U-kiのメモ帳
2002年7月分
伝説の剣(02/07/31)
突然、映画「エクスカリバー」を見たくなったのでアマゾンで調べると、いつの間にかハリウッド・プライスでお求めやすくなっていたので即購入。いやー、DVDはほとんど無条件で送料無料で嬉しいね。二時間を超える作品なので二夜連続で見る。
この映画で見物なのは見事なほどの「暗黒時代」=「中世騎士の世界」の再現である。西洋甲冑と刀剣、バトルアックス、ピック、ハルバード、メイスなどテーブルトークRPGに登場する武具が存分にふるわれる合戦シーンに刮目せよ!
このDVDには日本語音声が入っていない。俺が大切にしてきたTV放映版の訳は大変良くできていた。「馬上でなく徒立(かちだち)で戦え」なんて言葉、出てきませんぜ、普通。これの英語字幕は音声をはしょっているので駄目だと思う。これなら字幕で英語をヒアリングした方がマシ。おお、英語字幕だと全然ヒアリングできなかったのに日本語字幕にしたとたん平易な英語ばかりだと気が付くのは何故なのか。
原作の『アーサー王の死』(トマス・マロリー著)を読みたくなるが手元にない。明日買ってこようかなぁ。アーサー王の物語は中世の武器と鎧が出てくるくせに魔法と魔法使いも出てくるし、その実在が確認されていない「伝説」の世界だ。学生時代に随分と調べたが今なお心惹かれるものがある。
気が付いてしまったが、ユリエンズ役の人って、「ロボコップ」では犯罪者で最後は毒々モンスターになっちゃう人だよな?6年後の役にしては頭が薄いこと。

「アワーズ」のヘルシング、イギリスがスゴイことになってますけド。平野耕太、やりたい放題過ぎるのでは?(笑)

アニメ「ちょびっツ」は総集編っぽい話。前回見逃したのが痛い。パソコンのアクセサリーセット(デジタルファンボックス)はちょっと欲しいかも。ちぃのボイスでパソコンにしゃべらせたいので。

T−ZONEミナミ跡地はラオックス「最大級の総合エンターテイメントショップ」に。
うーん、あそこはラオックスになりますか。ラオックス、荻窪と吉祥寺にもあるんで利用率高いんですけどね、怪しい輸入品やアウトレットがひしめいていたT−ZONEミナミが好きだったんだけどねぇ。今のツクモだかなんだかわからないままよりはずっと良いけど。
2002年07月31日 22時56分30秒


うわーん、生で見ちゃったぞ(02/07/30)
あずまんが大王、予約し忘れた。体育祭の時と違ってジャージ姿だと色気ねぇ、というか学園モノな気がしねぇなぁ。(トゥルラブのごっちゃん思い出してたりして)サンタの話は撮っておきたかったなぁ。ってゆうか今回屈指の出来じゃん、みんな歌ってるし!みーの先俺も知らないし!トナカイの話好きだし!くやちぃ。

富士通、量子コンピュータの基本素子「量子ドット」を半導体基板上で実現。
昔、IBMがキセノン原子を並べて文字作ってたのを思い出すなぁ。あと富士通だとFM8の電磁バブルメモリの写真。コンピュータ会社や家電メーカーの基礎研究部門ってどのくらい金使えるものなんだろ?半導体部門の売上はどこも落ちてるからきびしいのではないか。

切手大の超小型記録メディア「xD-Picture Card」オリンパスと富士フィルムが共同開発。
俺はmp3にはCFを使い、デジカメにはスマートメディアな人だったのでスマメの後継版がこの2社によって開発・提示されるのには文句なし。著作権保護機能については特にこのメディアには求めていないが、その機能が付加されることに抵抗はないが、MMCやSDメモリカードと競合するようであればちょっとイヤかも。

効能の有無は別として「ペストX」って名前がすごいよな。広告に偽りがあることを認めつつ販売は続行されるって、なんかヘンじゃない?

住民基本台帳ネットワークシステム何かと話題になっているけど、俺は番号で管理されたい男なので大歓迎。反対しない人は自分の好きな番号を選べる優先権をくれないかな?あとハッカーは住基ネットに侵入して糧を得る存在になるべきなのでハックされることを怖れていてはいかんのだよ。今だって探偵屋(興信所)の人でなくても正式な手続きさえ踏めば住民票とか戸籍謄本、入手できるわけでしょ?後ろ暗い所のない人であればハッキングを怖れる必要はない程度に今も個人情報は漏れてるわけで。(なんでこんなこと知ってるの?ってDMや電話をもらったことあるでしょ?)
2002年07月30日 22時42分48秒


胸焼けする日(02/07/29)
夜中の3時とお昼の3時に胃がよじれるように痛む。焼き肉食い過ぎたかな。胃が不調なんて久々よ。

今日の漫画
『ふたりエッチ18』:淳ちゃんの話が終わってしまったのでもう楽しみはないと思っていたのだが、赤ちゃん作ってマンションを買うというマジで2コ上の先輩がやった人生設計パターンを実践してるので久々にお勉強漫画として読めたかも。連載の方でたぶん次巻の冒頭の新マンション生活を読んでしまったのでありゃ、まだだったの、って感じ。
『メイドロイド雪之丞2』:これって続きが出たんだ、という驚き。看護婦さん型アンドロイドが出てきてただのエロ漫画になってる。って、前からただのエロ漫画か。
2002年07月30日 00時17分10秒


食べて歌った日(02/07/28)
昨日に久々に飲んだので今日は寝坊。ビデオで朝のお子様番組を見て洗濯したあとまた昼寝。3時頃電話で上野に呼び出される。
焼き肉を食べて、カラオケ。カラオケも焼き肉も久々だなぁ。いやぁ、この場所は97年頃にバーチャロンの試合をしに良く来た場所ではないか。懐かしいね。カラオケはSF研以外でも替え歌OKなメンバーだった。大声出すと健康に良い感じだね、スッキリするし。

「千と千尋」PC再生は保証しません。
機械的にパソコンでの再生に問題があるわけではなくて、一般家庭のテレビと同じ様に赤く映るだけの話である。「千と千尋の神隠し」のDVD諸問題については、発売元のブエナビスタホームエンターテイメントが悪くてスタジオ・ジブリは悪くないのでは、という指摘も受けたが、DVDマスタリング時の色温度設定をジブリが指示したのはこの件でも明白であり、やはり「赤い件」も含めて、すべての責任はジブリが負っていると思う。ウラは取れていないが、高千穂遙氏の7月25日の日記で言及されている説を俺も他から聞いているので信じている。

『戦闘妖精・雪風 解析マニュアル』は雪風の解析をしてる本と云うよりは、神林ワールド解析本と云った方が良さそう。まずはカバーをむいてそこにある文字を見よ。

「ハリケンジャー」、シュリケンジャーの本体が露呈する話かと思ったら謎のまま。いや、彼のエセ英語はフクロウ男爵以来のおもしろさなんで気に入ってる。
「龍騎」すげー面白かったよ、龍騎とゾルダの漫才。王蛇なしの息抜き話だったのか?マグナギガを楯にしてたけど、それってモンスター単体の方がゾルダより防御力強いってコト?
2002年07月29日 23時53分43秒


ダサ会議、招集!(02/07/27)
映画「猫の恩返し」を見た。うぬぬ、予想はしていたが毒にも薬にもならない映画だ。「耳をすませば」や「海が聞こえる」の様に体がむずむずするような気恥ずかしさや、美術だとか声優だとかキャラだとか、誉めたり萌えたりできる所が一つもないのは痛い。無論、ジブリアニメとしてのクォリティは保たれているので悪く云うコトもないのだった。大人は、特にアニメおたくは見る必要のない映画でしょう。柊あおい先生の原作漫画と微妙に違っているので漫画を買った意味があると云うモノ。映画の方は二度と見ないかも。ただバロンの紳士ぶりにはジョナサン・ジョースターの前のスピードワゴンの様に畏怖と敬意を感じた。んが、お姫様だっこして高い塔を登ってチャンバラしてたのには閉口。「泥棒じゃなくて猫だが、この旦那は真の紳士だ!」ガクガク・ブルブル。
ギブリーズ、長すぎ。本編、短すぎ。でもギブリーズ、野中君の初恋はアニメ「センチメンタル・ジャーニー」を思い出してしみじみきた。こういう話で2時間アニメ作れば良かったのに。

電気髭剃り機を新調。フィリップスの製品だと刃を替える目安が5年、松下のは1〜2年。価格も前者は後者の2倍するが、剃り味が全然違う。毎日使うモノなのでケチってはいけないと思った。俺はそんなに髭が濃くないけど、頬髭が生えるので円形の刃が3つ並ぶ形のフィリップス製品でないと上手く剃れない事が今回松下製品を使って分かった。他社の「面」ではなく「線」で接するタイプの機種はどれも同じだろう。松下製品を2年前に買ったのは、安いのもあるが水洗いできるからだった。今売りの機種だとフィリップスのモノも水洗いOKなので問題なし。

毎日使うモノ、といえばパソコンのポインティングデバイス。会社のFMVノート標準の装備は、今まで色々な機種を使ってきた俺でもイヤになるくらい使いにくくて、備品で付いてきたロジクール製の光学式ホイールマウスを常に接続して使っている。ノートパソコンにマウスをつないで使うのっておじさん臭いというか、邪道な気がして好きじゃなかったのだがしかたがない。
んで、それまでは会社のデスクトップ・マシンにはトラックボールをつないで使っていたので今回初めてホイールの威力を知ったのだった。慣れると無しじゃ居られないね。というわけで毎日家で使うThinkPadにもホイールマウスをつないでみたのだが、机は狭くなるし、木目だとジャムるし、全然駄目って感じ。なので思い切ってホイール付きのトラックボールを買って接続してみたが、これがボールを親指で操作するのでまた今まで使ってきた他のトラックボールとは随分勝手が違って使いにくい。そうだ、だから親指操作型のモノは買わなかったのだ。でもそのタイプでないと今度はホイールがない。結局付属のトラックポイント(でべそ型デバイス)が一番なのかもー、とか思い、とほほな気分になっていたが、デスクトップ・アイコンの配置を工夫したらトラックボールでかなり使いやすくなった。キー・パンチする以外はほとんど手が不動になった。スバラシイ!
トラックボールのメーカー、見ないで買ったらMS製品だった。……やっぱ、ゲイツ製品はキーボード、マウス、ジョイスティックなど、ハード製品の方が出来が良いな。

午後、ダサコン6のスタッフミーティングをしに有楽町方面へ。日付はまだ未定だが、おおまかな方向性は決まった。十月中旬に行う説が今のところ濃厚なので、参加したい人はそう思って予定をあけておくと吉かもしれない。(日程は決まり次第告知する予定)

8の字通路で噂の有楽町ビックカメラには行かなかったが、ソフマップを巡った。ここでもサイバーショットUは売り切れていた。メーカー在庫切れで3週間待ちだって。こういう総合的な品揃えの店舗をゆっくり回るのは久々で色々驚きがあった。新宿ソフマップがいかに使えない店舗になってしまったか、とネット通販の依存率の高さを思い知る。
小説も久々にジャケ買いする。最近はネットで新刊発売情報を仕入れてピンポイントで買うことしかしてないことに気が付く。いや、家に配達されるまでのタイムラグを気にしない本であれば、ネットで買ってしまうわけで、週末、神田・秋葉原を巡礼してた頃とは買い物のスタイルが変わったなぁ、と改めて思う。

