ネグリ、ハーディット著『帝国』:アナキストの視点からの書評(PDF20頁)
  皇帝は裸ではないのか?
  アイルランドWSM(労働者連帯運動)のパンフレット
  (2002.4.23)

■EZLNサパティスタ

*最新の情報については、メキシコ先住民運動連帯関西グルーが日本語訳で精力的に紹介している。
また、英語ではアナキストの国際ニュースWebであるA−INFOが継続的に流しているので参照されたい。
その他アイルランドのWSM(労働者連帯運動)が参加している支援グループのWEBにも豊富な情報がある。

サパティスタ運動とアナキズムについて 2001.1.8

以下にアナキストから見たサパティスタの運動についての議論をまとめて紹介する。
イタリアのA誌とUSA・IWW内アナルコ・サンディカリストの理論誌から。

1.サパティスタ運動

 チアパスを忘れるな ――これまでの物語

2.リバータリアン・チアパス

 ピエトロ・ベルメンテーニーとのインタビュー
        インタビュー者はデーノ・タッデー
        イタリアのリベスタ・アナルシカ誌1999年10月no.257

3.サパティスタ運動はリバータリアン運動か

ピエトロ・ベルメンテーニー /リベスタ・アナルシカ誌2000年3月262号

4.サパティスタ、アナキズム、「直接民主主義」

 米「アナルコ・サンジカリスト・レビュー」27号(1999年冬)

・ノアム・チョムスキー サパティスタの反乱  1994.1.5


90年代社会闘争とフランス・アナキスト運動(1996)  
    Philipe Pertier(FA;フランスアナ連)
■95年以降のCNT−F 《自由共産主義思想の新たな青春》 (パンフレット2000.4.15/PDF)
    ル・モンド紙記事/フランス・アナキスト組織AL,OCL,CNT−Fを含めた解説/
    関連論文として、D・ゲラン「アナキズムとマルクス主義」/A・パネクーク「思想と行動」
    を収録。A5ー52頁、六〇〇円。