近況報告
トップページに戻る

2005.9.3

今日から、9月以降のページを新しくしました!近況報告に直接いらして頂いている方は、リンクし直して下さい!お願いします!

2005.8.31

今日はついに先日やったソロのレコーディングデーターの編集を始めました。ともかく、全部で16曲も録りましたので編集も莫大な時間がかかりそうです…我ながら良く1日で録ったと思います…。音的にはショップスのマイクを音色的な基本に使いザイデのマイクを肉付きに…ベリンガーのアンビエンスに残響を付けて、メインはそのまま…各楽器のピックアップでバランスを取って…こんな感じです。まあ、素人だからこそ色々試してみる事が出来るわけで!!プロに聴かせたら「×!」って言われるかもしれませんけどね…これも勉強です!

もう一つ、今日は昔のスピーカーユニットが出てきたので、これをイタズラしようかと!!先日東急ハンズで買ってきた松の薄い板…ですがこれを加工してスピーカーの振動板に出来ないかっという挑戦です!このユニットは小さなスピーカーのキットに付いていた物でハッキリ言って音は最悪!!今ではそのスピーカーBoxには他のユニットを入れて使っていますので、これは捨てようかとも思ったユニットなんです。こんなイタズラでもし音が良く鳴っちゃったらメッケモンでしょ!?…実際の加工は結構たいへんかもしれません。取り敢えずお酒に漬けて…「勝駒」ではありません!台所にあった料理酒です…柔らかくして…電子レンジでチンをして…円錐形にしてみました。まだ、クリップで留めた状態ですが…やはり、木目の向きで強い弱いが有りますね…はたして綺麗に行くでしょうか…。

2005.8.30

今日はお休みでした。さすがに少々旅行の疲れが出て少々寝坊しました。まあ、今のうちに疲れを取っておかないと、これからはN響後半戦が始まります。10月には海外旅行もあるし…。

まだまだ、昼間は暑いですが大きな真空管のアンプは益々暑くなる原因…そこで、最近はもっぱら14GW8のシングルアンプです。熱を出すのは2本の真空管だけですから、暖房効果は少ないかな???気休めですけどね…。
それにしてもアルティックの304Aは調子が良いです。こんなに自然な元気な音の出るユニットはめづらしいのでは??っと思います。でも、不思議ですよねえ…決して性能は良くないのに…上は10000Hz出ているかどうかっという話です。
昔のスピーカーと言えば、今日、Yahooのオークションでタンノイの昔のスピーカー「イートン」が出ていたので、頑張ってみました…が、外してしまいました…残念…。あの当時、タンノイの同軸ユニットに魅力を感じていたのは私だけではないと思います。アーデンやバークレーのように大きなスピーカーは当然ながら置く場所がないので最初からムリでしたが、イートンであれば…っと思ったのです…。


落とし損ねた「イートン」…ザンネ〜ン!

2005.8.29

昨日は無事仙台から帰りました。今回の旅行は結果的に2200Kmも走った計算になります!これは福岡往復ですね〜昔、福岡から恥じます九州旅行を車でまわった事がありますが、総合距離はそこまで行かないまでも、一つ一つの移動距離がかなりあったので、感覚的には大旅行でした。少々お疲れ気味です…。今日は、弓の毛替えをしにラルジュへ行きました。よく使っている2本がもう1割は切れてしまって最悪の状態でした。あまり、、長時間切れた状態で弾いていると弓が曲がってしまう事もあるのですが、なかなか毛替えに行く時間が取れなかったんです…。弓の毛って不思議なのですが、毛替えしてしばらくは殆ど切れないのですが、ある時切れ出すと1,2週間で致命的なくらい切れてしまう事が多いのです。本番の度に5〜10本みたいな感じ…。切れない毛って無いですかねえ…。

2005.8.28

今日は仙台での演奏会です。ゲネプロの様子の写真を撮ってもらいました。


2005.8.27

今日は明日の仙台でのコンサート…N響メンバーによるサマーコンサートの練習でした。ヴァイオリンのソロはミリヤム・コンツェンさん、ピアノのソロはコルネリア・ヘルマンさんです。お二人ともドイツ人ですが、お母様が日本人と言う事で日本語は達者!普通にお話が出来ました。本当のバイリンガルですよ!凄い!二人との素敵なソロを聴かせてくれました!っと言うより明日が本番ですけどね!管楽器には仙台フィルの皆さんがお手伝いに乗ってくれていますよ。

練習後は「政宗」というお店に行き、皆さんで親睦会!楽しいお酒でした。今日は、宮城のお酒「浦霞」で決まりです!


ちょっとストロボの陰が出てしまいました。私の指が立ってたかな??

ソリストのお二人!左がヴァイオリンのミリヤムちゃんに右がピアノのコルネリアちゃん
素敵な彼女たちです!

Darkさんが来てくれました!HPはまだ治らないけどご本人は至って元気です!
大鹿さんとのツーショット!

2005.8.26

今日は京都から仙台まで走りました。距離は総計820Kmでした。でも、道は順調で約9時間ちょっとで仙台へ到着する事が出来ました。コースは京都から名神高速道路→米原ジャンクションから北陸自動車道→新潟中央ジャンクションから磐越道→郡山ジャンクションから東北道っと乗り継いで来ました。高速料金は15800円なり!なかなかこんな金額にはなりませんよね!それにしても、今回驚いたのが北陸道のPHSのつながりの悪さ!!逆に磐越道のアンテナの積極的な設置!勿論全線ではありませんでしたが、トンネルの中でも繋がったままのところも有りました。交通情報を調べるので大変助かりました!東名高速道路は比較的都市の近くを通っているので、繋がるところもあるのですが、北陸道はトンネルに続くトンネル…トンネルを抜ければ「親知らず子不知」みたいに海の上を走っていたりと、PHSにはちょっと過酷な条件でした。

磐越道では山間に雲が低くたれ込めていました。台風一過の天気?と言うかその影響で時々土砂降りのように雨が降ったりしていました。でも、結構幻想的で綺麗な風景でしたよ!

仙台について、食事に行きました!ここの名物、「牛タン焼き」です。太助というお店に行きました。最高に美味しかったです!

2005.8.25

今日のホテルは、京都のリーガロイヤルホテルです。さすがに良いホテルは過ごしやすいですね!部屋でパソコンに向かい、次のアレンジの準備です。かなりの分量の譜面をまず打ち込まなければならないので、この作業だけで新しいソフトのノウハウは覚えられそうです。しかし、さすがにこの時間(2時過ぎ)になるとお部屋のお掃除があるため、部屋を開けなければなりません…ロビーへ降りてきたら、ここには「ホットスポット」が入っていました。b-mobileのおかげで快調に繋がります。でも、部屋のインターネットは1日1000かかります…海外では有料で一日もしくは数時間繋ぐ事の出来る無線ランサービスも有りますが、日本ではネット無料サービスをやっているホテルも多いので、ちょっと???と言う気もします。

そうそう!富山にお住まいの上野伸彦さんから送られてきた写真なのですが、「富山ブラック」とは富山独特のラーメンスープなんですね!色々なお店の「富山ブラック」の写真を送ってくれました!見るからにしょっぱそう!!共通点は立派なチャーシューが載っている事でしょうか???



奈良へは車で約1時間。車のナビでは無い道のおかげでスムーズに到着する事が出来ました。ずいぶんと良い道が出来たものです。いままで、迂回しなければならなかったところが市内からまっすぐ出る事が出来ました。奈良ではちょっと御散歩…。台風の影響は殆ど有りませんでした。



こちらのバスは後輪のカバーが着いています。巻き込み防止でしょうか?鹿の巻き込み防止?


2005.8.24

今日は、富山から京都までの移動日です。本来は明日、奈良の公演なのですが、宿泊は京都にしました…っと言うのも、奈良は文化的な物は数多く素晴らしいのですが夜のお店…飲み屋さんが早くに終わってしまいます。商店街は9時になりますとガラァ〜ンとした寂しい街になってしまいます。我々のコンサートは終演が9時ですので、当然ゆっくり出来ないんです。そこで、夜遅くまでやっているお店も多い京都に泊まったわけです。
今日の移動は約4時間の快調なドライブでした!そして、ホテルへ着いてからの時間がかなり有ったので、今、使っているWinのマシンでもアレンジが出来るようにするため、新しいソフト…っと言っても3年前のソフトなんですが、WinとMacの両方で使える譜面作成ソフトをいじり始めました。長年、コンサートウエアというソフトを使ってきましたが、Winでは使えなくなってしまい旅先でアレンジする時にはパソコンをやむを得ず2台持って歩いていました。でも、このソフトを使いこなせるようになれば、Winマシンだけで済んでしまいます。…しかし、頭が固くなってくると、新しいソフトを覚えるのがおっくうで…。特に家にいる時には、そのソフトを覚える時間をかけたら1曲くらいアレンジが完成してしまうもんですから、絶対にやろうとはしない…今回はそういう意味で良いチャンスでした。説明書は当然持ってはこなかったのですが、その辺は「ヘルプ」を参考に頑張りました!