銀座で中華のチェーン店とおぼしきところで食事。濃いめの味付けで、スープ炒飯と餃子ドックがウマかった。
突然、BGMと共に照明が落ちて、お誕生会が始まって、21歳の誕生日で自分が仕掛けられた罠を思い出す。本当に最高の思い出やって。
俺的禁止ネタの話題を話して死ぬほど笑ってごちそうさま。こーゆーバカ話をするためにダサコンをやりたいなぁ、と決意を新たにする。

実は今日、恥ずかしいことに炎天下で土地勘のある場所なのに眼鏡屋を探して全く反対の方向に進んでしまい迷ってしまった。
で、夜、これまた初めてってわけでもないのに銀座にて有楽町の駅を目指しているはずが東京駅方面に流れてしまう、という失態を犯すハメに。
おかしいなぁ、俺はけして「地図の読めない男」ではないし、方向音痴でもないのに。

隅田川の花火大会の日だったので電車の中で沢山、浴衣の女性を見た。眼福、眼福。

今日の漫画
『ちょびっツ6』:そうか、黒い人達は政府の備品だったのか。予想外だった。物語の先を読むためのキーポイントだと思っていただけにショック大。
『ドールマスター3』:雛子、ついに本格フィギュアデビュー。個人的には久具津との仲はまったく進展しないのでラブコメとして読むのがつらくなってきた。ま、それでも面白い漫画ではあると思うのだが。
『Kanon2(完)』:Keyとしてはこの作者を御指名だったらしいが、俺的にはイマイチだったのよね。頑張って描いたけどやはり舞とあゆの話のコンボだけで終わっていてアニメよりさらに簡易版になってる感じ。名雪と真琴と栞の部分も描き込め、というのは酷なのかもしれないけど、あゆエンドで締めようとすると一番関係のない舞の話をぶら下げる格好になるのは避けられないのか、とKanonのマルチシナリオを一本にまとめることの限界を見たような気がした。一番ショックを受けた真琴シナリオが抜かれるとやはり悲しいなぁ。でも、あゆの「最後のお願い」は何度違うメディアで聞かされても泣けるのは偉いよ。
2002年07月28日 09時30分00秒


ソニーの夏、ゲームの夏(02/07/26)
ソニーはハード(放送機器)を持っているメーカーなので業界内でもかなりわがまま。後輩のトクちゃんも「仕様が勝手すぎる。今後、絶対ソニー製品なんか買わない」とご立腹云ってますが、そんな彼のパソコンはVAIO(笑)。ソニーの製品ってそんなモノよね。というわけで、X−boxにゲーム機戦争で完全敗北宣言をさせたPS2の「PlayStation.com」から本日はお送りします。

PS2、カラーバリエーション。
『禅<ゼン・ブラック>黒』とは?限定品じゃなく、最近復刊されたアレではないのか?bk1にはいつまでも出てこないな、ハヤカワの復刊本。ちゃんと仕事してるのか?

お酌パラダイス『釈お酌』 釈由美子、開店とは?
ジャンル「アイドル」とはなにごとか。「ロボット」ではないのか。

『ギガンティック・ドライブ』のISF(インタラクティヴ・サイエンス・フィクション)とは?
ロボットの名前、ヴァヴェルだって。ゲーム自体が『リモートコントロール・ダンディ』のマネなのに名前の響きまで似せますカ?(『ダンディ』ではヴォーダンだった)。それにしてもロボが格好悪いのはこのテのゲームとしては『ダンディ』が「鉄人28号」を格好良くリファインしてたのに対して、変形するってコトをさっぴいても分が悪い。三石琴乃の声で「ドリルがどうした」とか云われると燃えるのは燃えるんだが。(公式ホームページはこちら

『機動戦士ガンダム戦記』LIMITED BOX(限定版)とは?
通常版との違いは偽インベーダー・キャップの有無かと思ったらTシャツと設定資料集が付くらしい。それにしてもゾックはリアルタイプにモデリングしなおされてたら燃える。あとハイゴッグで小隊を率いて北極ポートを攻めるミッションとかがあれば燃える!オリジナルキャラではオペレータ風の若いねーちゃんよりマチルダさんの友人の方に萌える自分に年齢を感じましタ。(公式ホームページはこちら

『かまいたちの夜2』、サウンドノベルで「マルチシナリオシステム」とは?
セリオシナリオシステムは追加されていないのデスカ?『雫2』や『痕2』は出ないんデスカ?>問い合わせ先が違いマス。あちこちで「怖い、恐い」と評判ですな。(公式ホームページはこちら

『戦闘妖精雪風』ゲーム化。ゲームでもタイトルに「・」は入らないのか?
これ、PS2用だったらちっとは購入考えたんだケドね……。モデリングはアニメでもしてるからそこは期待できるのだが、アニメ版の雪風がかっちょ悪すぎて。「雪風」って機体に書いてある設定だけどこうなっちゃうわけ?「百式」の「百」の方がマシではないか。

レンタル・ビデオ屋に行ったら「千と千尋の神隠し」が百万本陳列されていて、アニメの棚を圧迫していてビックリ。「殺し屋−1(イチ)−」は全部貸し出し中でしタ。

「機動戦士ガンダムSEED」、大河原邦男が無理矢理カトキハジメ風にデザインしたガンダム5体はどこか「バーチャロン」のバーチャロイド(しかも一番古いOMG版)に似ていてぐったりdeath.特にイージスガンダムはバイパー2の1Pカラー、そのまんま。設定的にはイージスガンダム=サイファー、ブリッツガンダム=バイパー2(2Pカラー)なんだけど。
2002年07月27日 00時07分06秒


映像の問題(02/07/25)
風呂上がりのエアコンってなんて気持ち良いのでしょう。思わずうたた寝。ぬがっ。

放映を飛ばされた「ER」の2話分って、医学生の人が刺されて死んじゃうのね。これって結局、精神病患者の差別問題という話題をかえって大きくしていないか?

会社でも買った人が嘆いていた「千と千尋の神隠し」DVDの赤み問題、エヴァのDVDの時と一緒だと思うとガイナックスもジブリも同じ穴のムジナに思えてならない。まぁ、エヴァの時騒いだのはオタクだけだったので黙殺されてもしょうがないし、気にならない人は気にならないし、MPEGエンコードの問題だったのでデコーダのパフォーマンスがあがれば=時が経てば解決される問題だった。今回はなまじ2枚組で予告編と比較ができてしまうあげくに、素人が見てもそれとわかるほどのミスらしい。寝ぼけた担当がイコライザーの赤レベルを寝ぼけた肘で押し上げちゃったとか、そんなんじゃないの?ビデオ版と比較するってのはどうか?
「最高のクォリティ」のお墨付きを出して突っぱねたのは誰か。プレス2回目もその「最高のクォリティ」で通すのだとしたら作品がかわいそうだね。この「最高」の使い方ってひょっとして俺の「ゲイツOS最高!」とかと一緒なのか?

今回の問題はメジャーな作品での凡ミスだからリコールしろよー、って騒いでくれるけど、東北新社の『プリズナー』DVDの問題なんか2ちゃんねるで数十人レベルでしか騒がないから音声カット問題やチャプターメニューで「悪夢のような」が「悪魔のような」になっているという恥ずかしい間違いとかがまかり通ってしまうんだよな。消費者はいつも泣き寝入りを強いられるのか?

今月のSFMは「終わり無き未来の戦いSF特集」。期待に反して中身はそれほどでもなさそう。表紙はカッコイイのになぁ。エフィンガーの小説をまず読もう。

備忘:IISでtomcatを動かす。物理的に凹凸のある木目だと光学マウス動作不良。
2002年07月26日 00時25分59秒


蓄積型データ放送サービス・ep、無惨(02/07/24)
うわぁああん、TBSで野球やっていたせいでちょびっツ録画できてない罠。くそ、6のくせに巨人戦取ってんじゃねぇよ!ってゆうか、Gコードって本当に使えないな、と今回実害を受けて初めて思った。

ちょっと今週、便秘気味で、腹が張ってきたので入院してたときにもらっていた下剤(酸化マグネシウム)を二発ぶち込んだら見事にカチカチの宿便を押し出して鉄砲水のような下痢に。いや、ふんずまってるのが取れて腹のむくみが取れたからいいんだけどさ。うーん、病院に居るときには全然効かなかったので2包飲んだのだが、ハッキリ分かったのは健康な人には効くんだねってこと。マグネシウム・アロー攻撃と呼んであげよう。

ソニー以外の家電メーカー(松下が中心)、トヨタ、通信各社などが出資して設立した蓄積型双方向放送サービス「epサービス」を実施する「イーピー株式会社」。今年五月にサービスが実施されるその時まで、「次世代放送サービス」と呼ばれていた、業界内では結構話題のサービスだったわけだけど、皆さん、このサービスの存在自体知ってました?ウチのチームの一部も一応「放送」なだけにこの会社名が「イー・ピー・エフ・ネット」から「イーピー」に変更される前からその仕事に携わっていたわけだけども、今日その部隊の人からサービス開始後、加盟者が6百人程度しかいないと云っていて驚いた。お前がホームページで呼びかけても6百人なんてすぐ集まるんじゃないか、と云われた。確かに。俺の日記は定期読者は百数十人だけど、何らかの付加サービスを始めるのであればすぐ千人の購読者を確保するのは難しいことではないと思う。蓄積型双方向サービスのなんたるかは各自ココを見て欲しい。「eSTB」というHDD内蔵型セットトップボックスを核にした、BS&地上波デジタル放送で目指している双方向データ放送の仕組みを一歩先取りした形のCS放送である。が、知名度が低いとこんなふうに失敗するぞ、という良い例になってしまったんじゃないだろうか?ウチはこの潤沢な資金を投入して行われた実験的な事業の仕事を受けたので内容的には美味しかったワケだけど。結果を出してくれないトコロの仕事じゃやりがいもイマイチよねぇ。くれぐれも地上波デジタルが二の舞にならないよう、祈る。
あともう一つ、似たようなサービス事業に「モバイル放送株式会社」というのがある。これのサービスも前から話は聞いているんだけど一般には認知されていないと思うんだよなぁ。とにかく放送業界も「ユビキタス」とか云うキーワードづくしである。機会があったら両サービスについて紹介する。

修理に出していたmobioNXが帰ってきた。回路を含む液晶全体と内蔵バッテリを交換したのでボディは生傷だらけだが、中身と画面は新品同様。結構な金額を取られたので精々もう数年、大事に使ってやるとする。OSは95から98SEにクリーンインストールしなおしたまま返ってきたのでネットワークへはすんなり接続できて、「Mobio雑伎団」のページを参考にしてハイバネーション領域を再設定してやった。これで起動時の赤メッセージが消えた。よかよか。結局、今回は非常時の代替機としては機能しなかったわけだけど、Windows98がギリギリとはいえ、スイスイ動く小さいマシンとして使い道を慎重に検討していく方向。

