歯牙移植 症例のページ Tooth transplantation Case 7

(患者 17 才 女性)

右下第一大臼歯は保存が不可能でした。通常は抜歯をして両側の歯牙を削ってブリッジにて修復するのが一般的でした。しかしこの歯冠長でいかに精度を良くブリッジを装着しても果たして何年脱落せずに機能できるか?

智歯は正常位で埋伏していましたが、第一大臼歯の崩壊は著しくスペース不足のため第二大臼歯を遠心に移動しています。

右の写真から第二大臼歯が整直しているのがわかると思います。


左の写真は手術直後、中央と右は6か月後の写真

咬合は安定している。またこの歯牙は第一大臼歯と全く同じ形態をしているので,外見上智歯であったと認めるのは困難かと思う。


次の症例次の症例

Backto Transplant Page

Backto Home Page

ToE-mail

</HTML>