近況報告 2005.9.1〜11.30
トップページに戻る

2005.12.5

かなり、このページも容量が多くなりすぎてきたので、12月から新しいページに作り替えました。このページを直接ご覧になっている方はブックマークし直して下さい!お願いしま〜す!

2005.11.30

今年も残すところ1ヶ月ですね…。早いです!はやすぎ〜!でも、色々な事をやっていますよ!今日も渋谷で数本のケーブルを買ってきました。これは年末のクラルテのレコーディング用です。長いケーブルは何本か有るのですが、短い物が無く、メインにするsaideのマイクを繋げるのに不便をしていました。それを用意した訳です。でも、キャノンコネクターのケーブルは結構値段が張ります。短い物でも2千円近くするんですよ〜!消耗品だしね…断線したら直す事も出来るけど、結構手間なんです。自分で作った2本は2回ほどハンダし直しました。それでも、機能ノイズが出ていたから、やになってしまいます!

明日は、クラルテの練習!芝学園の為の練習です。そうそう!レコーディングの時の足でやるムチの効果音用の道具を手で使えるように直さないと!!

2005.11.29

今日から私はN響のお仕事は降り番です。でも、やる事は山ほど…どどど…!でも、好きな事はそれなりにやっていますよ!今日からCDの編集をもう一度やり直しです!その為に狭い1階に録音機材を降ろしてきました。ついでに年末にやろうと思っているクラルテのレコーディング用に買い足した機材のテストも兼ねて色々と始めましたよ。
今回はベリンガーの真空管ヘッドアンプを買い足したのですが、ヘッドアンプとしてはARTの方が良いかな?元気の良い音はしますが、少々ノイズが多いかもしれません。楽器別のピックアップ用に使ってみようかと思っています。…使い方が悪いのかもしれませんが、以前に買ったベリンガーのデジタル出力のあるマイクヘッドアンプは今日試したところ、ちょっと頭が痛くなる?…気のせいかもしれませんが、ものすごく高い高周波が混ざっているような…ともかくこの機材はちょっと休止です。
ベリンガーがあまり良くないイメージになっちゃったかもしれませんが、マイクは結構いいですよ!先日、N響の林君に相談を受けたのですが、ベリンガーのB-5というコンデンサマイクは値段の割にはかなり良いと勧めました。でも、コンデンサマイクなのでファンタム電源が必要なので、ミキサーやヘッドアンプが必要になります。
そこでもお勧めはベリンガーのミキサーです。ベリンガーのミキサーは色々ありますが、2chのマイクヘッドアンプを持ったUB802なんかは入門用にはお勧めですね!最近ようやく売り出されたC-2というマイクセット(ステレオ用で2本セットになった物)があり、これも、結構ヨサゲです!こう考えると入門用としては、この組み合わせでOKって感じです。レコーダーはMD等を用意すれば録音機材としてケーブル入れても2万円程度です…この組み合わせは、学生時代に頑張って買ったソニーのECM-270よりもよほど良いです…このマイクは当時の定価で1本11,000円したマイクですよ!でもちょっとまえに捨てちゃいました…ノイズ多すぎ!それを考えるとC-2の定価9,345円って安いと思いません?

ベリンガーのミキサーUB802C-2です。
コンパクトなマイクですし、この組み合わせは持ち運びも容易ですので入門用としてお勧めです!まあ、プロの機材はメンタマ飛び出すぐらい高いですからねえ〜大型のミキサーなんか8000万円なんて言われても可笑しくないんですから!
このミキサーは、マイク入力以外にもライン入力やテープ入力が有りますので、最大8chの入力を持つミキサーらしいです。

2005.11.28

今日はいよいよNHK放送クラルテデビューです!先ほどリハーサルが終わり、今、第一部のトロンボーンの四重奏の収録が始まりました。我々の収録は後1時間後です。お客さんも入ってくださっていますので、精一杯楽しい演奏をしてこようと思っています。では、詳細は後ほど!

今日のレコーディングは大成功!だと思います!お客さんも楽しんでもらえたようだし、山田美也子さんの司会でゲストを篠田節子さんを迎えての収録でした。右上はお二人との写真、復調室で撮ってもらいました。でも、レコーディングって結構緊張しますね〜!

本番が始まりました。最初はトロンボーンの四重奏です。N響の名手たちです!副調で聴いていましたが、なかなか素敵な演奏でした!でも副調の中は真剣そのものでした!

ちなみに、本日の収録は2006年3月5日(日)に「FM日曜クラシックスペシャル」という番組で放送される予定だそうです。聞いたら、編集無しで、そのままのオンエアになるとの事でした!
今日やった曲目をお知らせしていませんでしたね!

愛の挨拶:エルガー
スラブ舞曲 作品72-2 ドボルザーク
スラブ舞曲 作品46-1
日本の四季 横山編
こきりこ節 富山民謡/横山編
ハンガリー舞曲 第1番 ブラームス
カヴァレリアルスチカーナ マスカーニ
セレナータ アンダーソン
そり滑り
舞踏会の美女
リベルタンゴ ピアソラ
赤とんぼ〜旅愁 横山編

が、今日の曲目でした。内容は45分と言われていたのですが、多少話が延びたから…私が話をしすぎ?…カットされるかと思ったのですが、ぜ〜んぶ放送するとの話でした!いいのかなあ…?

2005.11.27

今日はお休みでしたが、コンサート用のワイングラスを大量に買ってきました。…でも、まだ足りません…やはり予備まで入れると60は欲しいですね…。残りは予約して来ましたが、果たして入荷するでしょうか??それにしても、100円でワイングラスが買えるって原価はいったいいくらなんでしょうねえ…。買ったはいいけどこれをどうやって移動させるか…。専用の箱でも作らないと危ないですよね…。あれ〜?又仕事が増えた…。物置の奥行きに合わせた箱でも作りますか!

さて!明日はいよいよ「アンサンブルクラルテ」NHK公開録音です!Topページにも書きましたが、収録開始が18:00なので、17:30〜45頃までには…もう少し早いほうが良いかな?…NHKにある郵便局の前に集合して頂いて、505スタジオまでいらっしゃって頂きます。集合場所は渋谷の公園通りをNHKホールに向かい上がってもらい、左に渋谷公会堂の交差点を左、次の信号をNHK側に渡って頂いたところに、郵便局があります。他のお客さんは整理券を持っているかもしれませんが、皆さんは「クラルテのホームページを見て来た」と言って下さい。その合い言葉で入れてもらえるようにお願いしてあります。明日の収録は、クラルテの後は、トロンボーンの四重奏の収録となり、その後は、N響のロビーコンサートのDATを再生して聴かせてもらえるとの事です。

2005.11.26

今日は大阪NHKホールでのコンサートです。一昨日のB定期の引っ越し公演です。最近大阪には良く来ます。この間はザ・シンフォニーホールでした。昨日は四つ橋のホテルに泊まったので、今日はホールまで歩いてみました。地下鉄の駅ですと四つ橋から本町へ行って中央線に乗り換え、2駅目です。


本町の交差点です。ここから右へ地下鉄中央線に沿って歩きます。

本町駅の入り口です。高速道路が上を走っています。さすが大阪!ってかんじですか?

堺筋本町駅です。

谷町4丁目駅です。ホールは間もなくです。

大阪NHKです。

大阪城が紅葉で綺麗です。

ステージ!

綺麗なホールですね〜!

もうこのホールで記憶しているだけでも4回はやったと思います。

客席数は東京のNHKホールの半分くらいです。でも、このくらいの方が演奏はしやすいかも…。

今日のコンサートもかなり盛り上がりました。格好の良いブラームスって感じかもしれません。しかし、今回は定期演奏会のプログラムのまま大阪にやって来たのでアンコールは有りませんでした。アンコールの賛否両論はありますが、定期演奏会以外はもしかしたらやった方がお客さんも喜ぶのではないかな?っと思いました。演奏者が、メインの曲をMaxでやったら、アンコールの余力なんか無くなります…これは、見方を変えると、アンコールをやる余力を残す為、メインの曲をMaxではやらないと言う見方も有るわけです…。悩みますよね…。コンサートとしてはお客さんの拍手に答えるべきだとも思うのですが…。

2005.11.25

今日は音校のオーケストラの指導を終え、今から大阪へ一足先に行きます。今、新幹線のホームに居るのですが、ここは無線ランが有るので便利です。っとは言っても、b-mobileの機能で接続できる事になっているのですが、この契約もあと約100日…また、契約し直すと9万以上もかかるのです…ちょっと高いかとも思いますが、無線ランも使えるし、無いところはPHS使えますから、便利は便利なのです。…そういえばNTTはPHSから撤退するという噂を聞きましたが、今後どうなるのでしょうねえ…。確かに便利だけど、契約する人が少なかったら、どうしようも無いわけですよねえ…。困ったもんです…。無線ランも、個別に契約したらかなりの値段になるし…かといって、無線ランスポットはそう使う物ではありませんからねえ…。

大阪について、上智で教えていた子たちと会いました。この子たちを教えたのは約7年前…年月が経つのは早いです(*_*;)
しっかりまだ出してもいないCDの宣伝もしてきましたよ〜!先日手に入れたRioに編集した私の小品CDを入れていって聴いてもらいました!


立ち入れる場所ではありませんが、床一面にワインの空ボトルが敷き詰めてあり、妙に綺麗でした。


大阪駅の目の前のオシャレなビルの中…ヨシモトビルって書いてあったような気がします…。

2005.11.24

今日は大学へレッスンを6人ほどしてN響のB定期2日目でした。今日は私のミスでレッスンしてが取れていませんでした!行ってみて「アチャ〜」って感じです…。やむを得ず、本当はいけないそうですが、練習館という建物の小さな部屋で…それも、ひどい時には30分おきに部屋を変わってレッスンをしました…今日は「ジプシーレッスンだ!」なんてふざけていましたが、部屋は狭しちょっと大きいと思ったらグランドピアがデ〜ンっと置いてあって、居場所は殆ど無いし…参りました!
その後の定期公演は今日もスカー!っとしたブラームスでした!弾いていても楽しいですよ!わくわくエキサイティングって感じです。…昔、有るところへブラームスのコンチェルトのレッスンを受けた時、「ブラームスってでっぷりしたお腹でゆったりして居るんだよ…」なんて教わった事があります。でも、それって先入観じゃない?って最近思います。似たような体型の私でも理想はスカッとしていたい(希望的)部分もたくさんあります。体型が細くたってみんなギスギスした音楽をするわけではないでしょ?…まあ、一つの考えとしては良いと思いますが、クララシューマンに思いをはせたブラームスの繊細さも有るわけでしょ?「体型」だけで物を考えないで欲しい!…これは私のコンプレックスでもあります…。

2005.11.23

今日はB定期でした。前半はモーツァルトの「フィガロの結婚」序曲、シンフォニーコンチェルタンテ…ソリストは、我が団のコンサートマスタ堀正文氏とヴィオラの主席店村さんでした!…ゲネプロを聞きましたが素晴らしかった!、後半はブラームスの交響曲第4番でした。私は前半は降り番で演奏したのはブラームスからでしたが、昔のブラームス像とは全く違うスピード感溢れるブラームスだったと思います。良し悪しはともかく、私は今日の演奏好きです!慣例的にやっていた、ルバート…遅くしたりするところは殆どやらずにある意味譜面通り…でした。…普段やらない処をやつったこともありますけどね…個人的にはかなり理にかなっているように思いました。


ゲネプロを聞きましたが素晴らしかったです!