200円しか所持金のない男に女子高生が殺されたり、550円の万引きをとがめて人が殺されたり、物騒な世の中だなぁ。
2002年07月24日 22時44分11秒


やっと一息(02/07/23)
ThinkPadの復旧作業、もう何度目かわからんが、リカバリ作業がすっかり体に染みついてしまってまた元の環境にするまでさっと行ってしまった。ネットにつないで日記をFTP出来るソフト環境にはまた戻ったので、ホッとひと安心。プロジェクトXのつまらなさもあいまって、シャワーを浴びたあと、ついうとうとしてしまう。
なんかもー、ここんとこずーっとインストール作業しかやってない気がしてきた。漫画もろくに読んでいないしテレビも見てないし。と、思ってメモ帳を読み返したらもうトラブってから十日以上経ってることに。そりゃ長く感じるわな。
もともとWindowsMeが不安定になったからXPへのり買えようとして失敗して間を取って2000にしようとしたけどやっぱその重さが鼻についた&動かないアプリが続出で結局、Meに戻したが、そのことごとくで98SEのディスクから起動したりアップグレード・インストールしたりしてるので合計のフォーマット&インストール回数は何回になるやら。
でも、結局、当初使ってたMe、固まったりはするけれどやはりキビキビとして軽いし、ユーザーインターフェース&プラグアンドプレイが一番こなれているので、このクリーンインストールしなおした環境であと一年、OS自体は2年は使うことに決定。XPは会社でも使うようになるか、XP対応のみ対応のアプリを使うようになるまで封印じゃな。95プリインストールマシンに入れ直していまだに98SE使ってるようにMe自体の寿命はもうちょっと先まで延びるだろう。ミレニアムなだけに今世紀中はもう少し。MacOSだとPPC対応がらみでOSXの完全移行の前に段階的にハードと供に使えなくしていってるわけでそこら辺は上手いな、と思ったけどね。Windowsは愛がないのはインストールしなおして使えるようにするまでの手間が旧MacOS(漢字Talk含む)に比べてこんなに何十倍も大変だからなのだ、と思い知った十日間でもあった。あー、Macみたく初期設定フォルダどばっと持ってくるだけで設定OK!にならんもんかね。
って、Meに戻して安定したように見えて、まだハードウェア関係のインストールが残っているので、またレジストリが飛ぶんじゃないかとびくびくしていたり。

で、安心したので最近買った漫画の話をしてみたり。
『代表人』(上下完結):やっぱこの人は最初の『幕張』が『さるマン』のサンプル通りの展開で大人気になったんだから根性出して連載を続けるべきだったんじゃないのか?講談社の漫画で成功するようには思えないね。出版社を越えて同一の世代が読んでいるであろうありとあらゆる漫画のパロディを展開する、という手法はある意味斬新ではあるが、支持されなければただのアホである。
『イーダッシュ』:久々にジャケ買いした漫画。俺的には当たりの軽いSF漫画だった。退屈な日常に非日常型の押し掛け女房がやってくる「基本的」な話に見せかけて、実はタイトルの「e’」=何気ない日常そのものが「ニセモノ」であるという、足元をぐらぐらさせるタイプのSFの典型で好み。少女型バーサーカーとグリーン・レクイエム少女が出てくる愉快な漫画である。なんかPC98時代のエルフとかのエロゲーを彷彿とさせる。昔のPCアドベンチャーってこんなんばっかじゃなかった?
『金色のガッシュ!!6』:いつか書いたけど、インターミッション中でガッシュじゃない魔物の話だけで1冊、という状況。イギリスに行った時はJOJOの様に世界バトル行脚になるのかと思ったが無事に帰ってきちゃったよね。でもガッシュの物語の核心には今に至るまで触れられていないのが少し気になる。この巻ではまだテンション高いよな。
『吼えろペン5』:ああ、一時期は売ろうと思ってたのにやっぱ面白いから結局まだ買ってるよ。今回はなんといっても大哲の「おもちゃダイエット」でしょう。やばい、ヤバイ面白さだよ!他はわりとどうでも良いけど、テニスの話は『炎の転校生』の頃っぽくて良いかも。
『砲神エグザクソン5』:やはりエグザクソン=巨大ロボがガッツンガッツンいって戦わないとダメかも。情報戦も面白いは面白いんだが。敵本星部隊がどう絡んでくるかに期待。(ララーシュタインのロボット軍団よ、来たれ!)
『なるたる9』:連載を読みのがしていた部分もあって、なんでロシアに行ったお父さんと星丸が一緒にいるのかとか婆さんの正体とかに納得してたり。どうしてこの作者の描く戦闘シーンは戦っているように見えないのかな、謎だ。源文漫画とメカのクオリティは変わらないのに戦闘シーンのソレらしさには決定的な違いがある。あいかわらずこの作者がこの作品で語ろうとしている親と子の問題、母性とか父性とかは深い。鶴丸とシイナがどうなるのか、あとまだ登場してない竜の子たちに期待。

アニメ「あずまんが大王」はおとうさん帽子とペンギンちよちゃんに終始した話。いや、今回じゃなくて前回から大阪の魅力に取り憑かれている俺は、よみでも神楽でもましてや榊さんでもなく、間違いなく「おおさか萌え」です。彼女を見てるとほのぼのして心が温かくなるし守ってやりたいとも思う。コレって恋?愛?マジラヴ?

ニューストピック
「くいだおれ」で食中毒。
まさに喰い倒れてしまったわけですな(笑)。

アスパラマン、不法残留。
90日間の申請で11年間。そしてアスパラマン。誰も気がつかなかったのか?

角川書店、徳間書店から大映の全営業権取得。
「す、スタンドを戻せ!歴彦ッ〜ッ!!」なつかしのあのドラマたちが角川レーベルで蘇るのか?

JAL、航空機内で高速ネット接続サービスを提供。
最近、あちこちで無線LANの使えるホットスポットが増えてきたが、今度は飛行機のでインターネットとは!機内といえば「電子機器の使用が禁止されている場所」として病院よりも認識されているところではないか。ちょっと驚きだね。次は新幹線とかで利用できるようにして欲しいものだ。
2002年07月24日 00時55分07秒


ふりだしに戻る(02/07/22)
ThinkPad復旧作業ももう今日でトドメだ!って感じだったのに、帰って操作したらレジストリが飛んで勝手に初期状態に「復元」された。モノは入ってるのにインストールされていないって状態に。デバイスマネージャを開くとくっつけたデバイスの設定も飛んでいる。
……。
うぉーおおおっ!!

とりあえず、LANカードとビデオアダプタを認識させてネットワークが復活したところでふて寝。
2002年07月23日 00時09分20秒


ツッコミ(02/07/21)
電車の中で若いカップルが「東京ウォーカー」を見ながら会話をしている。女性の方はかなり俺的に関心度の高い教養があるのに男の方が全く応じられていなくて駄目ジャン、と思う。
女「うわーっ、でもさぁ、これなんか見たら超やばくない?」
俺「『猫の恩返し』じゃねぇか!何がヤバイんだよ!」
男「えーっ、でも有名なトコの奴なんでしょ。みんな見てるから平気なんじゃないの」

女「『うたかたの日々』って知ってる?結構有名な話でね、女の子が肺に花が咲く病気で死んじゃうの」
男「誰が書いてんの?」
女「外国の人なんだけど」
俺「ボリス・ヴィアンだよっ!」

男「田口トモロヲって何に出てる人だっけ」
女&俺「プロジェクトXでナレーションやってる人だよ!」

無論だが、俺ボイスは心ボイスね。

2002年7月期のハヤカワ文庫解説目録チェック。気になった目録落ちは『ソングマスター』『砂漠の惑星』ぐらいかな。
でもこれらが消えたことで、2日に挙げた気になった作品を加えると、一年前に選んだ「これだけは読んでおきたい今買えるハヤカワSF」100作品の中から候補も含めて10冊=1割が目録落ちしたことになる。前回の目録落ちが、いかに「名作」を多く含むものだったかわかろうというものだ。ちなみにその百冊はbk1でまだ全部買えるみたいだし、書影も全部載っている。JAは幾つか書影がないんだけど。
ハヤカワ文庫、総点数5000点を越えたそうな。

「龍騎」、仮面ライダー王蛇の複数のモンスター契約カードあり、というのはゲーム・ルール的にはかなりずるなんじゃないだろうか?合体はアリだと思うのだが。
2002年07月22日 23時49分09秒


出不精打開(02/07/20)
ネットではこうしてメモ帳更新して生きていることをアピールしてる俺ですが、どうも最近オフラインでの出現率が低まっているので「オフライン死亡説」が一部でまことしやかに囁かれていたもよう。俺はサイバーパンク小説のネット人格じゃなくてちゃんと欲望と男根を持った汚れた肉体をもてあましてる神の忠実な下僕ですってば!
まじめな話、SF研の先輩にも「最近セミナーにも大会にも来ないけど、何か人間関係でトラブルでもあったの?」と心配されてしまってビックリ。確かに去年はSFセミナー、SF大会、京フェスと頑張りすぎたのかも。今年はSF大会に行く気はなかったし、2月に入院もしてるのでセミナーで元気な姿を見せておくのが良かったのかも知れないですな。いやー、セミナーは本当に日付の都合だけで行けなかったんですヨ。
というわけで、今日は「オフライン死亡説」を払拭し、「総統健在」ぶりを発揮しに出かけることに。

午前中にIBMのスバらしいサポートセンターに電話して(いや、色々な所に電話掛けたことあるけど、やっぱテクニカルな質問の実担当者の気質はIBMが一番。MS批判談議とかできるし。コールセンターはオペレータの質よりシステムの出来に依存すると思うし)なんとか問題を解決。結局XPは次のマシンを買うまで使わない事になりそう。俺は今の環境を当分崩す気はないのだ。仮想CDROMソフトの今のバージョンが使えなくなるくらいならOSの方を捨てる。というわけで、Meにするのもアレなので間をとって2000にアップグレードした。いやー、全部手でドライバを組み込むんだけど、IBMのダウンロードサイトはマシンタイプから最新対応ドライバ一覧が取得できたので容量がつかめれば楽々だった。自動解凍のされたドライバが同一のディレクトリに階層的に解凍されるのもGOOD。ってわけで、昼までにはネット接続できるようになった。まだ家庭内LANの構築がうまくいかないのだけど、ここはサポート外なので後は自力でなんとか。

で、夜更かしのツケで正午過ぎにちょっとうたた寝。15時頃に起きて復旧作業を再開していると、池袋のジュンク堂でハヤカワSFシリーズJコレクションフェアの一環で北野勇作&小林泰三がトークセッションをやっていてそれを聞きに来ていたヒラノさんらの一派から呼び出しの電話があり、作業も一区切り付いていたので池袋に出張る。
集団の規模は十人程度。飲みに行く前にリブロに寄って、俺はハヤカワ目録最新2002年7月期版をGET。向井さんらと「戦いを描いたSF」フェアの平積みの前でわーわー騒ぐ。迷惑な客でスマヌ>リブロ。そしてリブロに対して使えなさすぎるぞ、紀伊国屋。向井さんは『さすらいのスターウルフ』『宇宙兵ブルース』などを買っていた。偉い偉い。『盗まれた街』は戦ってないだろー!というのが印象的だった。『ニューロマンサー』も戦っていないと思うぞ。『神狩り』は山田正紀のエッセイが追加されているんで買わないといけないかも。『百億の昼と千億の夜』に3カ所くらい変更があったときも俺は買いましたよ、泣きながら。このフェアを見て思ったのは、2日に書いたが俺は今度、[<ハヤカワSF文庫解説目録>から選ぶ百冊2002]という企画(形式は『この文庫が好き!』の大森望さんが勧めるSF百冊を参考にしている)をやろうとしていて、その中のスペオペ&戦うSFのコーナーで扱おうとしていた『レギオン』と『超戦士コブラ』が平積みになっているのが嬉しかったり。誰も勧めてないよな、この作品と思っていたので。『ダウンビロウ・ステーション』は再版を確認しただけで買わず。チェリイって長いだけのような気がするのよね。
本屋をひやかしたあとは銀座ライオンで歓談。お題は、ハードSFとスペオペの区切りの話とか、昔の漫画ドラマCDの企画の気恥ずかしさとか、SCSI接続の頃のMacのスバラシさとか。俺は硫酸銅の水溶液のようなブルーのBBジンジャーという「酒」を久々に飲みながら微酔いで良い気分に。店は歌と演奏がうるさかったけど、まぁ、いいっか、って感じだった。
その後、ベルギービールや沖縄食品をひやかして、向井さん宅に向かう集団から離脱して帰宅。短い時間だが楽しい一時であった。たまには外に出て飲まなくっちゃだわ、と思う日。オフはやっぱ楽しいな。ダサコンを今年中にやろう、とのださんと話す。 もう通信は回復したので今日はもうパソコンをいじるのはやめて明日にしようっと。

職場で「最近、梅雨明け宣言しないでいつの間にか『〜頃、梅雨明けです』って後から云うよね」と話していたのだが、関東と近畿で梅雨明けが宣言された。今年は例年より遅かったらしい。台風のせいかな?

