如何に生きるか公正・効率的な労働市場
働く  勤労意欲 働き方改革 フリーランス
ホームページにBACK
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/
富士市 社会保険労務士 川口 徹
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/hararaku.htm

経済の構造変化と働き方
狩猟社会 農耕社会 
工業社会 動力による産業革命 
情報社会 コンピューターとインターネットICT 会計処理給与計算文書管理の自動化がICTにより実現

人間中心社会
人に残される職種 否定形処理がある 自動化がその業務を補助し分担する領域 AIリテラシー教育

能力開発と安定雇用 適材適所と雇用の流動化 仕事を通じて成長する 

 

働き方は人口、技術、市場の3つの構造変化によって変化する
人口の構造変化 

少子高齢化 高齢化による労働力人口の減少 潜在成長率、社会保障制度の持続可能性の低下 女性、シニアの就労促進 子育て支援の充実 定年の引上げ
技術の構造変化 
AIやロボット 定型的仕事  ひとは新しい価値を生み出し仕事サービスなど非定型的仕事

市場の構造変化 グローバル化

働き方の多様化を踏まえ 独立自営の人の保護に力を入れる
フリーランス
フリーランスの4人に1人は定職に就けない負の動機を持っている
しかしソフトウエア開発 法務事務 データ解析 意匠デザインと独立性の高いものがある

起業家思考のフリーランス 働きたいときに働き 興味あるコトン時間をかける 自己裁量の動機
技能再教育 短いサイクルでリスキングをして仕事を選んでいく 20180306
雇用保険や労災保険の対象外 
インターネットを通じて仕事を請け負う 
8割は年収が200万円未満と低い 仕事の単価がもともと安い 
公取委の有識者検討会が
IT情報技術分野の技術者や翻訳者など雇用契約を結ばずに働く人と企業との取引について問題のある事例を報告書にまとめた
独禁法上の問題   優越的地位の乱用
代金の減額などを禁じた下請法の制度

社会はだれのものか 政治社会・国の統治機構はだれのために・何のために存在するのか 
個人で 企業から仕事を請け負うフリーランスの人たち 個人請負
不利な取引条件を押し付けられるのを防ぐため 
公正取引委員会はどんな場合に独占禁止法が適用されるかを整理して公表
20180304

AI(人工知能)と労働 仕事 
労働力不足を充足するとともに生産性向上 スキルと教育のある人とない人 勝者総取り
IT各社が政府監督に抵抗 生産性のメリット・恩恵の独占 社会の分断 格差拡大 
長期的メリットと短期的メリット 
メリットを だれが受け 誰が受けられないのか
労働者・教育 再訓練 税制改革 法の再組立て 法整備 
社会はだれのものか 政治社会・国の統治機構はだれのために・何のために存在するのか 20180222
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/roudousdn/roudken.htm
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/roudousdn/roudken.htm
新しい働き方hataraku\hatarak2.htm
公正・効率的な労働市場hataraku/hataraku.htm
働き方改革


安倍政権の春季労使交渉での賃上げ 同一労働同一賃金といった賃金をめぐる介入

デジタル化の進行と人工知能 第4次産業革命(構造変化)働き方の激変

18世紀に発症した第1次産業革命 政府の法的介入として労働法の誕生 経済的側面と人道的配慮
経済活動の自由 経済政策として最低賃金や団結権保障などの法的介入

日本 労働立法と判例法理が構築されてきた 日本型雇用システム 雇用と賃金の安定

労働力人口の減少 
新しい労働力の開発 既婚女性 定年後の高齢者 高度外国人材 こうした人々はワークライフバランスの確保や職務に応じた公正な処遇を優先 多様な働き方で応えていく
定型型の高い作業はAIで対応

テレワーク 自由をより享受できる自営的働き方 自営型テレワーク 個人の起業 個人起業家らにアウトソース(外部委託)

生産プロセスの激変 衰退部門から成長部門への迅速な労働移動 雇用の流動化
知的創造的な働き方
自営的働き方 労働法は対象外としているこの分野は高い成長が見込めるため法環境の整備が必要である 独占禁止法人材の訓練・育成 自助意識の養成
分散 情報端末 自営 水平 知的 自立へのサポート(自助・共助)

働き方改革関連法案
長時間労働の是正策 単月残業過労死ライン100時間未満 2015・12過労自殺電通新入社員 労災認定
脳血管疾患及び虚血性心疾患などの認定基準に100時間の記載
うつ病については心理的負荷による精神障害の労災認定基準
体調の悪化 心筋梗塞・脳梗塞うつ病などの精神疾患
2017・9・14