さて、ここで正式にお知らせです。来る11月28日、NHKの505スタジオで「クラルテ」の公開収録となりました。当日の17:30〜45にNHKの内玄関…渋谷からNHKホールへ向かう様に公園通りを上がり、渋谷公会堂を左に曲がり一つ目の信号を右にNHKに入る様に行った所が集合場所です。ここに先ほど申し上げた時間に来ていただければ、18時からクラルテの演奏をスタジオで無料で聴いて戴けます。もし、お時間のある方はいらしてください!内容は私たちの演奏45分でその後トロンボーンの四重奏が45分、その後、N響ロビーコンサートの録音物を再生するそうです!よろしければいらしてください!


きょうもダークさんたちと飲んできました!だんだん大きな集団になってきています!

2005.11.22

今日はN響B定期の練習2日目でした。その後は大学でオーケストラの指導と、その後NHKに行って組合の交渉でした…。ともかく忙しかった一日でした。
それでも、大学から目白へ行く間に魚津の酒屋さん「大崎酒店」のご主人にワインの事でご相談!今度のリサイタルでの白ワインも用意すべきかと相談したのですが、実際は赤を好む方が多いとの事でした。私がお勧めのスペインのワインはそれほど渋みは強くないのでどなたでも飲めるのでは?っという話だったので、赤だけにしようかと思います。白好きな方ご免なさい!白も用意するとグラスも倍必要になりますからね…。その為に家に100個のワイングラス…無理!っと言う結論で、60個程度にしてコンサート後は外の物置ですね…。


NHKホールの前です。完全に紅葉していますが、例年よりも色がいまいちですね…。

2005.1.21

今日はB定期の練習初日でした。ブラームスの交響曲第4番ですが、なかなか良さそうですよ。イルジ・コウト氏は以前も何回か客演した指揮者ですが、やりたい事がかなりハッキリしています。ただ、練習は結構厳しいですね…。言葉を悪くして言うと…「シツコイ〜!」ブロムシュテットや大昔のサヴァリッシュを思い出してしまいます。でも、そういう指揮者がいるから、我々にとって勉強にはなるのですけどね…。今私が、学生たちを指導する際、やはり参考にするのは色々な指揮者やソリストの言葉ですからね…。「あ〜そういう考え方もあるな…」なんて言う感じで自分の引き出しの中へ入れておくわけです。

昨日、書くのを忘れましたが、車のバッテリーを交換しました。先日12ヶ月点検に出したら「バッテリーの電圧が9.8Vしか出て居ないのでそろそろ交換です」っと警告文!おいおい!今度またウインズ(乗鞍)へ行くのにバッテリーが弱っていたらまずいよ〜!バッテリーは寒さには弱いですからね…。元々も容量よりも約1.5倍のバッテリーに交換しちゃいました。純正が34B19Rのところ今度は65B24Lです!…でも、この数字を見ても何の事やら…でも、これで乗鞍も大丈夫でしょう!気持ちエンジンの掛かり方が元気になりましたよ。

2005.1.20

今日は、N響はお休みでしたので、ちょっと離れた大きめな100円均一「ダイソー」に行ってきました。実はワイングラスを大量に購入する事を考えていまして…というのも、まだ、日にちも決まっていないCD発表コンサートですが、その時に皆さんに呑んで頂くワインのグラスを見に行ったというわけです。最近は100円でも結構使えそうな物もあるとの話でしたので、その下見です。まあ80客くらいは用意しないとねえ…ワインも白と赤は用意しなければいけないでしょ?でも、ワインって結構難しいですかねえ…赤は私の好きなスペインの物が良いかと思っているのですが、結構しっかりした感じの赤ですから、白はむしろ軽めなフルーティー?でも、私は基本的に白は呑まないのでこれは知り合いに相談しなければいけません…。ソフトドリンクも用意ですかねえ…。いったい何本用意するべき何でしょうか??判らない事だらけ…どうしよう…。でも、余る分には良いわけだから余計に持って行けば良いわけですよね!まあ、そこではおつまみはサービスできないと思いますのでワインを軽く呑むだけという感じになると思いますけどね…。

2005.11.19

今日は、C定期二日目でした。お客さんは結構一杯でしたよ!嬉しいです!有り難うございます!

帰りがけにレンズダイレクトに行って、ちょっと相談をしてきました。というのは、コンサートなどでは問題ないのですが、車の運転をしていて、前の車のナンバープレートが少し見にくい感じになってきたので、少し度が進んだかな?って感じだったので行ったのですが、結局0.25進んでいたようです。ですが、眼科のお医者さんに「普通、1段階だと気づかない物なのですが…良く判りましたね」なんて言われてしまいました。見えない物は見えないと言っただけなのですが、褒められた様なそうでもないような…。結局、新たに一段階上のレンズに替えてもらいました。そして、使ってなかった分は交換までしてくれました。助かりました〜!今日は、このレンズに替えるために、最初にワンデイを付けてその直後に2weekに替えるわけですから、ワンデイは10分も付けてないで捨てちゃったわけですよ!もったいない!って思いました…。貧乏性ですかね…。

2005.11.18

今日はC定期初日でした。やっぱりちょっと長いコンサートでしたね〜。ブルックナーは割とさっぱり?スッキリ?とした演奏だったような気がしました。結構マエストロ、バーメルト氏はところにより振り方を細かく振り分けていたので、整理されすぎた感がありました。まあ、我々がその辺は臨機応変にやれば良いのでしょうが、N響は律儀なもんですから、まじめにその通りについて行ってしまった?かな?…指揮は難しいですよね…ゲネプロと本番の間は音大付属の高校へオーケストラの指導へ行ってきましたが、今日は指揮者の先生がお休みだったので私が代わりに指揮してきました。勿論、学生のオケとN響とでは比べる訳には行きませんが、一生懸命になればなるほど自分が振ってしまう…オーケストラに任せる事が出来なくなる…指揮者の禅問答みたいなところがあると思います。

2005.11.17

今日はC定期の練習3日目でした。午前中にブルックナーの交響曲第6番とベートーヴェンの「プロメテウスの創造物」序曲を練習して、午後はモーツァルトのピアノコンチェルト第22番の練習でした。…今回のプログラム、ちょっと長くない?って感じもしますが、どうでしょうねえ…実際にやってみないと判りませんが…。ブルックナーの6番はブルックナーの中では短い曲なので、ギリギリ2時間かな?

練習後は大学へレッスンに行ってきました。すぐ近くの鬼子母神の天然記念物のオオイチョウが立派でした。携帯のカメラだと入りきらないので上下に切ってパソコンで繋いでみました。つなぎ目は判るけど、雰囲気は判るでしょ?なかなか神秘的です…。

2005.11.16

きょうもN響の練習でした。練習所では根津さんに「iMacの調子が悪い…」と話をしたら、根津さんのiMacも調子が今ひとつだそうでした。もし、調子がこのままだったら、買い換えるしか無いかな…?そうすると、iMacG5?MacMini?でもOS9は走らないからなあ…。

いま、一つのコンサートのアイデアが…ソロCD完成の暁には記念コンサートをやろうかと考えています。小さいホールで、定員は50人程度…今回出すCD付でワイン付で私のトークコンサート付でお一人8000円程度…どおですか?

2005.11.15

今日は一日忙しかった〜!N響のC定期演奏会の練習が今日から始まりました。ブルックナーの交響曲第6番の練習でした。その後は東京音楽大学へ行ってオーケストラの指導とレッスンを2人やって、NHK労連の会議で渋谷へ行きまして…やっと帰ってきました。今日はうっかりして目薬を忘れまして…途中で買おうと思ったら、大学の近所の薬局は廃業?違うお店になっていました!!参ったなあ…。お陰で、乾きっぱなしで帰ってきました〜!

昨日のコンサートの報告が遅れましたが只今一緒にアップしました!ご覧下さい!特にコントラバスの新納さんがいい顔しています!

2005.11.14

今日は足利でのクラルテコンサートです。午前中、11:35より山辺小学校で音楽鑑賞教室をやって来ました。この学校は今回のピアニストである、小和田さんの出身校です。きっと子供たちも身近に感じた事でしょう。愛の挨拶から始まり、弦楽器の説明やそれぞれの楽器の演奏を聴いてもらい、アイネクライネ・ナハトムジクを演奏して弦楽合奏の響きも聴いてもらったりしました。子供たちは興味津々っと言う感じで聴いていましたよ!


今は休憩中ですが、これから、夜のコンサートのためのゲネプロです!夜は私のアレンジ物を沢山聴いて頂く予定です。前半はシューベルトの「ます」より第4楽章やデュベルティメント全楽章を聴いて頂き、ちょっとまじめに…後半は私のアレンジ物です!チケットは昨日の時点で後15枚のこっているとの話でした!うれしいですね!ほぼ満席です!有り難うございます!後は私たちが楽しいコンサートにするだけですね!

夜の公演は「足利再発見コンサート」というタイトルでした。足利市旧木村輸出織物工場(助戸公民館内)でのコンサートでしたが、始め、倉庫のような話を聞きましたので「??物置みたいなところかな?」なんて思ったのですが、なかなか素敵な建物でした。お客様は300席で満席でした!ありがとうございます!コンサートも、楽しい雰囲気で、最後までお客様に満足していただけたことを確信出来ました!お話はそれなりに緊張しましたが、お話をする事でお客さんが喜んで頂ければ…イッパイ話しちゃいます〜!!


2005.11.13

お知らせですが、芝学園のご招待は今更ですが50名様に限らせていただくことになりました。現在のところ32名の方に予約を入れて頂いておりますので、あと、18名の方とさせて頂きます。大変、申し訳ないのですが、ご希望の方はお早めにお願い致します。

今日は、明日のクラルテ足利公演のために足利へ来ました!私と永野さんは降り番だったので、二人で適当な時間に足利に入りましたが、宮里さん、三戸さん、新納さんはNHKホールでの定期演奏会を終えて足利に入りました。それでも19時過ぎには皆さん揃ったので、そこから、前夜祭?です!足利のピアニスト小和田さんと明日の主催者でいらっしゃる阿部さんのご紹介で、「玄」というお店に行ってきました!美味しかったし〜安いし〜!オシャレだし〜!家の近所にあったら毎晩行っちゃうぞ〜!って感じでした!