2005.8.23

今日は岐阜のホテルを10時に出て富山へやって来ました。コースは東海北陸道で、途中一般道になりますが、約3時間の移動でした。高速道路がまだ開通していない、途中の道はなかなかの景色でした。白川郷の合掌造りも遠くからではありましたが見る事が出来ました。下の写真は御母衣(みぼろ)湖と、御母衣ダムです。写真ではそれほど高さを感じませんが、実際に見ると、かなり高いダムでした。この、自然石で造られたダムのむこうには満面の水が有ると思うとちょっと怖いですね…。

富山についてお昼を…と思いフラフラしていたら、こだわりの有りそうなラーメン屋さん…「元祖、富山ブラック」??なんじゃそれ…っと思ったら、スープが真っ黒!!塩辛いのなんのって!食べ終わったら舌の先が痺れていました…。入ってくるお客様は結構多いので、人気のある店なのだとは思いますが、私にはちょっと…ムリ…。このお店のファンの方が居たらご免なさいね!スープは一滴も飲めませんでした…。

今日の会場は富山県のオーバードホールでした。ここはオペラも出来るように設計されているのでバックステージが広いの何のって!お客様から見えているステージの左右それぞれ2倍奥行き2倍という感じです。音響最初の時からすると少し残響が少なくなったような…いえ、これは錯覚かもしれませんが…。


本番後はいつも富山に来ると行っている「ぶぜんだ」というお店でした!結局N響の貸し切り状態でした!チェロ軍団との合流でした!



2005.8.22

昨日は津での演奏会の後車で走り岐阜まで来ました。今日はここの公演なので2練泊出来るわけです。演奏旅行は毎日宿を変わると毎朝荷物の片づけとチェックアウトの煩わしさがあります。本来は公演地に泊まるのが本当なのですが、体の事を考えるとこうせざるを得ない感じです。
それにしても、名古屋の万博のお陰でしょうか、高速道路が整備されてかなり楽に岐阜まで来られました。まずは伊勢道路の津から東名阪道に乗り換えの亀山のインターがスムーズに繋がった事、後名古屋に入り東名阪から一宮まで高速が通っていた事ですね!本当に助かりました!

長良川国際会議場ホールは駅から車で10分ほどのところにあります。昨日の会場からすると残響は短め…って感じでした。お客さんは満席!完売だったそうです。ありがたいですね!


その後の宴会は「三蔵」というお店でした。なかなか美味しかったです!店村さんをはじめヴィオラ軍団が一緒でした!


2005.8.21

また、地震がありましたねえ…ちょっと最近おおすぎじゃあありませんか?今日、その時刻は岐阜に来る移動の最中だった訳ですが、金沢にいたら新潟には近いわけですから、鉄道の影響も有ったかもしれませんね…。

今日の会場は三重県の津にあるホールです。


なかなか良い音のホールです。

2005.8.20

今日は石川県は金沢での公演でした。コンサートの雰囲気はかなり良かったと思います!それにしても、ここの会場は良い音がします!本当に最近は日本全国良いホールが沢山出来ました!こちらのホールはアンサンブル金沢がメインに使っているホールです…羨ましいですねえ!!NHKも是非頑張ってN響造って欲しい…そんな事を言ったらこのご時世怒られるとは思いますが…。


こぢんまりとしたホールですが音は良いです!パイプオルガンが反響版に隠れて???


左はヴァイオリンの鈴木弘一氏と小野聡氏!
右は今回のソリスト…女性トランペッター、アリソン・バルソム女史です!綺麗な音でした!


休憩中のバックステージの様子です!

2005.8.19

上智の合宿も終り一日のお休みを置いて、今日から夏休み明けのN響の練習でした。今回の演奏旅行は明日の石川県の金沢を始め三重県、岐阜市、富山、そして奈良と続きます。結構移動がきつい旅行ですが、今、車で既に金沢に来ています…練習終了後、出発して夜21時前に金沢のホテルに着きました。以前は東名経由で米原から北陸道と考えたのですが、ある方からのメールで関越、上信越道から北陸道という話を聞きまして、そうしようかと思ったのです…が、練習所からの流れだと、関越はタダでさえ遠くに感じられ、結局中央道、長野道、北陸道…のつもり…が、途中で高速を降りて糸魚川を通って北陸道に出て来ました。結果は上々!まあ、一般道ですから、そうは走れませんが、以前よりも道が格段に整備されていて、それなりに楽でした。この道はホッサマグナで有名ですが、結構カーブも厳しく、通るにはそれなりの覚悟が必要だったのですが、今日は一番きついところが、トンネルで何の事はなく通過してしまいました。今回、この道は普通に使える道として、認識が変わったっと言う感じですね!でも、隣に流れる川は相変わらず、迫力があります!

2005.8.15

今日は合宿2日目です。学生はみんな元気!下の写真はお昼休みにくつろいでいる1年生たちです!


夜は宴会でした…毎日??今日は餃子でした!業務用の餃子がスーパーで50個800円だったので買っちゃいました!


2005.8.14

今日から上智大学のヴァイオリン合宿です。昨日の後遺症で腕が重いです…そりゃあ一日で15曲も録音したんだから、キチガイですよね…。さて、編集にどの位時間がかかるやら…。

さすがにお盆です!河口湖まで3時間もかかってしまいました!でも、どうしてもこの時期しか時間が取れなくて…。本当だったら実家にも帰りたい子もいると思いますが…総勢33名の合宿です。ここ河口湖はさすがに夜は少しは涼しいですね!学生たちと楽しくやりたいと思います!


お昼は恒例のほうとうです!ここ(グリーンヒルズ中道)の夕食は結構美味しいですよ!

2005.8.13

今日は一日録音をしていました。ともかく、自分でまじめに録音した事がなかったので、色々なソロの曲を録りました。実際には編集してみないとわかりませんが、出来の良い曲を市販のCDにして販売できるようにしようかと思っています。しかし、マイクを沢山立てると、難しい事も多くなるようですね…伴奏のピアノとのバランスはマイクからの距離で録らなければなりません…。ともかく、初めての録音だったので、手探り状態ですが、何とか無事に終わりました。


録音ですから、格好はかなりラフです!右は伴奏をしてくれた鈴木永子さん!

左はメインマイクのショップス501Uです。右はその他…saideとAKGです。
ソロのピックアップはベリンガーのB-5です。

左はProToolsシステムです。モニタスピーカーは、昔から使っているロジャースのLS-1です。

2005.8.12

今日は、ここ2日間出かけていたので、頼んでいた色々な物が届きました…その中に先日オークションで落札したアルティックのスピーカーユニット、403Aがありました。このユニットは古い物ですが、とても良いアルティックサウンドを出してくれます。ウインズさんのウエスタン専用箱に入れて聴いていますが、素晴らしいの一言です。話によるとレンジ(再生の帯域)は決して広い物ではなく、上は12000Hz程度…しか出ていないそうです。でも、これもバランスが大切なようです。このユニットの特性は低域と高域が同じようなカーブ(かまぼこ型)だそうです。その為、音楽の大切なところを前面に出してくれる…そんなユニットなのです。見かけは何の変哲もない、黒いシングルコーンのユニット…高域をねらって、センターキャップを金属にしているわけでもないし、ダブルコーンにしているわけでも無し…。でも、元気に鳴っています!

夕方から、N響の練習所に行きました。実は明日、練習所のスタジオを借りてソロのレコーディングをしようかと思っています。ともかく凄い量の機材…搬入とセッティングだけで1時間半かかってしまいました。立てたマイクは計9本!ProToolsは最大計18chの入力が可能だそうですが、私のシステムではそのうち10chは使えるようにしました。問題は、冷房の音…録音する時だけ切ってもらおうかと考えていますが…。

2005.8.9

今日は3時過ぎにペンションウインズさんに到着しました。ともかく、スピーカーを3組アンプを一台積んで、勝駒も積んで…と凄い荷物になってしまいました。下の写真はマシュマロ焼き!


昨夜は帰ってからの事を考えてレコーディングの支度もしてきました。その機材の山は…下の写真の通りです。今回はソロの録音をするつもりなので、本当はもう少し荷物を減らす事も出来たのですが、年末にやるクラルテのレコーディングの為にマイクのテストを兼ねて、あるったけのマイクとスタンドを用意しました。古い物は高校生の時に買ったマイクスタンドもあります。メッキも剥げて錆が出ていますが、まあ使えない事も無いでしょう。そういえば、このスタンドと一緒に買ったマイク…ソニーのECM-270のペアマイクを処分しました。当時生録という言葉に惹かれて購入したものでしたが、今となってはノイズの塊でした。録音機材はビクターのKD-2というカセットデッキでした。当時のソニーではカセットデンスケが全盛の時代です。高校の演奏会を録音したりしていました。懐かしいです。今では録音機材もプロ用の物になり編集も出来るようになりました。25年経っても同じ事をやっているんですね。

2005.8.8

いよいよ明日は、ザ・キット屋さんのオフ会!乗鞍のペンションウインズさんへ行きます。最近アルティックのユニットを入れた箱はウインズさんのオーナー、村瀬さんの作品です。綺麗な木目です!米松の合板で造られているのですが、色々研究しているようで、板の厚さは12mmが良いようです。それよりも薄くても厚くても響きがおかしくなるそうです。微妙ですよね…。今回、私も変なスピーカーを造りましたが、ちょっとした事で音ががらっと変わってしまいます。考えてみれば楽器だって弦の種類を変えるだけで変わってしまうのだから、当たり前かもしれませんね…。明日は、アルティックのユニットを入れた村瀬さんのスピーカーと、自作の変なスピーカーと…余裕があったら、KEFのユニットをハセヒロさんのバックロードホーンに入れた物を持って行こうかと考えています。ついでに、自作の6BM8プッシュプルを持って行こうかと考えています。車に乗りきるかなぁ??でも結構楽しみ!

