無実のイラン人青年ジャマル・サーベリさん
救援カンパをお願いします

9・22国連大学前での不当逮捕弾劾!ジャマルさんを即時釈放せよ!強制送還を許すな!

2004年9月29日 ジャマルさんを支援する会/ジャマルさん救援会


 イラン人青年ジャマル・サーベリさんは、日本政府に難民認定を求める裁判を行っています。さらに今年の8月から、みずからの要求を国連にも訴えるとともに、国連に難民認定を求めてすでに座り込みをはじめていた、クルド人二家族を支援するために、国連での座り込みに合流してきました。

 さる9月22日、国連警備会社職員が、掲示していた難民認定を訴えるポスターなどを無理やりはがそうとし、これに対する非暴力の抗議を行っているとき、渋谷警察署の機動隊30人余が突然ジャマルさんに襲い掛かり、無抵抗の彼を拘束・逮捕してしまいました。以後、現在まで、渋谷警察署に「傷害」の容疑で留置されています。

 これは、まったく卑劣な、警察と国連側とが示し合わせての不当逮捕です。自分や、クルド人二家族の難民認定の要求を訴えるジャマルさんを、国連大学前から排除し、警察が拘束し、あわよくば、迫害と極刑の危険の待ち受けるイランに送還してしまおうという、日本政府・法務省、警察の意図が感じられます。

 事態は深刻です。かりに不自然な「被害者の訴え」と警察の不当な逮捕が認められて、ジャマルさんが起訴され、裁判で有罪になれば、ただちにイランへの強制送還の危険に直面することになります。一刻も早くジャマルさんの無実を証明し、起訴させず、釈放させるためのあらゆることが行われなければなりません。ジャマルさんへの迫害は、日本社会に住むすべての人間への迫害であると私たちは受け止めます。「救援会」と「支援する会」はそのために全力を投入しています。どうか心ある多くの働く仲間、友人、市民の皆さんのカンパと協力をお願いいたします。

 

ジャマルさんを支援する会 東京都千代田区富士見2−2−2東京三和ビル303スペース303内/ジャマルさん救援会 連絡先:jamalq@bbweb-arena.com http://www2.bbweb-arena.com/jamalq/

当面の間、救援カンパの送金は、以下のジャマルさん救援会宛に集中してくださいますようお願いいたします。⇒ 救援カンパ 郵便口座:10100ー71411111 加入者名:池田裕子


よろしければ以下ご記入下さい。今後必要に応じてご連絡を差し上げます。また領収証が必要なら、別途発行いたしますのでお申し越し下さい。

 

ジャマルさん救援活動の趣旨に賛同し以下カンパをいたします。

 


________________________________________(金額など)

 


お名前  ________________________________________

 


ご住所  ________________________________________

 


ご連絡先(п@
eメールアドレスなど)___________________________