さて!今から明日お話しする内容を考えます!…いつもこんなノリだけど、良いのでしょうか…反省…。


明日は頑張る決起集会!…あまりそういう雰囲気ではないですね…単に美味しく頂きました!

2005.11.12

今日は、隣の杉並区の都立高校、西高PTA主催のコンサートがありました。私のソロのコンサートでしたが、皆さん喜んで頂けたようで私も嬉しいです!愛の挨拶から始まり、全14曲とアンコールを演奏してきました。勿論、曲と曲の間は私のお話です。ただ、演奏してくるだけではなかなか伝わらない事もありますが、それ以上に楽器の話等々…たぶん、普通あまり知らないような音楽にまつわる事をお話しをしました。私は基本的に「音楽って楽しいんだ!」って思って頂ければ大満足で、今日のコンサートはそういう意味では大成功だったのではないかと思います。

今回は、アンダーソンの「そり滑り」をヴァイオリンとピアノで出来るようにアレンジしました。そこに、西高の坂本さんと小林さんに鈴とムチの音で参加してもらいました!彼女たちは本番後「楽しかった!」っと!!凄い!!普通、「緊張しました」っと返ってくると思っていたのですが…。きっと、彼女らは大物になります!

終演後記念スタッフの皆さんと撮影をしました。
右は、鈴とムチで参加してくれた坂本さんと小林さんです!
本当に皆さんお世話になりました!

2005.11.11

今日はちょっとヒヤッとした事がありました。このホームページは1999年11月11日からスタートし、ア!今日5周年だ!っと言うわけですが、最初はベッコアメというプロバイダでインターネットを始めた事もあり、このプロバイダのFTPサーバを使い始めました。当初のアドレスはhttp://www.bekkoame.ne.jp/~vn-toshiという長たらしい物でした。勿論、今でもこのページは生きていますし、現に、この日記のページは昔のサーバのページをclarteにはめ込んでいるわけです。ある時、お名前comというHPから、独自ドメインを取れる事を知り、clarte.tvを取得したわけです。ところがこの時の契約は3年…。あれ?もしかして過ぎてない?…過ぎていました!約1年…それでも使えていたのはなぜなのかは判りませんが、ともかく本日5年延長しました。この間に誰かに取得され直していたら、使えなくなったかも?そんな感じでした。今日気が付いて良かったですよ〜!
ついでに他のドメインも色々考えましたが…最近では仮名でも取得できるので「クラルテ.com」なんて言うのも取れるようですね。基本的にクラルテのお客様は日本語で読み書きする方だと思うので…と言うより、私が英語やドイツ語を喋ってインターナショナルで出来るわけではないので自ずとそうなるわけです。そうなると欧文である必要もあまり無いかなっ…そこで「クラルテ.com」もありかなって思いました。

2005.11.10

今日は大学でレッスンをやって、鈴木永子さんのお宅へ合わせに行きました。実は明後日近所の学校でソロコンサートがあります。と言っても、また私が喋りまくりのコンサートにはなると思うのですが…学校の希望もあり、生徒さんを参加させるという趣向があり、悩んだあげく、「そり滑り」をピアノとヴァイオリンで演奏できるようにして、その演奏の中に鈴とムチを入れてもらう事にしました。これは、クラルテでは良くやるのですが、果たしてヴァイオリンのソロではどうなるでしょうか?ちょっと楽しみでもあります。

2005.11.9

今日は14日のクラルテ足利の練習でした。ピアニストに足利の小和田さんを迎えてのコンサートです。私は、次の定期演奏会をお休み頂いているので、永野さんと車で13日のうちに足利へ入りますが、宮里氏や三戸さん、新納さんはA定期を終えてから足利へ向かいます。でも、A定期の2日目は3時開演ですからそれほど遅くはならないでしょ!何か、美味しい物でも…っと考えています!

帰りがけに、コジマ電気に寄ってエアダスター…圧縮空気で細かいところのホコリを吹き飛ばすやつを買ってきました。気は心でパソコンの中を掃除してみようかと思います。…でも治らないだろーなー。

2005.11.8

今日は大学でカルミナブラーナを教えてきました。弦楽器だけだったのでむしろ難しいところもあり、苦労しました。何せ変拍子でメロディーがなければ途中でパターンが逆になったりと複雑なんです…というかただ弾いているとそれほど難しくないのですが、棒を振る方は結構大変です…。この曲は東京音楽大学のオーケストラが鶴岡へ行っての公演だそうで、彼らにとっては演奏旅行です。そういえば、私が学生だった頃にも演奏旅行は有りました。コンサート自体は学生ですからそれなりに大変なのですが、楽しかったのを覚えています。彼らにとって、良い思い出のコンサートになればと思います。

パソコンの調子ですが、ハードディスクを交換したにもかかわらず、同じエラーが出てしまいます!何なんだ!!ハードディスクの所為では無さそうです…この次はどうしよう…昨日、樋口さんに「メモリが駄目な事もあるよ…」と言われたのですが、それなら購入してすぐに調子が悪いはずですよね…。かなり、時間が経ってからの事ですから…。でも、可能性のある事は一度試してみようかと思います。一度外して、暫くしてから付け直してみる…後は、内部がホコリだらけだったので、掃除をする?掃除で治るとは思えないけど、後はこれくらいしかできませんね…。機械物は調子の良い時は良いのだけど、悪くなるとたちが悪いです…。

2005.11.7

今日はオペラシティでのNTTコンサートでした。小林研一郎氏の指揮での「新世界」なかなか盛り上がって良かったです!お客さんも喜んでくれたのが良く判りました。彼のファンが多かった事もあると思いますが、凄い盛り上がりでした。演奏の内容もマジでなかなか良かったですよ。一曲目はベートーヴェンのエグモント序曲、2曲目は高木綾子さんのソロでモーツァルトのフルートコンチェルトでした。私はコンチェルトは降り番だったので、GPは客席で聴かせて頂きましたが、とても清楚な良い演奏でした。GPの後、コーヒーを買いに行ったら丁度、高木さんがフルートのメンバーやエキストラの子とお茶をしに来ていたので、写真を撮っちゃいました!

それにしても、良く響く会場ですね…。新世界では、普通よりも響きが無くなるまで待たなければいけなかった箇所が数カ所有りました。その性か、これだけ響く会場でしたが、結構切れの良い演奏だったようです。


久しぶり〜弓子ちゃん

2005.11.6

今日は明日のオペラシティでのコンサートの練習でした。小林研一郎さんの指揮でドボルジャークの交響曲第9番「新世界より」でした。久しぶりの小林先生の指揮でしたが、なかなか良かったです!日本を代表する指揮者の一人ですね!小林先生は東京音楽大学のオーケストラで始めてコンサートマスターをやった時の定期演奏会を振ってくれました。懐かしいです。その後もN響で数回ご一緒しましたが、最近有ったのは…そうそう!2004年7月24日です!新大阪から大阪へ向かう電車の中でした!思わず、持っていたデジカメで一緒の写真を撮ってしまいました。色々な意味で、N響に、もっと出演しても良いのではないかと今日は思いました。…ちょっと変な言い回しですが、訳のわからん外人指揮者よりも遙かに良い指揮者ですよ!やりたい事も判るし筋が通っているし棒は判るし練習の能率は良いし!!実績はあるしお客さんの人気も彼は有りますからね!

家に帰り、パソコン(iMac)の調子が悪い事を思い出し、近くのヤマダ電機へ行って内蔵用のハードディスクを買ってきました。以前、ノートンユティリティという、ハードディスクの修復をするソフトで、「重大なエラーがあります」っと言われて以来、治らなくて困っていたのですが、ある時、完全にフォーマットし直してインストールし直したら、エラーが出なくなりました。「やっぱり根本治療はフォーマットだな!」なんて思っていたのですが、なんと最近同じような症状がでて、又修復できなくなりました…。こうなってくると、ハードディスクの昇天のきざしかもしれません…そこで、今回はハードディスクを完全に交換するために160GBのハードディスクを買ってきたのです。今までのは40GBだったので約4倍の容量です。これだけあれば、しばらくは大丈夫でしょう!…しかし、交換しようと思って、以前見つけておいた「iMacの分解」を細かく写真付で説明しているホームページが、閉鎖?表示されなくなってしまいました!…参ったなぁ〜…それを見ながら分解しようと思っていたんだけど…やむを得ず自力で始めました!Macは結構見えにくいところにネジがあったりと分解も容易では無い事があります。緊張しながら分解を開始しました。余計なネジを外してしまったところも有りましたが、何とか修理できました!これで、エラーから解放されるでしょう!

裏蓋をまずは開けます。ここにAirMacのカードを入れるスロットがあります。
私は安い機種を買ったのでこのスロットは使われていません。

その次の4本のネジ…ここからは普通のネジではなく、トルクスネジ…+とか−のネジではなく、花形の穴にあうトルクスドライバーを使います…これを外して下の枠を外すとマザーボードが出てきます。
丸いマザーボードって言うのは他には見ませんね。
それにしても、開けたらホコリだらけ!掃除機で吸っちゃいました!

電源のケーブルの外し方が判らず、一部くっついたままでの作業です。

苦労してドライブのセクションを外しました。持っている部分がDVDドライブですが、その上に乗っているのがハードディスクドライブです。
このブロックを外すのには6本のトルクスネジを外します。
それにしてもこの狭い中に良く詰め込んである物ですねぇ!

DVDドライブの上に取り付けてあるのが交換したMaxtorの160GBのハードディスクです。
右の黒いのが今までのSeagateの40GBのハードディスクです。

OSXのインストール中です。これが時間がかかる…。その後は、色々なソフトをインストールして、バックアップで取っておいたファイル類を戻して…今日は徹夜かな…。

2005.11.5

今日は秋葉原へ買い物へ行きました!例のICアンプの部品を手に入れる為に行ったのです。ケース他色々探さなければならなかったのですが、ちょっと感動したのが電源です。普通、必要な電圧と容量(アンペア)を考えてトランスや、整流回路(交流を機器に使える直流に変える回路)の部品を買って来て組み立てるものなですが、今では数種類の電圧、電流の出来合いのトランス…というかアダプタが売っているんです。それも、真面目に作る1/3位の値段です!手間を考える以前にこれにしますよ!普通!今日買った12V1Aの電源が650円ですよ。電源の質は今回のアンプに使えるかは判りませんが、多少部品を足せばOKでしょう!
さて!どんなアンプが出来るでしょうか?

