Free JAMAL Campaign

【転載】2004年12月10日世界人権(権利)の日
を支援して24時間ハンガーストライキをします

[aml 42105] (差替) 牛久入管収容所の被収容者、世界人権の日に24時間ハンストから転載します

「待遇改善」求め収容者ら座り込み 東日本入管センター
http://www.asahi.com/national/update/1211/003.html

国際人権デー 「人権パレード2004」に参加して

「国際人権デーパレード2003」に参加して
親愛なる友へ:牛久の収容所に囚われの24名の難民からのメッセージ

-------
皆さま

 以下、茨城県牛久市にある東日本入国管理センターに収容されている難民申請者らが連名でリリースした「2004年12月10日世界人権の日を支援して24時間ハンガーストライキ」について、FAXから起こしたものを転送させていただきます。

 声明文はビルマ語と日本語で書かれています。以下は日本語原文をそのままタイプしたものです。

 なおこの件について、こちらにはFAXしかなく背景情報が提供できません。個々のケースや今回のアクションについて詳しい事情をご存知の方はお知らせください。

箱田徹 (BurmaInfo)
---------
アムネスティ・インターナショナル日本(社団法人)<宛先の意味:注>

2004年12月7日

2004年12月10日世界人権(権利)の日を支援して24時間ハンガーストライキをします。2004−12−10 00:00時から24:00時まで

 人権権利というのはすべての人の生まれ付き権利であらゆる人に関係があるので所有する権利があります。白色、黒色人種、宗教、政権、人間事差異なく誰でも自由、平等に栄光を得る権利があります。

 1945年から始まって国連に人権権利という言葉を使い始まってアメリカ合衆国サンフランシスコで国連公約法案を起草した時に非政府組織、婦人組織と合流して国際連合憲章に人権権利に関する詳しいを含めるように促しました。

 人権権利を尊敬するのは国連の第一目的で人種類、宗教、女性、男性差別なく根本的な自由人権権利を尊敬しなければならないと表現しています。

 だから1946年国連人権権利委員会が起草した報告を1948年12月10日を世界人権権利の日と決定しました。
 
 1993年国連が行った人権権利会議にウィーン報告法案を国連、連盟171国々が署名して世界人権権利の日を認定しました。

 私たちは世界中万国から人間で現在人権権利が失踪している国からやってきた人々です。今二度目根本的自由な人権権利を失って拘束されている外国人たちは3年、2年以上人たちが多いです。犯罪や罪を起こさなかった、人種類、宗教、政治に関して自由に活動するため日本国で庇護を求める人たちを日本政府は人権権利を尊敬する国ならば人間だった私たちの自由をほっとけないで早めに解決を求めます。人間でならば人権権利を大切にする国と政治になれるように求めます。

茨城県牛久入国管理収容所

複写
(1)入国管理局
(2)法務省
(3)国連高等弁務官事務所
(4)国民民主連盟解放地域(日本)
(5)L.D.B(JAPAN)<ビルマ民主化同盟:注>
(6)B.D.A(JAPAN)
(7)牛久入国収容所問題を考える会
(8)<*:判読できず>
(9)いずみ橋法律事務所
(10)受付


署名(個人名、略)
計53人