企業

裁量労働の拡大  テレワーク・在宅勤務  脱時間給導入 長時間労働の是正

90年代後半から所得格差拡大

正規雇用 95年 3762万人 04年 3393万人
非正規雇用   988万人      1547万人

有期労働契約 派遣期間1年から3年 均等政策 社会保険適用基準の緩和 

紹介予定派遣 公正・効率的な労働市場


職業訓練HelloWork\jinnzai.htm
二重就労者2jyushr.htm 2jyushr.htm

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/HelloWork/

業務に主体的に取り組む

適正な処遇

女性の就業機会の拡大

企業家に金融面から応援し産業の発展に寄与する役目の銀行が その本来の目的に反し 利益のみを追求して土地融資に奔走したそのことがバブルの元凶だったようです ねずみ講的な資産価値評価融資

単価の高い労働力 職種  充実感 

経営学者 コンサルタント 
生産性をあげる働き方  生産性をあげるための働かせ方 時間 自由 余暇

日本の製造業の2003年の労働生産性 1990年比で1.5倍 (社会経済生産性本部)

国の豊かさは
国民1人あたりの豊かさを示すものならば民主的政治体制が現在では一番良いでしょう 科学の進歩で判断するのであれば 非民主的国家でも可能です

戦後の社会は貧しかったが個人個人の生命力が彷彿していました個人個人が変化を機敏に捉え自分で考え それに柔軟に対応出来る楽しさがあったのでしょう 

雇用における年齢差別と企業

エイジフリー社会の実現
企業が営利を目的にする限り年齢は必要要件でないはずです
 年齢により収益に差が生じる場合があるのかもしれない  

しかし 賃金体系に原因があるのでしょう つまり賃金に対する固定観念を捨てれば年齢差別は問題にならないはずですが  私は年齢差別の規制・定年制の延長の根拠が良くわかりません 

企業の国に代わっての社会保障責任の存否を意味しているのでしょうか 
少ない情報がエイジによるパック思考をするが 情報が多くなれば具体的に就業能力の判断が可能になるのでエイジフリー思考ができるということになります

高齢者は 新規の企業環境充実を主張し 新しい需要を探し 起業を目指し自らが雇用創出すべきでしょう

硬直的静態的賃金体系
スローガンのインフレ化

雇用の流動化の障害になっているのは今までの硬直的静態的賃金体系である 労働の価値により賃金が決定されるべきものが 賃金が他の根拠により決定されてきたからであろう 変化に対応しやすく 且つ生活保障も可能な賃金の模索が必要でしょう

スローガンのインフレ化

20世紀から21世紀の変わり目にかけていろいろ変化があるみたいですが 何も急に変わるわけではない 実態は徐々に変化してしてきているし これからも少しづつしか変わらないでしょう 
すなわち掲げる目標が大きく変わっても(インフレ言語)最小単位の個体が自律的に自発的に周囲と融合しながら変化するわけですから実態は少しづつしか変化しない

コアの部分と周辺部分とで役割が違うからだと思います 静態と動態的把握 
ローカルとグローバル等それぞれ違った発想が共存していく必要もあるのでしょう 1999.7.02