その後上智の学生オケを教えてきました。今日は、音色の事をかなりお話ししました。彼らは有る程度弾けるところまで来ると突き当たってしまうところが有ります。この先の音楽は音色等の要素が多分に関係してきます。ともかく、大きな音でも綺麗な音を出す方法を今日は話しました。伸びのある音、響きのある音…目の前の楽器から出ている音ではなく、部屋やホールに響いた自分の音がいかに美しい音になるか…これは、演奏する人間の責任でもあります。それがなければ、聴いているお客さんは感動してはくれないと思います。あと、もう一回彼らを指導するチャンスがありますので、その時も音色に拘って指導したいと思います。

2005.11.4

今日はお休み〜でした…が午前中は大嫌いな歯医者さんに行って歯石取り…痛いの何のって!!ィギギギ!(本人はイテテテって言ってるつもり)って感じでした…。元はと言えば、ヨーロッパへ演奏旅行に行く前、怪しい…虫歯がやばそうだったので、歯医者に行ったところ「これは虫歯を治療するよりも抜いてしまった方が良いですね!」ソ!そんなつもりで来たんじゃあないんだけどなあ…ハハハ…ハ?抜く??で、行っていきなり抜いて、お医者様の話では「そもそもの原因が歯石なんです」って事で今回歯石取りをお願いしたというわけです…。1週間ほど前に下の歯を全部クリーニングして今日は上の歯全部でした。ア〜痛かったぁ〜(T。T;)

っと帰ってきまして今度は床屋です。これも1年に2回ほどしか行かない事にしている訳で、思いっきり切りました。たぶん長いところでは10cm以上有ったと思われる長さを長くて4cmにしてもらいました。これだけ切ると本当に頭は軽くなりますね!以前切ったのは…日記を見ていくと5月13日でした。と言う事は来年の5月までは切らないって事ですね!

昨日紹介したマイクアンプとICアンプを組み立てました。このキットは本体の基盤と部品だけなので、実際に使うには電源やケース、端子、スイッチ類を買ってきて仕上げなければなりません。明日あたり他の部品を調達してこようかと思っています。


LM380の基盤と部品です。ICは既に基盤に取り付けました。
結構部品点数は少ないでしょ?それが売りのIC!なんですって

こちらはマイクアンプ。細かい細かい!何度もハンダでブリッジ(隣とくっつける事)しちゃいました!

下に敷いてあるのはCDです。大きさが判るでしょ?

2005.11.3

実は、芝学園のメールリンクにミスタイプがあり、メールが届かない状態だった事が判明致しました!ゴメンナサイ!トップページとコンサートのページからのリンクは修正しましたので、私がお返事を書いた方以外で、登録メールを送って頂いた方は、申し訳ありませんが、もう一度メールを下さい!予約を頂いた方には必ず返信しておりますので、返信をもらった記憶がない方は是非もう一度!一応、ここからでも登録できるリンクを作っておきます!

今日はB定期2日目でした。なかなかテンポ感のある、良いメンデルスゾーンの「イタリア」だったのでは…と思います。でも、この手の古典作品をきっちり演奏するのは近代・現代音楽をやるよりも遙かに神経を使います。楽員全員同じように神経を使って居ると見え、特に何度もコンサートマスターの篠崎氏とは目が合いました!彼も第2バイオリンが指揮者を挟んでいるので気になっていたのでしょう…。今回の定期はマエストロサヴァリッシュが来日出来なくなったのは残念でしたが、2日とも中身のある良いコンサートになりました!ピンチヒッター、アラン・ギルバート氏に感謝!!

エレキットに注文していたマイクアンプとミニアンプの基板キットが届きました。ミニアンプの方は昔からあるICをつかっています。昔…と言っても私の記憶の中では30年位前だと思うのですが、何かの本か雑誌…「初歩のラジオ」だったかな?1W位のICアンプの記事があり、それを作りました…が、結局失敗に終わって鳴らなかった記憶があります…。今回のアンプはそのICと同じLM380を使ったアンプなんです。元々マイクアンプを作って昨日から使い出したRioで録音出来るようにしようと考えてエレキットのサイトで購入したのですが、そのアンプだけじゃ送料がもったいないので、同じサイトで物色していました…そしてLM380のアンプが目に付いたというわけです!30年前のリベンジです!今度こそちゃんと音が鳴るようにしたいです!バッテリー駆動の小型軽量ミニアンプの製作です。
でも1chで800円弱の小さな基板のアンプですので、音はあまり期待は出来ません…が、遊び半分で挑戦で〜す!

2005.11.2

今日はB定期初日でした。アランギルバートの指揮でメンデルスゾーンの交響曲第4番「イタリア」とベートーヴェンの交響曲第6番「田園」でした。正直な感想、素晴らしいコンサートだったと思います。対抗配置という事もあり私としてはかなり緊張感のある演奏会でしたが、最初の音から「イタリア」の明るさがはじけていたように思います。演奏している側としては、抜けるような青い空…そんなイメージの冒頭だと感じました。それにつられてか、「田園」もあまり重たくならず、あかるさが有ったように思います。今回のコンサートはマエストロ、サヴァリッシュのピンチヒッターのアランでしたが、彼にとっても我々にとっても良いコンサートになったのではないかと思います。


ゲネプロ前です!右の写真で対抗配置と言う事が判りますか?

本番後は…いつもの通り「きときと」で美味しい物を頂いて来ました!そろそろ日本海の水温も下がって来たと見えて、魚が美味しくなって来ました!特に「げんげん坊」の煮付け!これは絶品です!初めて食すとヌルヌルしていて気持ち悪がる人もいるけど、その味わい!スープに出た味は絶品だと思います。北陸の海で取れる深海魚だそうですが、これは美味しいです!


ダークさんとアヒルちゃんです!

いまだに復活しないクレッシッェンドN響ですが、ダークさんは元気ですよ!話によると、サーバーがダウンしていらい、改めてアップが出来なくて大変な思いをしているようです。でも、掲示板は別サーバーだったお陰でいまもちゃんと機能しています!皆さんも掲示板の方には参加してくださいね!

2005.11.1

ついに今年も後2ヶ月!おまけにこれからが忙しい!今日は定期の練習2日目でした。今回は久しぶりの対抗配置ですので昨日は少し戸惑いましたが、今日はだいたい慣れました。元々ヴァイオリン同士が指揮者を挟んでいるので、お互い遅れて聞えてしまうので、耳よりは視覚を頼りにアンサンブルするところがあります。もっとも、サントリーホールに行けばまた違うタイミングに聞えるでしょうから、その場での調整が必要になりますが…。

N響の後は大学へ行きオーケストラの指導とレッスンでした。今日は本当に田園ばかりでした…N響も「田園」だし、大学オケも「田園」だし…。まあ、オーケストラとしては熟練度が違うので比べる事は出来ませんが、学生たちの田園は走ります!どんどん早くなる!…まあ、仕方がない事なのですが、我々が当たり前にやっているテンポを保つ事が、意外と難しい事なのですね…。もっとも、ちょっとしたアドバイスで走る事は無くなるのですが、問題はその注意を自分が自ら気が付いて出来るかと言うところでしょう。…言った事は大したことではないんですよ!ただ「小節の後半を次の小節の1拍目に対するアウフタクトのように感じれば?」っと言うような内容です。走るのは大概小節線を越える直前が多いのでそこを意識するという事です。勿論これが全てではありませんが、結構流用出来るやり方なんです。

家に帰ると、先日ネットで注文していたデジタルオーディオプレイヤーのRioが届いていました。1GBの容量ですが、結構入ります!音は…まあ、CDやMDにはかないませんが、何とか聴けるかな?小さいので、電車の中で気軽に聴くには良いかなと思い買ってみました。ファイルはパソコンからハードディスクにコピーする感覚で移せばOK!簡単です!明日は、電車でサントリーホールへ行くので、試してみようと思っています。

2005.10.31

今日はB定期の練習初日でした。サヴァリッシュ氏は残念ながら来日できませんでしたが、代わりにアランギルバートの指揮で今回の定期演奏会となります。彼はそろそろ中堅という世代にかかってきましたが、今日の練習の様子を見ると今後の音楽界の中で重要なポストに就くような予感がします。自分の主張はあり、オケの気持ちを判る感性を持ち、ユーモアも持ち、努力家…個人的には期待の指揮者です。

練習後は高校へ教えに行きました。結果的には40分ほどしか指導できませんでしたが、少しでも学生たちにプラスになる事がアドバイスできればと思い、頑張って行きました。楽器を弾く事もオーケストラで演奏する事も半分は努力ですがもう半分は要領の部分が有ります。これを伝える事が自分の使命だと最近思います。同じ事を演奏するのでもその要領を知っていれば、より短時間で結果が出せるし、さらには余った時間でさらに上のステップにあがれる子が増えると思います。そして、彼らが私のような立場になった時にはきっと私以上に効率よく後輩たちを指導してくれると信じています。

2005.10.30

17万ヒットですねぇ!皆さん!有り難うございます!最近特にヒット数が伸びているようでとても嬉しいです!日頃の事はくだらない事も含め書いていますが、色々広い話題で書いて行きたいと思っています!今後とも宜しくお願い致します!

最近古いパソコンやプリンタをどうしようかと悩んでいます…。アルプスのインクリボン方式のプリンタは、今は無きSCSI接続の物です。今時のパソコンには当然付いていないし、古いパソコンのPoworMac8100しか接続できません…。ただ捨てるのは忍びないし…せめて何か使えれば…例えば、Tシャツにクラルテのロゴでも印刷して今度、20万ヒットあたりにプレゼントしちゃいましょうか?このHPの表紙にあるワンちゃんの写真にアンサンブルクラルテって入れてTシャツの胸にワンポイント!…そうか〜印刷だけしておいて、サイズは聞いてから作って送っても良いですね!

2005.10.29

先日吉祥寺に買い物に行った時、最近のデジタルオーディオプレイヤー?と言うかiPodから派生した小さな音楽プレイヤーを見て驚きました!最近は各社しのぎを削って異様ですね〜!小さくなるし容量は大きくなるし!特に「これは良い!」と思ったのはRioというプレイヤーです。デザインも結構かわいいし、面白いと思ったのはライン入力があって普通に録音も出来そうだと言うところです。我々楽隊の簡易録音機になるかな?先日のローランドのR-1は便利で音も良いのですが、バッテリーが持たないのと、大きさがそれなりに大きい事でちょっと気軽には使えていません。いや、勿論コンサートなどでは便利していますよ!すぐにパソコンに取り込めますから!でも、昔のウォークマンの様に気軽にポケットに入れて聴く感じ(サイズ)ではありません…MDの様に後からトラックを書き込んだりするのも出来ないし…。録音目的だとパソコンに入れてから編集になるから別に必要はないんですけどね!ともかく、最近のデジタルオーディオプレイヤーはちょっと興味があります!ネットで見て面白かったのはイヤフォンに内蔵したプレイヤーです。ただ、スイッチを押してから耳に付けると、必ず最初は聴けないかな?変な心配をしてしまいました!それを操作するリモコンがあったら??何のための物かわからないですねぇ〜!