地震情報更新しました。友人から又メールが来ました。

2005.8.7

先日完成?したスピーカーですが、どうも気に入らなくて…低音があまり出ていない?そこでちょっと改造しました。スピーカーの下側は穴が空いていて、そこに3cmのスペーサーで浮かした状態でそこの板を取り付けていました。要するに下側からバスレフのポート状になるかと思ったのですが、実際は底板に当たって音を打ち消し合っているような状態だったようです。そこで、その高さをもう少し上げて音が当たる部分を平行にしないように中央に円錐形の板を付けて膨らませました。少々改善されたようで、ちょっとは聞けるようになりました。でも、まだ不満…
元々普通の箱を造るつもりはなかったので、なるべく平行面をなくすために円筒形の物を捜してきて造ってみました。あと、やるとしたら、樹脂か何かで完全に下からの出口をホーン状態にする位でしょうか…。

2005.8.5

最近造っているスピーカーがようやく形になってきました。以前から造ってみたかった無指向性のスピーカーです。ユニットはフォステクスのFF125Kです。以前はバックロードホーンに入れていたり、他のバスレフの箱に入れて使っていたりと、2組(4本)使っていない物が有ったのでそのユニットを活用するためでもありました。現在ではそれぞれの箱にはアルティックの204-8Aや405-8Hを入れて使っています。フォステクスのこのユニットはちょっと聴くとなかなかレンジは広く良いのですが、暫くすると飽きてしまう音色…高域がシャリシャリ言って耳についてくるんです。そこで、直接音が出ない構造にしてしまえば少し落ち着くのではないかと思い、こんな構造にしてみました。まだ、ちょっと低音が寂しいのでもう一工夫しようかと考えています。

アンプは自作の6BM8ppです。今日、オークションで落札した中古の東芝管が届きました。早速、このアンプに付けて聴いています。それまで付けていたソヴテックの物よりもきめが細かい音がします。色々試してみましたが、ムラードと東芝管が私は好きですね!このスピーカーは上は物を置ける様になっています!?

2005.8.3

今日は今からNHKホールで「N響ホットコンサート」です。今回は東京ジュニアフィルソサエティの子供たちが参加します。子供たちはちょっと緊張しているかな??っと言う感じですが、なかなか頑張っています。今晩が楽しみです。司会は茂森あゆみさんと高山哲哉さんです。軽快なトークで盛り上げてくれています。


いや〜今日は天気も良くて…外も超ホット!です。先日修理に出していたマイクがドイツから帰ってきたので、それを取りに出かけていましたが、大汗でずぶ濡れになってしまいました。そちらでは、あまり聴かない3chのオーディオを聴かせてもらいました。元々その為に録音された古い物でしたが、確かに2chで聴くよりも中身が充実しているように聞こえました。ステレオはある意味完成されているのかな…っと思っていましたが、けっこうまだまだのところも有るようですね!

コンサートはなかなか楽しい物となりました。アンコールの最後ではジュニアの子供たちがステージに出てきて、本日の出演者全員の演奏となりました。さらには、楽員も立てる楽器はみんな立ち上がっての演奏となりました。子供たちにとっては貴重な経験になったでしょう…。将来は、演奏旅行でも?地元のジュニアオーケストラとのコラボレーション!やる方は大変だとは思いますが、大切な事のように感じます。

2005.8.2

今日は川崎ミューザでのN響コンサートでした。明日のホットコンサートの短い版みたいな感じでしたが、結局ぶっ通しで80分…ちょっときつかったですねえ…でも、お客さんは喜んでくれたようです。お話付のコンサートはN響では年に1回あるかないかですが、お客さんに楽しんでもらう…「クラシックも楽しいな…」がクラシックファンの層を増やしていく事になるのでしょう。勿論、N響がそればっかりやるわけにはいきませんが、年に1〜2回はやって行くべきなのでしょうね…。今回のコンサートでは、N響の宣伝も兼ねているのでしょうか…ロビーコンサートと称して、実はロビーではなくステージで室内楽の演奏が「プレ・コンサート」という名称で有りました。クラルテもそこに参加しましたよ!先日のロビーコンサートと同じ、アンダーソンの「セレナータ」「そり滑り」舞踏会の美女」それにピアソラの「リベルタンゴ」を演奏しました。もう一組はトロンボーン四重奏でした。お客さんはお腹いっぱいでしょう!

友人から地震情報に関するメールが来ました!

2005.7.30

今、新千歳空港に来ています。今から東京に戻り、練習所で鈴木永子さんとソロの合せとクラルテの合せをします。東京は暑いんでしょうねえ…この4日間が快適だったので少々辛いです…。
ところでここの空港(出発待合室)には無線ランのサービスは無いのでしょうか…。ホットスポットが新千歳空港「JALVIPラウンジ」には入っているようですが、空港は出来れば何処でも入るようにして欲しいですね!


左の女性、青木調ちゃんが着ているのが今回のPMFのTシャツです。

2005.7.29

今日はキタラのコンサートホールで本番です。でも、天気は…台風のようです…。

ベルリオーズの「幻想」は練習していた時のイメージよりはかなり上手く行ったのではないかと思いました。ともかくやはり、キタラのコンサートホールは良い音していますね!素晴らしいホールです!!

コンサートが終り、外に出ると雨もやんでいて夕涼み…そして、花火でした!やはり、夏の夜には花火がピッタリですね!写真は手持ちで撮ったので巧くはありませんが、雰囲気だけオトドケ!!

その後は、本気2(マジ)というお店に行きました。同行する女性は宮里氏の教え子サンです!お店では立派なお刺身を出してくれました!殻ごとのウニは一個400円!安い?高い?ルイベ(お刺身を凍らせた物)が美味しかったぁ〜!


2005.7.28

今日も、札幌芸術の森アートホールで練習です。今、会場に行くバスの中で待機中!エクセル東急ホテルの前にいます。ここのホテルはFREE SPOTが入っているので、B-mobileでは、無線ランで繋がります。??でもFREE SPOTって名前からすると元々無料なのですかねえ…。HPのアップロードも問題なくできるし…ホテルのケーブルよりも快適です!…ホテルのランではHPがアップできないところが結構あります。仕方がないので、その場合はb-mobileカードを使ってPHS経由でアップしています。…何のための高速ネットワークなのか良く判らなくなってしまいます。

練習後は「めんよう亭」というジンギスカンのお店へ行きました。ここは、冷凍ではなく生のラム肉を使用しているとの事で行ったのですが、あまりの美味しさ!ラムは癖があると思っていたのですがとんでもな〜い!本当に癖が無く美味しい焼き肉…むしろ牛肉の方が癖があると思うくらいです!美味しかったですよ〜!

2005.7.27

友人より地震情報が来ました。

今回の宿屋はロイネットホテルです。最近はインターネットが使いたいほうだいのホテルが増えました。今日のホテルもそれが売りなのですが、ちょっと速度があまり出ていないようで、「快適インターネット」にはちょっと程遠い感じです。確かにPHSよりは速いですが…最近は速いのが当たり前になってきていますので、中途半端だと「売り」には出来なくなってきているような気がします。
そういえば、音楽の世界もそういう傾向もありますよね…。昔はプロコフィエフのバイオリンコンチェルトなんかあまり弾く(弾ける)学生は居ませんでしたが最近では高校生でも弾きますからね!教える方も大変です(^_^;)ちょっと違うか…?

さて!今からPMFの練習です。ベルリオーズの「幻想」です!結構久しぶりかもしれません!

練習は札幌芸術の森アートホールで行われました。環境は抜群!自然の中にあるホールという感じのこの建物ですが、あいにく台風の影響で雨模様…湿気が多くて…。練習は午後1時からみっちり4時過ぎまで…結構辛い物がありました…。今回準メルクル氏は新しい版にこだわり、今までにない繰り返しや、細かなダイナミックス(強弱)の事を言っていましたが、その実、音楽の中身は??っという部分も有りました。新しい版は、確かに色々な学者さんが研究の末出版している物と思いますが、その部分に何処までベルリオーズ本人の気持ちが有るのでしょうか…余りにもその部分を気にしすぎるが故に本来の部分がどこかに行ってしまう事もあります。難しい部分ですが、音楽をやる上で常に悩む要素ではあります。

っと、こちらは何も悩まない要素です!今日もお酒は美味しかった!旭川のお酒ですが「国士無双」美味しいです!

2005.7.26

今日は札幌へ飛びます。明日からのPMFのコンサートの為です。…ところが、台風が近づいてきているではないですか!元々16:00頃の飛行機だったのですが、変更になって11:00に飛ぶ事になり、只今、羽田空港に来ています。飛んでしまえば、台風から遠ざかるわけですから、問題有りませんが、飛ばなかったら目も当てられませんからね〜。

千歳には無事到着しました。台風に追いかけられる形でしたが、千歳も雨模様…今回の台風はかなり広い範囲に雨雲を広げているようです。

2005.7.25

今日は練習所で上智の学生たちに彼らがやる次のプログラムの指導…ボウイング付けをやっています。今年はベートーヴェンの交響曲第9番「合唱付」をやるようです。こりゃ大変だ!