高校野球愛媛大会で義足の2年生投手が救援、初白星。
引間徹『19分25秒』を地でいってるよ。カッコイイなぁ。ドラマみたいだなぁ。テレビで見たいなぁ。
2002年07月20日 23時46分39秒


ヒョウ柄のOS(02/07/19)
ThinkPadは完全にOSのブートセクターが破壊されてしまったので泣く泣く98のフロッピーで起動してHDDを完全フォーマット。バックアップ用の隠しパーティションやデータ用のパーティションも消した。それを決断するまでにあがきまくったのですげー夜更かしをする。ああぁ。まぁ、良く調べたら原因はXPに対応していない仮想CDROMソフトとパーティション設定ソフトをコンボで使った俺が悪いって事になるんだけど……。納得イカンなぁ、色々と。(OSとソフトウェアベンダーはこういう事故を防ぐようにすべきではないか、と)

やっぱり趣味のパソコンの醍醐味はOSいじり。だから良いっちゃ良いのだが、まったくプラグアンドプレイしないOSを提供してそれが最も安定しているってのはどうか?>ゲイツよ!

でジョブスはMacworld Conference & Expo/New York 2002「Jaguar」ことMacOSX Ver 10.2をかなりイイ気になって発表していたらしい。ひょ、豹柄だよ。パッケージも壁紙も!開発コードを商品化に結びつけていく手法はAppleのいつもの戦略だけどここまでとは。

アップル、ネットサービスとソフトを統合した「.Mac」スタート。
うーん、有償じゃない今のwebサービスでAppleは充分良くやってると思うのだが。ひょっとして欲張りさん?

昨日の日記で書くべきだった、パワードコムとIIJ系が提携へ。
NTTに対抗しうる大規模光ファイバーのブロードバンドネットのインフラを持つ存在になるわけだが、どこまで健闘できるか。いやしかし、本当にインターネット黎明期に比べたらアンチNTTを唱えていた俺にとっては理想的な競争状況が出現してきた様に思えるな。応援。
2002年07月20日 23時30分55秒


壊れた(02/07/18)
うふふふふふ……。
ゲイツ、き、君は最高だぁ!最高のCEOだぁ!(吉野純雄のロリータ小説風に)
XP、トビマシタ。最高です。どんな手段を使ってもリブートできないように自分を破壊するなんて最高のOSだぁ!仕方がないからね、Cドライブ、フォーマットしましたよ。だって君がいけないんだよ、俺のいうことをきいてくれなかったんだからね。そしたらね、見事にリカバリCDから起動できましたよ。この数日の作業がパーですよ、バックアップなかったらゲイツを殺すところでしたよ。ふふふ。あー、週末はまたマシンと戯れて終わりそうだな。
いや、マジな話、セーフモードでもFDでも起動しないようなブートセクターの破壊がこんな簡単に起きるんじゃ(実際の操作は仮想CDROMソフトの古いバージョンでCDをマウントしただけ)信用できんよ。Macだったら機能拡張外せばなんとかなるのでこんなの考えられんよ。
というわけでまたネット更新が乏しくなる予定ッス。ちょほほ。
2002年07月18日 20時06分36秒


XP試用中(02/07/17)
ThinkPadをWindowsXPアップグレードして、ネットワークの設定方法がまるで違っているのに戸惑い、とんちんかんなウイザードに騙されそうになりながらも手動で設定してLANとインターネットに接続できているのであぜらずアプリケーション設定の復旧を続ける。ここはさすがに先日やってる作業なのであせりもぬかりもなく、ただ時間だけが必要とされるところ、だと思う。

職場でフロア内の履き物は「かかとがある物。サンダルは不可」という通達が随分前からあったみたいなのだが、上履き(内履き?)の置き場が設置されてから「かかとなしは廃棄」みたいな内容のメールが来たので近所でかかとのあるスポーツサンダルみたいのを調達。でも置き場まで遠いのでロッカーの下を整理してそこに突っ込むことにしたら、「そこに置くならかかとがあろうがなかろうが関係ないじゃん」と後輩のトクちゃんに突っ込まれて無駄な出費をした、と悔いる。まぁ、履き心地は良いのであまりヘコまなかったけど。今のビルはN棟とS棟があって置き場は真ん中ではなくはるかN棟寄りなのでS棟の人は俺の履き物に触発されてその場所の不便さを口々にしていた。でもね、冬はそこにコート掛けるんですよ、皆さん。って、フリーデスクだから人が少なければ横の椅子にでも置いておけばいいんだけどね、締め日とかは混雑するんじゃないかと。

使っていないクレジットカードだとか、使っていないニフティIDとか、読んでいないMLとか、何故か急に整理したくなり解約の手続きをとりまくる。無駄遣いした後は節制に勤めたくなるのだ。なんかもー、衝動と反動だけで生きてますな、俺。

備忘:Apache+Tomcatの構成を忘れてるぞ、>俺。暇なときにテスト環境を再構築してみよう。

地上波デジタル放送のチャンネルが決まる。
BSデジタルの時もNHKが1を取る取らないでモメまくり、EPG(電子プログラムガイダンス=テレビ番組表)が1画面に横スクロールなしで収まるかどうかという問題もあったので大きい数字を嫌う局もいた。今回はそのへんの問題が払拭されたせいか、現在の番号と同じ番号を求める動きが強かったようだ。

PDA型FOMA端末発売。
もはや、TV電話、というよりはWindowsCE機・テリオスのできそこないのようですな。

Bluetooth搭載のPocket LOOX発売開始。
これも期待してたよりは普通の作りでPocketじゃないLOOXのH"in端末にしか魅力を感じないねぇ。同じ土俵だと東芝のGENIOe にどれくらい対抗できるのか。ってゆうか、Bluetooth搭載機は今後順調に増えて行くのか?

日立、世界初の「静音水冷システム」搭載ノートPCを発表。
インテルシュタイン博士の陰謀にそろそろ誰か気が付け。ここまでやったら昔のアスキー系雑誌のバカ特集やエクステンダーの皆さんを笑えないね。

猿軍団、日光が日本に勝利。
うぬぬ、どうでも良いんだけど、一応地元ネタで。キリヤマ隊長は今も日光でお殿様をやっているのだろうか?

【芥川賞】吉田修一「パーク・ライフ」(文学界6月号)
【直木賞】乙川優三郎『生きる』(文芸春秋)
両方とも山本周五郎賞受賞作。
2002年07月17日 22時37分17秒


XPで幸福を!(02/07/16)
台風は午前中だけで終了。夕方には晴れ渡っていた関東地方。お子様は学校が休めたみたいですな。

やっちまった。先日のThinkPadリカバリの経験は俺にかなりストレスを与えたらしく、そのストレスが物欲に結びついて…。
ThinkPadのシステムをまっさらにして復元するのにバックアップ不要ならば1日あれば出来るという自信がついたためであろうか、せっかく復元したというのにOSをMeからXPにアップグレードしようとか考えてしまったのよ。それで思ったら即実行してたのよ、なんという短絡さだ!>俺。
いやー、後輩がXPは重いのでやっぱ2000ですよー、といっていたのでやっぱMeはお世辞にも安定したOSとは云えなかったのでじゃあ2000にするか、と思ったがやはり会社では2000を使っているため2000=仕事OSというイメージがあり動かないゲームとかあるんじゃ…と思ってソフマップのOSコーナーを離れて、恥ずかしいPCのゲームコーナーに行って無作為にパッケージ裏の対応OSを見まくる。いや、2000入れてる後輩が文句云ってるの聞いたこと無いんで大抵は大丈夫だと思っていたんだが、なんか「対応OS:98/Me/XP」と書いてある物も半分くらいあって超不安になる。やはりFAT32の系譜は根絶やしにできないのか?やっぱ家の趣味のパソコンでも仕事OS使ってどうするよ俺!、XPはデモ機で使ってみて超野暮ったいが一応MacOSXのマネしてんだから新しいWindowsの世界ってのが体験できるんだろ、えぇ?とか色々な思惑が混じり合い、気が付くとXP Professional版を手に取っていた。高いのに。なんか奮発したくなっちゃったのよ、俺のバカ!
そう、結果を云うと「XPで幸福に」はなれなかった。もうコレが同じWindowsなのか!?もう死にそう!って感じなほどダサダサ。半端にMacOSのマネをするのは95の時からのMSのいうなればトラディショナルな行為なので許すし、最近95、98、98SE、2000、Me、とパソコンのセットアップをしてきたので着実にタスクバーやエクスプローラまわりは進化してるの分かったつもりだったんだけど、XP、アホすぎ。ってゆうか、従来のWindowsと同じ表示を求めない、Macの漢字Talk7からOS8、OS9からOSXへの変化だと思えばなんて事はないのだが、覚悟の問題として俺はこんなへなちょこになったWindowsは使いたくない、と云いたい。3.1から95の時もかなりブーたれたが、あれはMacOSという完成系へ近づいたイメージがあったし、長いこと95のインターフェースに慣れてきたわけで、そんな俺にはXPはつらい。つらすぎる。機能をまだ知らないだけかも知れないがあそこにあったあんな機能があさっての方でこんな機能として登録されていたりしてヘルプ無しでは生きていけない状態death.
しかも、スタートアップのヘルプガイダンスを試しに聞いてみたら死ぬほど長い音声ファイルで女性がしゃべりまくり。これがディスク3GB越えOSの正体か!って感じ。(2000ですら3GB行くか行かないかでしょ)もー、OSがでかくなったのでパーティションも切り直したくなっちゃうし困る一方よ、とほほ。
これもなぁ、しばらくすれば「スタンダード」として定着するんだろうか?それなら早く慣れておくことに意味はあると思うんだけどなぁ。
ドライブIDの設定方法をやっとこ見つけて、CD−ROMドライブに正しいIDをふったところで爆睡。
2002年07月17日 22時00分20秒


直撃型台風、第二波接近(02/07/15)
7号接近中、オレンジ警報発令!
というわけかしらんけど、強風の中、日傘を持つ女性を多数見かける。そんなに紫外線が怖いのか?あんたら「柱の男」デスカ?UVケア・ファンデーションでも使えよ!
そういえば、カタカナ言葉って同じ語源でも固有名詞化しちゃうと無理矢理読みを変えるのはなぜだろう?鉄のアイアンはゴルフクラブではそのままだけど伸すのに使う器具はアイロンだし、車はモービルだけど移動通信はモバイルだし。当然何が云いたいかというとファンデーションは化粧品だが、もみあげの人のSF小説は<ファウンデーション>だということ。これも戦争SFフェアの対象でいいんだろうか。『ニューロマンサー』や『ハイブリッド・チャイルド』や『新・SFハンドブック』にも同じ帯が付いていたから良いのか。

