近況報告 (2002月6日まで)


2001.12.29

アハハ!現在よっぱらい!!友達の家で飲んできました。そこにいらっしゃっていた○○先輩のホームページにリンクしましたあああ!ああ!酔っぱらい!!!失礼!!!

2001.12.28

昨日は第9の最終日でした。ワルベルグさんの指揮で第9のみの公演でしたが、実におおらかな音楽って言う感じでした。この方の練習は決して効率よく進むわけではなく、最近お年を召してきたせいか(失礼!)結構同じ事を3度も4度も5度も繰り返しておっしゃることが多かったです。でも、何故かこの方の場合許せてしまえるのはやはりひとえにワルベルグさんの人間所為にあるのではないかと感じます。演奏していても神経がささくれ立つことは殆どないと言うことは自分にとっては幸せなことのように感じます。もっとも、お客様から見ると面白くないのかもしれませんが・・・。ささくれ立つようなピリピリした演奏が結構お客様にはスリリングな緊張感のある演奏に聞こえる場合も多々あるようですし・・・。

昨日は、第9終演後音大の同窓生(私入れて7人)との忘年会がありました。久しぶりに会いましたが、みんな元気そうでした。次回は、来年7月に宮崎からやって来る同窓生に会わせて、宴会をやろうと言うことになりました。・・・さて、今日も忘年会です・・・。

2001.12.24

メリークリスマス !!!いや、まだイブだからこう言っちゃあいけないかな!?今年もクリスマスですね!今日も第9の演奏会がありましたが、渋谷の町はクリスマス一色!色々なところに赤い服を着たサンタが立っていました。いつもの年よりも赤い服が目に付いたと言うことは衣装屋さんは結構儲かったんじゃないかな?さっき、近所のスーパーに買い物に行ったときの光景です。家の近所のサンクスでは男女のペアでケーキを売っていましたが、人通りが少ないときにお互いのサンタ姿を写真に納めていました。っと、その時、女所為のサンタが写真を撮ろうとしたら、ケーキを載せていた机が斜めになってケ〜キがああ!!!っとなっていました。男所為サンタは必死に机を押さえていましたが、ケーキは斜めになっていました。あのケーキはどおうなったんでしょうか・・・。帰りがけには何事もないように机にケーキの箱が並んでいましたが・・・。そのまま売っちゃったかな??

さて、写真で思い出しましたが、先日のクラルテのクリスマスコンサートの時に永野さんのファンである、Hさんが撮ってくれた写真が送られてきました。この写真を見ると、自分だけが妙に疲れた顔をしているのが気になりますが・・・でも、記念すべきクラルテの写真になりました。なんて言ったって初自主公演ですから!!!

2001.12.17

今日はN響のオーチャドホールの公演のための演習でした。デュカスの「魔法使いの弟子」は結構難しいです。テンポが速く慣れないので、譜めくりをし損なうことが多くなってしまいました。清水さんご免なさい・・・。

今、気が付いたんですが、表紙のカウンターが何故か「0」に戻っていたようです。気が付いたら「00020」とかなっていました。せっかく25000ヒット越えて、「30000ヒットはプレゼントだなあ・・・」と思っていた矢先です。私は何にもしていないんですよ!まあ、仕方がないので、叉コツコツとカウンターが増えるのを眺めることにします。HTMLで見てもよく解らないし・・・と言うことで、次回プレゼントはしきり直しの「10000」ヒットと言うことで、宜しくお願いします!

2001.12.16

本日、アンサンブルクラルテのクリスマスコンサートが無事終了しました。御来場下さった皆様には楽しんでいただけたのではないかと思います。お話も、今回は岡本さんのお相手と言う感じでしたので、かなり楽に出来ました。最近は、お客さんの前でお話しするのもだいぶ慣れ、お客さんの様子も何となく分かるようになってきました。以前は結構話をしながら舞い上がっていたのですが、回数をこなすと結構なれるもんですね!今年のクラルテのコンサートは今日で終わりです。次回は、サントリー小ホールで来年の1月19日です。来年もがんばって楽しいコンサートを続けたいと思います。

2001.12.13

本日のえんか〜い!門司の二鶴寿司!





2001.12.12

現在、久留米から小倉に向かう電車の中です。今回、N響のコンサートマスター篠崎氏(通称マロ)と室内合奏で久留米、小倉、下関、徳山と演奏して回ります。去年は小倉と下関で、前半はヴィヴァルディーの四季、後半はそれぞれ地元の合唱団とクリスマスキャロルなどを演奏しました。今年は前半チャイコフスキーの弦楽セレナーデをやり、後半合唱と一緒のコンサートです。その土地の方々と一緒にコンサートをやるのは結構楽しいものです。クラルテこの手のコンサートを考えてみようかと思いました。

2001.12.9

今日は、N響の静岡公演でした。今日の会場はいつもの会場ではなく、静岡から東海道線を一駅東京方面に戻った東静岡と言う駅前のホールでした。ただ、ここは音楽ホールではないようで、反響板は仮設の移動式だし、天井はオペラシティー真っ青の高さでした。フルートの菅原氏が「オペラシティーを上に建て増しできそうだ!」とも言っていました。正直、音響は・・・。電気を通した楽器には良いのかもしれませんが、私たちの様なアコースティックな楽器では一寸きつかったです。ともかく、音が上に抜けてしまって、お客さんの方に音が届いていないようでした。私たちは必死に弾いているにもかかわらずです・・・。やはりホールも楽器という事でしょうかねえ・・・。せめて、演奏している上に屋根や背中に壁(反響板)があれば少しはお客さんの方に届いたかもしれませんが・・・。今日は「・・・」が多くなってしまいました。同じ反響板でも今回のような仮設移動式の質量のない反響板ではダメなんです。音を跳ね返してくれないと・・・。中国公演の上海の会場もそうでした。見た目は立派な大きなホール(客席から見ると普通の反響板に見えた)だったんですが、実は反響板はボコボコのベニア板でした。このホールも音がお客さんの方へあまり届いている感じがしませんでした。聴いてくださっているお客様には失礼だとは思いますが、いくら一生懸命演奏してもお客様の方へ届かないのは演奏する側として少々虚しい気がします。

明日から、マロ(N響のコンサートマスターの篠崎氏)との演奏会で北九州に行きます。そこから帰ってきて、いよいよクラルテのコンサート!皆さん聴きに来てくださいね!

2001.12.1

遂に12月に入ってしまいました・・・。最近1年が経つのが異常に速い・・歳かなあ・・・。今年はお多福風邪から始まって、色々ありました。今年のクラルテの演奏会も12月16日を残すだけとなりました。そうです!皆さん是非、聴きにいらしていただきたいと思います。今回のこのホールは音もかなり良いと聞きます。私も楽しみにしているのです。勿論お話も沢山したいし、楽しい曲も沢山やりますよ!なんていたって、クリスマスコンサートですから!私のアレンジ作品の中にはこの時期専用!という曲が何曲かありますので、間違いなくそれらはやりますよ!この時期外しては一寸演奏できませんから!

話変わって、今回、N響のフィル・ハーモニーでは「楽員による楽曲解説」なるところに参加させていただきました。イヤ〜文章を書くのって難しいですねえ〜!結局ホームページを書いている乗りで原稿を書いてしまったから、浮くわ浮くわ!!ともかく他の楽員が大まじめに書いてくれているもんだから・・。こんな事だったら他の人の原稿を見せてもらってから書けば良かった・・・。と言うわけで、変な文章ですが今回フィル・ハーモニー初登場と言うことになりました。(もう2度と頼まれないかもしれませんけど・・・)

さて、またまた話変わって!オーディオ!(しつこい?)今回作った6BM8プッシュプルアンプの制作ページと、以前に作った6BQ5シングルアンプの制作ページを別にしました。ともかくこんなに沢山アンプを作った(6BM8キット、6BM8超3極管アンプ、50BM8超3極管アンプ、6BQ5シングルアンプ、最後に6BM8プッシュプルアンプ)年もないでしょう!端から見たら馬鹿だよね!こんなに作って!商売するわけでもないのに・・・そうか・・N響定年後に商売にしてもいいか!?アハハ・・・。

