セカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは?
セカンドオピニオンとは、現在の主治医の診断、治療、説明に納得できなかった場合に、他の医療関係者(医師)の意見、『第二の意見』聞き参考にするということです。さらに他の意見をという場合は、サードオピニオン(第三の意見)となります。現在、神奈川県立がんセンター泌尿器科を初めて受診する患者さんの約10%が他病院からのセカンドオピニオンです。

セカンドオピニオンでの必要な条件は?
治療を受けるには、患者さん本人、家族が主治医と良好な信頼関係を持ち、診断、治療方針を充分に理解し納得している必要があります。そういう意味で、癌患者さんの場合は、癌の病名告知を受けているということが可能であれば必要な条件の一つです。前立腺癌はセカンドオピニオンに適した癌と言えます。その理由は、他の癌と比較して、治療法の種類が多いので、治療法それぞれの長所、短所を良く理解してから治療を選んだ方がいいからです。

セカンドオピニオンを受ける手順
まず現在の主治医と良く話し合って下さい。それでも納得できない場合は他の医療施設でセカンドオピニオンを受けることをお勧めします。
セカンドオピニオンを求める場合、現在の主治医にこれまでの経過、病状を書いた紹介状を書いてもらいましょう。また可能であれば、画像診断(CT,MRIなど)のフィルム、検査結果などのコピーを持参してください。
セカンドオピニオンの時期は、前立腺癌の場合、生検検査前、生検検査後、治療前、治療後、再燃後などがあります。

上手にセカンドオピニオンを受けるためには?
1. 患者本人、御家族がある程度の前立腺癌の診断法、治療法の知識を知り、できれば自分の意見をもってから求めましょう。
2. 癌治療は一生の病気で、自宅の近くの専門病院で治療を受けることが大切です。セカンドオピニオンの病院は、単に意見を求める場合以外は、できるだけ近くの専門病院を選びましょう。
3. 現在の主治医と良く話し合わないで他の専門医にセカンドオピニオンを求めることは控えましょう。
4. 初めからセカンドピニオンの病院に転院して治療を希望する、患者、御家族がおりますが、セカンドオピニオンを求める専門医と良く話し合ってから決めることをお勧めします。
5. 家族だけが受診する場合がありますが、原則は本人が受診してください。
6. 充分な資料がないと正確な診断、治療法の判断ができません。必要な資料は必ず持参してください。
7. 多くに専門医の意見、情報を得ることでかえって迷いが出ることがありますので注意しましょう。

インターネット上で治療法などを相談することも可能ですが、その場合は一般論での説明となります。以下にセカンドオピニオンに関するインターネットのホームページを紹介します。

1. キャンサーネットジャパン・セカンドオピニオンのすすめ
 http://www.h5.dion.ne.jp/~life-so/outline/outline.html 
2. セカンドオピニオンを推進させる会
 http://www.nagumo.or.jp/cancer/second/index.html


          セカンドオピニオンのご案内

             (2005.8.15)

          

 セカンドオピニオンとは、自分や家族が病気になったとき、主治医の診断や治療方法だけでなく、別の医師から意見を聞くことを言い、主治医以外の専門医師の意見(セカンドオピニオン)を聞くことによって、患者さんが、自分にとってより良い治療方法を納得の上で、自己決定できるようにするためのものです。

 当病院では、この制度を新たに7月1日から始めましたので、詳細につきましては、がんセンターの医事課までお問い合わせください。

<実施内容>

1. 本人又は本人の意志を代行できる者から相談希望があった場合に、当該患者

 さんの主治医の作成した紹介状に基づき行います。

  この際、診療情報、検査所見、画像データなどの資料を提供していただきます。

2. セカンドオピニオンを行う医師は、患者さんから提出された診療情報・画像・デ−タ等に基づき、治療について意見(セカンドオピニオン)を述べます。

3. セカンドオピニオンは、診察ではないため、治療(薬剤投与、処置)は行いません.

  また、セカンドオピニオンは、患者さんが今後の治療方法について意見を求めるものなので、治療後に患者の主治医が行なった治療方法に対する相談(特に訴訟関連等)は、対象となりません。

4. 当病院で行ったセカンドオピニオンの内容は、患者さんの主治医に文書でお知らせします。

         セカンドオピニオンの料金について

 セカンドオピニオンの料金は次の基本料金と、お持ちいただきましたx線フィルム、CT、MRlなどの画像データ、あるいは血液検査などの検査資料ごとに、それぞれ料金を加算させていただきます.

【基本料金】           7.490円

       (診療報酬点数表の初診料、紹介患者加算及び診療情報提供料

         から算定した額)     .

【画像データ診断料等】

       お持ちいただきました画像データに基づき診断を行った場合は、

        診療報酬点数表を基に、次の料金を加えます。(例示)

         ・X線単純撮影診断         870円

         ・X線造影診断           740円

         ・コンピューター断層診断    4、650円

    (この他の画像診断等を行った場合は、それぞれの料金を加えます。)  

2 実施の方法等                           

(1)受付の方法            

 ◎ 完全予約制で行いますので、セカンドオピニオンの予約をとりたい旨、電話で申し出てください。(各病院の医事珠あて電話をお願いします)

 ◎ 指定の日に、主治医の紹介状、診療情報、検査所見、画像データ、病理診断のコピーなどの資料を持参の上、外来受付にお越しください.

 ◎ 医師は、当務疾患にかかる専門医が対応します。

   詳細な内容については、直接各県立病院へお問い合わせください。

(2)セカンドオピニオンの開始日

  平成16年 7月 1日(木)から開始しています。

        神奈川県立がんセンター   045-391-5761