head_img_slim

【企画案内】2021年全国春闘フォーラムのご案内

この度、 日本私大教連主催の2021年全国春闘フォーラムが以下の要領で開催されます 。 2020春闘は、新型コロナ感染拡大という未曾有の事態の下、大きな混乱と教職員は過重負 担を余儀なくされるとともに 、その行動が大きく制限される中でたたかわれました。 こうした状況の下でも、各組合はウェブを活用した教職員へのアンケート調査や 、団体交 渉をオンラインに切り替えて実施するなど、「新たな活動様式」を手探りで生み出しながら 、 多くの組合でコロナ関連の特別手当の支給引き出しなど、 様々な要求を実現 してきました 。 2021年全国春闘フォーラム では、こうした全国の経験と成果を踏まえ、「コロナ下での春 闘」をいかに攻勢的にたたかっていくか学び合い、2021年春闘での前進を図っていく上で役 に立つフォーラムにしたいと考えています。 2021年春闘のスタートとして、各組合の執行部の方々をはじめ 、多くの皆様の参加をお願 い致します。

◇日 時: 2021 年 1 月 23 日(土) 13:30 ~ 17:10
           1月 24 日(日) 10:30 ~ 16:15
◇会 場: Zoom ミーティングルーム (事前登録制)
                   詳細はこちらからご覧ください。



 

12月10日 第70回京滋私大教連定期大会を開催(オンライン)

特別決議を採択しました。
「政府・与党の 軍事研究推進を許さず、日本国憲法に保障された学問の自由を守る取り組みを 進めよう!」

          ※全文は、こちらからご覧ください。

  


 

日本学術会議への政治介入に抗議し、説明・撤回求める京都緊急集会

  10月20日に開催しました標記の緊急集会は150名を超える参加となりました。
 当日の参加者との間で確認しました集会アピールはこちらからご覧ください。


 

新型コロナ禍の下での緊急アンケート調査の結果について

今年に入り急速に流行した新型コロナウイルス感染症は、日本のみならず世界全体 に深刻な影響を与えており、市民の日常を一変させる状況となっています。 各大学においても、 4 月の開講時期の変更にともなう遠隔授業の実施など、前例の ない状況に試行錯誤しながら 、 現場を支える教職員は大学教育の継続と学生の学びを 保障するための取り組みを進めてきました。 この間、政府や各自治体において、学生と大学への支援策が講じられているものの、 決して十分とは言えない内容にとどまっており、その効果を検証し、さらなる追加的 措置を求めていく必要があると考えています。 本アンケートは、 新型コロナ禍の影響で、大学の教育環境や学生の学修条件が危機 に 直面している状況を 踏まえ、各大学の実情や、施策に 対する率直な意見を調査し、 政府・ 自治体への要望等 を進める とともに、広く社会に 大学の現状を 知らせていくこ とを目的 に 実施 したものです。 なお、京滋私大教連の上部組織である日本私大教連も、同趣旨のアンケート調査を 実施しており、その結果と合わせて調査結果の概要を紹介させていただきます。

   ※京滋私大教連のアンケート結果の詳細は、こちらからご覧ください。

   ※日本私大教連のアンケート結果の詳細は、こちらからご覧ください。



 

日本学術会議会員推薦者の不当な任命拒否に抗議する緊急声明


  ※京滋私大教連の声明は、こちらからご覧ください。
  ※日本私大教連の声明は、こちらからご覧ください。
  ※東京私大教連の声明は、こちらからご覧ください。
  ※関西私大教連の声明は、こちらからご覧ください。
  ※東海私大教連の声明は、こちらからご覧ください。
  ※北海道私大教連の声明は、こちらからご覧ください。
  ※九州私大教連の声明は、こちらからご覧ください。
  ※立命館大学教職員組合の声明は、こちらからご覧ください。
  ※立命館大学法学部・法務研究科教員有志緊急声明は、こちらからご覧ください。
  ※立命館大学文学部教員有志の声明は、こちらからご覧ください。
  ※立命館大学経済学部教員有志の声明は、こちらからご覧ください。
  ※立命館大学元学部長・研究科長有志の声明は、こちらからご覧ください。
  ※龍谷大学法学部法学部教授会の声明は、こちらからご覧ください。
  ※龍谷大学政策学部教授会の声明は、こちらからご覧ください。