2001.11.26

ネルロ・サンティ氏の公演も全て終わりました。今までにないキャラクターの指揮者でしたが、妙に人なつっこい感じのあるマエストロでした。また、オペラの序曲やアリアは完璧に覚えているようで、暗譜で振っていました。序曲であればともかく、アリアを全部自分で歌いながら指揮をしちゃうんですから恐れ入りました。また、とんでもなく良い声なんですよ!ちょっと大変だったのは、今回のヴェルディのプログラムが2時間20分もかかったことでしょうか。放送にハナから入らないと言うことで、生の中継は最後の曲を割愛させていただいたようです。でも、楽しみにしているN響のファンにとっては失礼なこととなってしまったようですね・・・後日、BSでは全てやったようですけど・・・。この、マエストロにはまた客演していただきたい気がします。

さてさて!次なるアンプが完成しましたよ!6BM8のプッシュプルです。出力はシングルとは違い10W位のようです。音はシングルほどの繊細さは出ないかな・・と思ったけどそうでもありませんでした。かなり元気の良い音がしていますよ。最初、配線ミスがあり、ブ〜〜〜という発信をしてしまいまして、それを治し試したところ・・・あれ?・・ハムノイズが多い・・・。色々考えて、アースの場所を変えたり、ボリュームの本体をアースしたり・・・そうこうしているうちに・・・ア!入力からのシールド線のシールド側が切れてる〜!!これらを治したら・・・治った!!近い内に、製作過程を別のページにアップします。左は内部の写真です。かなりグチャグチャ。右は前作の6BQ5シングルと、今回の6BM8プッシュプルです。



2001.11.20

現在、神戸から東京に向かう新幹線の中にいます。以前から一度挑戦しようと思っていたのがこの、高速で走る新幹線からインターネットにアップ出来るかどうかと言うことです。ちょうど、新神戸の駅で自分の乗るのぞみを待っていたときの写真と、新幹線の中からの写真も一緒にアップしてみます。左の写真は、登りの最新レイルスターと下りの0系(新幹線の最初のモデル)新旧のすれ違い・・・もちろん停車はしています・・・です。

2001.11.17

今日は、大坂のNHKの新しいホールのこけら落としでした。1300ほどの少し小振りなホールでしたがなかなか良かったと思います。ただ、元の設計が大編成のオーケストラを意識した物ではないようで、客席よりは、オーケストラピットをステージの高さまで上げた状態だったので、照明が最前列のあたりが暗くて往生しました。ともかく譜面が暗くて目が疲れました。それ以外は良いホールなんですけどねえ・・・。プログラムはB定期と同じワーグナーのプログラムでした。このホールは小編成のオーケストラの方がむしろ良いかもしれません。(あくまでも個人的な感触です)下の写真は、会場での写真と、その後の宴会の写真です。会場での太ったおじさんはネルロ・サンティ氏です。後の宴会は大坂福島のおでんやさん(夢街道)での写真です。





2001.11.16

叉、更新大分サボっちゃいました・・・。ネルロ・サンティ氏のコンサートも、後、4回です。昨日(もう一昨日ですが)はB定期でサントリーホールにてワーグナーのオペラの序曲等を集めたプログラムでした。いやはや大変なプログラムで弾くのは難しいし、おっかないところは沢山あるし・・・と言う感じでした。今回は堀江さんの隣でトップサイドを弾かせていただいています。中でも、ローエングリンのプレリュードはとんでもなく美しい曲なんですけど、これまたとんでもなく緊張する曲なんです。ともかく、曲の出だしから「ぴ〜」っとハーモニックスでのばしの音なんです。終わりも、のばしで「ぴ〜」・・・。心臓バクバク!口から飛び出しそうな状態をこらえつつ「ぴ〜」・・・。この手の音ののばしは練習できないので困ります。一人でのばしていても何でもないんですけど、あそこの席であの状態でお客さんの前と言う条件がそろうと「ぴ〜」・・・で心臓バクバク!明日から同じプログラムで大阪です。何とか乗り切りたいです、このピンチ!

今日の(昨日の)午前中はBM8プッシュプルの作製を楽しんでいました。こういうことでもしてストレス発散しておかないとどうにかなっちゃいそうです。

2001.11.8

今日は、A定期の初日でした。ゲネプロ開始の時間に指揮者のネルロ・サンティ氏がコントラバスの配置について要求を出したため最初は大混乱でした。バスが一列に並ぶのは私の記憶の中では初めてのことでしたが、やはりきこえ方は変わる物ですねえ・・・。まあ、善し悪しは別にして、今回も第2ヴァイオリンが上手側に来ています。お客さんにはどのように聞こえているんですかねえ・・・?

さて、またまた真空管の話!6BQ5シングルアンプに気を良くし、早速6BM8プッシュプルの作製に取りかかりました。昨日はN響の練習終了後に秋葉原に行きその他の細かい部品を買ってきました。今回のアンプは制作の本があり、その中の一つを造ることにしたのですが、プッシュプルアンプはさすがに部品点数も多くなり、制作記事では結構大きめなシャーシを使っていました。しかし、ミニチュア管のアンプはやはり小型で造りたいと思い、今まで造ってきたアンプと同じシャーシを買ってきました。その為ラグ端子での配線が困難になったので小さな基盤を使い真空管と電源部以外の部品はチャンネルごとにその基盤に組んで小スペース化しました。昨日はいろいろ考えながら部品を組んでいったので、方チャンネル分だけしか作れませんでしたが、もうサンプルが出来上がっているので、もう一チャンネルは容易に造ることが出来るでしょう。今回もそれほど部品にはこだわらず、ロウコストを意識して造りました。たぶん3万円台で造ることが出来ると思います。わが家にあるアンプは全てシングルアンプなのでこのアンプが初めてのプッシュプルアンプになるわけです。6BM8はシングルだと2W程度しか出力がとれませんが、プッシュプルにすると10wくらいまでいけるようです。出力的にはKT88のシングルアンプ程度にはなるようです。どんな音になるか今から楽しみです。

2001.11.6

またまたサボってました!と言うのは6BQ5のアンプ作りに一生懸命だったんです。やっと完成!先月は忙しかったので殆ど手を付けられず3日間で一気に完成までたどり着きました。良い音していますよ。製作の様子を写真に記録しましたので、オーディオの方に掲載しました。良かったら見てやって下さい!!

2001.10.29

もう、30日になってしまいましたが・・・。昨日は(一昨日?)飯能信用金庫の主催でアンサンブルクラルテのコンサートをやってきました。14:00からの公演と18:00からの2回公演でした。正直言ってかなり疲れました。でも、お客さんは大変に喜んでいただけたようなので、私も、大満足でした。勿論、最近恒例になりました、私の勝手なお喋り付きのコンサートでした。お客さんは、お話しすることで、全然雰囲気が良くなってしまうのはやっている方も楽しくなってきます。いや!実はそれでも話をするのはかなり緊張しているんです。周りの人は誰も信じてくれないんですけど・・・。さあて!次なるクラルテのコンサートは12月16日の府中の森のクリスマスコンサートです!出来ればそれまでに1曲ぐらい仕上げたいですね・・・。その日に新作公開出来るでしょうか!?

2001.10.26

今日はC定期初日でした。サヴァリッシュのドン・ファンは久しぶりですが、以前にやったときは、上から指揮棒がゆっくり降りてきて「好きなところで出ろ!」と言う指示でした。「え!そんなこと言われてもおっかなくて出られないよ!」と言うのがその時の感想でした。徳永さんの様子を見ていて思い切り出たことを覚えていますが、おっかなかったです。今回は、そのような指示はありませんでしたが、本番では同じ事をマエストロはやってくれました。あ〜怖かった!つまり、彼はこの曲の出だしはあっていては面白くないと考えているようです。グチャグチャ〜!!って感じで吹き上がるような効果を狙っているのでしょう。でもやる方はたまんないです!!
2曲目のシューマンのピアノコンチェルトのソリストは園田さんでした。マエストロと園田さんは37年ぶりの共演だという話です。37年前というと私は?歳でした。年齢を感じさせない演奏でした。日本人でこのお年で(失礼な表現になってしまいますが)これだけちゃんと演奏できると言うことはとんでもなく凄いことです。自分がもし、その年に演奏すると考えると・・・ちょっと無理かなあ・・・。きっと、毎日、凄い努力を続けていらっしゃる方なのでしょう。尊敬します。
後半は、ベートーヴェンの交響曲第7番!マエストロの本領発揮と言うところでしょうか。演奏している私たちも気持ちよかったです。もしかしたら、いつもより凄い音がしているんじゃないかなあと感じました。

ところで、本日の演奏会、最初にハプニングがありました。第1ヴァイオリンのM氏が椅子の背もたれの高さを調節していたところ、背もたれが引っこ抜けてステージ上に大音響と共に転がってしまったのです。チューニングが終わりまもなくマエストロが入ってくる直前の出来事でした。焦った本人は背もたれを取りに行きあわてて差し込んだのですが、一部始終を見ていたお客さんには大受けしてしまいました。気の毒というかおかしいというか・・・。それにしても一生の内に3000人もの人を笑わす事なんかそうできませんよね!

