マウスピース矯正
インビザライン
 
インビザラインは、1997年、アメリカのアライン社により開発された矯正装置で、現在、米国、カナダの矯正医の約7割がこのシステムを用いて治療を行なっております。現在では、世界中の歯科医療機関で取り入れられており2006年の段階で、受診者は50万人にのぼり年々増加を続けております。

  従来のブラケットやワイヤーを使用する矯正装置と違い、装着していても外見上ほとんどわかりません。特に自分で脱着できる事が大きな特徴で、食事も歯磨き もいつもどうりできます。従来の矯正装置が目立つということで治療に踏み切れなかった患者さんにとっては有効な装置です。
インビザラインを知人に
「間違いなく薦める」
もしくは
「薦める可能性が高い」
と回答した患者様の比較

 

インビザライン治療に
「極めて満足」
もしくは
「非常に満足」
と回答した患者様の比較
隠していませんか?自分の笑顔。
 

インビザラインのメリット

(1)透明感があり、装着していても目立ちません。
(2)装置は取り外せるため、いつもと変わらない食事ができます。

(3)食事歯磨きの時に取り外し可能なため、衛生的です。

(4)矯正装置の装着による不快感が軽減されます。

(5)金属アレルギーにも対応できます。

(6)アニメーション動画を通じ、歯移動を事前に見ることができます。


インビザラインの注意事項

(1)症例によりインビザライン単独の治療ができない場合があります。
  (その場合はインビザラインを装着する前後に通常の装置での治療が
  必要となります)

(2)食事や磨きの時に装置を取り外す手間がかかります。

(3)取り外しの式装置のため、患者様の協力度により治療結果が
  左右されます。

(4)他の矯正装置よりコストがかかるため治療費が高くなります。

(5)第二大臼歯(12歳臼歯)が生えてないと治療ができない。


 
 
 
 
インビザライン説明ビデオを開く