複数個所で作られるUSドル紙幣


海外旅行で何気に使う外国紙幣。旅行慣れした人でも気が付かない面白いネタをご紹介しましょう。



USドル


比較的多く見ることのできる外国紙幣と言えば、アメリカ連邦準備券でしょう(早い話、USドル)。


種類
6金種で、1ドル、5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルです。
2ドル札の存在を知らない方も多いのではないでしょうか。アメリカ国内でも入手困難になった(幻となる運命)紙幣です。

珍しい2ドル紙幣

2014年現在、最新のシリーズは2013年10月に発行された100ドル紙幣です。

2014年入手したドル紙幣

短期間でデザインが変わるのは偽札が横行している証拠です。偽造紙幣が作りやすいデザインであった為の改造。コンピュータソフトのように、絶え間なくバージョンアップを繰り返しているように思えるのがアメリカドル。事実上の敗北宣言です。
それだけではありません!!
新しいデザインになれば偽造しにくくなるのは当然ですが、流通している旧シリーズ/から入れ替わるには時間がかかります。その間、見慣れないデザインを手にすることになります。見慣れない紙幣の真贋判定は難しいでしょう。海外旅行はクレジットカードかトラベラーズチケットがよさそうです。

色の違い
紙質の一つとして色があります。アメリカドルは、金種によって紙の色も変わります。
10ドル紙幣はオレンジ色に近く、50ドルはピンク色に近く見えます。

種類による色の違い

マークの意味(旧シリーズ)
何を意味するものかご存知でしょうか? アルファベットが描いてあります。詳しくはここをご覧ください。

マーク意味



TOP  NEXT