2001.10.24

またまたご無沙汰しています!このところ、バタバタしていまして、あちらこちらに飛び回っていました。クラルテのカルテットの演奏会以来、次のコンサートの準備やN響の練習や学校やらで・・・本当に忙しかったです。名古屋のN響の公演は東京での定期演奏会の引っ越し公演でした。お客様も喜んでいただけたみたいです。実は定期演奏会とこの名古屋定期の間に1日休み(N響の)があり、その日にある方の会社のパーティーでクラルテの6重奏のコンサートがありました。シューベルトのピアノ5重奏曲「ます」から始まり、クラルテのお得意のアレンジ物を数曲!こちらも皆さん楽しんでいただけたようです。勿論私のおしゃべり付きです!本来ですと、この日は東京にいて翌日名古屋に行くのが本当なのですが、ちょっと最近忙しすぎて休めないのでクラルテのコンサート後に名古屋に行きました。お陰で10時間ぐらい寝られたのは助かりました。名古屋定期の後は新幹線で東京に帰り、そこから車で宮里氏の別荘へ!翌日は彼の別荘の近くのログハウスでカルテットのコンサート!考えてみるとN響の定期演奏会から数えると5日間連続の演奏会!ちょっとしんどかったです!今は、飯能でやるクラルテのコンサートの仕込みにかかっています。
そうそう!来年のクラルテのコンサート情報、少しわかりましたので、ここにご報告!!

1月19日(土曜日)サントリー小ホールで、ウイークエンドサロンコンサートです。これは、一般売りもあると思われます。

2月23日(土曜日)新発田(新潟県)での公演

以上が、今のところ決まっています。詳しいことがわかりましたら、今後の演奏会の予定の方に書きます。

2001.10.13

今日は、名古屋でカルテットの演奏会でした。そこで本日の大失敗!!いつも私は記録用(勉強用)として演奏を録音してくるのですが、録音機材は持って行ったのですが、な、なんとDATのテープとMDのディスクを家に忘れてしまいました・・・!出かけるときに用意したのは覚えているのですが、鞄に入れ損なった!!!運良く、たまたま今日の会場が「スタジオ・ルンデ」と言う場所で、スタジオの備品としてあったDATを2本分けてもらい、何とかしのげました。家に帰ったら・・・椅子の上にちゃんと置き去りになっていました!少しぼけ始めたかな・・?エ?狂牛病?・・・演奏の方は何とかうまくいきましたが・・・。

2001.10.9

昨日は、盛岡に行って来ました。岩手県民オーケストラの指導を頼まれ、土曜日、N響の75周年コンサート(カルミナ・ブラーナ)の後、東北新幹線に乗り、盛岡に行きました。この日はこちらのオーケストラのメンバーと宴会だけでしたが、とても穏やかな方ばかりで、大変居心地が良かったです!今回はブラームスの交響曲第2番をやるとのことで、翌日の日曜日はこの曲を朝9:30から夕方4:30までかけて、全曲聞かせていただきました。確かにこの曲は難しい箇所も多く大変なのですが、かなり健闘なさっていました。本番の指揮は後輩の船橋君ですので、きっと良い物に仕上げてくれるでしょう。

さて、今日のニュースは12月16日のクラルテのクリスマスコンサートのチラシが出来たことです!なかなか素敵なチラシが出来上がりました。是非!皆さん!聞きに来てください!楽しい曲を沢山やります!前半はドボルザークの弦楽四重奏曲「アメリカ」から始まり、岡本さんと私のトークを交え進行していく予定です。詳細は今後の演奏会の予定の方に書きましたので、ご覧下さい!チケットの申し込み方法もこちらに書きました。

2001.10.1

遂に、恐怖の10月になってしまいました。今月はさらわなければならない曲が多く間に合うかどうか・・・不安・・・。やるっきゃないですけど!

今日、N響はニューヨークのテロ犠牲者の為のチャリティーコンサートでした。私は出演できなかったのですが、ロリン・マゼルの指揮で、初台の新国立劇場で行われました。その様子はまだ聞いていませんがどうだったのでしようか・・・。私は、11月4日に東京音大の学生たちとやるヴィヴァルディの「四季」の練習がすでに入っていたので、残念ながら出演出来なかったのです。彼らとの練習日程も殆ど取れず、さすがに学生たちをほおって置くわけにはいかず・・・。

最近ではあまり学生でヴィヴァルディの「四季」をやることは少ないようです。全員初めてだったので、多少骨が折れました。しかし、色々やって行く内に形が出来るのは楽しい作業です。この曲は、暗黙の了解で「ここはこうする!」と言う場所が多いのです。それさえ解ってしまえばそれほど大変ではないと思うのですが、初めての彼らはビックリするような所もいくつか有ったと思います。でも、次回の練習は大丈夫でしょう。今後の問題は自分自身のソロが難しいという点に絞られそうです!

明日からは、デュトワ氏でカルミナブラーナの練習です。わたし、この曲結構好きなんです。印象的なのはサヴァリッシュ指揮でルチア・ポップがソプラノを歌ったときでした。彼女の優しい歌声は今でも耳の中で鳴っています。素晴らしかったですよ!残念ながら数年前にお亡くなりになりましたが・・・。

2001.9.26

スーパーワールドオーケストラもAプログラムは終わり、残すは4回のBプログラムとなりました。今日はそのBプログラムの練習だったのですが、熊川氏のドンキホーテは迫力有りますねえ!演奏しているのでゆっくり見ることは出来ませんが素人である私が見てもあの跳躍力は凄いと思いました。彼が人気があるのもその実力が根源だと思いました。

数日前、腕時計が壊れました・・・。10年以上使っていたと思いますが、200m防水のダイバーズウォッチでした。この時計の前は、N響で初めて行った海外旅行(韓国だったような気がします)の時、スイスのtisotという、時計を空港で買った(当時としてはチョット奮発した!)のですが、おしゃれな感じの時計だったのですが私の汗がどうも強烈な毒素を含んでいるようで、その後1年半ぐらいの間にリューズが「ポロッ・・」と2回も取れちゃったのです!あれは確か北海道の演奏旅行中だったと思うのですが、遂にいかれて動かなくなりイトーヨーカ堂(確か・・・)の時計売り場に行って「腐らない時計ちょーだい!!!」と言って買った時計でした。きっと店員さんは「・・変な事言う客だなあ・・・」と思ったことでしょう・・・。でも、その時は気分的にそんな感じだったんです。でもその時計も遂に壊れたみたい(普通バッテリーが無りかけると、2秒単位で秒針が動き出しますよねえ・・・それがその兆候無しに突然止まってしまったので壊れたと判断したのですが・・・)でこの際だから買い換えちゃった訳なんです。今回の演奏会場が有楽町の国際会議場、すぐ隣が元松坂屋、現在はとんでもなくでかいビックカメラだったのです。この際だからと思い、時計売り場に行ってみたというわけです。聞いてみるとやはり、腐らない系の腕時計はダイバーズしか無いようで、同じような物にしましたが、今回は動いていると勝手に発電して電池交換が必要ないという物にしました。ダイバーズウォッチの電池交換は耐水耐圧検査があり近所では出来ないので、電池交換の度に面倒くさい思いをしていました。これだったらその必要もないし腐らないし!ついでにチタンの物にしたら結構軽いし!これで一生この時計で行けそうです。壊れなければ・・・。