左がプレイヤー内蔵ヘッドフォン!右の5色がRioです!

2005.10.28

今日は高校へ教えに行った後に日本橋へ…ある方から頂いた「院展」の招待券があったので、三越の7階で観てきました。日本画もなかなか良いですねえ〜!絵と言えば先日行ったヨーロッパツアーでは、ベルリンのサンスーシ宮殿でヨーロッパの絵画は少し観てきましたが、やはりパリのオルセー美術館やサンクトペテルブルグのエルミタージュ美術館は圧巻でした。その量と質はちょっと一日で見る事の出来る分量ではなかったです。でも、むしろ今日のようにこぢんまりとデパートの模様下の会場でやっているくらいの方がひとつ一つ観た気持ちになります…っと言うのは素人の戯言でしょうか…。でも、大きな絵が多く狭いので離れて観る事が出来ない…遠くから全体を観たくとも人が前に立ってしまったり、自分が人の前に立ってしまったりと、これも困った物です…。

帰りがけに銀座まで足を伸ばし、久しぶりに「ライオン」でビールを飲んできました。日本のビールも美味しい!今日はエビスビール一杯につきくじが一つ付くという事なのでエビスビールを飲んでいました…が、7杯分でゼ〜ンブはずれ!本当にあたりは含まれていたのでしょうか!!ったくぅ〜!

2005.10.27

今日は久しぶりに6BM8のシングルアンプ…エレキットのTU-870 を作りました。これはN響のファンの方の為に作りました。しかし、それにしてもこのアンプ(キット)、私はいったい何台作ったのでしょうか…。ざっと勘定しただけで6台は作っていますね!本日の制作時間は…今日はCDを焼きながら作っていたので約2時間45分でした。今回のアンプに付属していた真空管はロシア製のエレクトロハーモニクスというメーカーでした。このメーカーの真空管は2A3を使った事がありますが、6BM8は初めてです。これから音出しをしてみるところなので、どんな傾向の音がするかちょっと楽しみです!

完成したアンプを暫く、鳴らしていました。なかなか良さそうですよ!ソブテックよりも少し穏やかな感じかな?でも、輪郭はハッキリしています。個人的にはこちらの方が好きな音ですよ!

2005.10.26

今日はN響は小澤征爾さんの指揮でNHK音楽祭でした。…という私は降り番で居ませんでしたぁ…ぁ!でも、組合の用事で同じNHKの建物の中には居たのですがよ…。
昼からは大学でレッスンを4人と一組…この一組は私のヴァイオリントリオでした…の面倒を見て、NHKへ移動、NHK労働組合連合の会議でした…が、頭はパニックです…やはり、楽隊の頭には少々無理があるようです…が、一応頑張って話を聞いてきました。

そうそう!足利のコンサート連絡先が判りました!主催は財団法人足利市みどりと文化・スポーツ財団というところです。こちらにアクセスしてみて下さい!旧木村輸出織物工場(足利助戸公民館内)でやるようです。

勿論今はこのようなイベントで使われているようです。チケットは1000円だそうです!1000円コンサートシリーズ?足利再発見シリーズという企画のようです。
今回のプログラムは

愛の挨拶 エルガー
デュベルティメント k.136 モーツァルト
山田耕筰メドレー 横山編
ピアノ5重奏曲「ます」4楽章 シューベルト
ハンガリー舞曲 第1番 ブラームス
ハンガリー舞曲 第5番 ブラームス
ハンガリー舞曲 第6番 ブラームス
ワルツ「春の声」 J・シュトラウス
アンネン・ポルカ J・シュトラウス
トリッチトラッチ・ポルカ J・シュトラウス
ワルツ「酒・女・歌」 J・シュトラウス
ポルカ「狩」 J・シュトラウス
セレナータ アンダーソン
舞踏会の美女 アンダーソン

と言う感じです。お話は〜ウ〜ン…そうだ!今回のN響ヨーロッパ演奏旅行の話でもしましょうか!!

2005.10.25

今日は11月14日にやる足利のクラルテコンサートの練習でした。ピアニストは足利の小和田さんです。今、場所や時間ははっきり判らないのですが、わかり次第お知らせしますね!

あと、別件ですが11月28日の夕方か夜にNHKの公開録音があります。こちらは約1時間のコンサートです。入場はNHKに指定の時間にお集まり頂ければ無料のようです。是非、お近くの方は聴きにいらして下さい!これも詳しい話はわかり次第再度お知らせしますね!

もう一件!12月3日に今年も芝学園にてクラルテのコンサートをやります!今年も昨年同様無料でご招待できそうなので、ご希望の方は私にメール下さい!当日名簿を造り受付でチェックして頂く形にしますので、お名前と人数を登録させて頂きます。

2005.10.24

今日は高校へオーケストラの指導と、大学へレッスンへ行ってきました。高校生にはモーツァルトのデュベルティメントK.138を教材として指導していますが、高校生1年生たちは弾くのが必死の部分が大きく、なかなか大変です。でも、ひとつ一つ問題を解決していくように…と言うより、まず、何が問題かを気づいてもらう…感じてもらうところから始まります。その結果徐々に形になってくると彼らも面白くなってくるのでしょうねぇ「あ〜!」みたいな反応が出てきます。彼らにアンサンブルの面白さ、楽しさを是非判ってもらいたいと思います!レッスンの方はピアノ科学生の室内楽レッスンでした。と言ってもモーツァルトのヴァイオリンソナタなのですが、本当にモーツァルトは難しいです。単に綺麗に弾けば良いわけではなく、色々なメリハリを付けて、根拠のある音楽にしなければいけません…あと、ピアノの学生はペダルを使いすぎる傾向がありますね…私はピアノは弾けませんが…ピアノは鍵盤を叩けば音が出る…おまけにペダルを踏めば何をやっていても音が持続する…これは、音の中身が無責任になる傾向があると思います。もし、ペダルがなければ、音を響かせたいのならば鍵盤を離す事は出来ないわけです。また、左手は響かせて、右手は軽く刻む…なんて事はペダルを踏んだら全部の音がワンワン言っちゃうんです。たぶん彼女(ピアニスト)は、こんなこと言われて面食らったのではないかとも思いますが、これも一つのアイデアですからどこか頭の片隅に置いてくれると嬉しいですね!

家に帰って、今度は先日のヨーロッパ演奏旅行の写真を整理しようとDVDに焼くために大騒ぎしました。今現在このHPを書いているWinマシンでDVDを焼くとどうも具合が悪いんです…。書けても読めない!そこで、Macで書いてみようと思い、iMacにデータを移し…おおっとぉここで問題!iMacはCDしか焼けなかった!…そこで、外付けのDVDを付けてTOASTというソフトを起動…おおっとっとぉ!ここで、再度問題!OSが条件を満たしていなかった!そこで、OSのアップデート…これが最近のOSの容量のでかい事!インストールするだけで2時間もかかっちゃった!でも、ようやく一枚焼く事が出来ました。おまけにちゃんとWinマシンで読めるではないですかぁ〜!凄い!最近のMacはWinに近くなったと良く言われますが…言わない?…素晴らしいですねぇ〜!久しぶりにパソコンで感動しちゃいました!

2005.10.23

今日はお休みでした!そこで、天気も良かったので近所の公園に行ってきました。気候はこの時期が一番過ごしやすいですね〜!歩けば多少汗ばみますが、風はとてもすがすがしく気持ちが良かったです。子供の頃も時々遊びに来ていた公園ですが、最近ではアマチュア写真家さんたちのポイントにもなっているようです。面白かったのは皆さん軒並みデジカメ一眼レフだった事です。凄い望遠レンズで狙っていましたよ〜。私はそこまでやる気はないので、適当なズームレンズで楽しんでいますが、彼らはたぶん800mm位の望遠でしょう…とても手持ちでは出来ないのでしょうね…しっかりとした三脚を使って通路を塞いでいましたよ!良い写真撮れたでしょうかねえ…。


私は携帯で写真をパチリ!

帰りがけなるべく通った事のない道を選んで帰ってきましたが、途中、見事なキャベツ畑!まだあるんですねえ〜。近所には農協もあってそこで野菜の直売もやっていました。110円のキャベツらしいです!新鮮だし、安いしありがたいですねえ〜!

先ほど、ヨーロッパツアー2005の2ページ目に4本動画をリンクさせました。
やはり、一眼レフで写真を撮っているとどうしても動画の方まで手が回りませんね…。前回は同じコンパクトデジカメだったので、切り替えて使っていましたが、わざわざ出さなければ撮れないわけですから、少々不便でした。

2005.10.22

今日はホームページの中の演奏旅行関係を全てinfoseekに移し替えました。移し替えた当初はあまり速度は変わらなかったのですが、暫くするととたんに早くなりました!?なんで〜?サーバーの具合が悪かったのでしょうか…。まあ、取り敢えずちゃんと動いているのでしばらくはこれで行こうかと思います。しかしそれにしてもサーバーを替えるとリンクがはずれたりと大騒ぎです!以前も日記のページを他に替えた時は要領を知らなかったので、写真のリンクが全部はずれて大騒ぎをした事があります。

今日、「ザ・キット屋」さんの日記を見たら、TU-881CDの組み立てウインズ宿泊セットですって!早速、頼んじゃいました!だって、定価34,440円のキットがキット含んで35,000円の宿泊ですよ!美味しい食事とセットですよ!これは行くしかないでしょ!