日本人の経済格差
正規雇用と非正規雇用の格差が著しい

女性の53%以上が非正規雇用 2002年

最近 雇用と賃金が話題となっています  
若者には雇用が大切と思いますが 

高齢者が知識と経験の豊富さを自負するならば新規の企業環境充実を主張し 新しい需要を探し 起業を目指し自らが雇用創出すべきでしょう 

高齢者の知識と経験の豊富さが起業・実践で役に立たなければ単なる弁解にすぎないでしょう 

定年・雇用の延長を主張する組合は高齢者の本音(能力に自信がないこと)がわかっているからですか 2000/02/20

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/ukeoi.htm請負

年功序列 終身雇用の超安定的雇用体系が生産効率の悪い組織に

年功序列 終身雇用の超安定的雇用体系が生産効率の悪い組織になったのは徳川末期の武士社会と同じようです

IT革命による実需要の投資 新しい産業の期待 それは国民大衆次第です 創造的大衆社会の到来だと思います 2000/08/07

コンピューターネットワーク上の情報 知恵 知識を有効活用する ナレッジ経営の手法が普及し始めた 2000/08/02

2003/11/22の大機小機に

厚生年金支給開始年齢65歳にあわせる65歳定年制に疑問

@賃金コストの高い高年齢者の抱え込みが 雇用のリストラ 新規採用の手控え  若年労働者などの犠牲の上に成り立つ

A一律な年功序列と終身雇用制の弊害除去目的とした強制解雇の制度が定年制である

B日本政府は企業に頼りすぎで 国民に負担を求めない 長期的には国民の為にならない

とのようなことがかかれていた

さらに 雇用についても年齢差別をなくすべきだ 企業間を弾力的に移動できる柔軟な労働市場を創るべきだとあった

融資から投資 銀行から証券 融資先のなくなった銀行が自ら資産運用資産運用能力 新規事業開発能力のない金融機関が行ったのが不動産担保の仮想需要の創出 
公共土木事業などの実需を前提としない官僚指導の計画発注 計画融資 差額高利息 郵便貯金の財政投融資 
いわゆるポストキャチアップのシフトの失敗です 

明治時代の滅び行く武士階級の叛乱 西南戦争 台湾出兵の発想が 
滅び行く金融マンの土地投資 株投資のバブルでした 
武士あまりが金余り現象なのでしょう 
専門の武闘集団に勝てる近代装備の百姓町人 直接生産に携わる百姓町人職人の明治時代の再来でしょう 

生命感 宇宙感 電脳が変えるこれからの人生観 1999. 6.11

働く・意欲 新しい働き方 ハローワーク扇の要(かなめ)

公正・効率的な労働市場
個々人が創意工夫 チャレンジ精神のを発揮 健全で創造的な競争社会
個人所得税の最高税率 86年70%から 99年37%になった
公平牲と効率性 就業意欲喚起 成果主義 労働のインセンティブ誘因
チャレンジの機会均等 公正な評価 不満 階層化 閉塞感

生命体は柔構造
昭和47年ごろを境に物は豊富になるが 個人の判断価値観が軽視されるようになりました 
平成バブルによりその終焉への方向転換が明確に始まったようです 
そして失われた10年を経てやっと反転・再生への方向が見えはじめ 決まりつつある様です

新しい労働時間制

労働時間を自分で決める自律的労働時間
労働時間規制の除外ホワイトカラーエグゼンプション

みなし労働時間制度の適用従業員でも 午後10時以降 休日労働は割増賃金を原わなカレバならない

産業構造の変化

就業形態の多様化

労働法制の対応 労働条件の改悪 監視

60歳以上 
きんろう世帯の貯蓄額平均23,000,000円 
働ける人がいなければ貯蓄額はただの数字 
働く人が貯蓄額の意義を維持する

働くもの同士に通用するが個人紙幣を発行すれば 政府紙幣は単なる紙のゴミ

働く誇り 働く意欲 紐帯チュウタイ 働くことによる繋がり
自己実現shutyou/shutyou3.htm#11

労働市場の規制改革 男女の雇用機会均等 

働き方も 家族から個人単位へ
shutyou/shutyou.html#11

職種別賃金体系 職種と賃金の関係を明確に

雇用市場の流動化
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/HelloWork/koyou.htm#31

硬直的賃金体系と定年制の弊害

貢献と報酬の収支 議論する場

カイゼン

働きやすい環境
仕事の流れ 図解で分析
意見の蒐集(シュウシュウ)

 

児童クラブ 子育て環境

 
はたらく  働くことは
働くことは生きること 働くために生きる 生きる為に働く

雇用の流動化 公正・効率的な労働市場

長時間労働 私生活を犠牲にして働く 家族の崩壊
結婚 子育てできない 何のために働く
 
www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/gennki.htm

人口減少社会
3歳未満児に対する育児短時間勤務制が  有業女性の出生率を引き上げた。永瀬伸子教授の分析
出産後も働きやすい慣行の定着 非正規雇用者の出産の保護

労働力人口の減少 介護 ⇒プロジェクト 労働生産性の向上 高付加価値型 潜在労働力の活用
女性目線で働きやすい企業風土を目指す 
女性が安心して働き続けさらに力を発揮できる組織づくり その企業文化を継承する

