富山県「こきりこ節」
クラルテのレパートリーの中には日本の作品も数曲あります。その中でも結構良い出来かなと自画自賛しているのがこのアレンジです。ご当地の方が聞いたら顔をしかめられそうですが現代ではこんなのもありかなと勝手に思っています。

この曲の前に「おわら節」を頼まれて書いたのですが、これはさすがに困りました。おわら節のテープをもらったのですが、なんともならないメロディーラインで、結局静かなはずのおわら節をドンちゃん騒ぎに仕上げてしまいました。これはさすがにちょっと反省・・・。