【「英夢見楽」について】

♪♪♪ 最新情報 ♪♪♪

  • 著者への講演のご依頼をいただくことがときどきあるので、どういう形であればお引き受けできるかをまとめてホームページに掲載しました。詳しくは下記をご一読の上、そこからリンクしてあるメールフォームからお申し込みください。
    → 【講演/懇談会のご案内】  
    (15.07.22記)

  • 往年のベストセラー『英語屋さん―ソニー創業者・井深大に仕えた四年半』(集英社新書)の著者が隔週ビジネス誌『財界』に連載してきたコラム「英楽通法」の一部を再編集した単行本『英語で夢を見る楽しみ』が財界研究所から発売されました。
    (14.06.28記)

〔英夢見楽への改題について〕 (14.08.05 追記/15.06.23 加筆)

 長年にわたって慣れ親しんだ「英楽通法」というタイトルを単行本の書名に合わせて、連載第315回(2014年8月5日号掲載)をもって「英語で夢を見る楽しみ」と改題しました。ただし、筆者のホームページとブログ「なるほど!訳語発見」上では単行本の『英語で夢を見る楽しみ』と区別するために、連載のほうは「英夢見楽」と略して呼ぶことにします。

 単行本ともども、引き続きご愛読くださいますようにお願い申し上げます。

 なお、単行本に収録されていない旧「英楽通法」の一部は「英楽通法アーカイブズ」として「英夢見楽」とともに再掲載してあります(左列のインデックスを下のほうにスクロールすると出てきます)。

〔英楽通法の由来〕

 「英楽通法」は、隔週刊ビジネス誌『財界』の2001年7月10日号から今日まで長期にわたって続いている連載コラムです。英語表現を毎回ひとつずつ取り上げながら、社会評論やら折々の随想やらを自由に書かせていただいております。

 連載タイトルの由来となった永楽通宝という貨幣は、明で鋳造されたものでありながら、室町時代から鎖国以前の日本でも広く流通した当時の国際通貨です。これからのグローバル化時代に向けて広く使える英語を身につけようとする読者の皆様にとって、何かひとつでも「語がしく(に)じる方」のヒントになればと願って書いてまいりました。

 バックナンバー掲載分は随時、このウェブページに転載しています。左のインデックスから記事の見出しをクリックするとお読みいただけます。

〔英楽通法の沿革〕

● 著者(浦出善文)について

● 『財界』誌のウェブサイトはこちら


電子メール* urade_translator_writer@yokocho.org

※掲載日:2001年7月25日/最新更新日:2016年4月2日
※このページの無断複写・転載は固くお断りします。
All rights reserved by Y. Urade.