーカー国務長官の要請 
金融緩和と民活 バブルの土壌となる 

1986年/11を底にバブル景気始まる 1986年12月から91年2月     バブル景気 1991/2まで 51ヶ月続く
1987年2月ルーブル合意 公定歩合2.5%に 国際協調にこだわった理由 円高恐怖症 金利を低く置かざるを得なかった バブルへ
10月超短期重課制度が施行 土地転売における重課税 焼け石に水
    ブラックマンデー 澄田智日銀総裁 利上げの機を逃す
1987年11月国会に土地問題など特別委を設置
1988年4月公示地価、東京圏住宅地の上昇率最高  宮沢蔵相

この頃 新しい商品開発等もないのに何故景気が良いのか私(川口)は不思議であった 
土地と株価が上がるので 国内の実態は何も変わらないのに景気がよくなり多くの人が資産家になっていった
後から思えば 人智を超えた影響でわが国が翻弄されたようです そして悪夢の10数年を迎えることになったのです

ワラント債
企業が本業軽視の財テク 土地の異様な値上がり
グローバル化

平成
冷戦の終結
平成の幕開け89年は世界の秩序が大きく動いた年だった ベルリンの壁が11月に崩壊 12月マルタ会談で冷戦終結の宣言

竹下登1989年 平成元年 
1989年1月 平成元年
      4月 消費税導入
      5月公定歩合3.25%に引き上げ
      10月公定歩合3.75%に
      12月日銀三重野総裁 公定歩合4.25%に 金利自由化 富士銀行と住友銀行収益トップを争う 金融機関の競争が激しくなる 破綻へ
      
1989年末日東証日経平均株価3万8915円の最高値 バブル崩壊 株価急落 地価下落へ
バブル膨張の背景
国際協調と内需拡大の2枚看板 急激な円高に防衛線を張ることでもあった
1890年3月公定歩合5.25%
8月公定歩合6%に

1989年 東西冷戦終わる ソ連軍アフガニスタンから撤退完了
1989年 平成1年1989年 ベルリンの壁崩壊1989年の秋11月
12月ブッシュ米大統領とゴルバチョフ書記長がマルタで会談 戦争終結を宣言
ルーマニア政権崩壊 チャウシェスク大統領夫妻処刑
1990年ゴルバチョフ氏がソ連の初代大統領
1991年1月湾岸戦争勃発 海部俊樹 
1991 ソ連の崩壊
12月ロシア・ウクライナ・ベラルーシのソ連からの離脱と独立国家共同体史ciisの樹立
12月ゴルバチョウ大統領辞任 ソ連崩壊

グローバル化 1990年代 新興国の成長 グローバル経済の活性化に向けた環境が醸成される
1992年8月 日経平均株価1万5000円を割り込む 中国と韓国が国交樹立 
pko協力法成立 9月カンボジアのpko活動に自衛隊を派遣
 
1992年宮沢首相不良債権処理に公的資金の可能性に言及 三重野日銀総裁
経団連首脳がつぶす 会長平岩外四

宮沢喜一
1992h3 バブル不況
平成不況 株価 地価 工業生産が大幅に下落
金融の放漫化 経済政策の不適切
1993年11月から90年代半ばの景気拡大

村山内閣 1994年3党連立内閣 自民社会魁

1993年 EU(欧州連合)誕生
1994年 北朝鮮金日成主席が死去
1995年1月 阪神大震災 3月地下鉄サリン事件
1997年英国香港を返還  99年にはマカオ返還

1997年11月三洋証券倒産 拓銀破綻
山一証券自主廃業発表

1999年欧州統一通貨ユーロ導入 日本周辺事態法成立
2000年プーチン大統領正式就任
2001年9月世界貿易センター飛行機激突 2001年より紛争の世紀になる
米国同時テロ事件 国際テロ組織アルカイダ
2002年2月〜2007年12月  6年 資源高騰 米国経済の急減速
債務設備雇用の3大過剰の解消 生活実感のない景気 輸出依存
2003年イラク戦争 アラブの春 シリア内戦・移民問題
ロシアのクリミア半島編入 