必死に譜面にボウイングを書き込む様子…がんばれ〜!

上智のオーケストラの子供たちの指導は終り、現在は…ご苦労さん会…というか頑張りましょう会…要するに一杯やっています!


2005.7.24

今日は午前中、新調するカーテンの大きさを測りに業者の方が見えました。今回お願いするのは、ザ・キット屋さんの紹介で彼のショールームで使っている防音遮音カーテンを付けようかと考え、お願いした次第です。見かけは何の変哲もないカーテンですが、ショールームの様子ですと結構遮音してくれるようです。出来上がりは何時になるかはまだ判りませんが、楽しみです。今が、キッチンと一緒なので、食器洗い機がかかると、とても静かにオーディオを聴くという環境ではなくなります…せめて、多少なりともカーテンで分離できれば…。

午後は、殆どスピーカー作りに時間を費やしました。しかし、想像していたのとはだいぶ違う音でがっかりしたり…。エンクロージャーは円筒形ですが、その内側に鉛を貼り付けました。ところが、あまり良くありません…。吸音材も駄目でした…結局木の円筒だけの方がまだまし…でも、ちょっと気に入らない…っといつもスピーカーを上げている場所に載せたら…あれ??結構良いじゃん!!ひょんな事から解決策が見えたようです!今回のスピーカーは無指向性をねらって造りました。ちょっと離れると何処でなっているか?って感じです。何下に聞き流すスピーカーはその方が良いような気がしています。

2005.7.23

今日はN響「夏」大阪公演でした。大阪は東京よりもちょっと暑い…暑すぎ…もう、真夏のようでした。大阪には少し早めに行き、玲ちゃんに会いました!彼女は上智大学のオーケストラで初めて私が指導したコンミスでした。今はバリバリのOLです。ご主人と一緒にやって来ましたよ!ホールのそばのイタリアンレストランで1時間ばかり食事をしながらお話をしました。

今回の大阪のホールは「ザ・シンフォニーホール」でした。この会場は日本のコンサートホールの始めと言っても良いのではないでしょうか?このホールが出来てから、どんどんとコンサート用のホールが出来ました。NHKホールもそうですが、今までは多目的に使えるホールが多く造られていましたが、、最近では、このタイプのホールが増えましたね!


「ザ・シンフォニーホール」の表玄関です。


ステージの後ろ側に客席があるのは日本ではここが初めてだと思います…たぶん。

天井の反響板もオシャレですよね!前にも写真を撮って載せた記憶がありますが…。

2005.7.22

シントウさんの歌は本当に心にしみるという表現がピッタリでした。私は、彼女の伴奏は降り番だったので、楽屋ロビーの大きなモニターで彼女の様子を見ていました。モニタスピーカーを通しての声でしたが、素晴らしい事は十分に伝わってきます。彼女はアンコールを2曲歌った上に、本プログラムでやった曲を再び歌いました。彼女を知っているお客さんが多かったのでしょう、客席はかなりの盛り上がりでした。

2005.7.21

今日はNHKホールで練習でした。そこで聴いたアンナ・トモワ・シントウの歌は素晴らしかったです。もう70過ぎの彼女の歌声は年齢は全く感じない物でした。本当に素晴らしいの一言…はっきりオケの音も違います!素晴らしい歌声に間違いなく影響を受けているがよくわかりました。明日のNHKホールでの公演、明後日の大阪での公演と二回だけのステージですが、もしお時間があるかたは是非聴いてください!


2005.7.20

今日はN響の練習でした。練習は中抜けで最初と最後が出番でした。間はいつものように雑用の嵐でしたが…。帰りがけ、頼んでおいた手結びの蝶ネクタイを取りに行き、家ではスピーカー造りの工作でした。アクリル板に穴を開けるのは結構手間でした。

2005.7.19

今日は大学前期の最後のレッスンでした。まあ、色々な話をするのも彼らの為になるかと思い、夜はいつも行く台湾料理屋さんに行きました。クラルテの話を始め、色々な話をしましたよ!パソコンにあったクラルテのCDデータも聴かせました。結構面白がっていました。学生たちですからお世辞半分だとしても、彼らの様子を見ていて益々クラルテの正式なCDを出さなければと思いました。

2005.7.18

今日は鬼のように暑かったです…。外にいたら、数分で脱水症状になってしまいそうでした。まあ、夏ですから仕方がありませんが、今年は暑い夏になりそうで、今からうんざりしています…。

今日は、ちょっと面白いスピーカーのアイデアが有りまして、それを造ってみようと材料を調達して来ました。スピーカーユニットはフォステクスのFF125Kという12cmのフルレンジユニットです。元々、元気の良いユニットですが、音的にはちょっと軽すぎ…そこで、直接音は出ないように工夫した物を造ってみようと思っています。さて、どんな音がするのでしょうか!基本的に木はあまり使う予定はありません!お遊びですので、期待はせずに!待っていて下さい!巧くできたら、今度、ペンションウインズに持って行こうかと思っています!

2005.7.17

今日は朝9時半にホテルを車で出発して、東京へ帰ってきました。約16時過ぎには戻りましたので、約7時間です。連休なので車はかなり多め…特に名古屋近辺は万博に行くお客さんも多いのでしょうね…。福井から東京でこの時間ですから、今度の演奏旅行で金沢へ練習終了後に行く予定ですが、8時間近くかかるというわけです…練習後すぐに出ても到着は23時頃です…(T_T)

家に帰ると、ベリンガーのADA8000というマイクアンプが届いていました。色々なところに問い合わせたのですが、メーカーに在庫がないという返答が殆どで諦めかけていたのですが、あるネット販売のお店が手に入れてくれました。このアンプは8chのマイクヘッドアンプにDA/ADコンバーターを備えています。出力にADATという業務用のデジタル出力を持っていて、これを使うと先日導入したProTools「002ラック」にADAT経由でマイク入力を8ch増やす事が出来ます。計16chの同時録音が可能になるわけです。明日にでもセットして試してみたいと思います。

2005.7.16

今日は福井県へ来ています。車での移動は約4時間でした。ホテルで休んで今「ハーモニー福井」という会場に来ています。ここは畑の真ん中に忽然とあるホールです。音は最高ですよ!




ステージ裏では皆さんくつろいでいらっしゃいます!

2005.7.15

今日は、長岡での公演でした。昨日のうちに長岡へ入っていましたので時間的にもちょっと余裕がありました。お昼は昨晩にいった「松本」でランチを頂いてきました。950円でお刺身から焼き魚、煮物、酢の物と完璧!もう、その場で「ビール!」っと注文したくなるような内容でした…でも、本番前ですから、ご飯とおみそ汁で頂きました!…コーヒーにも付いていましたよ!
その後は本屋さんに行って、「ザ・キット屋」さんの日記にあった、「大人の科学」という雑誌?…これが、今回はスピーカーを自作する…いや、これはすごい!スピーカーユニットの自作!思わず買いました!でも、一つ2980円…ステレオにするには2つ…でも、ちょっと本までもう一冊買う気にはなれず帰ってきました。でも、中には「ユニットのキットだけを必要な方はこちらまで!」っとあったので是非!っと思って電話したら、「もう一冊買って下さい…その記載は間違えでした」だって…そりゃ無いよねえ!こういう物買う人は当然オーディオの趣味でしょ!今更モノラルで楽しんでいる人って世の中に何人いる?いや、そりゃビンテージのスピーカーでモノラル…とか、電蓄でモノラルって人はいるとは思うけど、ユニットを自作って人の中に何人モノラル派がいる?ハッキリ言って、今日2つ買ってこなかった理由は、金銭的な事もあるけど、もし2つ買ったら、これに興味を持ってくれる人が一人減るって事って事なんですよ!仮に殆ど同じ値段でも良いんですよ!一人でこの本を2冊読む事はないわけですから!凄く良い企画なのに、もったいない!…これじゃあ、造って音が出たら、1年後にはゴミ箱ですよ…ユニット一個じゃねえ…。


本番後は、ステージ関係のアシスタントをしてくれている人たちと飲みに行きました。本当に彼らはいつも良くやってくれています。私達楽員はお客様の目に留まる仕事をしていますが、実際には彼らがやってくれているおかげでコンサートが成り立っているのですよ。いつも有り難う!!

2005.7.14

今日はN響の新潟公演です。今回、車で来ていますが、途中、高速道路は例の地震の影響でかなり路面がゆがんでいました。地震の力はものすごいですね…。ロールオーバーで拡大できるようにしましたが、車線がゆがんでいるのがおわかりになるでしょうか…?

その後、無事にホールへ到着、早速写真を撮ってきました。ここのホールは凄く良い響きをしています。


コンサートは巧くいったと思います!今回は、2ndのトップサイドで弾いているので、ある意味ピリピリしたアンサンブルが面白いです!こんな言い方をすると怒る方が居るかもしれませんが、オーケストラで指揮者の一番近いところで弾いている1プルト目は凄い緊張感が有ります。勿論、オーケストラの何処で弾いていても緊張感があるのですが、一列目はちょっと違う緊張感があります。音楽のコアの部分にいると行ったらいいのでしょうか…全体に対する責任…重圧とも言えるこの部分は、それだけに面白いです!