2001.9.23

昨日から、スーパーワールドオーケストラの練習が始まりました。今日はその第2ヴァイオリンの集まりがありました。いわゆる居酒屋でやったのですが、座る習慣がない彼らにはかなりきつかったようです。店の人は「そこに6人はいるから・・・」と言った所に5人が限界(幅的に)という感じでした。彼らは足が長いからあぐらをかいてもとんでもなく幅を取るんです!なにげに手を見てみると・・・みんなグローブ・・・私も日本人としてはかなり手のひらが大きい方なのですがその2周りはでかい!よくヴァイオリンを弾けるなあ・・・と言う感じです。(私も人によく言われていますが・・・)手がでかいのは良い音がする根源なのかなあ・・・。明日から、サントリーホールで本番です!なんか知らないけど良い音してますよ!・・指揮はロリン・マゼル!N響でも振ってもらいたい指揮者です。

さて!我がHPも20000ヒットを越えることが出来ました。これも、皆様のおかげです!ありがとうございました!これからもポチポチと書いていきますので、時々見てやって下さい!今後とも宜しくお願いいたします。
っとここでチョットお詫び!今回3名の方にCDを!と言うことでやっていたのですが、なななんと・・・私が20000をゲットしてしまいました・・・目が点になりました・・・。じぶんでゲットしてどーする!と言うことで、自分でもらってもしょうがないから、次回は4名様と言うことにしようと思います。・・・ただし、覚えていたらということで・・・。

2001.9.18

アメリカは、報復に賛成する人が多く、今後どうなるのでしょうか・・・。確かに自分の家族が当事者で有れば間違いなくそのような気持ちになっていたと思いますが・・・。色々なところで、色々な噂が立ち非常に不安定な最近だと感じます。明日はサントリーホールで定期演奏会。裏にはアメリカ大使館もあるし・・・。自分だけのことではなく、地球単位での考え方って出来ない物ですかねえ・・・。

今日も気を取り直し!!
叉、上智大学のオケの合宿に3日間ばかり付き合ってきました!やっぱり、彼らは若い!!パワーがある!!つき合えるのは3日が限度かな!?去年も同じように夜、車で走って帰ってきましたが、今回は速かった!!山から下りるのは後ろに速い車がいたのでそれなりに速く走ったし、高速はガラガラ!!菅平から2時間半でかえって来ちゃいました。去年の帰りは・・真っ白な霧の中・・・視界5m・・・。高速に乗るまで倍ぐらいかかってしまうは、いざ高速に乗ったら「上信越道通行止め」!!「ヒエ〜!」ですよ!家とは反対に走り更埴ジャンクションから松本道から中央道を回って5時間がかりで帰りました。勿論その時も翌日にはN響の練習が入っていました。

今回の定期は、私の大学時代の同級生(出世頭!!)の広上淳一の指揮で、マーラーの交響曲第1番「巨人」です。コンチェルトはヤーノシュ・シュタルケルでエルガーのコンチェルトの予定でしたが、例のニューヨークの事件で日本に来る手段が無く、代わりにボルケス氏がこの曲を演奏することになりました。今日は2日目の練習で、彼とエルガーのコンチェルトを合わせてきました。彼の演奏は初めて聴きますが!かなり凄いです!ソリストって凄いですよねえ!いったい何曲頭の中に入っているのでしょうか・・。突然弾くことになっても、普通に暗譜で弾いてしまうわけですから、凄い記憶力をしているのでしょうねえ・・・。羨ましい・・・。私なんか譜面見ていても「アレ!?」って感じでおかしくなっちゃうときもあるのに・・・。

2001.9.13

アメリカでは、大変なこと人っていますね。多くの方がなくなっている様子、テレビを見ていてもとても現実とは思えない悲惨な光景ばかりで辛い物があります。この、解決法が有るのかどうかとても考えられませんが、報復合戦のようにだけはなって欲しくないと願います。

さて、気を取り直して、少し明るい話題を・・・。
11日の台風の過ぎ去った夜、私は楽器を弾かずにコメンテーターなる仕事?をしてきました。今まではお客さんの前で話しても演奏の合間でした。でも、今回は違います!!!親しくしている楽器屋さん(文京楽器)ですが、ここの楽器屋さんが新しいヴァイオリンのシリーズを出し、その記念コンサート・・と言うより引き比べコンサートが有ったのです。私はもっぱら楽器に対するコメントをするだけで、演奏してくれたのは超美人ヴァイオリンニスト!幸田聡子さん!いや〜惚れ惚れしちゃいました!あんまり綺麗なんで!勿論ヴァイオリンの腕も!!!巧い!彼女の素敵な演奏の合間に私がしょうもない事をぶつくさ言っていたわけなんです。お客さんは面白かったと言ってくれたみたいですけどねえ・・・。でも、楽器弾かないで話すだけって、楽なようで緊張するし、もしかしたら訳の分からないこと言ってたかもしれません。下の写真は打ち上げの時の写真。最初が、幸田さんと文京楽器の清水君(私の楽器を修理してもらってます)そして、幸田さんと私!!!

そういえば、もうすぐカウンターが20000になりそうですね!今回も20000〜20002までの3名様にクラルテのCDをプレゼントしちゃいます!以前に差し上げた方に万が一当たったら、Vol.2を差し上げますので!!

2001.9.10

今日は、台風で荒れ模様の天気・・・その中、また秋葉原に行って色々と買い込んできました!今度は6BQ5という真空管を使って、比較的普通の回路で作ろうと思っています。

さて、ここのところ、叉少しサボっていましたが、ヨーロッパ公演の疲れもそろそろ有耶無耶(この字で合っているのだろうか?・・疲れてない訳じゃないんですけど・・・)になって来ましたので、反省がてら、数日前のことから・・・。

8日には真空管オーディオフェアなる物が秋葉原の某会場(単に名前を忘れた!)にて有りまして、ここに行って来ました。開場は10時で、私は11時ぐらいに着いた段階で640人目の入場者でした。結構な盛況ぶりで少々驚きました。「真空管アンプに興味がある人って結構いるんだなあ〜」ってな感じでした。私の使っているトライオードジャパンも出展しているかと思い行ったのですが、残念ながら出展していませんでした。チョット以外だったのですが・・・。楽器も背負っていたし、次に行く場所があったので、1時間ほどぶらついて引き上げました。しかし、お客さんの平均年齢はかなり高かったのではないかと思いました。(平均身長が低かったから?失礼!でも私も低い!)今回、一番興味があったのはUV-845と言う送信管を使ったアンプ(モノラル2台)でした。愛知県刈谷市のサンバレーという会社から出ているキットなのですが、真空管アンプの終着駅としてこのアンプを作ることを決めました!10年後ぐらいになるでしょうかねえ・・・何せ値段が高いもんで・・・。中に流れている電圧は900V近いそうで・・・これも叉、慣れていないと命がけになるかもしれません!?・・アハハ・・・やっぱ怖いからやめよかな・・・。

9日は足利市で、N響の演奏会でした。メルクル氏のオールブラームスプログラム!6、7日の定期演奏会は、メルクル氏の意外(私の個人的な意見ですが)な一面、ゆったりとした壮大なブラームスでした。その定期演奏会をそのまま引っ越して持ってきたわけです。最近そういう地方公演が増えましたね!私たちは結構大変なんですけど、お客さんにとってはこのパターンは良いのではないかと思っています。東京公演と同じ内容が聴けると言うのは、かなりマニアックな曲まで演奏すると言うことになります。今までの地方公演では考えられませんでしたもの!今回のプログラムはそれでも、比較的解りやすいプログラムでしたが、先日の大阪はなどはニールセンだったりと、かなり前進したプログラムでした。演奏旅行はベートーヴェンやドボルザーク、チャイコフスキーとお決まりの時代は終わったかもしれませんね。

2001.9.5

昨日、今日と定期演奏会の練習でした。準・メルクル氏の指揮で、全てブラームスのプログラムです。やはり、なんだかんだ言ってもブラームス等の古典音楽は難しいです。勢いだけでは弾けないし、あまり神経質になりすぎると面白い演奏にはならないし、そこいら辺のバランスが難しいですねえ!前半のハンガリアン舞曲集はどちらかというと勢いがないと面白くないですけど、シンフォニーの方はそうはいきません・・・。ある意味では近代物の方が簡単かもしれませんね・・・弾ければの話ですが・・・。最近のN響はデュトワ氏のプログラムのお陰でジャンルや音楽自体の幅が出てきたような気もしますが、この辺のジャンルが少々、少なくなってしまった感もあります。色々なお客様に喜んでいただけるようなプログラムを組むというのは難しいのでしょうねえ・・・。でも、明日のブラームスは結構良いかもしれませんよ!