 

2020年度版 京滋地区私立大学・短期大学労働条件等資料集発刊

 2020年度版(2019年度調査)「京滋地区私立大学・短
 期大学労働条件等資料集」を発刊いたしました。
 今年度より組合員限定でホームページ上から
 電子版の閲覧が可能となりました。
 (閲覧にはIDとパスワードが必要です)
 冊子購入を希望される場合はこちらの申し込み用紙
 をご利用ください。



 

新版 大学教職員のための権利ハンドブック発刊のご案内

大学教職員の働く環境は、労働関連法制の変遷により、めまぐるしく変化しています。

こうした状況を踏まえ、新版「大学教職員のための権利ハンドブック」を発刊しました。

大学で働く全ての教職員の皆さんにとって、役に立つ充実した内容となっています。

目次など詳細はこちらからご覧ください。

購入のお申し込みはこちらの申し込み用紙をご利用ください。



 

京滋私大教連からのごあいさつ

組合を大きくして、働きがいある私立大学・短期大学をつくりましょう

京滋地区私立大学教職員組合連合(略称:京滋私大教連)は京都・滋賀地区の私立大学・短期大学の教職員組合の連合です。

現在14の単位組合で構成されています。各大学・職場などの単位組合が加盟するほか個人でも加盟できます。

労働条件の向上を目指す春闘や私大助成の増額を求める運動、そして自主的・民主的で学生・市民の期待に応える大学改革のための研究集会等を実施しています。

また、日本私立大学教職員組合連合(日本私大教連)に加盟し、全国の私大教職員とともに情報交換や共同の取り組みを進めています。

職場の悩み、京滋私大教連への加盟、組合づくりなど、お気軽にご相談ください。


 

最新情報&更新情報

2020年10月12日(月)
 しが市民・大学人緊急集会が開催されました。
2020年8月27日(月)
 日本私大教連中央執行委員会
 [声明]私立大学生・私立大学への新型コロナウイルス対策支援に係る緊急要請
  全容は
こちらからご覧ください。
2020年7月16日更新
 公費助成推進会議のページを更新しました。
 2020年度 請願署名用紙とビラを掲載しました。
2020年7月16日更新
 LDA-KYOTOのページを更新しました。
 ◆ 新型コロナによる学費・奨学金負担への影響調査アンケートについて
 是非アンケートにご協力ください。詳細はLDA-KYOTOのページへ。
2020年6月1日(月)
 日本私大教連中央執行委員会
 [声明]2020年度 第2次補正予算案に抗議し、
 抜本的な組み替えを要求します。
  全容は
こちらからご覧ください。
2020年5月18日(月)
 日本私大教連
 2020年度 第2次補正予算に対する緊急要求」を掲載します。
 国立私立間の格差のない学生支援と遠隔授業の実施を保証する
 第2次補正予算案を!
  全容は
こちらからご覧ください。
      資料1  資料2  資料3
2020年3月27日(金)
 日本私大教連
 「新型コロナウイルス感染防止に関する緊急要請書」を掲載します。
  全容は
こちらからご覧ください。
2020年3月6日更新
公費助成推進会議のページに2019年度家計負担調査の結果を掲載しました。
2020年1月20日更新
LDA-KYOTOのページを更新しました。
  


お問い合わせはコチラへ!

icon 電話番号075-415-1092 icon FAX075-415-1093
まずはお気軽にご相談下さい。
→メールでのお問い合わせ


 

京滋私大教連アクセスマップ


 

ページトップに戻る



Copyright (C)Kyoto-Shiga Federation of Private University Faculty and Staff Unions(KFPU) All Rights Reserved. design by tempnate