それだけに!その後のお酒は最高に美味しいです!今回は岩井さんに長岡の「松本」というお店に連れて行ってもらいました。全て、最高でした!おいしかった〜!ごちそうさまぁ〜!



左は「松本」のご主人、松本さんです!おいしかった〜(^0^)

2005.7.13

今日は大学でレッスンでした。まもなくスケールとエチュードの試験という事で、ズ〜ッとスケールとエチュードを聴いていました。学生にとっては大切な試験ですから、色々とアドバイスをしましたよ!中には緊張してしまった時の対処法等までも教えた学生も居ました。世の中にはこの問題で結構切実な人も多いと思いますが、少しは参考になれば

…基本的には、呼吸を止めない
…緊張すると、呼吸が浅くなるのです。
…それと同時に弓を弦に置く時も一つの流れの中で
…動作を止めようとするから無理があるわけで、止めずに弾き出す
…弓を持ちすぎない
…人間の腕は活きている限り常に動く物
…つまり心臓が動いているわけだから微妙な動きがある
…これは止められない
…だから、止めようとしなければ?
…気持ちが少しは楽になるのでは?
…弓をしっかり持つのこの振動がもろに出るが、親指と中指でつまんでしまえば、多少の振動は弓がむしろ吸収してくれる

まあ、色々あるわけですが、実際に、これらのアドバイスで震えていた子が震えなくなったという事もあります。そしてその子は「こうすれば震えない」という自信を持つわけです。そうすれば、もう大丈夫!
今日はこの問題で悩んでいる人の参考になればと思い、書きました!

家に帰って、パソコンの修理…iMacをリカバリー…出荷時の状態に戻しました。大変でした…結局まだMacOS9.2のままです。使い慣れたインターフェースになってしまいます。でも、今後、よく使う事になりそうなProToolsはOSXですから、そちらに慣れた方が良いような気もしますが…。

2005.7.12

今日はオーチャードホールで本番でした。イタリアンベートーヴェン?でした。でも、聴いている方は面白かったようですよ。G.P.と本番の間には東京音楽大学のオーケストラの指導にも行ってきましたよ。

カウンターはついに150000ヒットを記録しました!そして150000ヒットの方と150001ヒットの方から連絡を頂きました!有り難うございます!早速CDを送らせて頂きますね!

2005.7.11

150000ヒットまもなくですね!皆さん!有り難うございます!ここまで来る事が出来たのはいつも見て下さっているお陰です!1999年11月11日からスタートしたこのHPも5年半を過ぎたところです…我ながら良く頑張ってきたと思います。また、私個人のくだらない趣味の話やN響の裏話、独り言状態の日記を見て頂き、本当に皆さんには感謝です!これからも、頑張って続けて行きますので、懲りずに見てやって下さい!以前にも書きましたが、150000ヒットは150000〜150002までの3名様にクラルテのCDをプレゼントと言う事にさせて頂きます!

今日はN響は明日からのオーチャードホールから始まる新潟・長岡・福井の公演の練習でした。指揮者のニコラ・ルイゾッティ氏はもろイタリア人!常にカンツォーネ状態…オ〜ソ〜〜レミ〜ヨ〜!っとベートーヴェンの交響曲第7番を弾かします!?面白いと言えば面白いのですが、ちょっと抵抗が無いわけでもありませんでした。

家に帰ると、色々な荷物が届いていました。マイクスタンドが4本、そのケースが2つ!マイクスタンドは手で運ぶ時に何本も持っては歩けないんです。ですから、何本か入るけーすが必要になるのです。これで、8本のスタンドを移動する事が出来る?楽になったのです!一昨日から、色々と録音機材の整備をしていますが、普通に8〜10chの録音をするだけなのに普通乗用車ならばトランクには入りきらない量です。そう考えるとN響の録音はもっと規模が大きいのできっとセッティングだけで半日はかかるのでしょうねぇ…。スタッフが沢山居るわけです…。

2005.7.10

今日は浦安へオケを教えに行って、帰りがけに秋葉原へ行ってきました。
昨日は、最近集めた録音機材を実際に接続してテストしたのですが、結局昔のケーブルはあまり良くないようで、この際だから全てを新しいケーブルに変えるために秋葉原へ買いに行ったのです。
もう一点…私の持っている真空管ヘッドアンプの一台がデジタルでの出力が出来る機能があります。それを使ってDIGI「002ラック」のハードウエアに直接入れてやるとあと2ch(計10ch)使える事になるので試してみました。しかし、時々「ビシッ!」っというデジタルノイズが入ってしまいます。このマイクアンプの所為かと思い、お店の人に相談したら、「それぞれの機械のクロックがシンクロしていない所為で出るノイズだと思います」という貴重な情報を仕入れる事が出来ました。インターネットは便利ですが、やはり、この手の事は専門家に聴いてみるに限りますね!考えてみれば、ヴァイオリンだって専門家に習わなければねえ!…いくらインターネットに情報があってもその情報だけでヴァイオリンが弾けるようになる事は不可能ですもんね!ちなみに、マイクアンプのクロックにシンクロさせたらデジタルノイズは出なくなりました!でも…アナログの方が音が良いような気がします…これもやはりアナログの方が良いみたいですね!
そうそう!ついさっきまで、家のネットワークがダウンしていました!最初はサーバーの所為かとも思いましたが、色々やっているうちにルーターがおかしかったようで、再起動させたら接続する事が出来るようになりました。物が多いとやる事が多くなります…!

2005.7.8

今日は、C定期のゲネプロと本番でした。間は東京音大付属高校に行ってオーケストラを指導して来ました。
定期の方は、横川さんのモーツァルトのクラリネットコンチェルトが聴き物でしょう!やはり綺麗な魅力的な音をしています!やはり楽器奏者の基本は音色…パッと聴いた最初の音が美しければそれで聴衆を魅了できるのでしょう!学生たちも是非常に意識して勉強してもらいたいところです!

帰ったら、ベリンガーのマイクとヘッドアンプのセットが届いていました。ヘッドアンプも真空管(12AX7)を使った本格的な物で、併せて約27000円という超お買い得の売り出し品をWeb上で見つけました。殆どアンプがタダっと言う感じです!このマイクは先日一組購入して使える事が判ったので、レコーディング様に用意しました。ついでにヨサゲなヘッドアンプ付でしたしね!…真空管を良い物に変えるべきか迷っています…。

2005.7.7

七夕ですね!…でも、天気は今ひとつ…。
今日も朝から練習でした。午前中にプロコフィエフのシンフォニーが終わってしまい…大学へ行って車を置いて少々お買い物…プリンタのインクを買ってきました。しかし今日は悔しかったです!私の2人先のお客さん、会計している時に鐘が「カランカラン!」レジのお姉さんが鐘を振っているではありませんか!そうなんです!今、ビックカメラでは100人に一人タダ!というキャーンペーンをやっていて、それに見事当選したわけです!よほど買うのを止めて帰ろうかと思ったほどです…。もう少し早くあそこに並んで居れば…

大学では高校生一人を見て帰ってきました。彼は高校の授業で2日後からハワイへ行ってしまうので、レッスンの変更をしてあげました。

その後家に帰り、別件で手に入れたALTECの403Aというスピーカーユニットを先日の209-8Aと入れ替えました。これが驚くほどいい音なんです!!残念ながら左右のユニットの特性の違いでしょうか…バランスを取らないと音量がだいぶ違います。でも、本当に活き活きとした良い音がしています。209は最初の頃は今ひとつ低音が馴染みませんでしたが、こちらは、中古という事もありバッチリです。普通のシングルコーンのユニットなのに高域まで綺麗に自然に鳴っています。ただ、バランスを取るためにプリアンプが必要なのは困った物です…。やはり、パワーアンプは左右独立したボリュームが良いのでしょうか…。

2005.7.6

今日も練習でしたが、午後からの練習となりました。練習の後はN響の組合の定例大会でした。今年度より私が書記長を務める事になり、色々な問題に対処していかなければならない立場となりました。この役職はハッキリ言って大変なのですが、組合員の誰かがやらざるを得ないので、暫く頑張ってみようと思っています。特に、昨今の経済状況やNHKの不祥事問題等々、良い材料は何一つ無いこの時代です…。何とか仲間の不利益に繋がるような事は回避するように努力していきたいと思っています。

大会後は、N響団友(OB)の方を迎えての親睦会でした。先輩たちは元気です!先輩たちからも将来のN響についての話を沢山聴きました。

2005.7.5

今日はN響の練習でした。プロコフィエフの交響曲第5番の練習でした。久しぶりのこの曲でしたがやはり面白い曲ですね!
練習後は大学へオーケストラの指導とレッスンでした。…ちょっと疲れた…。

帰ってからは昨日完成したPCL-86シングルアンプでアルティック209-8Aで聴いています!良い感じ!

2005.7.4

今日は、午前中、アンプを完成させ…でも、試しに電源を入れたところ…ヒューズが飛んだ!その後、高校へオーケストラの指導に行って、大学生の室内楽をみて、帰って、しくじったアンプの修理をしました。配線には間違えはないし…たぶん…どうやら、トランスの端子がシャーシのそこに触れた為だと思われます。無事、完成して今は良い音で鳴っています!早速制作記事を載せました!