クラルテのコンサートが10月に飯能であるのですが、残念ながらこのコンサート飯能信用金庫の内部のコンサートらしく、チケットは外には出ない模様です。もし、販売するルートが有ればここで紹介させていただこうと思っていたのですが、そうはいかないようです。飯能信用金庫にいっぱいお金を預けているお客さんに対するサービスなんでしょうかねえ・・・?

趣味の方!6BQ5という真空管も、色々なメーカーの球が手に入ったので、そろそろ、この球のアンプを組もうかと画策しています。トライオードのキットの回路図を元に、作ってみようかと思っています。手配線でやると、どの程度違う物でしょうかねえ・・・。キットの方は基板を使っていましたので、小さくできていましたが、手配線ではそうも行かないでしょう。大きめな箱に組んでみるつもりです。

2001.9.2

ただいま〜!っといってもヨーロッパからはとっくに帰ってきていたのですが、帰国翌日から上智大学のオーケストラのヴァイオリン合宿に参加していたものですからさらに4日間もサボってしまいました!行った先がPHSが使えなかったので、パソコンを持っていっても何も出来ませんでした。部屋では外線も繋がらないようでしたので、諦めてしまった次第です。あれあれ!もう9月ではないですか〜!河口湖はそろそろ秋の気配でしたよ。朝夕はかなり寒かったです。お陰で時差ぼけも直ったし?無理矢理・・・?毎晩2〜3時まで宴会だったのでかえって時差ぼけがひどくなるかと思いました!
ところで私がヴァイオリンの3重奏曲を書きだしたのは、このヴァイオリンだけの合宿がきっかけでしたが、今回は時間がなく、1曲だけしかかけませんでした。PMFに参加して札幌に5日間いた間に書いた曲ですが、私としては珍しく、ちょっと暗い曲になってしまいました。学生たちは、今までの曲も含めて自分たちの好きな曲を演奏してくれました。自分の書いた曲を他人が弾いてくれるのは、不思議な気分です。チョット嬉しいですね!今回は、3重奏で3,7,8,と今回の9番。それに6重奏を弾いてくれました。私もたまには・・!と言うことで、お返しにクライスラーの「レチタティーボとスケルツォ」を弾きました。学生たちは喜んでくれましたが、結構緊張するものです。やはり、演奏する以上、あまりいい加減なことは出来ませんものねえ・・・。今回の新曲も近い内にオリジナル作品の方にアップロードしたいと思います。

2001.8.17

長野の涼しさにかまけてしばらくさぼっていました。さて、いよいよ明日からN響のヨーロッパツアーです。正直言って私はあまり外国が得意ではないので・・・いやいや!頑張って演奏してきますよ〜!演奏会自体は5回ルツェルン2公演をはじめ、ヴィスバーデン、アムステルダム、ロンドンと回ってきます。今回、パソコンを持っていってリアルタイムで更新しようかと思ったのですが、プロバイダやアクセスが国によって違ったりするし、ホテルからの電話代はかなり高めだし・・・面倒くさくなって諦めました。その辺は根津さんあたりがバッチリやってくれると期待しております。では!いってきま〜す!

2001.8.9

昨日、一昨日とセキスイハーモネートコンサートに参加していました。セキスイハイムイ信州主催のコンサートですが、毎年この時期に行われています。今回のプログラムは、レオポルト・モーツァルトのおもちゃの交響曲、サン・サーンスの「動物の謝肉祭」プロコフィエフの「ピーターと狼」でした。高木かおりちゃんのナレ−ションでお客様に楽しんでいただきました。演奏している私たちもとても楽しかったです。一年に一度はこのようなコンサートをどこかでやるのもいいなあと感じました。ただ、一寸残念なのは13年続いたこのシリーズが今回のコンサートで一段落と言うことです。私はこの13回とも、全て参加させていただいていたのでとても寂しいく思います。

今日、久しぶりに八島湿原に遊びに行きました。白樺湖からビーナスラインを霧ヶ峰方面に行き、霧ヶ峰から右に折れて、次の料金所の一寸先、右側(駐車場は左側にあります)に広がる湿原はとても良い散歩コースです。今日は、ヤナギランが最盛期のようでした。ピンクの花園が点々としていました。綺麗でしたよ!以前(3年ぐらい前)に行ったときには雷にどしゃぶりになってしまい、あきらめて帰ってきました。今日は時々霧が出る程度の天候で、むしろ暑くなくとても歩きやすかったです。

帰りがけに、和田峠から国道142号線を上田方面に下りて来る途中、おそば屋さんによりました。黒耀(こくよう 電話0268-88-3166)という名前のおそば屋さんでした。結構まじめなそばを打つお店で、とても美味しかったです。値段も安い!もりそばが600円、ざるそばが650円って感じで、大食らいの私は大もりそばを頼みました。そうしたら、もりそばが2枚重なって出てきて、「これじゃ、倍の値段かな?」っと思ったら200円増しでした。なんか凄く得した気分!また明日も行こうかな!?

2001.8.6

今日は、午後から上智大学オーケストラの子たちの面倒を見た以外は全て、アンプ作成に全力!?を尽くしました。昨日は音が出たところまでで終わったのですが、今日は真空管のプロテクターを作りました。結構細かい作業なので面倒くさいですが、これも、うっかりミスで真空管を痛めないために絶対必要なことです。家に帰ってきてからは、電源のコンデンサーを一個足して、ハムノイズ軽減を計りました。チョットだけ良くなった感じです。細かいことは、audioのページに書きました。

2001.8.5

・・・の午前1:30です。盛岡から帰った日は結構涼しくて良かったのですが、やはり東京は基本的に暑いですねえ!東京に帰った日と、本日(昨日の夕方から現在にかけて)の作業の結果、ただ今、2台目の自作真空管アンプが完成しました〜!以前作ったのは、6BM8という真空管を使った物ですが、今回は50BM8という真空管を使いました。基本的な設計は同じですが、ヒーターの電圧が前者が6.3Vで後者が50Vという違いだけです。秋葉原で安く売っていた真空管だったのでまとめて10本衝動買い(1本600円ぐらい)をしてしまった都合で、何とかこの球を使った物を作りたかったというわけです。コンデンサーを以前の物より半分ぐらいの容量にしてしまったので多少ハムノイズが乗りますが、音色的にはまあまあっと言う感じです。今日は、疲れたので、明日(今日の夜?)写真を撮ってここに載せたいと思います。

2001.7.31

今日はお休み!青森を朝出発し、秋田県の玉川温泉(岩手と秋田の県境)に行って来ました。ここのお湯は末期ガンすら治したという曰く付きの温泉で、凄まじい物がありました。源泉に入ったら体の全ての傷という傷がチクチク痛いんです!!ひげ剃り跡なんか凄いですよ!イテテテ・・!ここまで凄いと元気な人はむしろ具合悪くなるんじゃないか・・・なんて感じました。今まで行った温泉地の中では絶対的にNo.1って感じでした。さんざんお風呂に入った後、宮里氏に連れられて、ここの地獄(源泉周り)を散歩してきました。とにかく凄かったです!上の2枚と下の左の写真は、そこの写真です。源泉温度98度の塩酸を主成分としたPH1.2の強酸所為のお湯が毎分8400リットル沸いているそうです。ぴりぴり言うわけです。

その後、後生掛温泉(ごしょがけおんせん)に来て、今晩は泊まります。偶然なのですが、他にもN響関係の方が来ていました。下の写真は、クラリネットの横川さんやホルンの山本さん、トランペットの佛坂さんたちです。ここには、さすがに自分たち以外の団員が来ることはないだろうと思っていたのですが・・・同じ事を考える人もいるものですねえ!ここのお湯はもう一寸優しくて入りやすかったです。東北は本当に温泉天国なんですねえ!

