火の鳥2772/愛のコスモゾーン

Phoenix 2772

劇場公開 1980年3月15日(東宝配給)

劇場用オリジナルアニメーション映画として製作された、手塚治虫の総監督による、もう一つの『未来編』。

ストーリー

未来。地球は極度に合理化された社会機構により統制されていた。
人工過剰防止の為、出産は禁止され、限られた人数が試験管ベビーとして育て られており、その一人、ゴドーも育児ロボットのオルガに育てられ、宇宙ハン ターとしての専門教育を学んでいた。
優れたIQを持ち、政治センターのメンバーであるロック長官は、地球が危機 に瀕している事を知り自分だけは生き延びる策を考えていた。
ロックは、そのエネルギーを得たものは不老不死になるという未確認宇宙物体、 「コードナンバー:2772」通称”火の鳥”と呼ばれる宇宙生命が存在する 事を知り、宇宙ハンターであるゴドーに2772の捕獲の秘密指令を下す。
しかし、ゴドーはロックの許嫁であるレナと恋愛事件を起こした為、ロックの 怒りを買い、強制労働キャンプへ送られてしまう。
ゴドーはキャンプでサルタという学者と出逢う。
サルタ博士もまた政府への反逆罪で追放されていたのであった。
脱走計画を練っていたサルタにゴドーも加わり、闇夜に乗じて宇宙船スペース・ シャークを奪取した2人は宇宙空間へと飛び立つ。
サルタ博士は死にかけた地球を救う方法の鍵として、火の鳥の力が必要である と考えており、2人は2772を求める航海へと出発する。
長い航海の果て、2人は遂に2772に遭遇するが、2772は想像を絶する 恐ろしい生命体であった。
その頃、地球では地核の大変動が始まり、崩壊に向かっていた、、。
 

NOTE

劇場用オリジナルアニメーション作品です。
ストーリーはこの作品の為のオリジナルで、原作、構成、総監督を手塚治虫自身 が手がけています。
監督は杉山卓、サブ・ディレクターとして「宇宙戦艦ヤマト」「超時空要塞マク ロス」の石黒昇があたり、メカ・デザインは「ノーラの箱船」等で人気を博した 漫画家、御厨さと美が担当しました。
この作品での注目点は火の鳥の描かれ方で、他の作品の火の鳥はメス的な姿 であるのに対し、この作品は荒々しく獰猛なオス的な描かれ方をしています。
試験管ベビーや後半の地球崩壊のくだりなど、当時、同時期に公開された竹宮恵 子の「地球へ…」と似通った内容でもあり、さしたる評判も得られなく終わって しまいました。
なお、公開にあわせて、月刊マンガ少年80年2〜4月号に於いて、メカデザイ ンを担当した御厨さと美の作画による漫画版も連載され、単行本にもなりました が、現在は絶版となっています。
手塚治虫とは全く絵のタッチの違う御厨版火の鳥は、手塚ファンには戸惑われた かも知れません。
(個人的には、私はそれ以前から御厨さと美のファンであったので、彼の描くア メコミ的タッチのブラックジャックやサルタの画は面白かったですが、、)
 

ビデオ発売=東宝ビデオ(VHS)

 (LDは廃盤)  

 
 戻る  

Last Update 29,Dec.'95  takeboh@gem.bekkoame.ne.jp