労働市場改革

どのような労働市場に どのように日本経済を変革するのか
雇用戦略 資本蓄積 金融市場
ダウンサイジング
非正規労働の活用

生産性向上と生活の安定

公務員の特権・身分改革 消費税・税制 社会保障 規制改革 個人と家族 
事業者と被雇用者 世代間 地域間 既得権者

5 中高年齢者の再就職の促進 平成16年12月1日より

如何に生きるか 
「生き方」は「働き方」koyou.htm
元気な高齢者gennki.htm

労働の評価の納得性
生きる 生きている 自分ってなんだろう・人類史shutyou/ikiru.htm
生きる意味を理解 如何に生きるかshutyou/ikiru.htm#42
健康・安全配慮義務の判例
hanreik.htm

日本経済史nihonkind.htm#3
雇用を考える 労働紛争予防の労務管理
多様な労働tayourod.htm
ワークシェアリングworkshar.htm
募集・採用boshsaiy.htm boshsaiy.htm
仕事・求人links.htm

カイゼン
転職しやすい環境つくり

http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/HelloWork/koyou.htm
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/HelloWork/koyou.htm#31
しかし60歳以降の雇用延長・再雇用等を制度化するのはオカシナ傾向である 
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/roudou/60koyou.htm#22

公正・効率的な労働市場
公正・効率的な労働市場hataraku/hataraku.htm

これからの働き方koyou.htm
多様な働き方tayourod.htm tayourod.htm 「転職市場の拡充 雇用の流動化」」を考えよう
HelloWork/koyou.htm#31 雇用の流動化

「転職市場の拡充 雇用の流動化」 転職しやすい環境koykigy.htm#31

国民・国家・企業kmkkkg.htm

雇用HelloWork/koyou.htm
労働管理lavma.htm
倫理shutyou\rinrikgy.htm
/lavma.htm

日本経済史
日本経済史nihonkind.htm#3

GOO

リンク
http://homepage3.nifty.com/54321/kigyou.html

雇用を考える 労働紛争予防の労務管理
労働基準法・裁判例ruksaibn.htm
hannrei.htm#81
東亜ペイント事件1986年
東亜ペイント事件hanrei.htm#41
hanrei.htm 労使紛争と労働判例
東亜ペイント事件 http://www.ne.jp/asahi/morioka/masato/roudou.htm  単身赴任配転
従業員の移動と削減(最高裁S61.6.10判決) 業務上の必要性 不当な動機目的 著しい不利益
転勤拒否を理由とする懲戒解雇

hanrei1.htm
hannrei2.htm従業員と会社との紛争
hanrei2.htm 従業員と会社との紛争判例U
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/hannrei2.htm 

hannrei3.htm
hannrei3.htm
転籍配置転換出向
賃金減額を伴う55歳以降のコース別人事制度導入
hannrei4.htm
hanrei5.htm
hanrei4.htm 転籍 配置転換 在籍出向V労働条件に関する裁判例
hanrei5.htm健康・安全配慮義務hanrei5.htm

/hanrei5.htm

hanreik.htm健康安全判例
hanreik.htm 

hanreip.htmパート判例
hanreip.htm

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/toukatsu/gaiyou.html 労働契約

民法mnpou.htm

民法623条 民法626条 民法627条 民法628条 民法629条 民法630条 民法631条

60歳定年の義務化(高年齢者雇用安定法4条)平成10年4月から

改正男女雇用均等法 リンク 労働省 

男女雇用均等法 改正のポイント リンク 労働省

11育児・介護休業法  

週40時間労働制 平成9年4月1日より   法定労働時間労働省 

フレックスタイム制 

http://plaza10.mbn.or.jp/~nalso/roumukanri.html 労務管理

 

労働条件に関する文書の交付(第 条) 就業規則の作成 努力義務(第89条)
rukhou.htm#h89

就業規則と労働契約(13条 92条 93条)
rukhou.htm#h13 rukhou.htm#h14 rukhou.htm#h92  rukhou.htm#h93

労基法の適用事業を定めた第8条の削除
rodoky.htm
労働契約rodoky.htm労働契約の解析 #h71

雇用契約の意味を理解しない人事労務管理者

 (労働基準法) 労働基準法解説 労働基準法 2 (改正労働基準法年少者) 平成10年法律第112号 平成11年4月1日施行
働き方の新たなルールづくりのために  労働省
改正労働基準法 解雇roukih3.htmH16.4.1


生きる意味を理解 如何に生きるか
年金の歴史
http://www.bekkoame.ne.jp/~tk-o/shakaiho.htm#n11

 ホームページに はじめに  ハローワークへ 
静岡県富士市 社会保険労務士 川口徹