2001.7.30

今日は、青森公演でした。があ!朝、一寸早起きして、酸ヶ湯に行って来ました。1000人風呂に入ってきましたよ!めちゃくちゃ気持ちよかったです!東北は温泉天国と言われるように、いくつもの温泉が点々と存在するのには驚きました。全部入ろうと思ったら何ヶ月かかるのでしょうか!?白濁したお湯はまさに温泉に入っているという気になります。硫黄の臭いが結構しましたので、本番の時に周りに迷惑がかからなかったかどうだか・・・。
今日は本番があったので昼過ぎには帰りホテルで休んでから本番に臨みました。やはり、温泉に浸かると結構疲れますので絶対に休息をとらないと一寸きついです。1時間ぐらい寝れましたので、おかげさまで本番は元気でした!
青森の会場は私がエキストラの頃から来ている会場で、今、見るとステージの奥行きが結構狭かったのに気がつきました。昔はそれほど気にならなかったのですが・・・。たぶん最近のホールが奥行きが有りすぎる所為かも・・・。音は、昔のスタイルのホールとしては結構良い方だと思います。お聞きになっていたお客様にはどのように聞こえていたのでしょうか?

2001.7.29

今日は、北海道の七飯町(ななえちょう)で本番でした。強いて、振り仮名を振ったのは、正直私が読み方が解らなかったからです。初めてみて「え?ななめし?しちはん?ななはん?そりゃ、バイクだよ!」ってな具合でした。ここは、函館からちょっと北に上がったところで、札幌方面に行く、国道5号線沿いでした。昨日は青森に泊まっていたので、朝、9:15発の海峡線で、五稜郭まで行き、乗り換えて七飯まで、JRのワンマンカーに乗って行きました。個人的には鉄道は好きなので、結構楽しめました。下の写真は、行きの海峡線の機関車ED79と、その客車に連結されている「カーペット列車」です。ドラえもんがデカデカと書いてある機関車は初めて見ました。
後の写真は、七飯の会場写真(ステージから見た客席と、G.P.前の皆さんがさらっている様子)です。こじんまりとした会場ですが、綺麗な作りでした。残響はちょっと短めでした。オケだと直接音が鳴りすぎる傾向が有ったのでは無いかと、一寸心配です。
コンサートが終わり、帰りがけ楽屋口に私がよくお邪魔しているDARKさんの掲示板に書き込みを良くなさっている、東子さんにお会いしました。今回函館に泊まっていた掲示板仲間は昨日東子さんとお食事をなさったようでした。うらやまし〜!次回は是非ご一緒させてください!


2001.7.28

今日は、700Km車で走って青森まで来ました!運転手は4人いたのですが、私だけが2度運転しただけで着いちゃいました!と言っても朝、9時近くに外郭環状道路の乗って、東北道をひたすら走って、着いたのが18:00少し前でした。青森市内内に入ってから道が混んだのはちょっとショックでしたが、まあまあのペースだったのではないかと思います。
大昔の話になりますが、宮崎から東京に来るまで走って帰ってきた次の演奏旅行が東北方面で、最初が青森だったんです。本来宮崎からはフェリーで車を川崎まで送り自分たちは飛行機で東京に戻るつもりだったのですが、その前日に台風が来ていて車を送ろうと思っていたフェリーが・・ウソ!・・無い・・・・!もし、次のフェリーで送ると東北の旅行に車が使えないと言うことになり、やむを得ず、宮崎から陸路で東京に帰ることになったのです。その時にはまだ、九州自動車道も完全ではなく人吉はループ橋で越えることになり、結構大変でした。その直後の青森は「なんて青森は近いんだああ!!」と、感動した記憶があります。(変な感動!)まあ、1400Kmの半分ですからそりゃ近いですよね!

青森について、夕食(宴会?)までの間に時間があったので、すぐ近くの海まで散歩に行ってきました。左下の写真は、旧青函連絡船の八甲田丸です。今では博物館のようになっているそうです。真ん中は八甲田丸の後ろからの写真。写っている女所為は東京音大付属高校の後輩、津布久さんです。右は、近くの物産展のすぐ脇で作っていた「ねぶた」の山車です。あんまり、迫力があったので、デジカメで撮って来ちゃいました。本物はとんでもなくでかいんですねえ!この山車を見て、絶対に本物のお祭りの時に見に来てみたいと思いました。中には作っている最中の物もあり、まだ、色を塗っていない部分などもありましたよ!めちゃくちゃ面白かったです。

2001.7.26

今日は、大失敗です!現在スケジュールの管理その他で使っているvisorを田町の駅のホームで落っことしちゃったら、液晶の表が割れちゃったんです!!ショック!!電源は入るし、ボタンでの操作は出来るのですが、ペンでは全ての反応が画面のコントラストの調整になってしまうと言う症状でした。その時はたまたま、秋葉原にスピーカーのユニットを買いに行こうと思っていたところで、そのままイケショップに行き先変更になってしまいました・・・。お店の人の話を聞いたら治すのと新しい物を買うのと殆ど値段が変わらないそうなので、仕方がないので同じ物を買ってきました・・トホホ・・臨時出費・・・。でも、帰ってきて、パソコンにあるデータをそのまま新しい機械に戻すだけの作業で殆ど問題なく元に戻りました。この辺は最近の機械はよく考えられているようです。今度は一寸落としたぐらいでは大丈夫なようにカバーも買ってきましたよ!二度と遭遇したくないハプニングでした。

昨日作った、バックロードホーンのスピーカーはスピーカーが裸でむき出しだったので、一寸不安があり、スピーカーユニットのカバーも買ってきました。こちらは一ヶ500円!安い物です。

2001.7.25

東京はやっぱり暑かった・・・。昨日、岡山から帰ってきて、東京駅に降りたときのすさまじい暑さ!!参りました。あんまり暑いので床屋に行って長かった髪の毛を夏向きにばっさりやってきました。おかげで、頭が軽くなりました!?切った髪の毛の分量は、残った分量の3倍ぐらいあったのではないかという感じです。結構髪の毛って重いもんなんですね!

今日は、昨日よりは多少風もあり、一寸だけ雨も降ったので、幾分過ごしやすいかなって感じでした。そして、以前から楽しみにしていた、バックロードホーンのエンクロージャーのキットを作りました。思ったより簡単でしたが、一カ所板の向きを間違えたけどまあ、ご愛敬と言うことで!?これ用のスピーカーユニットは買ってきていなかったので、以前から、使っていたアルティックの12cmのフルレンジスピーカーをとりあえずバスレフ方式の箱から外し、付けてみました。ムムム・・・!結構いい感じになっていますよ。このユニットは元々レンジが狭く低音も少し弱めだったのですが、バックロードホーンだと結構ズッシリ出てきました。しばらくはこれでもいい感じです。左は作りかけ。中の様子解ります?右は完成して6BM8の超3アンプでならしているところです。和室に置いてあるのですが、出窓に置いてあるので和室の割にはそんなには悪くないようです。

2001.7.22

今、大阪にいます!!やっぱり暑い!!!!失礼!全国的に暑いから文句言ってもしょうがないよね!でも暑かった・・・。
今日は昨日に引き続き大阪でのN響「夏」のコンサートでした。ザ・シンフォニーホールはいいホールですねえ・・!いつ来ても思います。今日も渡辺玲子さんは完璧だったし!
個人的な感覚ですが、いろいろなホールで演奏していると、「ジャン!!!」って感じで音が終わった瞬間の会場からの音の返りで、「あ!このホールいいなあ・・・!」とか「う!!響きが寂しい・・」とか「・・なにこれ・・・」みたいな思いをすることがあるんです。でも、ここはかなり良いと思います。自分の記憶の中ではここのホールがコンサート用としては最初のホールではないかと思っています。このホールが出来てから色々なところで良い響きのホールが出来はじめたような気がします。・・あくまでも個人的なイメージですが・・・。今日、エキストラで来ていた子に言われたのですが、「ここのホール結構古いですね・・・」っと・・・。っそうですねえ・・・もう何年経つかなあ・・・。私がN響に入るか入らないか位の時だから、15年ぐらい前・・・。おおおっと!年がばれる・・・どうでもいいか・・・・。ホールは楽器ですよ!良いホールがあると言うことはその土地の文化なんですよ。最近は、良い響きのホールが増えたので、後は、そのホールをならす様にしてほしいですねえ。

さて!恒例の宴会!!今日は大阪環状線福島駅そばのおでん屋さん!「夢街道」さんに行って来ました!ここは超おすすめ!お酒もたくさん種類をおいてるし、おでんはちょっとおしゃれ(普通にドデッって感じでは出さないで、一ひねりしてある)で美味しいし!大阪近辺のみなさん!是非一度行ってみてください!「横山のホームページ見てきた」と言っても何の割引も無いと思いますが・・・話の種ぐらいにはなるかもしれません・・・。でもマスターは私のことを覚えてくれていましたよ!!!嬉しいですねえ!大阪は絶対にここに来ます!