昨日までの作業で、アプリの使うデータで年賀状の住所録というクリティカルなものをバックアップするの忘れてしまったことに気付く。うえーん、夏なのに年賀状ソフト起動して打ち込みですかぁ〜?でも今やっておかないと、年末は仕事が修羅場になってる予定だしなぁ。
うーん、オフラインでは結構年賀状が生命線になっていることはわかっているので気を抜かないようにしないとね。喪中や引っ越しで年賀状が来ないとさらに古い年の年賀状見ないといけないんだなぁ。660AVから年賀状用データを持ってきたのがわりと最近なので復旧に一苦労。ふぃ〜。
考えると俺が最も頼りにしてる電子メールアドレスなんてリアルアドレス(住所)よりもずーっとふらふらした不確かなものなんだよなぁ。携帯電話の番号が固定電話番号よりふらふらしてるのと一緒だ。

この数日、テレビもネットニュースも見てなくて世間から隔離された感じ。ま、ここで取り上げるような出来事は特になかったみたいでなにより。

SF大会関係で気になったのは星雲賞コミック部門での『プラネテス』の受賞ぐらいか。聞いたところ例とかに記述されてたんじゃなく、しっかり候補にノミネートされてたんだって?まだ終わってもいない作品じゃん!そんなんでいいの?最低限のルールは守らないと「賞」としていかんだろ?<誰に文句云えばいいのか。
2002年07月15日 22時40分44秒


パソコンファイルの整理(02/07/14)
かなり疲れてたので絶対寝坊する、と思ったら朝のお子さま番組の時間には目がさめたので、ちんたらとThinkPadをいじりながらTVを見る。
昨晩には一通りの復旧が終わり、あとはOSやアプリの設定を復元してやるだけになった。まぁ、インストール後にソフトを一回起動してやる、という作業だが周辺機器を制御するものから設定していく。ツール、エディタ、ネット系ソフト、マルチメディア系ソフト、その他の順でほかのことをしながらゆるゆると作業。
んで、スタートメニューとデスクトップとお気に入りはそっくり戻せたけど、並び順までは戻せないことに気がつく。いや、「お気に入り」以外はスクリーンショット撮って復元したんだけどさ。ブラウザも複数あるとブックマークの並びをそろえるだけでげんなりする。フォルダも使うところは一回全部開いてやって「一覧」表示にしないといけないし。
今回のシステム復元作業にあたり、念のため作業&データディスクのDドライブのバックアップをほとんど無計画に行って息切れしたわけだけど、こういう無計画なバックアップはファイルやフォルダ名がわかっているものを部分的に戻すことしかできなくて全然使い物にならない、ほんの気慰みみたいなものなのだ。Macを死ぬほど溺愛してた頃は専用のシンクロ機能付きバックアップソフトでMOに定期的に計画的にバックアップしていた。「計画的」というのはワークフォルダにめちゃくちゃに詰め込まれている画像や動画やテキストをちゃんとフォルダに分別し、だぶっているものは削除して、あるいは日付を付加した名前に改名し、バックアップ前にファイルの整理を行う、ということである。これですくなくともどのメディアになんのフォルダが入ってるか=ファイルを特定できるようになり、定期バックアップとバックアップ日付を考慮した復元が可能になるのだ。
というわけで、前のThinkPad240の頃から放置しっぱなしだった主に画像ファイルの整理をiMacを含めて始めたら結構はまってしまった。うーん、でも機能までとは違って、たっぷり「趣味のパソコン」を堪能した気分で心地良し。
でも、正直、パソコンいじりすぎてちょっと食傷ぎみかも(ぐったり)。

<プリンセス・プラスティック>最新刊『ホロウ・ボディ』を買いに本屋へ。おお、今年の夏のハヤカワSF文庫フェアは「戦うSF」ですか。やるじゃん、おれもかつてお勧めSFのページでやろうとしたことがあったっけなぁ。『スターシップ・トゥルーパー』の人が表紙の小冊子、かと思ったら折り畳んだ紙っぺらだった。『宇宙兵ブルース』はともかく『禅<ゼン・ガン>銃』が帯付きで平積みになってるのはスゲーと思った。『ダウン・ビロウ・ステーション』も再版になったようだ。<バーサーカー>2冊もフェア対象なのかな。SF大会で今年7月の目録が配られただろうから今週末には目録入手してチェックできるかな?それがダメでも25日発売のSFマガジンは戦争SF特集でフェアとタイアップした内容らしいので焦ることないけど。うーん、『戦闘妖精・雪風』のアニメ化がトリガーだとしたら結構スゴイかも。

本屋でその名になんのひねりもない『バーチャルネットアイドルちゆ12歳』が売っていたのでぱらぱらと見る。過去ログ+書き下ろしってことですが、タイトル以上にあまりにもひねりのないweb日記のベタ打ち本になっていてガッカリ。これじゃ買わないよ。「ちゆ」ってネットで生きてるライブ感覚が良いのであって最近の更新が滞りがちな状態ですらつまんねぇ、と思ってたのに。もともとリファレンスする内容じゃないんだからそれのプリントアウト渡されてもなぁ、って感じ大。サイトマスターだけがうれしい本なのでは?
その横には『2ちゃんねる中毒』『2典 2ちゃんねる辞典』と並べて置いてあったので読む。うぬぬ、こういう本が出回ること自体が「時代」だよなぁ。『2典』はポケット版で半額なら買っても良いかと思った。『中毒』は『2ちゃんねる宣言』がでている今、何を今更、な感じ。そういえば今月は『2ちゃんねる公式ガイド2002』も出るんだったな。これって【2ちゃんねる監修】になってるんじゃなかったっけ?それってどういうこと??

「ハリケンジャー」は前回に引き続き異様に濃い内容。新幹部サタラクラは予告で見た時も思ったのだが、どう見ても職を失ったトランプマンがやってる用にしか見えない……。こんな奴が「の槍」だなんて……。成虫(?)になったマンマルバはスター・ウォーズのダース・モールっぽい。サソリ使いだし。しかし、これで「新体制」とか云われるといったいどんな組織やねん、と思うことしきり。

「龍騎」手塚の死でシンジ君に戦う理由ができるかと思ったらそんなこともなく拍子抜け。パワーアップしたナイトは「ナイトサバイブ」というらしい。また子供たちのライダーごっこでナイト役の株が急騰するな。アドヴェント・カードで契約モンスターのダークウィングもパワーアップしちゃったってこと?いままでライダーとは名ばかりでミラーワールドに突入する時以外はバイクに乗らなかったのが、モンスターがバイクに変形してしまうとは。サバイブ・カードをベント・インすれば他のライダーも当然同じ現象が起きるのかな?これも玩具のテコ入れやな、って知らないうちにもうすぐ2クール終了じゃん。……早いな。
2002年07月15日 22時35分15秒


システムドライブの復旧(02/07/13)
今日からSF大会か……。今回はあまりに遠いのと地上波デジタル放送の仕事が忙しくなるのを見越して参加しなかったのだが、仕事は諸般の事情でずれ込んで忙しくない。これからって感じである。来年は栃木県なので帰省と称して予定を入れておくかな。

土曜日なのにわりと普通の時間に起きて、ThinkPadと向かい合う。もはや一心不乱に周辺機器を接続し、ドライバを組み込み作業を続けていく。
起きてまもなく、手配されていたスーパーペリカン便パソコンポのおじさんが到着してmobioNXを梱包して神奈川のNECサービスセンターへ搬送してもらう。元気になって戻っておいで〜、モビ夫くん。
ふとmobioNXの取り扱い説明書に目が行って、そういえばWindows98が出る寸前にNECはPC98NXという規格を全面に打ち出して「PC98」祭り状態だったなぁ、と思う。NECが提唱していた「NX」パソコンの規格の最低ラインがmobioNXだったよなぁ、と思う。USBのドライバがプラグアンドプレイで検出されてインストールされているので口を持っていないだけでマザーボードはUSBに対応してるんだよな、NX準拠で。どこかでUSBの口をつける改造、請け負ってなかったっけ?
午前中で周辺機器のドライバの組み込みが完了したので昼食後、今度はツールとアプリのインストールをゆるゆると続ける。
SF大会のおかげで昨夜から更新されている巡回ページも少なく、iMacでのブラウズはやめて、TVを見るでもなく、ラジェンダで音楽を聴きながらちんたらと作業を続けていく。時たまクリックしたり名前やシリアルを入れなければならないのでどのみちiMacで遊んでる暇はなく、ThinkPadの前に張り付いてないといけなかったんだけど。もうCDもパソコンで聞くし、TVもパソコンで見てるのでマルチメディア系はDVDをiMacで見る以外は全部ゲイツOSマシンですな。
ようやっと使ってたアプリを全部入れ終わり、元通りの環境になったのはゆっくりやったとはいえ、22時頃。ちゃんとサスペンドモードに入るし、USBとFierWireまわりのデバイスの認識率もあがった。ただし、今度はPCカードまわりの認識に時間がかかるようになってしまった。むー、まぁ、いいっか。全然使えないわけじゃないし、LANカード差しっぱなしでCFカードスロットは別にもってる訳だし。

昨夜テレビで「スター・ウォーズ エピソード1」がやっていたことを思い出す。いいや、そんなもんの録画よりパソコンの復旧の方が百万倍大切だ、と自分自身を説得。
やっぱ体がガチガチにこわばっていてとても疲れたのでweb巡回せずに寝る。
2002年07月15日 22時32分32秒


末期ガン患者のようだ(02/07/12)
うおーっ!ついに騙し騙し使ってきたThinkPadが狂ってしまった!
起動の度にFDDはガガガガガ…とアクセスしに行き、電源ボタンを押せばピーッっと叫び、画面は青ざめ、印刷は出来ず、USBポートは電源が切断できないと怒るのだった。
こうなったらやるっきゃない!リカバリCDを使用してCドライブを初期出荷状態、すなわち生まれたてのベビーの状態にするのだ。
そのためにはHDDのバックアップを取るのだ!それが我がティターンズの死命だッ!って、バックアップデータ約8GB。CDR8枚+RW2枚くらいになる計算。660AVの1GBディスクを230MBのMOでバックアップしてた時とはわけが違う。データが乱雑に増えすぎてそれだけで死にそうな予感……。
で、RとRWへどういうファイル&フォルダ構成でバックアップするかで小一時間悩み、とりあえずフォルダ丸ごとOKなものから考え無しにRに焼いていくことにする。
焼き物をするには意外と時間がかかる。この日のために買っておいたFireWire接続のWin&Mac共用の外付けCDRWドライブ、前に使っていたUSB1.1接続の640MBのMOに比べればフォーマットも書き込みも早いのだが、それでも待ち時間がどうしても発生する。んで、その間にMacとWinの間でISO9660型式のCDをやりとりする実験にはまる罠。基本的にシングルタスクの人間なので余計なコトに興味が出始めると作業が進まなくなるんだよな、困ったことに!
で、日付が変わる頃、ようやくバックアップ完了。リカバリCDではDドライブはフォーマットされないことは前のThinkPad240の時に実証済みだが、SEとしての俺の性が万が一に備えないことを許さなかったのだ。いつかはやらねばと思っていた作業だっただけに達成感もアリ。
ここでリカバリCDを起動!
は、速いよ!速すぎるよ!マッハの速度で出荷状態に!
Dドライブは生きていた。わかっていたこととはいえ、超うれしい。これで復旧作業がぐっと楽になった。焼いたモノではなくDからCドライブへコピー可能な基本的な構成ファイルを戻して、とりあえずクリーンなシステムでエディタが起動できて(設定は超BAD)ネットにつながったところで(ブラウザのみ使用可能、FTPとメールは未設定、LANも使用不可)本日はタイムリミット。最強に体がこわばって、脳は最強に眠まったので風呂に入って体をほぐして爆睡。
2002年07月15日 22時30分00秒