2005.10.21

さて、今日はHPの容量を増やすべくinfoseekと新たに契約しました。300MBで年間6300円だったら、それほど高くはないでしょ…。本来ならば、完全に契約を変えた方が良いのかもしれませんが、フレームに表示させているので、表向きはclarte.tvで出来ますから、このままでもしばらくは良いかとも思っています。何を隠そうこの日記も実は元々最初にあったHPをはめ込んでいるわけで、容量をなるべく効率良く使うための工夫でした。でも、bekkoameのレンタルサーバは容量50MBで月1600円だから、ハッキリ言って高いです…。
早速、ヨーロッパツアーのページinfoseekに置き換えたのですが、皆さんどのように見れましたか?結構快調に見る事が出来るのではと思っています。

2005.10.20

今日は時差ボケボケです…夜中に目が覚めるし、朝起きて暫くしたら滅茶苦茶眠くなるし…昼過ぎに風呂に入って目を覚まそう…と思ったら、湯船に沈みそうになるし…。しかし、今日からレッスンも入れてありましたから夕方から大学へ行ってきました。辛い!眠い!でも、帰りがけにまわるお寿司屋さんで食べてきました!高田馬場の天下寿司は全部140円ですから、安心して食べる事が出来ます。ウニもイクラも140円ですよ!美味しく頂いてきました!日本は食べ物最高!…でも、眠い…。

旅行記は全部で6つのページに分けました。写真が多い所為か、サーバーが遅い所為か判りませんがともかく2ページだと重くて仕方有りませんでした。少しは良くなったかと思いますが…それでも×が付いてします写真は、右クリック「写真を表示」を選んで下さい…容量もかなり怪しいのでそろそろレンタルサーバを変える事も考えています。現在、ベッコウアメという昔から有るプロバイダと契約しているのですが、今ではダイヤルアップ(電話回線で接続)する事も無くなってきたので、だんだん意味が無くなってきているのです。そうすると、PHSやケーブルで接続してアップ出来ればそれで良い事になり、レンタルサーバ専門業者でも良いわけです。ただ、海外の通信(ローミングサービス)を持っているところの方が良いような気もします。時々しか行かない海外ですが、今回はその為に60ユーロは使っています…8000円?…何か良い方法を考えなければ…少なくとも空港で接続できるサービスが有れば待ち時間で色々出来ますからね〜!〜あ〜眠い!!…お休みなさい!

2005.10.8

今日からヨーロッパ旅行!出発です。しばらくはこちらのページをご覧下さい!

2005.10.7

今日は、昼過ぎから音高のオケの授業へ行ってきました。その後、間髪入れずに大学へ行き5人のレッスンをして、宮里氏を迎えに行き、成田のホテルにようやく着きました。あ〜忙しかった!
明日はいよいよヨーロッパへ!毎年海外公演は行っているとはいえ、結構構えますね…海外公演は…。でも、なるべく沢山の写真を撮って、HPで公開できるようにしたいと思っています!最近では、N響の季刊誌フィルハーモニーでも私の写真を結構使っていますので、その為にも頑張ってきます!…?あれ?いやいや!、写真を撮るのを頑張ってくるわけではありませんから!あくまでも頑張るのは演奏〜!演奏ですよ!

2005.10.6

やっと明後日からのヨーロッパ演奏旅行の準備が出来ました。今回も半分は食料と水…。水を入れればそのままご飯になるα米は便利です。毎回これでおにぎりを造っておいてお昼に食べたりしています。結構美味しいんですよ!明日は車で出て、昼過ぎからの音高のオケの授業があり、さらにその後レッスンをやって、その後、宮里氏の家へ迎えに行ってそのまま成田のエクセル東急へ向かいます。翌日は車をホテルに置きっぱなしにして旅行へ出かけるという算段です。
今回のスケジュールは

8日 出国日 成田→フランクフルト→ベルリン
9日 休日 ベルリン
10日 練習 リハーサル
11日 公演日 ベルリン公演Aプロ
12日 移動
公演日
ベルリン→ウィーン
ウィーン公演Aプロ
13日 公演日 ウィーン公演Bプロ
14日 移動
公演日
ウィーン→ブタペスト
ブタペスト公演Bプロ
15日 移動日 ブタペスト→リスボン
16日 公演日 リスボン公演Bプロ
17日 移動
公演日
リスボン→マドリッド
マドリッド公演Bプロ
18日 出国日 マドリッド→フランクフルト→
19日 帰国 成田

という具合です。私は時差ぼけがきついので最初のうちはあまり飛ばさないように?頑張ります!やはり、寝て時間を合わせた方が良いのでしょうかねえ?徹夜で合わせる人もいるけど、余り長時間起きていると気持ちが悪くなる事ありません?

2005.10.5

今日は大学へレッスンをしに行ったついでに、ビックカメラでかばんを買ってきました。今回の演奏旅行ではキャノンの一眼レフのデジカメを持って行こうと思っています。最近はよほど荷物を刈る串間蹴れば(「軽くしなければ」の間違い!)いけない時以外は一眼レフを持って行くようにしています。なんだかんだと言ってもやはりレンズが大きいのと受光部分が大きいので画像は同じ画素数のコンパクトカメラよりも綺麗です。それに、望遠レンズを使うと結構ボケ味も出せるので、それも面白いです。しかし、最大の問題は…デカイ!重い!…結果的に今までの鞄には入らないという結果になるわけです。パソコンはもちろんの事、たぶん今年も四合瓶(勿論日本酒)を二本入れて行こうと考えているので、余裕が無いと大変です。それで、少々大きめなパソコンバックを買ってきたわけです。ショルダーにもなるし、バックパックにもなるという結構便利な物ですが…やはり普段東京で使うには大きいかな…なかなか丁度良いサイズというのは無い物です…。

昨日、友人より地震情報が有りました。遅れてご免なさい!

2005.10.4

今日は免許の書き換えと大学へオケの指導で行ってきました。免許の書き換えというと昔は代書屋さんで書類を造ってもらって行った物ですが、今はそのまま行けば何の問題もなく出来てしまうのです…と言う事はあの代書屋さんは何のためにあるの?っと言う感じです。だれも入っていないので、商売にはなっているのでしょうか?

大学では、ショスタコヴィッチの祝典序曲とウォルフの「カルミナブラーナ」の練習?譜読みでした。ショスタコヴィッチは上智のオーケストラでもやっているのですが、結構難しいところも有ります。「カルミナブラーナ」は覚えてしまえば意外と面白くそれほど難しくはないと思います。何処でやるのかな?ソリストはどおするの?

2005.10.3

今日はヨーロッパ公演の練習でした。前々回の定期、ラヴェルやドビュッシーのプログラムのさらい直しです。定期の時には降り番の人が数人いたので、改めて練習をし直したわけです。そうすると、弾く場所が変わって…ラヴェルは段が変わると全然違う事を演奏しなければならないので、大騒ぎです。

練習後はN響の創立記念式典でした。今年で79周年です。来年は80周年…凄い歴史ですね!私はその一部分を生きているというのは誇りに思える事だと思いました。
下の写真は30年年功表彰と有馬賞を受賞したヴァイオリンの金田さんとN響OBの皆さんです。OBの皆さんはお元気でした!!

2005.10.2

今日は午前中労連の研修でした。当然と言っては怒られるかもしれませんが、組合の「く」の字も良く判っていない私としてはトンチンカンな質問もしたとは思いますが、労連の方々をはじめ、NHK関連団体執行部の皆さん方は真摯に色々とアドバイスをしてくれました。

宿泊したホテルは三浦海岸のホテルですが、元々高級リゾートマンションで売り出したところバブルの崩壊で売れずに、それをホテルにしていると言う感じでした。…ですので部屋は3LDKと言う感じでした。それにしても朝は、部屋が東向きなので、暑いしマブシイかった!


左はホテルからの景色、右は労連の方々です!
お世話になりました!有り難うございます!

2005.10.1

今年もついに10月になってしまいましたね…早すぎ!今日は定期の2日目はちょっと慣れてきたかな?相変わらずレーピンのソロは素晴らしかったです。アンコールはイザイの無伴奏ソナタ第3番「バラード」でした。実は私この曲大好きなんです!でも、レコーディングするには難しすぎ…やるのならば無伴奏全曲入れなければ格好が付きません!…でも、素晴らしい曲ですよね…。

今日は定期の後はN労連(NHK労働組合連合)の勉強会です。私は遅刻でしたので懇親会からでしたが、その中でも色々な話が聞けて、勉強になりました。

2005.9.30

今日はC定期初日でした。レーピンのソロは素晴らしかったです。練習の時よりは多少大人しくなった感はありますが、完全に巨匠の雰囲気でした。ベートーヴェンの正統派という感じでしたね!
GPと本番の間は大学へオケを指導に行きました。今日はBオケの課題、チャイコフスキーの弦楽セレナーデでした。
明日は、2日目ですが、その後にNHKの労働組合連合の勉強会です。まじめに組合の事や将来のN響の事を考える良いチャンスではないかと考えています。

2005.9.29

今日は練習3日目でした。午前中はタコ8の練習!午後はベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の練習でした。レーピンのソロは素晴らしいです!聴き物ですよ!是非、明日、明後日はNHKホールへ!今回のプログラムも今度のヨーロッパ旅行に持って行きますが、レーピンのソロがメインディッシュになりそうです!

練習後は大学でレッスンでした。演奏旅行中出来ない分を埋め合わせなければいけないので、コントラバスの吉田周ちゃんも来ていました。私は海野先生の「ウラ」先生みたいな事をやっていますので、隔週で教えているから、何とか埋め合わせは出来ますが、毎週教えている先生は大変ですね…。

コンタクト情報!?今まで外す時にそのまま指を黒目のあたりを触って外していたのですが、怖いのでなかなか上手く行きませんでした。コンタクト屋さんはそうやれと言ったのですが、今日、コンタクトの説明書を見たら、下にずらして黒目の下の方でつまむように書いてありました。そうやったら、簡単に取れるではないですかぁ!今までの苦労は何だったのでしょうか!ちゃんと教えて欲しかったなぁ…。

2005.9.28

今日もN響の練習でした。ショスタコの8番はなかなかの難曲です。テンポの変わり目が巧く行かない?譜面の不備というか、本来スコアにはあるテンポ表示が抜けているためにそのたびに覚えていかないとなりません。譜面の出版会社はブライトコッフですので、見やすい事は見やすいのですが、こうミスプリントが多いと困ります。かといって、ロシアの譜面…手書きの譜面は同じ高さの音符なのによく見ると加線は1本多かったりとこれもまた見にくい物です。

2005.9.27

今日はN響C定期の練習初日でした。ショスタコヴィッチの交響曲第8番…やった事有りませんでした!このプログラムはヨーロッパ公演の前半にも有ります。練習後はトロンボーン、ヴィオラ、ヴァイオリンのオーディションもありました。
往復の電車の中では携帯電話をワープロ代わりにして、ソロCDのウラ解説を書いていました。…つまりちゃんとした解説は友人の奥田佳道さんにお願いして書いてもらい、その後ろに私の勝手な作品に対する想いや思い出を書こという趣向です…たらたら書いていたら2400字近くにもなってしまいました。こりゃ、CDライナーはかなり厚手の物になってしまうかもしれません…何ページになるかな?その一部を本日特別公開しちゃいます!