2001.7.21

今日は、NHKホールでN響「夏」のコンサートでした。デュカスの「魔法使いの弟子」パガニーニのヴァイオリンコンチェルト、ドビュッシーの「牧神の午後への前奏曲」、ストラヴィンスキーバレエ組曲「火の鳥」を演奏してきました。指揮のファビオ・ルイージ氏はなかなかの指揮ぶり!楽員側からの評価も高いようです。個人的には一寸期待してしまいますねえ!!パガニーニのソリスト、渡辺玲子さんも素晴らしい演奏でした。この曲は超絶的に難しいことで有名なのですが、その曲をいとも簡単に弾いてくれました!まいった!明日は、大阪のザ・シンフォニーホールで同じプログラムの公演です。

2001.7.16

昨日、Powerbookをいじっていたら、なんか挙動不審・・・。ハードディスクが同じ場所(たぶん)スイッチョ!スイッチョ!スイッチョ!って、全然先に行かなくなっちゃいました。半年ぐらい前から、この傾向があったのですが、2〜3回スイッチョ!を繰り返すと起動していたので、あまり気にせずにいたのですが・・・今回は昇天なさったようです・・・。私のPowerbookは一寸前のやつなので、オリジナルは2GBのハードディスクでした。さすがにそれではどうにも成らなかったので6GBの物に入れ替えて使っていたのですが、今回昇天したのはこの6GBのハードディスクでした。結構高かったような気がするのですが、今回入れ替えようと買ってきた物が20GBで17,000円位でした。ハードディスクの容量と値段は逆行する物ですが、それにしても安くなりました。私が初めて手に入れたMacがPowerBook170と言う機種でしたが、これに入っていたハードディスクが40MB。あんまりなので、120MBに換えたのですが80,000円近くした覚えがあります。さらには2回も昇天しました。昔は、マシンをだましだまし、CPUカードを入れたり、メモリを増設したり、ハードディスクを交換したりと、一台のマシンをなるべく長期にわたって使うよう努力した物ですが、今ではもう、ナンセンスなようですねえ・・・。買った方が安くて所為能がよい!!!なんか寂しいような来もしますが・・・。

2001.7.15

暑い!暑い!たまりませんなあ〜!チョット7月の割に暑すぎやしませんか!?今日は私は降り番なので、おやすみ〜!でも暑い!関係ない・・・。

気を取り直しまして、今日は私たちのアレンジ作品をMP3のファイルにして、3曲ばかり聴けるようにしました!クライスラーの「愛の喜び」「愛の悲しみ」「美しきロスマリン」の3曲のメドレー(・・と言っても続けて演奏しているだけですが・・・)J.シュトラウスのポルカ「狩り」そして、ブラームスの「ハンガリアン舞曲第1番」です。さすがに、ここのレンタルサーバーの容量が気になりますので、これらのデータは、以前のbekkoameのサーバーの方に置きました。と言っても、表紙の「アレンジ作品」の所から飛べるようになっています。別に違和感はないと思います。普通にアクセスしてください。昨日も、自分の作品をアップしましたが、モノラルにすると結構聴ける音色なので皆さん聴いてみてください。回線のスピードによっては、全部ダウンロードしてからでないと、切れ切れになって聞き難いかもしれませんが、その辺はご容赦下さい。

2001.7.14

今日も暑いですねえ!何にもやる気がしなくなる・・・。でも、私のオリジナル作品のMP3データを3曲アップロードしました。3本のヴァイオリンのための小品2曲と6本のヴァイオリンのための小品1曲です。このMP3データは、アップルの「iTunes」というソフトを使いました。ダウンロードして使うソフトですが、結構良さそうです。以前変MP3データに換した物はストリーミングの関係で、かなり圧縮したため音色が滅茶苦茶悪かったのですが、今回はモノラルにした所為か結構聴ける音色になりました。この手の技術は日進月歩って感じですねえ!そうそう、譜面も上げようと思っているのですが、アクロバットの調子が悪く、何故か音楽フォントが文字化けしてしまいます。こちらの方は解決次第で順次のせていく予定です。

趣味の話!先日作った6BM8の超3極接続アンプの真空管を松下の物に換えました。ちょっと音がシャープ?クリアになったかな・・て感じです。このアンプは真空管を換えると調整が必要になるんですが、やはり、球によってばらつきが有る物ですねえ。以前のsovtekのものでは完全に合わせていたはずが、結構変わっちゃったので驚きました。しかし、暑いときの真空管アンプは地獄です!?いくら音が良くても涼しい方が良いかなって思っちゃいますよ!

って!もう15日に成ってしまいましたが!ようやくアクロバットの調子がもどり・・・と言うより、別のハードディスクにシステムからインストールし治して、ようやくファイルを作ったので、譜面のデータをアップしました!普段使っているシステムでは何回やっても出来ませんでした。んんん・・何が悪いのだろうか・・・。

2001.7.13

ああああ!!東京は暑いよ〜!ハッキリだらけてしまいました・・・。札幌は涼しかったんですねえ・・・。昨日は11:30の飛行機で東京に帰ってきて、その脚で音大の方へ教えに行きました。これだけ温度が違うと体がなんか変になりますね・・・。昔、やはり夏に函館から福岡まで飛んで、コンサートをやったことがあるのですが、このときはもっと凄かった!飛行場に着いたとたん倒れるんじゃないかと思いました。それから比べりゃまだまし!?家に帰って、メールを見たら!!な、なんと今使っているPowerBookG3の電源アダプターが燃える事故があるので、Appleが自主的に交換すると言うメールが届いてました。おいおい!勘弁して欲しいよなあ!!2週間いないといっていますが、演奏旅行に持っていけなくなっちゃうじゃないの!どうしよう・・・。

はい!今度はアンサンブル・クラルテのコンサートのお知らせです。府中の森ウイーンホールコンサート2001.12.16(日)19:00〜は(有)アルボル・インターナショナルと府中の森芸術劇場との共催と成りました。皆様へのご案内は9月頃には出来る予定です。楽しいコンサートをやりますので、是非聴きにいらしてください!!!また、2001.7.13アンサンブル・クラルテ 弦楽四重奏名古屋コンサート名古屋で、弦楽四重奏のコンサートがあります。こちらは普通の真面目!?なコンサートです。ハイドンの「皇帝」、モーツァルトの「狩り」、後半はシューベルトの「死と乙女」です。どれも素晴らしい作品です。全て副題の付いた作品で統一してみました!お問い合わせはコンサートのページに書きました。どうぞ宜しく!!!

2001.7.11

昨日はそのまま倒れちゃったからさぼりましたが、代わりに今書いています。只今午前10時過ぎ・・・。昨日は「芸術の森」というところで今日のコンサートの練習が有りました。その時、同時に札幌交響楽団の練習が行われていたのですが、そこに数人の後輩(東京音大の卒業生)がエキストラとして参加していました。また、我々の練習の前にはPMFのオーケストラが練習をしていたようでそこにも東京音大の学生が参加していたので、「じゃーみんなでご飯でも食べに行こうか!」となり、下の写真のように!?なりました。左から私、関さん、田岡さん、三好さん。右の写真の真ん中は三好さんの友達で伊部さん(仙台フィルのヴァイオリン)です。田岡さんと伊部さんがPMFのオーケストラに、関さん、三好さんが札幌交響楽団に参加しています。

ところで、下の写真はなんだか判りますか?実は札幌の地下鉄なんですが、車輪がタイヤなんですよ!乗り心地もなんか変な振動があり、面白いです。


っと、本番終わりました。今日のコンサートお客様にはどう伝わったでしょうか・・・。武満さんの「弦楽のためのレクイエム」から始まって、リーパーマンのピアノコンチェルト、後半はチャイコフスキーの交響曲第4番。アンコールはグリンカの「ルスランとリュドミュラ」でした。結構盛り上がりました。前半の武満さんの曲は、変な言い方ですが現代曲でも割とポピュラーになったこの曲、雰囲気だけではなく、ちゃんと正確に演奏したという感じです。特に今日は、きれいな曲だと感じましたよ!リーパーマンのピアノコンチェルトは作曲者もいらっしゃっていました。結構若い(見た目)方で、もうこの人は自分のスタイルを完成させている感じがしました。とても面白い曲だと思います。演奏も凄かったですよ!後半チャイコフスキーは・・・この曲はやはり盛り上がりますねえ!キチガイ弾きをさせられました。こうなっちゃうんですよこの曲は。冷静には弾いていられなくなっちゃうんです。

というわけで、本日のコンサートは自分としては面白かったのではないかと思っています。その後の宴会の話ですが、今日はPMF参加中の秋元理恵ちゃんが来てくれました。タイヤの右写真、中央の子です。まじめな良い子って感じの子でした!

