4月17日、イタリアゼネスト速報
ブラジル、ポルトアレグレで「アナキストの日々」、社会フォーラムと併行して開催される
2月15日、イタリアでUSI、COBASなど独立派組合のストライキ
2001.8 アナキスト・レジスタンス・プラハS26と反資本主義者運動のグローバル化
アルテルナティヴ・リベルテール(AL)誌から
==========================================================================
2000.11.2 9.26プラハに向けた国際アナキストの声明  
2000.11.1 フランスCNT−PARIS 5月もう一つの未来週間より
 以下に、この5月パリの街角を埋めたフランスCNTの集会の様子を伝える。
パンフ『自由共産主義の新しい青春』で紹介した運動の、その後の一つの結節点をなす週間であったようだ。
理論的にもいくつかの地平が示されているように思う。来年には、もう少し詳しく全体の流れを鳥瞰したパンフレッ
トの刊行を予定している。
 なお、我々の立場から若干の問題意識を述べておくと、AIT96年大会にて除名されたCNT−PARIS、USIなどが、
新しい労働運動の流れ(ユニコバス、エチェンジ、Sudなど)と積極的に交流していること、またスペイン
CGTやIWW、スウェーデンSACなどの他のASグループ、東欧などの独立組合との交流を深めていることなど、
アナルコ・サンディカリズムに内在する問題に翻訳していえば、CNT−FAIのCNT、つまりアナキズム
の労働運動的展開についての、現在的実践の模索と深化が追求されていること。また、FAI問題について
、ALやアイルランドWSAなどのリバータリアン・コミュニスト(絶対自由共産主義者)の政治組織としての実践的
理論的地平が、模索され提起されつつあることなどである。
 そうした点に焦点をあてながら、21世紀を切り開くアナキズム労働者運動として今後も注目していきたい。
  ◆メーデーのデモに5千名結集
  ◆国際アナルコ・サンディカリスト会議 《もう一つの未来に向けて》 (ル・モンド・リベルテール00.5.11 No.1205)
  ◆Sud−PTT 今日、革命的サンディカリズムの再生はあるのか  (同上)
  ◆スペイン労働総同盟CGTの、リバータリアン勢力の団結にむけたアピール (同上 No.1209)
  ◆「もう一つの未来」  もう一つの存在についての総括 (AL アルタナティブ・リベルテール 00.5 No.87)
  ◆『もう一つの未来に向かって』プログラム












==============================================


チリの炭鉱労働者のストライキ  96.5〜 /Strike in Chile from AIT Int.Sec

アナ・マリアに自由を!  97.8.2 
FOR ANA MARIA'S LIBERTY! An International Campaign in Solidarity with the Noriega - L'opez family