Free JAMAL Campaign

7.7たなばたコンサート&パレード in 渋谷 に参加

 2005年7月9日(土)午後4時過ぎより、宮下公園にて、「たなばたコンサート&パレード in 渋谷」が開催され、約200名が参加しました。ジャマルさんを支援する会/ジャマルさん救援会もこの企画に賛同し、多くの会員が積極的に参加しましたので、簡単にご報告いたします。
  法務省・入国管理局に強制収容されている外国人・難民申請者の処遇改善を求める「1435虹の架け橋」の催しとしては、昨年の法務省を人の輪で囲む行動、本年3月の品川入管人文字キャンペーンに続く、アムネスティ・インターナショナルとの共催での三回目の取り組みです。今回は、家族とむりやり切り裂かれた収容者の思いを、七夕伝説の織り姫とひこ星に託し、家族との再会という願いを強くアピールするものでした。入管収容所に幽閉されている約1435名にあわせ、収容者やその家族をはじめ全国から、当日までにその数だけの願いを込めた短冊を集め、7月7日にはその一部を法務省に持ち込み、9日当日残りを飾ったササをかかげての行動でした。
 ジャマル支援会で、バナー、写真を広げ、ビラ配布、署名集め、書籍の販売などをしていたため全体の様子はハンパにしかつかんでいませんが、「王様 rAnAtEkA イイダコス バリ・ダンス 沖田征吾」の唄、演奏、アピールや、民族的舞踏、エルダル・ドーガンさんの発言などが続きました。集会の途中からあいにくの雨となりましたが、雨にもめげず元気いっぱいの企画となりました。
 午後6時半から、先頭にサウンドカー、浴衣や民族衣装の参加者、ジャマル支援会・クルド人難民二家族支援会などが続き、渋谷一周のデモに出発。雨をついて、はつらつとして衆目をあつめるデモ行進でした。難民支援にかかわる多くの弁護士さんが参加しており、とりわけ渋谷の街路に響き渡る、踊る弁護士こと土井香苗さんのアジテーションと乱舞は感動的でした。
 他の参加報告、感想歓迎、よろしく!(文責:津村洋)

ムキンポさんのサイト参照
http://www.mkimpo.com/diary/2005/tanabata_05-07-09.html

家族をバラバラにしないで!たなばたキャンペーン

1435虹の架け橋 & アムネスティ・インターナショナル日本 共催
http://www.geocities.jp/tanabata_tanzaku/

TBS News-i(動画配信サイト)
http://news.tbs.co.jp/

入管収容者家族、法務省に嘆願の短冊(07日18:16)
http://news.tbs.co.jp/20050707/headline/tbs_headline3067059.html

TBS News-i(動画配信サイト)
http://news.tbs.co.jp/

クルド人男性ら「家族一緒に」と訴え(09日16:59)
http://news.tbs.co.jp/headline/tbs_headline3068494.html
Yahoo!ニュース
入管収容者「処遇改善を」 東京・渋谷でパレード
(共同通信) - 7月9日21時35分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050709-00000170-kyodo-soci
2005年3月16日(水)
1435虹の架け橋・品川入管ほっかほか人文字キャンペーン