2001.7.9

今日は、札幌で休日!嬉しいですねえ!休日ですよ休日!でも、午後はホテルの部屋でさらっていました。10月にシューベルトの「死と乙女」をやるのですがその譜読みをしようと今回譜面を持ってきました。こういう時じゃないとまとまった練習が出来ないんですよ・・・家にいるとアンプとか作っちゃうし・・・!?
午前中は、ここの中央市場に行って来ました。この時期結構毛ガニがよいということでしたが、高い!!良さそうなやつは7000円ぐらいしてました。タラバガニの方がまだボリュームがあって良いかなあと言う気もしました。去年のPMFの時に市場で聴いたのですが、タラバガニの甲良のトゲの数の違いでタラバガニとアブラタラバと分かれるそうです。目玉を上にして甲良を見て、目玉より中央の所に6本。これはどちらも同じ。その下側にあるふくらみの上に6本有るのがタラバガニ。4本しかないのがアブラタラバなんですって!言われてみれば・・・確かに違いました。この時期はタラバガニは今ひとつ身が細いそうで、アブラタラバの方が身が詰まっているようです。値段はそれでもタラバガニの方が高いんですよ。変なところで買うとアブラタラバをタラバガニとして売っていたりすることもあるみたいです。でも、スーパーマーケットなんかでは足しか売ってないから判りませんよね・・・。

昨日、ファゴットの井上君の話を書きましたが、先ほど同じくファゴットの森田君の所へ電話したところ、このアンプの病原菌が感染し始めた模様でした。皆さん本当に不思議なくらい同じコメントが帰ってくるのですが、音の奥行き感が出てくると言っていました。本当に不思議です。3次元的に聞こえるという感じです。ただ、さすがに2Wしか有りませんので、音量を上げると、多少音が割れますが・・・。森田君は真空管の音に対するイメージが温かい物と考えていたようですが、聴いたらかなり現代的な音で意外だったようです。私が初めて聴いたときもそういうイメージでした。

2001.7.8

今日はキタラ(札幌中島公園内)でコンサートでした。ここは、何回かやっている会場ですが、私は結構弾きやすいなと思っています。・・・が、さっき、一緒に飲んでいた仲間の話だと弾いている場所で結構違うみたいです。宮里氏(2ndの中央)は「1stが遠く聞こえる」と言ってるし、コントラバスの新納さんは「残響が少ない」とおっしゃってるし、様々・・・。私はバスが時間通りに来ているので非常にやりやすかったのですが・・・。今日は根津さんが降り番なので私がホールの写真を撮ってきました。
それはさておき!やはりベートーヴェンの「運命」は名曲ですねえ!演奏家を問答無用にその気にさせる何かがあります。この曲を書いたときには、耳がかなり聞こえなくなっていたという話ですが、これって聞こえなくなったから故に書けたんですかねえ・・。きっと、想像力が並の人間の数倍になったのでしょうねえ・・。何か出来なくなるとそれに対する思いこみが深くなると言うことでしょうかねえ・・・。いやいや!ちょっと暗くなっちゃったけど、凄い作品を書いた人が居たという事実だけで十分ですね!!!!今日は、弾いていても結構燃えましたよ!面白かった!

趣味の話!今日、ファゴットの井上君が真空管のアンプに興味を持ったとの情報が入りました!現在、ファゴットの森田君のところに出張中の6BM8のアンプの次なる行き先が決まったようです。19,800円のアンプがとんでもない病原菌になっているようです。ハハハ!増えろ増えろ病人!?

2001.7.7

今日は七夕ですね。仙台あたりでは凄いことになって居るんでしょうねえ・・。一度言ってみたいと思っているのですが。今。私は札幌に来ているのですが、来る時の羽田空港では浴衣を着たお嬢さん方がいらっしゃったので、きっと何かのイベントがあったのでしょう。まさか羽田から仙台へ浴衣を着て行くとは思えませんので!?

下の写真は、行きがけに撮ってきた次回制作の50BM8シングルアンプ用の基板です。今度は平ラグで作ってみようと考えています。上条さんの話だと、この真空管のヒーターは直列でそのまま100vが使えそうなので、6BM8のアンプよりも小型のものを何とか作ってみたいと思っています。一昨日、シャーシパンチなる道具を買ってきました。要するに簡単に穴をあけるための道具なのですが、これで前回よりは穴あけに手間がかからなくなると・・・いいんだけどな〜。

2001.7.6

今日は、札幌のPMFのコンサートの練習でした。明日、札幌に行きます。それにしても今日は藤森亮一氏が3回も弦を切った!!驚き!チェロの方でガサゴソやっているなあと見ると、主席のいすが空っぽ!?彼は弦代を年間いったいいくら使っているのだろう・・・。チェロの弦ってヴァイオリンよりかなり高かったような気がするんだけど・・・。

また、趣味の話・・・と言うよりも真空管の病人が増えました!フルートの菅原氏が、サウンドの6L6GCのシングルアンプをご購入なさった模様!おめでとうございます。本人曰く「ボーカルと弦の音が生々しい!」とのコメントでした。このアンプ普通の真空管アンプみたいに無骨ではなく、表面上はアクリルカバーで覆われていてほのかにヒーターの明かりが見えるというデザイン(おしゃれ)です。このアンプを買うに当たって、菅原氏は面白い表現をしていました!「原子力発電所みたいなやつだと奥さんに何を言われるか解らない・・・」だって!私は、この原子力発電所みたいなデザインが格好いいと思っているので何ともコメントできませんでしたが・・・。でも真空管仲間が一人増えました!さて、次は・・・?

2001.7.3

今日の練習は、徳永二男さんのコンチェルトの夕べの練習でした。チャイコフスキーのヴァイオリンコンチェルトとベートーヴェンのヴァイリンコンチェルトをお弾きになりましたが、益々元気なご様子で素晴らしい演奏でした。それにしても、この2曲を一晩の内に演奏するというのは、人並みの技術や精神力では出来ないですよ!普通!凄い!!尊敬してしまいます。N響のコンサートマスターをおやりになっている頃から凄い人だとは思っていましたが、今回は問答無用なくらい凄いです。明日お聞きになる方は期待していて言いと思いますよ!!!

また、趣味の話!今日は私のオーディオを公開!っていってもそんな大げさな物じゃない・・・。根津さんの真似ですが、最近の成果をご覧に入れようと思い、ページを作ってみましたので、興味のある方はド〜ゾ!

2001.7.2

もう今年も折り返してしまいました。最近1年がやたらと早く感じるのは、年のせい・・?いえ!まだ若いつもりでいます!さて、色々な方からご指摘いただいたように日付を1ヶ月ずれて書いていました。失礼いたしました!なにぶん酔っぱらって書いていることが多いもので・・・。今年も、折り返し地点まで来たと言うことで、気分を新たに後半を別のページにしてみました。

さて、ブルックナーも大宮・沼津と終わり、今日はお休みです。部屋の模様替えをして以来自分の居場所にエアコンがなくつらい思いをしていたのですが、ようやく付けました。文化放送ラジオショッピングってやつでちょうど良いのがあったので頼んじゃいました。これで、暑くなってもパソコンで仕事が出来る!?

さて、またまた、趣味のほう!6BM8のアンプもようやく安定しました。と言っても自力ではなく、このアンプの設計者のホームページにメールアドレスがありまして、突然ではあったのですが、その症状を書いてご相談したところ、的確な返信メールがその日の夜に着きその貴重なご意見を元に、怪しいところのハンダを全部(2カ所)やり直しました。その後、全くトラブルなしです。感謝しています。上條信一 さん!リンクのページに載せさせていただきます。興味のある方はどーぞ!凄いですよ!