6号一過(02/07/11)
朝からギンギンに晴れた。からっとした晴れ、と予報では云っていたが暑いのにカラッともジメッともないわい。あちぃ〜。

昨日のmobioNX代替機案の失敗の罠の続き。いやー、FDもCDROMドライブもついてないノートのセットアップって何回やっても本当に世話が焼ける。CONFIG.SYSやAUTOEXEC.BATの中身いじったのなんて久しぶりすぎる。いやしかし、うまくいったからいいや。なんか「趣味のパソコンしてる」って感じがしますにゃ〜。UNIXいじってる人はいつもこんな感じなんかいな?デバイスをマウントー!とか気合い入れたりして。
今のTinkPad i 1620(今のXシリーズにウルトラベースを付けた廉価版)はたぶん、こんな手間がかからないんでしょー。怖くてまだやってないけど。前のTinkPad240も起動ディスクさえ作ってしまったあとはすげー勢いでリカバリされたからな。恐るべし、リカバリCD。データは前はCDRに逃がしながらリカバリしたのだが、IBMのリカバリCDはCだけを殺してDは生きていることがわかったので今回は容量的にも余裕のあるDドライブに逃がしながらやるかな、っと。
あー、色々いじった結果、mobioNXは付属のリカバリCD起動用のFDでシステムを壊してしまって、泣きながら起動ディスクを作り、なんとかPCカードスロットとSCSI接続のCDROMドライブを認識させ、RAMドライブ上から騙して98SEをクリーン・インストール。ううぅ、それにしてもこんなに遅いのか、倍速CDROMと1.6GBHDDとペンチ120MHz。Libretto30から移行した時はかなり快適に感じたのに(泣)。
で、OS的には問題ないことを徹底的に検証したので、ハードに問題点があると断定。週末に修理に出す事に超決定。以前ポインタが故障した時に持ち込んだNECの秋葉原のセンターに電話したらPCサポートの現場は色々事情が変わっているらしかった。電話はすぐ繋がるしお兄さんは超親切で対応も正確。値段も検査料で半額になった上に自宅まで宅配業者が引き取りに来てくれてその料金は無料だという。(IBMやAPPLEもそういうサポートを勧められたが無料ではなかったような)確かに秋葉原に店舗を構えるより直接宅配業者に工場に送ってもらった方が安いし故障と確定してる場合は早いだろうね。IT不況でPCサポートも熱心なサービス業に変わったのだろうか?

米Tiqit ComputersのPDAサイズPC「eightythree」。
WindowsXP、Linux、UNIXのマルチOS対応のハンドヘルドパソコン。写真を見るとキーボードも付いていてビックリ。ってゆうか、中学生の時、パソコンクラブを理科の先生と発足したとき、先生が語っていた「小さく安くどこにでも」なコンピュータの出現は、まさにこういうものを指して云ったのだろう。あー、低価格の小さなゲーム機はそれはそれで登場してるし、炊飯器や冷蔵庫や電子レンジなど至る所にZ80系のチップが使われてTRONが動いている、ということで、先生の予言したある種「ユビキタス」なコンピュータは既に実現してるんだが、我々が当時機械いじりの延長のホビーとしてみた「パソコン」という意味ではがその具現ということになる。いや、既にPalmやPocetPC(WindowsCE)がそうだという人もいるかもしれないが。いやはや、未来だねぇ。

T−ZONE、秋葉原にコスプレ喫茶「Mary's(メアリーズ)」を開店。
ミナミが無くなって死にそうだったT−ZONE、秋葉原だったらオタク相手の商売で盛り返そう、というのは俺が経営者だったら絶対考えることなので正しい。ってゆうか絶対行かせていただきます。もともとネットカフェはあったんだよね。…また熱いシーズンが来るのか?>俺。

コスモスからみんなへのメッセージ。
「7月20日からムサシが帰ってくる。心配かけたが元気だ」そうです。うーん、熱心な視聴者でなかったので「スペル星人」の二の舞になってもらわなければダイジェスト版の最終回を見られて良かっただけのような気が。とりあえず事件の真相はどうでもよく、素直に放送再開を喜んでおくとしよう。後輩のトクちゃん曰く「警察に疑われるようなヤツだってレッテル貼られたんだから俳優は芸能界でやっていくの難しいでしょう」とのこと。そ、そうなんかー?
2002年07月11日 22時02分25秒


本土直撃!(02/07/10)
スゴイぞ!台風6号!日本中のニュースを独占だ!
ってゆうか、日本って平和だよな。たかが台風ごときで大騒ぎして。
ってゆうか、関東の学校が台風のせいで生徒を早く帰すなんて久しぶりじゃないの?
ってゆうか、やっぱ騒ぐような規模の大きいヤツが騒ぐようなコースでやってきてるってコト?
明日、出勤する頃には雨やんでいて欲しいなぁ。

ThinkPadの代替機としてmobioNXを復活させようとしたらバッテリ起動しない・充電されないという認識していた動作不良に加えて、時々画面が真っ黒のまま起動するという不具合が追加されていた罠。OSのせいかと思ったけどハード的なものらしい。ブラインド操作でキーオペレーションすると正常に動作するんで。ってゆうか、ゲイツOSのせいだと思って再インストールを繰り返してしまう罠。全然代替機として意味を成さないジャン、って感じ。あわわわ。
2002年07月10日 22時50分40秒


システム死亡遊戯(02/07/09)
ついにThinkPadがサスペンドしなくなって、セーフモードでシステム復元しないと使えなくなってしまった。うむむ、CドライブをリカバリCDで戻すかなぁ。悩み所。

昨日の「あずまんが大王」は待ちに待った<大人の世界>が!!エロエロよ〜っ!神楽のスクール水着ヤケにビキニってアニメだとエロいなぁ。反則。

台風6号、関東直撃しそう。あー、憂鬱。
2002年07月09日 22時04分54秒


ららら〜ラジェンダ〜(02/07/08)
昼飯喰ったら眠気爆発の日。
昼の不快指数低いよね、と云ったら「うそ〜今日も蒸し蒸しするよ〜」と云われる。うーん、あくまでも相対的なものなんだけど。台風6号は上陸してくるのかな?

ひょんなことから中古のラジェンダを安く入手。遊んでたらこんな時間に。
ファースト・インプレッションはジョルナダに比べて早い!の一言に尽きる。特に通信まわりはブラウザの起動と見栄え以外はすごくユーザーの要望を理解したものになっていてこなれた感じ。作ってる人が実際に「モバイル」していて利便性を追求してるのがわかり、文句無し。Windowsを簡略したのがCE、あるいはPocketPCなハズなのに面倒くさい通信設定はそのまんま、というのが見事に解消されている。(今売りのはどうだか知らんけど)あとメモはPaimのGraffityなしとほぼ同一の使い勝手。これはかなりの誉め言葉だ。テキストファイルなのに開くだの保存だのをする必要がない、紙の「メモ」と一緒だ。しかも様々なファイルはCFカードの所定のフォルダにコピーするだけでクレイドルでシンクロさせる必要がない。逆にアプリケーションはジョルナダで出来たCFカードから.CABファイルでの直接インストールは出来なく、すべて母艦PC経由必須となる。しかもラジェンダ専用のソフトしか使うことはできない。まぁ、付属CDのアプリ以外使う気がないし、それらは今のところ必要最小限なものがそろっており、すべてユーザー・インターフェースがすごくこなれていて使い心地がとても良い。MP3の音楽再生機能なんかもバックライトオフでキー操作だけ生きているというすばらしさ。メモリは16MBずつRAMとフラッシュROMになっている模様で、アプリ動作領域と保存領域を自分で振り分けていたCEと異なっている。まぁ、16MBはこの手のマシンでは充分すぎる大きさなのでいいけど。実は大きさもPamlVxとほぼ同じで厚みは約二倍程度。それでCFカードTypeIIまで使えるのだから大したものだ。なによりも液晶が明るく見やすいのが良い。初めて見た時から欲しかったので嬉しい。色もなんかしらんが偶然欲しかったiMacとおそろいのグラファイト系(sparkle)。これ一台でFreshMusicとPalmの代わりになるならしめたもの。果たして実際持ち歩いてみてどうなるか。
以前、カナザワさんからもらったパームサイズCE、同じカシオペアでもE-55は見た目だけで(飾ってあるのを見てスゴク欲しくなったのはたしか)まったく使い物にならなかったが、(とりあえずフリーウェアのタクス・マネージャやMP3プレーヤとか色々突っ込んで実験はした)その時の不満が全部解消されているのはスゴイ。やっぱ物造りはこうでなくっちゃ、と思わされる。あー、モノっていうのはソフトも含めてね。

W杯は景気にマイナスの影響。
そうかー、出歩く人が少ないというのはそういう風になるということか。デパートとかガラガラだったらしいもんね。あと会社員が有給休暇を全部消費するようになれば景気は良くなる、って話もあったよね。

テレビゲームは大脳活動に悪影響。
ほら、やっぱゲームするだけなんて非生産的で駄目なんジャン。って、学生時代にゲーマーの友達がしてたのはテーブルトークRPGやカードゲームの類だが、そっちは創造性を高めたりはしないんだろうか?
2002年07月08日 23時59分56秒


七夕か…(02/07/07)
昨日に引き続いて風が強く、晴れている日。台風の影響か?
ふるさと「みやまつり」という宇都宮市の七夕まつりは8月だった気がする。阿佐ヶ谷の七夕まつりもそうだっけ、近くなのだが一度も行ったことがない。子供の頃、仙台の七夕まつりに行って感動した。道路も片側三車線あってそれも驚きだったなぁ(当時)。 七夕は短冊に真剣にお願いを書いた事はないが、織姫(織女)と彦星(牽牛)が晴れたら会えるというのは信じていていつも天気だけが気になる。俺の記憶では会えていない年の方が多いような。

駄目だ、ThinkPadがもう死にそうdeath。なんかモデムやらシンクロナイズソフトやらがかちあってポートが開けないとかいって止まりやがる。英語BIOS設定画面のチラが出たり「dllで異常が発生しました」ダイアログがしょっちゅう出たりする。真っ青な画面もたまに出るようになってきた。色々くっつけすぎるとこうなるので一台のマシンに何でもインストールするのを嫌っていたのだが、もうこのマシンも色々くっつけて、色々つっこみすぎたせいでWindowsのシステムがおかしくなってきた。(超良くある事態)しかし、ここまで色々やらせてしまうと「復元」不可能なんだよなぁ。今、リカバリCD突っ込んで初期出荷状態にもどしたら家で何もできなくなっちゃう。
泣けるのはPalmがUSBで認識出来なくなってしまい(CEは単体で大抵なんとかなるが、Palmが母艦に繋がらないのは致命的)、ホントに泣く泣くシリアルケーブルを買ってきて繋ぐ。退化してるよ〜。ううむ、Macの時もUSB機器のドライバってすぐかちあったんだけど、それが起きてるとの違うか?デバイスマネージャを開いて手でドライバの有効・無効を設定してようやく動いてる有様。×や!がついているのも問題外だが、それを俺が手動でコントロールしてるようじゃもうおしまいか?mobioNXを代替機として復活させて、Thinkpadはリフレッシュ作業を始めるべきなのか?あー、そこまでするならやっぱ新しいノートパソコン欲しい!