モンティ:チャルダッシュ
以前この曲をある幼稚園で演奏した時の事です。彼らはテンポの早いところは自然に手拍子が…中間部の静かな所は水を打ったようにシーン!また早くなると「ワ〜!」っと言って手拍子…。前もって子供達には何も指導していないんですよ!子供達の自然な反応…素晴らしい感性です。この感性、大人になると理性と知識に置き換わってしまうのですかね…。
エルガー:愛の挨拶
エルガーの最も有名な作品…チェロでもよく演奏されますね!大概、演奏すると客席から「あ〜この曲ね!」っと聞こえて来ます。

それから、CDの曲ですが、結局録音した曲、全てを1枚のCDに収録する事が出来ました。全部で約76分です。お陰でダウンロード用の曲が無くなってしまいました…。

2005.9.26

今日はお休み!そこで以前からほっぽらかしてあったスピーカーボックスに知人から頂いた8cmのユニットを使って完成させました。このユニットのメーカーは判りません。大出力になると歪んでしまいますが、普通に聞いている分にはなかなか自然な音がしてご機嫌です。そういえば長谷弘工業さんのスーパー サウンド コーティングでも塗ってみようかしら…。このくらいの大きさならば塗るのも大変ではないですから。以前造ったバックロードホーンも塗ろうかとも思うのですが、ともかくこちらは面積が広いし、木口面…ここが塗料を良く吸い込んじゃうんです。塗るのも難しいという話だし…取り敢えず塗装の練習のつもりでやってみようと思っています!

2005.9.25

今日も定期演奏会でした。台風が近づいていた割には風こそ有りましたが、天気自体は良かったように思います。お客さんは台風を用心したか、少なめでしたねえ…。
本番前少し早めに付いたので、モスバーガーで昨日の日記を書いていると、お祭り?公園通りを御輿がにぎやかに通って行きました。雨が降らなくて良かったですね!

2005.9.24

今日はA定期演奏会初日でした。ゲネプロと本番の間には大学へレッスンに行きました。台風も近づいてきたので、雨も降ったりやんだり…。定期の方は浜田さんの声が素晴らしかったと思いました。R.シュトラウスの「4つの歌」はオーケストラがとても厚く書いてあり、普通に演奏したのでは歌が潜ってしまいます。かなり、バランスを取るのが難しい曲ですが、素晴らしい作品だと感じました。後半は10月のヨーロッパ公演に持って行くプログラムですが、これは大変な曲です。ダフニスとクロエは比較的やる事が多かったので良いのですが、ドュビッシーの「遊技」はやり慣れてない事もあり、大変でした。ともかく、ラヴェルもドュビッシーも譜面上弾く段がころころ変わるので、目が付いていかないんです…。さらに今回は定期ですので、旅行の時にはN響の団員が増えるのでまた、弾く場所が変わってしまうのです…。もう一回さらいなおしです!


大学の新校舎の工事がようやく始まったようです。

2005.9.23

今日はN響の練習とビルトーゾオーケストラの本番二日目でした。その間に少し時間が有ったので、改めてコンタクトレンズ屋さんに行ってきました。それは来月中旬から行くヨーロッパ演奏旅行の為、日替わりのレンズならばあまり荷物を増やす事無く行けると考えたからです。付けた感じは今の2週間の物とあまり変わらない感じでしたが、本番の見え方は良いようでした。ところが、コンサートの後、いつものお店「きときと」へ行きビールを頼んでお絞りで顔を「親父拭き」したら、な!なんとコンタクトレンズが取れちゃった!普段レンズを取るのに普通に苦労しているのに?まあ、メガネも持っていたので、反対側も外して事なきを得ましたが、顔を拭いただけで取れてしまう事には驚きました。今後は「親父拭き」はしないようにしなくては…でも仕事で汗をかいた後は気持ちいいんですよね〜「親父拭き」

2005.9.22

今日はN響の練習とサントリーホールでのビルトーゾオーケストラの本番でした。今日はたまたまコンタクト用の目薬を忘れまして往生しました。アークヒルズで目薬は購入しましたが、やはり、レンズも2週間近く使うと限界なのでしょうか…見え方が少々ぼけて来ました。一日早いですが、明日、新しいレンズにしてみようかと思います。それにしても、レンズは乾燥すると魚の鱗のように堅くなるのには驚きました。

2005.9.21

今日からA定期の練習でした。プログラムは、前半ラウタバーラの「BOOK OF YISION」…これはN響、ベルギー国立、ロイヤル・スコットランド国立の3オーケストラの共同委嘱作品だそうです。これは結構難しい!でした!他はドビュッシーのバレエ音楽「遊技」〜これも参った!、ラヴェル「ダフニスとクロエ」第2組曲です。ラヴェルは比較的演奏する機会は多いですが、…最近あんまりやってませんでしたねえ…。ドビュッシーの「遊技」は私は初めてです…そういう意味では結構大変なプログラム…これはヨーロッパ公演に持って移行く予定です…う〜シンドイ!

ところで今日、練習所で新しいフィルハーモニー(N響の季刊誌)が出ていました。これは、N響の定期会員さんには無料で配布している物…たぶん…ですが、頼めば一部300円で販売しているようです。…っと、このフィルハーモニー、実は今回のカラーの1ページ半に渡り私の撮った写真がビッシリ!…最近、旅行で撮った写真は全て編集部に渡していますが、今回ほど沢山使った事は無かったのでは??っと思います。旅行中の流れに沿って写真は並べられていますが、結構撮る方はかなり積極的に撮っていないと、抜けちゃうんです…。これからも、沢山撮るようにしていくつもりです!結果、フィルハーモニーを見てくれたお客さんも旅行した気分になってくれれば…。


2005.9.20

昨日、今日とビルトーゾオーケストラの練習がありました。さらに、今日は11時から大河ドラマのテーマ録りでNHKの509スタジオへ行き、大学へオーケストラの指導へ行き、その後ビルトーゾオーケストラの練習でした…ちと疲れた…。

大河ドラマのテーマ録りは録音機材でProToolsを使っていました。最初、トラブル(フリーズ?)で動かなくなったようですがその後は順調でした。やはり、パソコンを使うわけですから、単純な録音機よりは何かある可能性は有りますね…でも、後の取り回しがよいので今後この手の録音機材が普通に使われるようになって行くのでしょう…事実私も使っているぐらいですから…。


今回の指揮者はマエストロアシュケナージでした。


左がプロツールズの画面です。

2005.9.18

上智大学の合宿も無事に終わりました。今日の午前中いっぱい練習だったのですが、夕方よりビルトーゾオーケストラの練習があったため少し早めに帰ってきました。今日は日曜日なので高速道路はそれ程渋滞はしないだろうと踏んでいたのですが、料金所の先から結構渋滞してしまいました。でも3時間ほどで着いたので速いほうでしょう…。
家で一休みした後に久しぶりにバスに乗りました。最近のバスの料金箱は随分と良くなりましたね〜!お釣りは全て自動的に判断して勝手にやってくれるんですね〜!驚きました!ついこの間まで付属の両替機で自分で両替して正しい料金を自分で入れなければならなかった記憶があります。
色々な物が近代化される中バスはあまり変わっていない物のように感じますが、それでもかなり改善されているのですね!
ところで皆さんはバスにまつわる思い出ってあります?私の子供の頃はボンネットバスでした。ウインカーは棒のような矢印が横に出たのを覚えていますよ〜。黒い鞄を持った車掌さんもいた記憶も有ります…。

2005.9.16

今日も、練習に宴会でした!本当に彼らは頑張ります!




練習後は鍋です!


部屋に戻ると空には月が!デジカメの望遠ズームで撮ってみました!
300mmのレンズですから普通のカメラの480mm位の望遠に当たると思います。
勿論トリミングして有りますので、実際にはもっと大きな写真ですよ!

2005.9.15

今回の合宿では弦楽器屋さんに来てもらっています。彼らの楽器のメインテナンスや弓の毛替え等々まとめてやってもらうためです。また、楽器に関するお話などをしていただくことで、自分の楽器を他方面から興味を持ってもらう事が出来たら…と思っています。


楽器は磨いてもらうだけで音が良くなるんですよ!
ニスを痛めないように表面の汚れ(松ヤニなど)だけを落としてもらうのです。
今回も数人磨いてもらいました。みんな楽器が鳴るようになって驚いていました。

勿論夜は宴会です。今回の合宿で指揮者の汐沢先生は明日の午前中の練習をしてお帰りになるので本日の夜が「汐沢先生コンパ」でした!


いつも練習で使っている場所を片付けての大宴会です!右は汐沢先生を囲んでのヴァイオリン軍団!


低弦パートは汐沢先生へ合唱のプレゼント…
後ろの方でコントラバスのトレーナーの中西先生が何下に指揮をしていました!


合宿中に特に頑張ったパートが「汐沢賞」を頂きました。
今回はファゴットセクションと、パーカッションの一人が受賞!


汐沢先生と低弦軍団!

2005.9.14

今日も、上智の子供たちを教えていました。やはり第9は難しいです!私も始めて弾いた時にはかなり苦労した覚えがあります…。要領を教えて済む部分はある意味良いのですが、本当に努力しないと絶対に出来ないような事もかなり有ります。本番は12月28日…それまで目一杯頑張って欲しいです!

2005.9.13

今日から、上智大学オーケストラの合宿です。5泊6日とかなり意欲的な合宿です!…毎年ですけどね〜!
今年はメインのプログラムがベートーヴェンの第9交響曲という事もあり、学生たちは張り切っていますよ!実りある合宿にしたいと思います!


合宿には何人かの学生を乗せて行きました。
途中、佐久平のハイウエイオアシスに寄ってお昼を食べました!



着いて早速練習です!グノーのバレエ音楽「ファウスト」です。


休憩中と夕食時のショットです。

2005.9.12

今日は大学でレッスンを5人ばかり教えて、その後NHKへ行きNHK労連(NHKグループの各組合を統括している組織です)の会議でした。話の内容としては結局、先日の不祥事事件を発端に受信料不払いの結果、NHK本体やその外郭団体が経済的にかなり窮地に追い込まれる…という話でした。N響も勿論その中に入るわけでこれから益々大変な事になって行きそうです…。でも、我々の演奏の水準は絶対に下げるわけにはいきません!

2005.9.11

今日は定期の二日目でした。その前に選挙に行ってきましたが、丁度私が投票する場所が近所の高校でしたが、丁度学園祭で普段使っている体育館が使えない状態…校庭にわざわざ仮設のプレハブを建てて、そこでの投票でした。しかし、考えてみれば、この選挙のためにいったいいくらかけたのでしょうか…今回かけた金額で何か他に大切な事が出来たのではないでしょうか…。わざわざ解散する必要が有ったのでしょうか?

