症例 17 
重度の歯周病をが見られた症例への移植




ブリッジ が会わない
[最近歯を抜いて左下ブリッジを入れたが高くて会わない、どうして も移植治療で直したい。」
と言うことで来院(2007/03/07)  33歳 


現在写真を発掘中。

歯周病が全顎にわたっており、「歯周病の治り具合をてから、移植をしましょう」
と言うことで治療開始



下の写真は2007/05 写真
 右下移植完了


 移植完了後の写真
移植に当たって ガマの脂 の 生物製剤は使用していません。


下の写真は20087/041(1年後)写真



本人の希望は「せっかくきれいな白い歯が植わったのに削ったり、かぶせないでほしい」
とのことで歯髄処置は行っていない。
にもかかわらず、根尖病巣もなく歯槽骨はしっかりと出来ており動揺も無い。

一般に、歯随処置をしないと脱落してしまうと言われているにもかかわらず。
何故問題もなくこのようにしっかりと完治するのかは、私には専門外です。
「病理学の先生に質問して下さい。」

患者さんの努力の甲斐があって、全顎に在った歯周病も治癒に向かっています。
 

      

 


 


   

                         





 

 



 


次頁