TOP  >  研究会案内

研究会案内


 全国制度研 2021冬の交流学習会 


※ 和歌山市会場での開催は中止しました
   オンライン参加のみです


 第1部では「標準的職務」通知を切り口に、 「チーム学校」「つかさどる職」「共同学校事務室」など一連の動向を 学校事務職、学校づくりの視点から整理し、報告します。
 第2部ではコロナ禍を通じての出来事、 取り組み(予算や就学援 助等も含め)などの各地から報告していただき、 それらをもとにオンライン参加者もともに、 主に実践的な課題を学びあう視点から交流を深め合います。



     期日:2021年2月6日(土) 13:00〜17:00

     会場:オンライン参加のみ
         全国的な新型コロナウイルス感染症拡大のため和歌山市の会場での開催は中止します

     内容:■第1部 「みんなで学ぼう!考えよう!」  (13:00〜14:30)
             「学校事務のこれからを考える」(常任委員 植松直人)

         ■第2部 「みんなで交流しよう!」    (14:40〜16:40)
             「コロナ禍、学校で起きていることから学ぶもの」
                  報告 各地の学校事務職員(山梨県、和歌山県、長野県)


     参加費:500円(資料は各自でダウンロードして下さい)
          ※申込後に下記口座に1/29 までに入金してください。
           入金確認後、アクセス方法等についてメール送信します。
            【ゆうちょ口座】
              口座記号番号  00180−3−81812
              加入者名  全国学校事務職員制度研究会



        案内はこちらです(PDF形式141KB)→


 

オンライン参加 Q&A

   

 参加申し込みはWebからのみです  
 申し込み後、1週間以内に確認のメールを送信します。
 確認メールが届かない場合はお手数ですが
 メール、電話、FAX等でご確認下さい。

オンライン参加申し込み

 


 全国制度研 第44回全国研究大会 青森大会 

     「子ども発、子ども行き」
        −あたりまえの子ども期をどの子にも−

     期日:2021年7月25日(日)〜26日(月)
           ※ 日程を1泊2日に変更しました
     会場:青森県八戸市 
八戸パークホテル
           青森県八戸市吹上1丁目15−90 (TEL:0178-43-1111)

           ○JR八戸線本八戸駅駅より車で5分 八戸駅より車で20分
                     詳しいアクセス方法は→

     参加費:4,000円(予定)

     宿泊費:1泊2食10,500円
           青森県八戸市 八戸シーガルビューホテル 花と月の渚
            青森県八戸市大字鮫町字小舟渡平9−19 (TEL:0178-33-3636)

     オンライン参加費:4,000円


        1次案内はこちらです (PDFファイル 200KB)→

 



 新型コロナ感染症の影響で、2020 年に予定していた青森大会を1 年延期して開催します。
 感染対策のために学校も大きな影響を受け、2020 年2 月末の一斉臨時休校と、それにより減った授 業時数を確保するための延長授業や土曜授業、長期休みの短縮、行事の延期や中止などが行われていま す。学校は子どもにとって楽しい場所になっていますか。子どもの学ぶ権利は、今、どのように保障さ れていますか。また、社会を覆う経済の落ち込みが、子どもを持つ家庭、特にひとり親家庭の困窮をさ らに厳しくしていませんか。
 制度研では、「子ども発、子ども行き」をテーマにして、これまで大会を重ねてきました。 学校事務職員をはじめ、子どものしあわせを願うすべてのみなさん、今回はオンラインでも参加でき ます。ぜひ、今の状況と今後の展望を語り合い、交流しましょう。



       1日目/記念講演
                「教育費の保護者負担はしかたがない?]
                 〜教育費の無償化・無償性を考える〜(仮)
                     福嶋 尚子さん(千葉工業大学)

 「幼児教育の無償化」や「高校の無償化」などの政策も始まりました。そもそも子どもが学び、育って いくことを保障するために教育を「無償化」するとはどういう意味を持つのでしょうか。一方で教育費の 私費負担も増えているということと、どう考え合わせればいいのでしょうか。学校財務を担う私たち学校 事務職員は、子どもの未来のために何ができるのでしょう。教育条件整備や財務に関わる研究をされてい る福嶋さんのお話をお聞きします。



       2日目/分科会
              A 子どもの権利と就・修学保障
              B 学校のお金と学校事務職員・安全安心な学校環境づくり
              C 学校づくりをみんなの手で・学校の今と学校事務職員制度

           学習講座
              「貧困が背景にある生徒への対応の実際について」
                   三上 富士子さん(社会福祉士・スクールソーシャルワーカー)

        通常の大会との変更点(「制度研ニュース」より) (PDFファイル 171KB)→