グローバリズムと国家資本主義
民族主義と地域主義
中東紛争 多極化 価値観の多様化 平和共存の道

資本主義 利益優先の物質主義 金融危機

雇用創出 医療分野

2007年11月から景気後退 介護医療分野 人材不足
雇用不安 消費抑制 雇用調整助成金 2009/1/31

景気の急減速は金融危機のせいではないとのこと
2002年2月〜2007年12月  6年 輸出型産業が円安を享受して大きな利益を得たに過ぎなく 今度は円高により損失が広がったに過ぎないともいわれています
2008年9月 リーマンショック 米投資銀行リーマン・ブラザーズが経営破たん
派遣契約の打ち切りや解雇が続出 年越し派遣村が注目される 雇用不安が社会を覆う
 結果の平等 寛容な社会保障制度 モラルハザード倫理の欠如 機会の均等

円高1ドル100円 金融システム危機
橋本内閣 1996年 住専処理法 97年4月消費税3%から5%へ

1990年代後半 民間で出来ることは民間に 市場主義 構造改革 社会保障の抑制 

1995年阪神大震災
1990年半ばから2005年頃までの時期 就職氷河期

1997年アジア通貨危機
97年11月金融危機 日経平均株価15000円

1998.11 株価が底をつく 小渕内閣
99年大手15銀行に7兆円超の公的資金投入

1998.11 株価が底をつく 小渕内閣
2001.04 緊急経済対策 森内閣 景気回復軌道に乗るとなるのでしょうか?
2001 06 小泉政権と構造改革
2001.09 米国同時テロ 
小泉内閣03年4月 日経平均株価7607円
2002.1 1月が底に拡大期に入る
2002.2 株価が何度も底をつく底なし経済 小泉内閣

2002年2月から 景気拡大   予測 2007年まで?

日本人の経済格差
正規雇用と非正規雇用の格差が著しい

女性の53%以上が非正規雇用 2002年

2003年IT 情報技術
2003/11/22の大機小機に

厚生年金支給開始年齢65歳にあわせる65歳定年制に疑問

@賃金コストの高い高年齢者の抱え込みが 雇用のリストラ 新規採用の手控え  若年労働者などの犠牲の上に成り立つ

A一律な年功序列と終身雇用制の弊害除去目的とした強制解雇の制度が定年制である

B日本政府は企業に頼りすぎで 国民に負担を求めない 長期的には国民の為にならない

とのようなことがかかれていた

さらに 雇用についても年齢差別をなくすべきだ 企業間を弾力的に移動できる柔軟な労働市場を創るべきだとあった

2005.9 小泉内閣 郵政民営化選挙

2005/11 好調な企業業績 雇用・所得の回復 公共事業と決別した新しい自律拡大景気

2006年今年はバブルに匹敵する状態になるかもしれない
ようやく景気回復が実感されるかと思えばもうバブルだそうです それでも景気回復はいざなぎ景気を超える長さとのこと 2002年が景気の底だったようです 

2006/9 安倍内閣

パート派遣から正社員へ
2006年10月北朝鮮が初の核実験

2007/9 福田内閣

高付加価値品 高度な技術製品の国内生産

2008/7 洞爺湖サミット

景気拡大期間2002/2から 71ヶ月 いざなぎ越え

2008/9 麻生内閣

景気後退 株式大暴落 最安値 7000円台

2008/11 リーマンショック 就職氷河期の再来となる
アメリカ発の世界同時不況

サプライムローン問題 世界的大不況 公的資金注入 不況対策 市場への公的介入 サービス分野 雇用創出
社会保障制度抑制からの転換
2009年

2010年9月尖閣隠岐諸島で中国漁船が海保の巡視船に衝突
中国の資源権益・海上交通路拡大 東シナ海 南シナ海
2011年3月11日東日本大震災と東京電力福島第1原子力発電所の事故が発生
2011年10月東日本大震災後に円高 一時75円78銭に
平成24年 2012年12月第2次安倍内閣 アベノミクス
        2015年安全保障関連法
2017年 2012年12月に始まった景気回復局面が57か月続いた「いざなぎ景気」を抜いて戦後2番目の長さになった
この5年間企業収益は上向き手元資金は厚みを増す
世界景気の長期拡大 円安が進み 自動車大手など 収益力が高まる

 

 