今日も午前中は頭がハッキリせず、ハリケンジャーはビデオで見ることに。カンガルーレット強いジャン!俺は強いヤツが好きだ。あと宇宙くのいち、黒岩よしひろの『サスケ忍伝』に出てきたみたいなマヌケな名前のバリア使うな!あっさり破られてるし。

龍騎は北岡先生がやっぱり強がってるけどゴロちゃんが心配!ってな感じの描写がモーホーじゃない俺にもビンビンに伝わっていてイヤだった。やおいスキーな女子が騒ぐ様が目に浮かぶ。手塚と親友の関係も普通恋人とかでやるべきなのでは?って云ってるまもなく後輩の予言通り良い人ライダー・ライア死亡確認。それにしてもナイトのアップグレードカードみたいのは何?(笑)

キャメロン監督のSF映画「ダーク・エンジェル」、どうしてもビデオで見る気がしなかったのでテレビで見る。おお、番号で呼ばれてるよ!禿げてるよ!バーコード付いてるよ!バイクメッセンジャーという職業がギブスン的アフターサイバーパンクな感じですな。TVシリーズも続いて放映するようだが、作りとしては堅実で地味なので俺は見るかどうかわからんね。エアーウルフやナイトライダーのような番組が懐かしい。
2002年07月07日 22時47分17秒


罠(02/07/06)
来週はSF大会でエピソード2かよ。日が経つの早いなぁ。

夏だから、上着もないわけで、いつも上着の内ポケットに入れてる携帯も二つ折りのN503iSになったわけだし、ズボンの前ポケットに入れたりして休日はうろうろしてるわけ。んで車を運転してたら着信入ってバイブが股間直撃○ガ・サターン!の罠。ギャグでやった時と違って、別の意味で死にそうになった。マジで。

ソフマップに押し入れの整理で出てきた不要な周辺機器を売りに行くと、ソフマップ買い取りセンターの前にじゃんぱらの買い取りセンターが待ちかまえている罠。これにひっかかる人は多いだろう。駅に近いし、なによりもでかいので早く査定が済みそうな気がしてくる。しかし、ソフマップカードもゴールドなくらいソフマップを利用してる俺はプールポイント還元で価格アップ!を忘れなかったのでソフマップに行った。だが、「買い取りポイント10%アップ券」を持ってくるのを忘れた罠。しかも売った金で帰り道についつい気が緩んで要るか要らないかわからない叩き売りグッズなどを買ってしまう罠。売りに行ってその額よりも多く使ってしまうのはBook-offとかにも共通の罠なので注意したい。電子機器も型落ち品のための周辺機器を探すのはホネである。陳列棚に置いてあるうちだけが花、という意味では本に似ている。というわけでジョルナダ関係のパーツを探して放浪するハメに。中古品はあったらその場限りなので買わないとだめーってのも本と一緒。

SF研の部室に行くとビデオで魔法少女っぽいのがやっている。これがロリータアニメには興味を示さない俺にはめずらしくえらくツボで「何コレ?魔法遊戯?魔法?魔砲少女四号ちゃん?HER、HER、」とか云って騒いだところ「陸上防衛隊まおちゃん」だった。赤松健が原作なのか。どーりでみんなしのむ顔だと思った。赤松センセの絵で俺の脳内<魔砲少女>をやられたんじゃしょうがないね。8歳児で国防挺身隊というのが俺的には単純に笑えて良いと思った。防衛失敗で終わってるがイイの(笑)?
同じ原作付きの「最終兵器彼女」「朝霧の巫女」はまた後でということで。両方とも原作漫画を知ってるし、後者は特に媚びた「萌え」に走っていそうなので一回見せてもらうだけのつもり。
で、間違えた方の「魔法遊戯」だが、LYCOSでweb放送されて好評だったことしか知らんのよね。TVKでは「アベノ橋」の後番組だから1話を見ようとしたんだが寝坊してしまって見られなかった。
同じ原作無しの「ジオンらいだーす」「円盤皇女ワるきゅーレ」もまたあとで。大まかな話を聞く限りこっちの2本は興味アリ。できれば続きをテレビで見てみたく思う。

次世代DVDでも非互換2規格。
まったく何度同じ事を繰り返せば気が済むのか。同業他社が居る限り無理なのか?

日本人の半数が不眠症。うち三割が自覚症状ない潜在的不眠症。
コレって本当なの?いびきをかいて無呼吸症候群とか夜型生活が多くなったとかコンビニの明かりがいけないとか。
2002年07月07日 20時09分40秒


近所の事情(02/07/05)
久しぶりに反対側の商店街に行ったら建設中のビルのテナントが吉野屋だった。これで松屋は牛めし以外専門に?(笑)
使っていたマンガ喫茶が消えそう。潰れたらあのマンガはどこへ行ってしまうのか?以前、この通りにあった古本屋が消えてクリーニング屋になったときは早川書房の世界SF全集を買っておけば良かったと後悔したものだが。あれから九年か…。
読みたいが部屋に置いておきたくない程度のマンガ本(多くは大学時代の少年サンデーの連載)はマンガ喫茶を外部倉庫に、という案はもろくもくずれたわけだ。
んで、あるマンガが読みたくなってつい、古本屋のワゴンで不揃いの最後の2巻を買う。ああ、これ、あとで整理するとやり場がなくなるんだろうなぁ。
「あるマンガ」とは村上もとか『ヘヴィ』である。90年の出版。この頃は『帯をギュッとね!』は桜子が柔道を始めた頃で『青空しょって』がオーガスタでギーガンと戦ってたり『拳児』が中国渡ってたりと、サンデーが最高潮に面白かった頃。って、自分が弓道部でレギュラーだったせいか、『パトレイバー』なんかよりスポーツものに入れ込んでたんだなぁ。特に今は「ロッキー」とか15年ぶりにDVD見て盛り上がってるせいか、この漫画、とても面白く感じる。全8巻のうち世界統一ヘビー級タイトルマッチのラスト2ラウンドのために2巻使っている。みっちりとつまった感触。書き込まれた一発一発のパンチの描写に震えが走る。人気があった漫画ではないが力量のある著者の秀作と云って良く、思わす唸る。人気があるから長く続いちゃうとか、もともと長く続けられる構想なのでだらだらと何十巻も続いて尻つぼみで終わる人気作もあるけれどやはり漫画はこれ位の長さが良いんじゃないかな。(『金色のガッシュ!!』とか今から心配してたり)

日本テレコムから26円(消費税込み)の謎の請求書がきてコンビニで支払い、笑われる。俺だって笑っちゃうよ。一体何に使ったんだ?

『幸せ 恐竜音頭』と聞いておどる・11ではなくて「どばっと出てきた怪獣は〜」の『怪獣音頭』を連想してしまい、しかも「全然恐竜の歌じゃねーよ!」と怒ってる俺は今時のおじさんですか?日本の歌謡界はもうお終いdeathカ?

MacOSXの操作、いつまで経っても慣れないのでついクラッシク環境に戻してしまう。あ、USB機器のドライバがOS9までしか対応してないんでそれらを使う時は必然として戻すのだが。OS付属のアプリでネットやDVD&ムービー鑑賞に使う分には全く問題無いし、こんなイカスインターフェースはないと感じてもいるけどねぇ。まぁ、もともとOSXはいじって遊んでる感じだから許すだな。

「銀河高原ビール」の高原販売が破綻。
いやー、新宿の串焼き屋だの飲み屋だので飲めるので「なんでどこでも飲めるのさ、『銀河高原ビール』?」とか云いながら飲んだものだが。地方限定品がどこでも飲めるようになった時点でプレミアムが無くなるんじゃなかろうか?ちなみに近所のお好み焼き屋でジーマを扱ってるのでその近くの酒屋に行ったら置いてあったのでごくたま〜に飲む。

ソフマップ、ヤマギワのソフト部門を買収。
げぇっ!結構、秋葉原では石丸の予備として使ってたのに。品揃えは今のままだろうか?

『サトラレ3』:うーん、やっぱマンガは説得力が無いようには思えないなぁ。マンガ時間での積み重ねや、2巻までの細かいエピソードの積み重ねのせいだろう。初掲載を雑誌で読んだらどう思っただろうか?今回は自分をサトラレだと思って引き籠もってる人の話がリアルで良かった。前の巻からの続きのエピソードもそれなりに良い。
2002年07月05日 23時43分12秒


縁の深まる日(02/07/04)
天気が良いので後輩のトクちゃんとお昼を食べに都庁まで。うわっ、夏の日差しだ。

非常に懐かしい人からメールが。俺のSFの歴史に置いて牽引役の先輩と推進役の後輩が居たことは忘れては成らないのだが、その推進役の後輩が遠い熊本の地から東京に戻ってきたのだ。年賀状はやりとりしていたが、電子メールが使えなくて遠くに感じていたものだが、携帯でメールが出来るようになったあげくに物理的な距離は近くなったわけだ。第一報を俺にくれたのが何より嬉しいし、会うのが楽しみである。そうか、でもヤツの結婚式に行くときに東鳩やってたんだもんなぁ、もう5年かぁ。

近所の百円ショップは利用する間もなく消え去り(ブックエンドが欲しかったのだが)その跡地にはドラッグストアが出来た。駅の反対側にもあり、普通の薬屋もいっぱいある。いらんわ、そんなもん!って感じ。

「サトラレ」のドラマを見る。うーん、マンガだと無理を感じなかったけどドラマだとサトラレ半径を絞ってるのに設定に無理があるすぎるように感じるねぇ。マンガだともう少しサトラレの知識が社会に根付いてるけど、そのせいかなぁ。でも説明的にしないと視聴者がわからないからなぁ。確かに鶴田真由は丸い顔だ。がそれは髪型のせいでしょ。もっとアンパンマンな人いるでしょ(小池栄子とか)。彼女先輩の好みのタイプだったんだよなぁ。もう32なんだよねぇ。ああ、オダギリジョーもこれで仮面ライダーの人じゃなくサトラレの人って云われるようになるんだろうなぁ。

<おもちゃ市場>大人の需要拡大で高価格商品好調。
これが今の社会構造だ!カラーテレビで育った世代が総オタク化。

Mac OS X 10.2、8月初旬に登場か。
そうッスか。新しい統合アップデートかけて10.15にしたばかりなのになぁ。

民放3局がTV番組ブロードバンド配信をスタート。
おお、ストリーミング放送の時代が到来だ。ケーブルや衛星のようにアニメや特撮専門のチャンネルどころか個人個人が勝手な時間に勝手な番組を見られるようなオンデマンド放送が可能になるのだ。「オン・デマンド」って言葉が流行ったのって何年前だ?
2002年07月04日 22時19分34秒


本当は怖ろしい日本語(02/07/03)
「コントロールパネル」がうじゃうじゃ増えて困る。クソOSですな、Windows。特にMe。XPは店頭で触るともっと駄目な感じ。今使うならやっぱ2000なのか。仕事OSってイメージがあるんだよなぁ。あと「アプリケーションの追加と削除」も最悪。ソフトによってここに出てきたり出てこなかったり、JavaやQuickTimeみたいにヴァージョン違いで上書きされずにどんどん増えていくのも困りもの。バージョンが出てこないドライバもあって泣きたくなる。