N響定期2日目は大雨で始まりました!お客さんの足も止めたようで、本番は10分遅れで始まりました。でも大雨の中沢山のお客さんがいらしてくれました。有り難うございます!コンサートは面白かったのではないかと思います。ベルリオーズの盛り上がりもなかなか!こういうコンサートをいつも出来るようにしたいです!

2005.9.10

今日はN響のA定期初日でした。先日仙台で協演したコルネリアがモーツァルトのピアノコンチェルトのソリストでした。相変わらず、綺麗な音してましたよ!先日の写真を印刷して明日持って行こうと思っています。

さて!今日はGPと本番の間に大イベント…っていっても私にとっての事ですが…実は最近、眼鏡のレンズが傷だらけでそろそろ換えなければっと思っていたところ、数日前コンタクトレンズの宣伝がメールで入り、そこのHPを見たら、「2週間交換のコンタクトレンズが3ヶ月分が無料!」っというキャンペーンをやっていまして、この際だから一回試してみよう!っと言う事でコンタクトにしてみました!このおじさんがコンタクトにしたからって別に世の中笑う人がいても、喜ぶ人はいないわけで…少々恥ずかしかった事は恥ずかしかったのですが、使っている人の話では見え方が違う…確かに違いました…と言う事で挑戦してみました。当然コンタクトレンズを入れるのは生まれて初めて…最初はオッカナイの何のって!でも意外と左目がすんなり入ってしまい、苦労したのが右目…お店の人のアドバイスで何とか出来るようになりました。結局出し入れは20分ぐらいで出来るようになったのですが、お店の人のお世辞では「お客さん慣れるの早いですよ!」だって!そんな事ほめられてもあんまり嬉しくはないですけどね〜。ともかく、本日は初コンタクトレンズコンサートでした!…今は眼鏡にしていますが、眼鏡の縁が気になるようになりました…。

2005.9.9

今日も、N響の練習でした。今回のピンカス・スタインバーグの練習で感じたのは彼自身がヴァイオリン奏者であった事からだと思いますが、妙に弓の毛を100%付けてっという表現が多かったのが印象的です。普通、弱い音は弓を寝かせて毛を少なく使うという奏法をやるのですが、むしろそれを100%つけてコントロールして弓を少なく弱い音…実にこれが音量が小さくとも芯のある…というか身の詰まった良い音がするのです。また、弓の毛を100%とし、元弓で少なめでフォルテ!…これは、実は弓の重さを十分に利用するやり方…同じ音量でも、弓の重さではなく、弓の真ん中から先にかけて腕で圧力を加えると音色が汚くなる…その点、元弓で重さに任せ弓に力を加えないフォルテは強く美しいのです。これは、学生に特に伝えたいところですね!ヴァイオリンは腕力で弾く必要は全くないのです。

2005.9.8

今日はN響の練習でした。ベルリオーズの幻想交響曲ですが、今回はいつも使っている譜面と違うバージョンで、細かなところが違います。おまけにボウイングも違うので慣れているはずのこの曲ですがあたふたしてしまいます…。長年の経験から急に違う動きはなかなか出来ない物ですねえ…。

さて、CDですが、色々考えて、もしかしたらこのHPで販売する形の方が良いのかな…って思うようになっていました。色々な方の話によると販売ルートに載せるには色々な問屋さんを通す事になるようだし、なかなか難しいそうです。聞けばお店でも売れ筋は置くでしょうが、売れ筋ではない物…クラシック…おまけに私のようにオーケストラプレイヤーがソロを弾く?置いても売れない…そうなると置かない…このようになりそうなんです。…演奏の内容は関係ないんですね…。

2005.9.7

今回の台風は勢力も強く九州地方ではかなり被害も出ているようですね…。お見舞い申し上げます…。関東地方もかなり風が強くなっています。お仕事で外にいらっしゃっている方々も多いと思います。くれぐれもお気を付けになって下さい。

2005.9.6

今日、頑張って全ての曲の編集を終えました。また、今後気になり出すところも出てくるでしょうけど、それはその時に考えます。でも、不思議な物ですが、ヘッドフォンで編集して気にならなかったところが、モニタスピーカーから音を出してみると「あれ?なんか変?」っと言う事が結構ありました。やはり、聴き方が違うと気づく事が変わるんですね〜。ヘッドフォンは耳の側の小さな空間(空気)を振動させているだけですが、スピーカーはその部屋全体の空気を振動させるのですから当然かもしれませんねぇ!

今回、収録した曲は

サラサーテ:チゴイネルワイゼン
マスネ:タイースの瞑想曲
クライスラー:愛の喜び
クライスラー:悲しみ
クライスラー:ロスマリン
クライスラー:ロンドンデリーの歌
クライスラー:プレリュードとアレグロ
イザイ:子供の夢
サン・サーンス:ハバネラ
バッチーニ:妖精の踊り
モーツァルト:アダージョ
ベートーヴェン:ヘ調のロマンス
ラフ:カヴァティーナ
エルガー:愛の挨拶
バルトーク:ルーマニア民族舞曲
モンティ:チャルダッシュ

です。これだけ曲数があると実際には何曲かは収録できないと思うのですが…これから選曲します。そして、残った曲はMP3 にして、CDを買って頂いた方にはダウンロード出来るようにしようかと考えています!さて!どの曲をCDにいれようかな!

2005.9.5

今日は浜松アクトシティでのコンサートです。昨日のうちに苦労してきたおかげで朝はゆっくり出来ました。今朝ほどもまだ、通行止めは続いていたようでした。朝出ていたら結構どきどき物だったかもしれません。でも、さっき車で着いた人の話だと通行止めは既に解除になったようです。良かったです!

ここ、アクトシティの大ホールも先日の富山のオーバードホールと同じくらいバックステージが大きいです。ステージの奥行き2倍左右ともステージと同じくらいの幅があります。オペラも出来るように設計されているのでしょうね…。早く着いたので、まだ、反響板を組んでいるところでした。天井の隙間にワイヤーで釣り上げて格納してある物を降ろしてきて、左右と後ろの反響板を自走させて組んでいました。こんな時に地震でも来たら大変でしょうねえ…って、作業を見守っていたホールのスタッフに聴いたら、「終りでしょうねえ…」なんて言っていました。移動している時には気休め程度に前に倒れた時のためのツッカエ棒が反響板から出ていました。

先ほど、昨日通ったルートを地図で確認しました。


×のところは、橋がなかったり道が無くなっていたり…。

2005.9.4

今日はオーチャードホール定期でした。3時半からの公演でしたが、今日のうちに浜松へ行っておこう…という事で、東名高速に乗ったところまでは良かったのですが、由比が高潮の為通行止め!!「ガ〜ン!」でした。私より少し前を走っていた根津さんが情報をくれたのですが、富士から1号線までものすごい渋滞…っということで、私は思い切って山側を走ることにしました。っところがです!この山の中、第2東名の工事のおかげで、旧道がいたるところで分断!ナビのとおりに走ったら、突然「橋の架け替えの為通行止め」っとか、いきなり道がなくなったりっと大変な思いをしました。車同士がすれ違うことの出来ないような林道を走ったり…結局1時間20分を費やして清水に出ることが出来ました。清水の街の明かりが見えたときには嬉しかったですぅ〜!

2005.9.3

今日も残暑厳しいですね…N響の練習でしたが、お昼休みに外に出るとまだまだ夏の日差し…少しだけ地面の照り返しが少なくはなってきたようですが…夜はだいぶ涼しくなりましたけどね…。
まだ、用事があるので家に帰って編集の続きは出来ません。でも、なるべく早くやりたいですね!一気にやらないと、音の感じがその日の体調で変わってしまう…でも、その方がむしろ、色々な音作りになって聴いていて飽きないCDになるかな?いずれにせよ、1日中編集に当てる日があと2日欲しいです!

最近、私の近況報告は写真が多くてかなり重たくなった??そんな気がします。文章だけでも良いのですが、ちょっとした写真があると楽しいのではないかと勝手に考えての事ですが、通常のアナログ回線では見る気になりませんよね…今日は、その対策でページを新しくしました。9月以降はこちらのページです!…って、このページの事ですけどね…(^o^)v

2005.9.2

今日は一日編集でした。結局、5曲しか出来ませんでした。やはり、つなぎ合わせたりする作業は時間がかかります。録音の段階で完璧に演奏できればこんな苦労をしなくとも良いのですが、なかなかそうは行きません…。でも、CDを造る以上は、是非皆さんに聴いて頂ける物を造りたいと思います。
先日、タンノイの「イートン」は手に入れる事は出来ませんでしたが、同じくYahooのオークションでタンノイの「NFM-8」というモニタースピーカーを手に入れる事が出来ました。今日はこのスピーカーを使い編集をしていました。さすがに同軸型と言う事もあり、定位は抜群です。音も、イギリス系?…弦楽器に透明感の有る音がします。昨日まではロジャースのLS-1を使っていましたが…これも同じくイギリスのスピーカーなのですが、家庭用に造られた所為か聴きやすい綺麗な音がします。その点、タンノイの方が、「検事の耳」と言っていいのでしょうか…ちゃんとアラを目立たせてくれます。しかし、それにしてもスピーカーだらけになってしまいました…写真にあるだけでも5組…見えない物も入れると8組物スピーカーがこの壁面にあります…何やってんでしょうね…。


右はプロツールの編集画面です。全ての音が波形で表現されています。

2005.9.1

今年も2/3を過ぎてしまい、残り1/3デス…ね…早いです…。でも、やる事はやりましょう!ってことで、今日は例のソロの音源編集で一日かかってしまいました。トラックダウンするだけで大騒ぎです!ともかく各曲全部で10chずつ録りましたが、結局使わなかったのはAKGでした。取った音は元気があり切れも良いのですが、ちょっとヴァイオリンの音だときつすぎる傾向があるようです。もしかしたら、ヘッドアンプを工夫すれば良いのかもしれませんが…例えば真空管にしてみるとか…よくよく考えると、今回の録音は10ch中6chは真空管が使われています。もう4ch分ほど真空管のヘッドアンプを考えようかな…?

コンピュータが音の処理に時間がかかっている間に、昨日の木の振動板…結局巧く合わせる事が出来ずに2回作り直して3枚目、何とか形になりました…が音は最悪のまま…やはり基本が駄目だと上手く行きませんね…頭に来てエッジが余りにもスカスカの布製だったので試しに木工ボンドを塗ってみたら…一瞬良くなりました…が結局堅くなった時には巧く音が出ませんでした。このまま捨てるのも惜しいので、エッジを何か別の素材で作り直してみようかと思っています。