経済成長とともに儲かり 平成初期のバブルにより損失 円安により儲かり円高に損失 なんとも経済人経営者も単なる時勢そのままのコピーなのでしょうか 朝鮮戦争 ベトナム戦争 南北冷戦 わが国の経済成長 2009/1/15

shutyou\rodunsn.htm
経済問題 消費税 社会保障制度 起業家精神

労働運動史http://mcg-j.org/mcgtext/jpnrodo/jpnrodo.htm roudou\roudou3.html

はたらく
働く 働くことは生きること 働くために生きる 生きる為に働く
生きる意味を理解 如何に生きるかnenkin2/shakaiho.htm#42 カイゼン

http://note.masm.jp/%CC%C0%BC%A3%B4%FC/

第一次石油危機 1973年秋 トイレットペーパー 狂乱物価

カイゼン
転職しやすい環境つくり
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/HelloWork/koyou.htm#31 GOO

金融資産 高齢者 60歳以上 所得資産 健康状態

高齢者 多数意見 若年世代 将来世代 多様な働き方

企業のリーダー 会社への帰属意識 個人としての生活者感覚 職業生活 子育て働く人たち職場環境 保育園  
育児と地域社会

リンクhttp://homepage3.nifty.com/54321/kigyou.html

業務に主体的に取り組む

適正な処遇

女性の就業機会の拡大

企業家に金融面から応援し産業の発展に寄与する役目の銀行が その本来の目的に反し 利益のみを追求して土地融資に奔走したそのことがバブルの元凶だったようです ねずみ講的な資産価値評価融資

単価の高い労働力 職種  充実感 

経営学者 コンサルタント 
生産性をあげる働き方  生産性をあげるための働かせ方 時間 自由 余暇

日本の製造業の2003年の労働生産性 1990年比で1.5倍 (社会経済生産性本部)

雇用における年齢差別と企業
高齢者は 新規の企業環境充実を主張し 新しい需要を探し 起業を目指し自らが雇用創出すべきでしょう
年功序列 終身雇用の超安定的雇用体系が生産効率の悪い組織に

硬直的静態的賃金体系
スローガンのインフレ化
雇用における年齢差別と企業

高齢者は 新規の企業環境充実を主張し 新しい需要を探し 起業を目指し自らが雇用創出すべきでしょう

年功序列 終身雇用の超安定的雇用体系が生産効率の悪い組織に

硬直的静態的賃金体系
スローガンのインフレ化
正規雇用と非正規雇用の格差が著しい

 

雇用における年齢差別と企業

雇用における年齢差別と企業 エイジフリー社会の実現
企業が営利を目的にする限り年齢は必要要件でないはずです
 年齢により収益に差が生じる場合があるのかもしれない  

しかし 賃金体系に原因があるのでしょう つまり賃金に対する固定観念を捨てれば年齢差別は問題にならないはずですが  私は年齢差別の規制・定年制の延長の根拠が良くわかりません 
企業の国に代わっての社会保障責任の存否を意味しているのでしょうか 
少ない情報がエイジによるパック思考をするが 情報が多くなれば具体的に就業能力の判断が可能になるのでエイジフリー思考ができるということになります

国の豊かさは国民1人あたりの豊かさを示すものならば民主的政治体制が現在では一番良いでしょう 科学の進歩で判断するのであれば 非民主的国家でも可能です

戦後の社会は貧しかったが個人個人の生命力が彷彿していました 
個人個人が変化を機敏に捉え自分で考え それに柔軟に対応出来る楽しさがあったのでしょう 

 

高齢者は 新規の企業環境充実を主張し 新しい需要を探し 起業を目指し自らが雇用創出すべきでしょう

最近 雇用と賃金が話題となっています  
若者には雇用が大切と思いますが 

高齢者が知識と経験の豊富さを自負するならば新規の企業環境充実を主張し 新しい需要を探し 起業を目指し自らが雇用創出すべきでしょう 

高齢者の知識と経験の豊富さが起業・実践で役に立たなければ単なる弁解にすぎないでしょう 

定年・雇用の延長を主張する組合は高齢者の本音(能力に自信がないこと)がわかっているからですか 2000/02/20

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/ukeoi.htm請負

 

年功序列 終身雇用の超安定的雇用体系が生産効率の悪い組織に

融資から投資 銀行から証券 融資先のなくなった銀行が自ら資産運用 
資産運用能力 新規事業開発能力のない金融機関が行ったのが不動産担保の仮想需要の創出 
公共土木事業などの実需を前提としない官僚指導の計画発注 計画融資 差額高利息 郵便貯金の財政投融資 
いわゆるポストキャチアップのシフトの失敗です 

