社会保障制度関連

年金・雇用と社会保障制度shahoshou
社会保障制度関連shakhshou\shahosho.htm
社会保障包含の論理 排除の論理
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/shakhshou/shakhghj.htm
社会保障制度と行政の肥大化

行政の刷新と国民の協力

人口当たりの病床数 診察回数が多い OECDの審査報告より
社会的入院 療養病床 一般病床

ムダを作り出す制度の改革

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/

社会保障国民会議

雇用年金分科会 年金の財源方式 非正規労働者対策

医療介護分科会  現場の体制 担い手の確保に関する対策

少子化対策分科会 子育ての専門家 自治体関係者からのヒアリングを軸に課題をまとめる   
2008/4/4

 

児童扶養手当及び特別児童扶養手当について

1.児童扶養手当制度とは

 父母の離婚などにより、父親と生計を同じくしていない児童を養育している母子家庭等の生活の安定と自立を助け、児童の福祉の増進を図るための制度です。

 

 

2.特別児童扶養手当制度とは

 身体や精神に障害のある20歳未満の児童について特別児童扶養手当を支給し、 児童の福祉の増進を図るための制度です。

1 学生さんのアルバイトを雇う

2 健康保険法69条の7 被保険者適用除外承認申請書

雇用保険加入の要件と比較してください

学生の雇用保険

失業給付を受け取るには H−Pの失業給付に記載

学生のアルバイト

学生さんのアルバイトを雇うつもりです。

それで『日雇特例被保険者健康保険適用除外承認申請書』というものを 社会保険事務所に提出する必要があるようです

健康保険法69条の7被保険者適用除外承認申請書』の記入際に疑問が湧きました。

学生アルバイトは単に健康保険は適用除外だと思っていたのですが、それは違うのでしょうか?
数人雇って優秀な学生さんがいたら、長期間、頼もうかと思います。

社会保険事務所に聞いてみたところ、期間は長くても2ヵ月とのこと。2ヵ月で28日以内なら適用除外とありますが、
それ以上ではどうやら、適用除外にならないというようなことです。

保険に加入しないといけなくなるのでしょうか。
日雇いではなく、パートとかでは通常の3/4の勤務がなければ、健康保険の加入はしなくてもいいんでしょ。

要は、書類を提出したりする必要があるでしょうか。

学生アルバイトは本来は健康保険は適用除外です なぜならば学生は学問が本業がとされるからです

日雇いの方は健康保険に入ってないのでこの保険に入らないといけません 通常の方は健康保険・国民健康保険に加入(被扶養者も含む)していますので良いわけです 

しかし日雇いの人にも医療保険の適用が出来るようにした制度だと思います 

学生は被扶養者として医療保険に加入しています したがって学生は日雇いの方と同じ臨時的な雇用となると 適用除外の申請を提出して明確にします 確認のために提出を求められているようです 

しかし学生と言えども通常の働き方をすると健康保険に加入します(原則論です) ただ学生(学問が本業)が通常の職業(時間・収入面から)についているという認識はギャップを感じるみたいです 

結論として学生は2ヶ月以内に28日以上使用される見込みの無いときは適用除外の申請
それ以上続けるならば一般社員並に被保険者資格取得届になるということです  

現在では69条の7条適用者も全国的に少ないし 学生を通常の被保険者にするのもまだ珍しいでしょう

健康保険に69‐7の項目がありますが 私はこの適用をした仕事はありません 条文でお目にかかるだけです  

条文から判断すると 69‐7の被保険者に該当する者とそれに該当しない者がいるようです 

該当しない者が主婦などの余暇利用の短期間アルバイトや いわゆる通常の学生アルバイト 2ヶ月間に28日使用される見込みのない人達です 被保険者にする必要のない人達です 

条文には69‐7の適用除外される者という表現になっています 雇用保険では日雇いという表現をしていますが日雇労働被保険者に加入申請しないので該当しない日雇労働者もいます

本来日雇いは救済の対象っだったのでしょう 法律論からはずれて考えると アルバイトの人達を健康保険に加入させると健康保険が財政的に破綻します 

したがって法的にも保険料をある程度払える人しか被保険者にできない仕組みになります それが3/4という基準になるのでしょう 

従って学生=日雇いかどうかでなく 労働形態拠って 通常は学生は69-7の除外者であるが 一般被保険者になったり 69-7の被保険者(日雇い 救済の対象にする必要はほとんどないと思いますが)になる場合もあるということでしょう

ただ現状では学生は学問を本分とするので失業保険は貰えないとされていますから 健康保険で学生が一般被保険者になるということは学生が学問を本分とする概念を壊すことになるでしょうね

月に10日のアルバイト学生は一般被保険者にも該当しないし 69-7も適用されないということでしょう

    雇用保険加入の要件と比較してください

学生の雇用保険

学生の雇用保険

3 健康保険法69条の7 被保険者適用除外承認申請書

失業給付を受け取るには H−Pの失業給付に記載

一般被保険者(週所定労働時間30時間以上)・・・
離職の日以前1年間に被保険者期間が6ヶ月以上ある
(離職日から遡って1カ月ごとに区分した各1ヶ月間のうち賃金支払い基礎日数月14日以上

雇用保険法14条 http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/HelloWork/roudouho.htm#014 一年雇用の見込み

短時間労働被保険者(パート)(週所定労働時間20時間以上)・・・・ 
離職の日以前2年間で賃金支払い基礎日数月11日以上の月が12ヶ月以上必要です

もっともこの11日以上も登録型派遣社員の場合撤廃されるのですが

世代内負担から遺産へ

社会保障制度と私見
shahosho.htm#24

shahohou.htm#kp1 憲法

nenkin2\shakaiho.htm

年金を楽しむ/tanosimu.htm

年金を考える kanngaeru.html

年金・雇用と社会保障制度shahoshou

 

2004 年金改革案nkk.htm

年金の財源 社会保険と税金

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/nenkin2/shaho.htm#44 現在の年金制度と社会保障

厚生年金の未加入・脱退問題 厚生年金の空洞化問題
@生命の活性化
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/shutyou/kasseik.htm
■A高齢者への期待
■B社会保険・年金
■C年金改革と社会保障
D 高齢化社会と年金

 

学生の健康保険

shakaiho.htm

shahosho.htm
社会保障と政府shakhshou\seihushkh.htm
shakhshou\shakaiho3.htm
shakhshou\shakhghj.htm
shazaign.htm
http://www.asahi-net.or.jp/~uv3k-kmgi/syahogairyaku.html
社会保障と経済shakhshou\shahokeiz.htm
社会保障改革shakhshou\shahkkku.htm
社会保障包含の論理 排除の論理
shakhshou\shakhghj.htm
これからの社会保障 私の見解大きな政府shakhshou\ooknseih.htm
shazaign.htm
社会保障と政府shakhshou\seihushkh.htm
社会保障と経済shakhshou\shahokeiz.htm
社会保障制度関連shakhshou\shahosho.htm
社会保障2 人的資源の効率的活用shakhshou\shakaho.htm
社会保障shakhshou\shakahsh.htm
社会保障制度と年金制度改正に向けて
shakhshou\shakaiho3.htm
社会保障包含の論理 排除の論理shakhshou\shakhghj.htm
社会保障の財源
shakhshou\shakho.htm
社会保障社会的連帯の理念shakhshou\shakhrent.htm
司法の役割と行政の役割
shakhshou\sihogyose.htm 
社会保障社会的連帯の理念
平等と個人
 shakhshou\sisou.htm