2005.7.3

今日は秋葉原へ行って、マイクケーブルの修理用の部品と、春日無線のPCL86(14GW8)のシングルアンプキットを買ってきました。これは以前からちょっと興味のあるアンプで、ともかく安い!14900円(税込み)出力は1W程度のようですが、チョークトランスも使用した本格派です!ようやく7割ほど出来たのですが、ともかく、久しぶりにシャーシの加工から始まりましたから時間がかかりました。たぶん、明日には完成するでしょう!

2005.7.2

今日は、附属高校へ行って、総合コースの子供たちに私の演奏を交えながら、お話をしてきました。彼・彼女らは特に専攻という物が無く、ある意味凄く自由な勉強をしているのですが、今までの音楽が専門職という考えからすると全く新しい考えでこの講座が始まったようです。音楽は好きだけど、まだ、何をするか判らない…普通は高校生くらいだと、そういう子が殆どではないかと思いますが…。今までは音楽大学や音楽高校は専門的にやるのが目的で入学してくる子供たちが基本だったので、これはある意味凄い発展のような気がします。専門職はその専門で成功しなければ終りです。でも、一つの専門だけではなく複数の専門…言葉は悪いかもしれませんが、広く浅く…その為に、それぞれの専門家では出来なかった事…専門と専門の間に何かが出来る可能性があるわけです。彼らの前で話した内容でもありますが、漫画家「手塚治虫」が医学の勉強をしていたからこそ出来たのが「ブラックジャック」な訳です。彼が、その道の勉強をしていなかったら決してそういう物は書いていなかったでしょう…。そう考えれば、私が今日、パソコンをいじって皆さんにHPを通して色々な情報を発信しているのも、中学時代に電気屋になりたかった私がいたからこそだと思います。ともかく、二つ以上の好きな事を見つける事、そうすればその間の事でエキスパートになれるチャンスはいくらでもあるのでは…そう、学生たちに、伝えてきました。

2005.7.1

ギエ〜!今年も折り返してしまった…。っとこうしてどんどん年を食っていく…。いやだな〜。まあ、仕方がない事ですけどね…。
今日は、東京音楽大学附属高校へ行ってオーケストラの指導をしてきました。今回モーツァルトの23番のピアノコンチェルトをやる事になりました。良い曲ですね…でも、それを子供たちにイメージを持たせ演奏させるのは結構難しいです。モーツァルトは感情だけで押し切れる曲ではないので、常に細かな音色感、それを表現するための技術を平行して指導しなければ上手くは行きません…自分が彼らくらいの時に興味があったのはむしろ古典ではなく、ストラヴィンスキーの「春の祭典」や「火の鳥」のような近代音楽でした。そして彼らも個人のレッスンでやっている曲もプロコフィエフのような近代作品だったりするわけです。その中で、美しいけれども刺激的ではないモーツァルトの指導は、彼らの興味を持たせる部分でも難しいのです。

先日、購入したマイクのご報告です!今日、オーケストラの指導の後は室内楽の発表会でした。前期で、2つのグループがそれぞれ勉強してきたものを発表したわけです。それを、ベリンガーのB-5というマイクを使い、パソコンで録音してきました。なんと言ってもパソコンで録音するメリットは、すぐに編集が出来て、すぐにCDに焼けるという事ですね!今日も録音して担当の先生にCDを焼いて渡してきました!

このベリンガーB-5(Behringer B-5 は値段の割にはかなり優秀なマイクだと思いました。カプセルも、単一指向性と無指向性の二つが付属して、価格は安いところでは1万円しないんです。ただ、ファンタム電源が必要なので、マイクヘッドアンプにはその電源を供給できる機能がないと使えませんが…。このマイク、使えそうですよ!変な、エレクトリックコンデンサーマイクを買うのならば、候補に入れても良いと思います。

2005.6.30

今日は、野暮用でN響の練習所に行ったりしていましたが、帰ってからは井上君のアンプ修理の仕上げをしていました。ハムノイズが多少あるのはシングルアンプですから仕方がないと思いますが、元々のヒーター配線はねじってありませんでしたので、多少は良くなるかと思い、いったん配線を外し、ねじってから付け直しました。ところが、今度は右チャンネルから変なガサゴソ言うノイズが…この間は左から出たので関連する場所はハンダをし直したのですが、今度は右です…左にノイズが出た時についでにやっておけば良かったです…。ともかく今回は、自作にしてもキットにしても、最初から造る方がよほど簡単だという事が判りました…注意しながら部品を外す事は無いわけですからね…。でも、井上君が喜んでくれれば、そんな苦労はどうでも良いです!何でもそうですが、自分が何かをして人が喜んでくれる事ほど、自分が幸せを感じる事は無いと思います。…ちなみに、今、井上君のアンプはいい音でジャズを奏でています!

2005.6.29

今日は大学へ5人ばかりレッスンをしてきた後に、いつものきときとに行って先日のロビーコンサートの打ち上げをやって来ました。呑む理由派ともかく、相変わらず美味しかったです!本当にピアノの金崎さんにはお世話になりました!感謝感謝!

2005.6.28

今日は、N響はお休みですが、午前中に大学で来月2日にやる付属高校生…それも、音楽総合コースという専攻の子供たちが対象にやる、トークコンサートの練習をしてきました。曲はいつもやっている曲なだし、伴奏はクラルテのピアニスト、鈴木永子ちゃんだから全く心配する事はないのですが、問題は何を話すか…。彼ら・彼女らにとって、どの様な話がもっとも役に立つのか…難しいです!

2005.6.27

今日のコンサートは本当に面白かったです。山下洋輔さんのピアノコンチェルトは特に和太鼓とのセッションの部分が最高でした!ホルストの惑星も最後の合唱、本当に綺麗でしたよ!子供たち…と言っても中学・高校生ぐらいの子供たちでしたが、この曲のイメージには女声合唱よりも私は合っているような気がしました。

家に帰り、井上君のアンプ修理!昨日の夜はケースを付ける時に真空管の頭を叩いてしまったようで、ピンのところにクラックが入ってしまいました。おかげで真空管の中に空気が入ってしまい、一本駄目にしてしまいました。残念!


空気が入ると頭の銀色のところが真っ白に…突然白髪のお爺さんになったようです…。

2005.6.26

今日もN響の練習でした。明日、初台のオペラシティのコンサートホールで本番ですが、かなり面白そうです。今回、ホルストの惑星をやるわけですが、最後に出てくる合唱は女声合唱ではなく児童合唱(女の子)の団体です。いつも思っていたのですが、この女声合唱は神秘的であって欲しいはずなのに、女性らしさを感じてしまっていました。でも、今回、子供たちが歌う事で、むしろ神秘的な感じが表現できているような感じがします。個人的には児童合唱賛成です!

帰って、井上君のアンプの改造・修理です。ボリュームは死んでいたし、入力端子は一系統、おまけにモノとステレオの切り替えスイッチがある!ハッキリ言ってこのスイッチ、今では必要ないのでは??従って、入力を2系統に改造…板金加工が大変でしたが、何とか入力端子を増設できました!あとは、電源関係のコンデンサを付け増し、カップリングコンデンサーをフイルムコンデンサに交換…音を聴いたら…良いのですが、時々ガサガサノイズが…こりゃ、他のコンデンサも買えなきゃ駄目かな…。


コンデンサ関係を交換しました。


左は昔のスピーカー端子…いわゆるネジ止め、今回はバナナプラグ使用可の端子に交換…
ついでに入力端子も2系統に!

2005.6.25

今日はN響の練習でした。ホルストの「惑星」と山下洋輔さんの自作自演のピアノコンチェルトの練習でした。惑星は時々やる曲ですが、面白い曲ですね。山下洋輔さんのピアノコンチェルトはある意味ジャズっぽい現代曲でした。いや、これが難しいけどかなり面白いです!今回はこれが聴き物ですね!あすも、練習です!少し早めに行ってさらわなくては…。

家に帰り、今日はファゴットの井上君から預かっていたアンプの修理を始めました。中は6BQ5 のシングルアンプです。三栄無線のキットだと思います。結構古い物で、この頃の部品はさすがにスピーカー端子もネジ止めで使いにくいので、最近のバナナプラグを使えるように改造して上げようと考えています。取り敢えず、交換用の部品を造りました。アルミ板に穴を開けるだけですが、これが気を付けないと思いっきり手を切る事があります。今日も軍手をしっかりしての制作でした。3mm程度の穴でしたら問題ないのですが、それ以上の大きな穴を開けるのはドリルの回転で、アルミ板を持っていかれる事があるのです。軍手は必需品ですよ。

2005.6.24

最近、便利に使ったサイトですが、Yahooの翻訳サイト、これは便利です。精度はそこそこかもしれませんが、気軽に使えて、ちょっとした英文のメールだって送れちゃいます!でも、ショックだったのはMacの古いOS環境…マイクロソフトのインターネットエクスプローラーを使う上でOS.9ではもう相手にされないようです…。勿論OS.Xでは使えるので、ここ数年でパソコンユーザーになった人は問題ありません。ただ、私の場合はOS.9を使い慣れていると言う事もありますが、どうしても古いOSでないと動かない、現在も使っているソフトが一つだけあります。まあ、最近のソフトを勉強し直して乗り換えてしまえば良いのですが、なかなかそうも行きません…覚えている暇がないのです…新しい事をやるために覚えるのならばともかく、今まで出来ている事を全く違うやり方で覚え直して作業する時間があるくらいならば、前のソフトで新たな物を造る事が出来る…そう思うとなかなか手が着きません…これって、もう年って事かなぁ…。