明治時代の滅び行く武士階級の叛乱 西南戦争 台湾出兵の発想が 
滅び行く金融マンの土地投資 株投資のバブルでした 
武士あまりが金余り現象なのでしょう 
専門の武闘集団に勝てる近代装備の百姓町人 直接生産に携わる百姓町人職人の明治時代の再来でしょう 

年功序列 終身雇用の超安定的雇用体系が生産効率の悪い組織になったのは徳川末期の武士社会と同じようです

IT革命による実需要の投資 新しい産業の期待 それは国民大衆次第です 創造的大衆社会の到来だと思います 2000/08/07

コンピューターネットワーク上の情報 知恵 知識を有効活用する ナレッジ経営の手法が普及し始めた 2000/08/02

社会保険労務士川口徹
ホームページにBACK 

 

硬直的静態的賃金体系

雇用の流動化の障害になっているのは今までの硬直的静態的賃金体系である 労働の価値により賃金が決定されるべきものが 賃金が他の根拠により決定されてきたからであろう 変化に対応しやすく 且つ生活保障も可能な賃金の模索が必要でしょう

スローガンのインフレ化

20世紀から21世紀の変わり目にかけていろいろ変化があるみたいですが 何も急に変わるわけではない 実態は徐々に変化してしてきているし これからも少しづつしか変わらないでしょう 
すなわち掲げる目標が大きく変わっても(インフレ言語)最小単位の個体が自律的に自発的に周囲と融合しながら変化するわけですから実態は少しづつしか変化しない 
コアの部分と周辺部分とで役割が違うからだと思います 静態と動態的把握 ローカルとグローバル等それぞれ違った発想が共存していく必要もあるのでしょう 1999.7.02

 

生命感 宇宙感 電脳が変えるこれからの人生観 1999. 6.11

 

 

新しい労働時間制

労働時間を自分で決める自律的労働時間
労働時間規制の除外ホワイトカラーエグゼンプション

みなし労働時間制度の適用従業員でも 午後10時以降 休日労働は割増賃金を原わなカレバならない

産業構造の変化

就業形態の多様化

労働法制の対応 労働条件の改悪 監視

 

60歳以上 
きんろう世帯の貯蓄額平均23,000,000円 
働ける人がいなければ貯蓄額はただの数字 
働く人が貯蓄額の意義を維持する

働くもの同士に通用するが個人紙幣を発行すれば 政府紙幣は単なる紙のゴミ

働く誇り 働く意欲 紐帯チュウタイ 働くことによる繋がり
自己実現shutyou/shutyou3.htm#11

労働市場の規制改革 男女の雇用機会均等 

働き方も 家族から個人単位へ
shutyou/shutyou.html#11

職種別賃金体系 職種と賃金の関係を明確に

雇用市場の流動化
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/HelloWork/koyou.htm#31

硬直的賃金体系と定年制の弊害

貢献と報酬の収支 議論する場

如何に生きるか 
「生き方」は「働き方」koyou.htm
元気な高齢者gennki.htm

生命体は柔構造
昭和47年ごろを境に物は豊富になるが 個人の判断価値観が軽視されるようになりました 
平成バブルによりその終焉への方向転換が明確に始まったようです 
そして失われた10年を経てやっと反転・再生への方向が見えはじめ 決まりつつある様です