そういえば、百科事典に続いてこの前の押し入れ整理で広辞苑を、…捨てないけど最も奥にしまったのだった。ドクターマウスやネットの検索エンジンがあれば普通困らない。なまってたり、独自省略だったり、俺が正しく読み聞き出来てなかったりすると困るのだけど。
あー、でも検索エンジンは「間違った日本語」でも引っかかってくるので微妙。ことわざと四字熟語は事典系ページもあるので間違わないけど、常套句とかはどうだろ。的は得ますか?射ますか?
早急は「そうきゅう」?「さっきゅう」?とか、四つのうちどの「おさめる」かとか、「ず」「づ」などは最近のATOKの変換ガイドを信じるのが吉。しかしネット文化では初期のFEPの誤変換が起源の言葉もあるしな。俺自身としては換装を「装換」と登録して無理に打っていたり踏襲を「しゅうとう」だと思っていたり大学出てから気が付いた笑えない間違いは多い。
あと漢和辞典は当分手放せないなぁ。重要じゃないと例えば人名で「邑」を「ムラ」と読めなくて「巴みたいな字」とかで覚えてたりとかしちゃう。中国語フォントがあれば「読める」ってわけじゃないよね?
「役不足」「気がおけない」の間違った使い方とか。後者は知ってしまってカラオケで歌える数少ないデュエット曲「ふたりの愛ランド」を歌いづらくなったり。
「片腹痛い」も間違いで=側にいられないの意で「かたはらいたい」なのね。「有り難い」=「ありがたい」みたいなものか。
「射程距離」は重複表現か。「頭痛が痛い」とかじゃないとわからんな。
同じ様な意味で並べ替えられてるおざなりとなおざりとか。バチカンとバカチンを例に出してくるとは思わなかった(笑)。
某放送局ではOA直近のことを「暫近」というんだよな。中国語じゃないんだから漸近線の「漸近」ではないかと思うのだが。
子供の頃は「十八番」になぜ「おはこ」とルビが振られるのか謎で、伝統芸能から語源を知るのは重要だと思った。「大喜利」が読めなかったり、「判官びいき」と「宦官びいき」とか。後者は俺の独創(苦笑)。だって馬鹿って語源は宦官の人が…。
うーむ、日本語の本が今、沢山出てるみたいだけど、こういうの注意してる本はないんかいな?
と、いうわけで見つけた、例えばこんなページ。言葉は変化するものだから「ら」抜き言葉とかも目くじら立ててはいけない、と誰かにいわれて激しく同意したものだっけ。でもΖガンダムでジェリドは思いきり「汚名挽回」してるしなぁ。マンガやアニメは子供が見るんだからなるべく正しいものを、というのは爺臭い考えなのか?本もかくあって当然だが小説やエッセイなんかはその時々の言葉で書かれて良いと思うんだけどね、文化的に。

備忘リンク。「トーキングヘッズ叢書」「奥野かるた店」
安田ママさんのサイトで「好きな雑誌オールタイムベスト」募集があった時、奇をてらい「トーキングヘッズ」は雑誌なのか?と思ったり。ってゆうか正直、三省堂で見るたび「まだ続いてんのかよ!」と驚いているのだが。トーキングヘッズといえば、93年のバラードの号ではさりげなく鈴木力氏がSFセミナーレポートを書いている。この頃、同人誌は雑誌に次ぐ重要な情報媒体でありました。
で、雑誌のオールタイムベストってSFMになっちゃうよな、とか思っていたのだがそれは社会人になってからの話。この前押し入れ整理して分かった。俺にとっては「Animec」「コンバットマガジン」「快楽天」この3つが引っ越しに耐えてバックナンバーを持っているのでベスト3かな。ベーマガとかログインとかアイコンは選べなかった。他に挙げたいところでは、ホビージャパン増刊「Mark1」とか「デュアルマガジン」とか。なんで思い浮かばなかったんだろう?
奥野かるた店と書泉ブックマート2Fに通い詰めて百面ダイスごろごろ云わせてた連中は今はカードにハマって「イエローサブマリン」に出入りしてますな。90年代初頭、彼らとは翔企画のカードゲームを良くやった。俺はゲームなんて非生産的だ、もっとSF読もうぜって云いながらね。ゲーム名は覚えていないが、古今の兵器を戦わせるものとか正義の味方対悪の秘密結社とかモンスター戦わせるヤツとか。非常に完成度が高いゲームが多かった。モンスターメーカーってかつての翔企画の代表作か。主催の鈴木銀一朗さんって健在なのかしら?MTGや遊戯王、あるいはトレカなど今のカードコレクションの隆盛を誰が予想出来たろうか?

アビバ、個人情報流出。筆頭にはガッツ石松の名前がないといかんでしょ。ってゆうか、俺最近個人情報垂れ流しすぎて怖いわ、ネット。でもそれ出さないと手に入らないものもあるし、通販とかは便利だし。

低価格双眼鏡デジカメ。うぐぅ、この価格帯だとすぐ無駄遣いしたくなる〜。イカン、イカン。あんた何も覗かないでしょ?

アニメ「ちょびっツ」、パソコンは生活防水ですか。海で遊ぶのは生活防水でOKですか?って基本のノリが風呂の時と一緒なんですけど…。いるか〜っ!イルカッ!海豚!あっ、エンディングが変わった!またCD出して稼ぐ気?っつーかコレ、全何話?
2002年07月03日 22時12分35秒


シンクロニシティ(02/07/02)
ジャストなタイミングで林さんが俺の企画してたことの一部をアップしてくれたのでリンク。(実は個人的にリストがあればもらおうとしていた)そうなのよ、今回のハヤカワ文庫解説目録落ちの作品ってば凄いのよ。俺の特に気になったモノは以下。
『停滞空間』 アイザック・アシモフ
『神々の糧』 H・G・ウエルズ
『ホログラム街の女』 F・ポール・ウィルスン
『海底牧場』 アーサー・C・クラーク
『渇きの海』 アーサー・C・クラーク
『天の向こう側』 アーサー・C・クラーク
『人間の手がまだ触れない』 ロバート・シェクリイ
『火星のタイム・スリップ』 フィリップ・K・ディック
『ノヴァ』 サミュエル・R・ディレイニー
『輪廻の蛇』 ロバート・A・ハインライン
『時の門』 ロバート・A・ハインライン
『悪徳なんかこわくない[上][下]』 ロバート・A・ハインライン
『自由未来』 ロバート・A・ハインライン
『地球の緑の丘』 ロバート・A・ハインライン
『栄光のスペース・アカデミー』 ロバート・A・ハインライン
『ハイ−ライズ』 J・G・バラード
『恋人たち』 フィリップ・ホセ・ファーマー
『この人を見よ』 マイケル・ムアコック
俺がやろうとしてたのは昨年7月期の目録から「今買えるこのハヤカワSF文庫を読め!百冊」みたいのを読書日記で展開しようと思っていたんだが、もうすぐ今年7月期のがでるだろうからそれを待ってできれば実行したいところ。ってゆうか、上記未読の人は押さえておいた方が無難だと思うぞ。まだ売ってるヨ!
いや、今年1月期の目録をもらってきたのは先日だけど、企画自体は昨年7月期の解説目録から抜粋、というもので、神田や近所の本屋の本棚チェックして、今年1月期の目録からいわゆる「重鎮の名作」が結構消えていること(初めて消えたものもある?)、そもそも青背の品揃えが弱まっていること(その月の新刊と続きモノしかない)は知っていたのだけどね。まぁ、御三家のラインアップを絞ること自体は97〜98年頃、俺が「実施すべき」と云っていたことなので文句はないが、代わりに入ってる作品に問題があるよ。最近の本屋の本棚の先頭はアは「アシモフのア」じゃなくて「アサロのア」、尻はワトスンどころかラファティでもなく<ロズウェル>の筆者「メッツ」なんだよな。とほほ。最近の書店&新古書店のハヤカワ青背の絶滅状況を強く訴えたい!

今日の「プロジェクトX」はデジカメ。カシオQV−10。デジカメもこの番組で取り上げるモノなのか!と、時の流れにびびる。プロジェクトメンバーの人、全員、秋葉オタク?(笑)8ビットパソコンもやって欲しいなぁ。プリクラをやる日も近い?(やってないよね?)

「大検」廃止でちよちゃんも留学せずに国内大学へ進学可能!とか思ったら、ビデオに映ってるのは「Kyo」という別のアニメ。あわわ、間違えちゃったよ〜。

高度一万メートルでの航空機同士の衝突事故。一体どの位の確率で起きるものだったんだ?低空で空港の近くなら兎も角、三次元で高空だもんな、航路ってのがあるにしてもねぇ。ユニセフ行事に参加する子供が乗員のほとんどというのは悲惨だなぁ。

テレビ東京の「やらせ窃盗団逮捕&逃走金提供」。まぁ、そんなもんでしょTV番組って。うーん、本当に個人のせいにしていいんですか?

ワールドカップMVPはカーン様。GKでは初だとか。これと最下位決定戦でお祭りネタはもう終わりにしようね。経済効果としては結構プラズマテレビが売れたみたいね。ま、それもイイんだけど。
2002年07月02日 22時37分57秒


郵便的不安(02/07/01)
昨日、もう梅雨寒は終わったかな、と思ってTシャツ一枚で寝たら起きたときにはスウェットの上着てた…。寝ぼけている時の記憶というより、最近起きているときの記憶が曖昧なんだよな、家計簿見ないと三日前の晩飯何喰ったか覚えてないし。
ニュースで大雨になると云っていたので心配していたのだが関東はなんとも無かった様子、でも気温はあったので不快指数は高かったじゃないかな。梅雨寒の夏は猛暑だというけどどうなんだろ?

自分は人の良い所だけを見つけてそこだけ見ていられる人かと思ってたんだけど、最近人の悪い所ばかりが目についてそれをつい口に出してしまいそうになる。うーん、つき合いが長くなるとどうしてもしょうがないことなのかなぁ?他人の心が探りたくなるがそれも気が狂う話だよなぁ、と思う。俺はサトラレみたいに人に自分のことを話してしまう方だからそれも悪いのかと思ったり。

ふと、地下鉄の中で「車内での携帯電話のご使用は…」というアナウンスに気がいった。そのアナウンスにまっこう対立するように目の前の女性がメールチェックしはじめて駅と駅の間でメール着信&受信してるのを見ちゃったから。地下鉄の駅構内ってPHSじゃなくて携帯の電波も入るんだ。そんなに急いでる風でもなかったのになぁ、これが郵便的不安の極限か、と思った。いや、俺にもその気はあるんだけれども。 で、PHSとH"、悩んだ末にH"を残すことにした。どっちーも、ってわけにはいかないしね。

トラマガこと、「トラウママンガマガジン」発売。うーん、「ゲームセンターあらしA」が気になるなぁ。他は全然どうでもいいんだけど。
「アワーズ」なんか、今月号はしょぼくて買って損した感じ大。いや、「朝霧の巫女」のアニメ化とか「オタが行く!!」とかはイイんすけどね。あと「エクセル・サーガ」にJOJO入ったコマを見つけてまたガクガク云ってたり。
2002年07月01日 22時53分31秒



2002年6月のメモ帳へ

私のホームページへ