地震情報更新しました。

2005.6.23

今日は珍しく一日お休みでした。もっとも、溜まっていた雑用で一日終わったような気もしますが…。209-8Aを入れたウエスタン専用箱は昨日今日と約一日中鳴らしていました。本当に馴染むまでに時間がかかるユニットのようです。毎日ならしても2〜3週間はかかるのではないかと…もっとも、色々なアンプに取り替えて遊んでいますので、いくら時間がかかってもそれなりに楽しんでいますけどね!今日はトライオード社の300Bパラシングルでしばらく鳴らして同じくトライオード社のKT88シングルアンプで現在鳴らしています!このKT88シングルアンプは私が初めて造った真空管アンプですが、いい音で鳴っています!本当に真空管のアンプは、それぞれ音の性格は多少違う物の、基本的にはみんな良い音がするような気がします。

2005.6.22

今回のB定期をお休みさせて頂いた関係で、趣味に走っているここ数日…そうでもないか…え?いつもだって?まあ、否定は出来ませんが…っと今日も趣味のお話!ついに、今朝ウエスタン専用箱が到着しました!早速昨日到着したアルティック(エレクトロヴォイス)の209-8Aユニットを箱に入れて聴いてみました!ウ〜ン!なかなか良いですよこれ!最初の第一声はちょっと低音が伸びが無く堅めでしたが、1時間もすると徐々に自然な感じに鳴ってきました。10cmのユニットの時もそうだったのですが、少なくとも2〜3週間は鳴らさないと本当のあたりが出てこないと思われます。でも、明らかに抜けの良いアルティックサウンドです。見た目は写真でもおわかりになると思いますが、米末の美しい木目が素晴らしいです!この箱は、最近のガッチリとした箱のように余計な振動はさせないようにしている物とは違い、積極的に振動を止める事はせずに自然に箱を鳴らしているというイメージです。私はこの鳴り方は好きですね!ただ…問題はこのスピーカーを何処を定位置として置くか…物が多すぎて…。

アンプはELEKITのTU-879Rで鳴らしています。元々は6L6GCのアンプですが色々と付け替える事の出来る便利なアンプで最近まで350Bという球で聴いていました。でも今日はソヴテックのEL34(6CA7)…やはり最近オークションで落札した球で聴いています。

2005.6.21

お昼近くにアルティック(エレクトロヴォイス)の209-8Aユニットが到着しました。早速中を見たら…素晴らしいコンディション!真ん中がWコーンになっているのがおわかりになります?縁までキッチリしています。本当に新品状態でした。箱がなければちゃんと鳴らない事は判っているのですが、一応アンプに繋いでみたところ、完璧でした!聞こえてくる高音はまさにアルティックです。明日、ウェスタン専用箱が到着するようなので、早速試してみたいと思います。

今日はオーケストラの指導で大学へ行きましたが、丁度室内楽の授業の組み合わせが発表されたところで、1年生の6名が私のところへやって来ました。彼女らは全てヴァイオリン専攻なので昨年やったように私のヴァイオリン3重奏や6重奏をやってもらおうかと考えています。その、譜面のコピーを自宅のコピー機で取ったのですが、自動的にソートしながらコピーを取ってくれる機能がこんなに便利な物とは知りませんでした。要するに、オリジナルの譜面…つまり、A4のコピー用紙にパソコンから印刷した物を揃えて載せてスイッチを入れると自動的に全てコピーしてくれるのです!いちいちふたを開けて原稿を入れ替える手間がないのです!ついでにスキャニングして、パソコンに取り込んで次回の時にはパソコンから全て印刷できるようにしました。便利な世の中になった物です!

2005.6.20

久しぶりにYahooオークションで落札しました!アルティック(エレクトロヴォイス)の209-8Aという20cmのスピーカーユニットです。私のオーディオ歴では20cmのユニットは高校生の時に作ったコーラルの8F-60というユニット以来です。基本的に小型なユニットを使い続けてきました。アルティックの405-8Hや204-8Aと言う10cmのユニットを使いスピーカーを組みましたが、アルティックの音は決してレンジが広いわけではなく音に独特の色合いがあります。これが嫌いな人もきっと居ると思うし、これじゃなければ駄目って人もいると思います。正直言って私も初めて405-8Hの音を聴いて???っと思いました。それまでフォステクスのユニットを入れて使っていたのですが、レンジ感は狭いしバサバサした感じだし…クラシック、特にオーケストラを聴いた時に感じた印象ですが、とても聴けない!っと思ったのですが、徐々に鳴らして行くとこれが変わって行くんですね〜!特にジャズ…私はアンドレ・プレビンのピアノとダビット・フィンクのデュオしか聴きませんが…を聴いた時にはアルティックのユニットの方が全然面白い!演奏者の存在感が前に出てくるようです。一度、フォステクスのユニットに戻した時があるのですがその時は「ウン!この方がレンジも広いしオーケストラも再生できる!…??あれ〜音は聞こえるけど面白くない…」それ以来フォステクスのユニットは在庫として2組寝ています…。今回20cmのユニットに興味を持ったのはザ・キット屋さんのショールームで408-8Aをウィンズの村瀬さんが造ったウエスタンの専用箱に入れたスピーカーを聴いたのが切っ掛けでした。このユニットも405-8Hや204-8Aと同じ傾向の音でさらに低音が豊かになった感じでした。さて!209-8Aはどんな音がするでしょうか!楽しみです!

2005.6.19

今、浦安シティオーケストラの指導で浦安に来ています。午前中はMacと戦っていました!今年2月の堀江さんのコンサートの時に録音した物を再びCDに焼いていました。今回はMac miniを使って居ますが、現在メインで使っているマシンの10分の1以下のサイズで性能は上だって言うんですからやんなっちゃいます…。先日もあるコンサートでこのMac miniを使ってハードディスクレコーディングしてきました。ProToolsの002Rackを使って4chマルチトラックで収録してきましたが、調子よかったです。ただ、荷物は今までの録音機材の5倍近くの分量に…大小のトランクが5つにマイクスタンドが3本…さすがに閉口しました…。そうそう…この時に発覚したのですが、いつも使っているショップスの501Uというワンポイントマイクの片チャンネルにノイズが…音がある時には殆ど気にはならないのですが、無音から小音量の時に片方のチャンネルが「シー…」というノイズが載るようになっていました。まあ、購入してから何もしていないのでオーバーホールもかねてこのマイクを買ったところへ持って行ったところ、なんと本国(ドイツ)送りになってしまいました…。まあ、最近使う予定は無いので良かったのですが、いったい修理代はいくらかかる事やら…。おまけに大丈夫だと思っていたもう片方のチャンネルもおかしいとの事…。「物は必ずいつか壊れる」というのはついて回る事ですが、物が多い私の周りではしょっちゅう色々な物が壊れるわけで…なんか年がら年中、色々な物を修理をしているような気がします。

2005.6.18

きょうは中学時代の学年全部の同窓会でした。私のいた3年A組は比較的頻繁にクラス会をやっていたので出席率はかなり高かったのですが、クラスによっては出席した人が少ないところもあったようです。それでも総勢60名ぐらいは集まったようです。幹事さんたちご苦労様でした!


2005.6.17

今日はMTの本番でした。勘定(小説を数える)するのが大変でしたが面白いコンサートだったと思いました。ちょっと大きな紙の帯?を引っかけているワイヤーが大丈夫かどうか心配でしたが、無事にコンサートは終わりました。タン・ドゥンの作品は曲と言うよりパフォーマンスの要素が強かったとは思いますが、やっていても面白かったです。

2005.6.16

今日は本番の会場のオペラシティ…コンサートホールでのリハーサルでした。タン・ドゥンの作品に午前中かかりました。昨日同様、紙の垂れ幕?が3枚下がっています。


携帯で撮った写真なので、少々何はありますが、雰囲気は判るでしょうか?下の写真中央が作曲者のタン・ドゥン氏です。右上は実際にその紙の垂れ幕を使っての動作の指導?タン・ドゥン氏自身が帯の端を持ってステージを動き回っている様子です。もう一点、動画を撮ったのですが、HPでは上手く再生出来ないようです…。何とか見れるように変換できればと思うのですが…。

練習後は先日ちょっと異常に気づいたショップスのマイクを修理に出しに行きました。今まで、MSという方式で取っていたので気づかなかったのですが、XY方式…いわゆる一番シンプルな録り方にしたところ、方チャンネルが妙にノイズが多い事に気づいたのです。結構長年使っていてオーバーホールもしていなかったので、この際だから、調整してもらおうと思ったら、本国送りの大修理になりそうです…少々ショックです…。

2005.6.15

昨日からN響のMT(ミュージック・トゥモロー)の練習が始まりました。毎年恒例の現代曲の夕べですが、今回はタン・ドゥンの指揮で彼の作品「ペーパーコンチェルト」を演奏します。前半は望月さんの作品と国枝さんの作品…こちらはN響が委嘱した作品だそうです。ただ、大がかりなのはタン・ドゥンの作品です。紙を叩いたり破ったり吹いたりと忙しいソリストが3人、ステージの上で活躍する作品です。下の写真は練習所の天井から巨大なトイレットペーパーのような紙の帯を下げているところです。これは本番を見て頂かないと…説明しきれないです〜!