はじめに

元に戻る 

公正・効率的な労働市場

個々人が創意工夫 チャレンジ精神のを発揮 健全で創造的な競争社会

個人所得税の最高税率 86年70%から 99年37%になった

公平牲と効率性 就業意欲喚起 成果主義 労働のインセンティブ誘因

チャレンジの機会均等 公正な評価 不満 階層化 閉塞感

90年代後半から所得格差拡大

正規雇用 95年 3762万人 04年 3393万人
非正規雇用   988万人      1547万人

有期労働契約 派遣期間1年から3年 均等政策 社会保険適用基準の緩和 

紹介予定派遣 公正・効率的な労働市場

どのような労働市場に どのように日本経済を変革するのか
雇用戦略 資本蓄積 金融市場
ダウンサイジング
非正規労働の活用

生産性向上と生活の安定

公務員の特権・身分改革 消費税・税制 社会保障 規制改革 個人と家族 
事業者と被雇用者 世代間 地域間 既得権者

5 中高年齢者の再就職の促進 平成16年12月1日より

雇用を考える 労働紛争予防の労務管理
労働基準法・裁判例ruksaibn.htm
hannrei.htm#81
東亜ペイント事件1986年
東亜ペイント事件hanrei.htm#41
hanrei.htm 労使紛争と労働判例
東亜ペイント事件 http://www.ne.jp/asahi/morioka/masato/roudou.htm  単身赴任配転
従業員の移動と削減(最高裁S61.6.10判決) 業務上の必要性 不当な動機目的 著しい不利益
転勤拒否を理由とする懲戒解雇

hanrei1.htm
hannrei2.htm従業員と会社との紛争
hanrei2.htm 従業員と会社との紛争判例U
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/hannrei2.htm 

hannrei3.htm
hannrei3.htm
転籍配置転換出向
賃金減額を伴う55歳以降のコース別人事制度導入
hannrei4.htm
hanrei5.htm
hanrei4.htm 転籍 配置転換 在籍出向V労働条件に関する裁判例
hanrei5.htm健康・安全配慮義務hanrei5.htm

/hanrei5.htm

hanreik.htm健康安全判例
hanreik.htm 

hanreip.htmパート判例
hanreip.htm

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/toukatsu/gaiyou.html 労働契約

民法mnpou.htm

民法623条 民法626条 民法627条 民法628条 民法629条 民法630条 民法631条

60歳定年の義務化(高年齢者雇用安定法4条)平成10年4月から

改正男女雇用均等法 リンク 労働省 

男女雇用均等法 改正のポイント リンク 労働省

11育児・介護休業法  

週40時間労働制 平成9年4月1日より   法定労働時間労働省 

フレックスタイム制 

http://plaza10.mbn.or.jp/~nalso/roumukanri.html 労務管理

 

労働条件に関する文書の交付(第 条) 就業規則の作成 努力義務(第89条)
rukhou.htm#h89
rukhou.htm#h89

就業規則と労働契約(13条 92条 93条)
rukhou.htm#h13
rukhou.htm#h92
rukhou.htm#h93
rukhou.htm#h14 
労基法の適用事業を定めた第8条の削除
rodoky.htm
労働契約rodoky.htm労働契約の解析

富士市 社会保険労務士 川口徹

#h71

雇用契約の意味を理解しない人事労務管理者

 (労働基準法) 

労働基準法解説
/roukihou.htm
http://www.campus.ne.jp/~labor/rouki/roukisinpou_index.html

労働基準法 2 (改正労働基準法年少者) 平成10年法律第112号 平成11年4月1日施行
働き方の新たなルールづくりのために  労働省
改正労働基準法 解雇roukih3.htmH16.4.1

これからの働き方koyou.htm
多様な働き方tayourod.htm tayourod.htm 「転職市場の拡充 雇用の流動化」」を考えよう
HelloWork/koyou.htm#31 雇用の流動化

「転職市場の拡充 雇用の流動化」 転職しやすい環境koykigy.htm#31

国民・国家・企業kmkkkg.htm

雇用HelloWork/koyou.htm
労働管理lavma.htm
倫理shutyou\rinrikgy.htm

/lavma.htm

格差社会kakusas.htm
世代間の格差http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/kakusask/kakusas.htm
世代内の格差http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/kakusask/kakusas2.htm
経済格差
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/kakusask/kzkakusa.htm
世代間の年金格差http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/kakusask/kakusas3.htm
民主党http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/minshu/minshtou.htm

 

しかし60歳以降の雇用延長・再雇用等を制度化するのはオカシナ傾向である 
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/roudou/60koyou.htm#22

http://www2u.biglobe.ne.jp/~tkawaka/dore.html
職業訓練HelloWork\jinnzai.htm
二重就労者2jyushr.htm 2jyushr.htm

日本経済史 雇用を考える 労働紛争予防の労務管理

年金の歴史
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/shakaiho.htm#n11

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/HelloWork/

はじめに

はじめに  ハローワークへ   ホームページにBACK

静岡県富士市 社会保険労務士 川口徹