2005.6.12

今日はA定期演奏会2日目、ロビーコンサートは最終日でした。やはり定期公演の前に、ロビーコンサートがあるとかなりきついですね…。ロビーコンサート、次回は何時になるか判りませんが、時々はクラルテで参加したいと思います。

2005.6.11

今日はG.P.と本番とロビーでした!G.P.は11時から始まり1時頃まで…その後、ヤマハへ向かい、例のProToolsの以前使っていた方のカードをヤマハの担当の方の所へ持って行きました。その後、キャノンのケーブルを買い、ビックカメラへ行って増設用のハードディスクを買ってきました。ハードディスクレコーディングに使うつもりなので、Macの形式でフォーマットしました。
コンサートの方は、大成功!今回のヤルビーさんのシューマンは自由性のあるシューマンだったと思いました。いままで、N響はサヴァリッシュのシューマンが基本になっていたので、聴き方に寄れば斬新ですが、かれのシューマンは素晴らしかったです。
明日はいよいよロビーコンサート最終日!がんばります!

2005.6.10

今日もN響の練習…でも、NHKホールでの練習でした。やはり、練習所でやるより、本番の会場で練習できるのは良い事だと思います。現場に行ってから音響の具合で色々と変更しなければいけないという煩わしさが無いわけです。
練習後は大学へオケの指導で行ってきました。メンデルスゾーンの弦楽のための交響曲を題材に1年生がアンサンブルの基礎を勉強していました。大切な事が沢山あるので、是非色々と習得して欲しい物です。

そろそろ、15万ヒットが近いですね…。嬉しい限りです。これも皆さんが良く観て下さっているという事です。有り難うございます。今回も、恒例で150000〜150002までの3名様にクラルテのCDをプレゼントさせて頂きます!前回は申し出のあった方はたったお一人でした…。今回は是非、注意して観て頂きたいと思います。

地震情報、アップしました!

2005.6.9

今日はN響はA定期の練習でした。最初にトゥールの作品…現代曲ですが…私は良く判りません??…この手の曲は演奏を聴いているお客さんの方が面白いのでは??と言う感じでした。お次はシューマンの交響曲第3番、これはシューマンの中では比較的好きな曲です。やはり、シューマンはサヴァリッシュの印象が強いので、ニュアンスがちょっと違うだけで、一瞬迷ったりしてしまいます…。でも、もうだいたい慣れましたが…。
練習後は秋葉原へ!マイクケーブルを作るためにコネクタの部品とケーブルを買ってきました。今度のザイデのマイクはケーブルが特殊な7ピンのコネクタに6芯シールド線を使っています。この規格はその辺では売っていないので自分で作るしかないのです…。
明日はN響、NHKホールでの練習です。

2005.6.8

今日は大学へレッスンに行っただけでした…。でも、以前、ヤマハに頼んでおいたProTools LEという新しいハードとソフト…録音用のインターフェースの付属したソフトを渋谷まで買いに行きました。以前からこのProTools LEは使っては居たのですが、以前のものはデスクトップのMacにカードを追加して使う物でしたが、今回のはそのバージョンアップサービスがあったので、「002ラック」という機種に交換しました。前のバージョンは録音は2chステレオが限界でしたが、今回の物は8ch同時録音…工夫するとそれ以上になるようです。これで、先日購入したマイクが活きます。もっとも最小の録音方法として、センターにステレオマイクを置く方法がありますが、これにアンビエンスマイク…残響やその空気感を収録するマイクを2本合計4本で取る方法があります。今回の録音機(ソフト)を使うとこれが出来るんです!将来的にはクラルテで、まじめに録音してCDをリリースしたいと思います!出来たら皆さん買って下さいね〜!

2005.6.7

今日は岡山を8時過ぎののぞみに乗って東京に戻り、大学のオケを教えに行きます。丁度、新幹線の出発時刻までに余裕があったので、岡山駅構内の「HotSpot」で接続、Upしています。速い速い!

新幹線に乗ると、座席が16E…もしかして、又一番前でコンセットがあるかな?って思ったら、一番前は18Eでした…ざんね〜ん!今度から、指定してみようかな!っと言うわけで、今はバッテリーで動かしています。ネットへの接続はB-mobileのPHSです。山陽新幹線はトンネルが多いのでしょっちゅう切れていますが、パケット通信なので、電波をキャッチすると途切れていた接続を自動的に継続してくれるので、繋ぎ直したりする手間がありません。さすがに200km/hで走っているとデータ転送は不安定ですが…。

新幹線の中で色々と調べていたら、昨日のお店「盗っ人酒屋」さんのHPを発見!5月24日にリニューアルオープンになったようです。

東京へ戻り、練習所に置いてあった車に乗って大学へ!オーケストラを教えて5時過ぎから会議…終わったのが8時近く…。もうヘトヘトです…。

そうそう!もう一件!先日購入したsaideというマイクですが、数日前にある練習で試しに録音してみました。見かけはかなりケバケバしいマイク…黒のボディーにマイクの部分がキンキラキン!でも、音は太い落ち着いた良い音がします。やはり、ヘッドアンプに真空管(12AX7)を使っている所為かもしれませんね…。お気に入りのマイクになりそうです。

2005.6.6

今日はN響岡山公演です。今、新幹線に乗ったところですが、丁度座った席が1番E席(一番いい席?)でパソコン用の電源が取れるようにコンセットが付いていました!最近のパソコンはバッテリーの持ちもだいぶ良くなったので、昔ほどは心配しなくて済むようにはなりました。予備のくそ重たいバッテリーを鞄に入れて、それでも2時間とか言う世界でした…初期のMacなんかは末期的状態だと10分…しかし、こうやってコンセットがあると安心してパソコンを使えるので嬉しいですね!それこそ、DVDを観ながらでも「旅れる」わけですから!

岡山駅に到着して、お昼ご飯…永野さんの頼んだ担々麺…ここは四川料理の店…スープを一口もらったら…滅茶苦茶辛い!大汗をかきながら、必死に食べていました!


岡山でのGPは響きになれるためのG.P.でした。でも、ここのホールは良い音していると思いました。
コンサートは良かったと思います。さすがに3回も本番を重ねると、安定してくる物です。

そして、下はその後の宴会です。





本日の打ち上げ!お店は「盗っ人酒屋」さんです!
こちら、ハッキリ言って安くて料理は旨い!9人で相当呑みました!
甘鯛の一夜干しなんか絶品!お刺身はカマトロ!最高!ごちそーさま〜(^<>^)〜

2005.6.5

今日は、「ザ・キット屋」さんの試したが、初めてまともに聴いたのが、アルティックの大きなモニタスピーカーでした、凄く余裕のあるいい音がしていました。しかし!残念ながらわが、ウサギ小屋には全くそのスピーカーは置けないのです…。アルティックはある意味HiFi的ではない素晴らしい鳴り方をすると感じました。
それと、もう一点、今回のフェアで素晴らしいという噂になっていたのが2A3のPPアンプ、VP-2000だそうです。そんな事を言われると、作ってみたくなっちゃいます!




右下はペンションウインズの村瀬さんです。

2005.6.4

今日はロビーコンサートのGPを12:30からやって、ロビーコンサートの本番は14:15からやりまして、定期演奏会は15:00からでした。さらに18:00には大学へ行って3人ばかりレッスンをしてきました…。少々お疲れ気味です。
ロビーコンサートは今まで経験した事のない様なお客さんの数でした。顔がびっちり並んでいる!って感じでした。たまにはこの手の楽しい曲も良いのでは?やって良かったです。しかし、今回のロビーコンサートは、色々な方々…特にN響のスタッフの方々や、ピアノを搬入する事でお世話になったヤマハの方々の協力があって初めて出来たコンサートです。感謝!感謝です!お客さんも喜んでくれていました!私がマイクを片付けている時に野球帽をかぶったお客さんが、「今年最高のロビーコンサートでした!」なんて言ってくれたのが凄く嬉しかったです。

2005.6.3

今日はC定期のG.P.の後はロビーコンサートのG.P.があり、ロビーコンサートをやって、C定期の本番でした!やはり、ロビーコンサートは疲れます!3日前にも書きましたが、プログラムはかなりくだけたプログラムでした。お客様の様子を見ていたら、結構面白がってくれたような気がします。クラルテはあまり難しい事を考えずに単に楽しんで頂ければ…っと思います!あと3回!皆さんに毎回楽しんで頂けるよう頑張ります!

2005.6.1

今日は定期の練習2日目でした。午前中はラフマニノフの練習でしたが午後はシューマンのチェロコンチェルトの練習でした。こちらは私は降り番(今回ロビーコンサートがあるので降り番にしてもらいました)だったので、ロビーコンサートの譜読み・・・いつも弾いている曲ですのでそれほど大変ではないのですが復習の意味でさらっていました。その後みんなでロビーコンサートの練習をして、その後はホルンの大野さんのご苦労さん会に出席していました。大野さんは国立音楽大学の教授になるそうで、N響は定年前におやめになることとなりました。正直言ってちょっともったいない・・・というよりまだまだ演奏活動でいけるのでは?という気持ちがあります。勿論、後進の指導も大切なことだし、大野さんならばたくさんのすばらしいお弟子さんを輩出させることが出来ると思いますが、私としては少々残念です。