本文へスキップ

自家焙煎 蔵谷珈琲店は最高の珈琲をできるだけ安価にご提供することを目指しています。

TEL. 045-841-2364

〒234-0052 神奈川県横浜市港南区笹下5-18-21

新着情報・FAQNEWS&FAQ

新着情報

  • 2021年2月
    ブラジル イパネマ プレミアクリュ シュガーケイン(次回入荷無し)
    ■イパネマ農園は、ブラジル最大生産地であるミナスジェライス州南部に位置し、6,000ヘクタールを
     誇る世界最大級のプライベート農園、天候に恵まれ、肥沃な大地と豊かな水源を持ち、コーヒー栽培に適した土地と言えます。
    ■イパネマ農園の中でもリオベルデエリアに限定し、32区画に分けて品種・精選方法を区画ごとに適したものを採用し、最高品質の豆をマイクロロットとして作り上げた商品がイパネマ農園、プレミアクリュとして商品化、販売されています。
    ■イパネマ農園全体の生産量は年間約11万袋生産しており、その中で、プレミアムクリュとして販売出来るものは約2,000袋で、全生産量の約1.8%しかありません。更にゴールドエディションに該当する品質のものは、約480袋しかなく、全体生産量の約0.4%しかない高品質商品となっています。
    ■区画によって、風味は異なりますが、本商品は品種をイエローブボン種100%で仕上げ、シュガーケインと名前がついているように華やかな香りとシュガーを思わせる甘味が特徴です。
     通常のブラジルコーヒーでは味わえない、特別なブラジルコーヒーです。

    生産地 ブラジル連邦共和国ミナスジェライス州アルフェナス市リオベルデエリアB23区画
    標高 1,157~1,300m:収穫時期 4月~9月:品種 イエローブルボン種
    スクリーンサイズ S19…3%、S18…28%、S17…66%、S16…3%
    乾燥方法 天日477時間(約20日):収穫方法 セレクティブ ハンドピック
    特徴 SCAAカップ評価:86.5点:精選方法 ナチュラル:農園内規格 ゴールドエディション
    ------------------------------------------------------------------------------------------------------

    グァテマラ マイクロロット オーロラ農園 Qグレード
    ■1887年ドイツ系移民によってコパン地方で開拓されたコーヒー農園の1つで、オーロラ農園の名前の由来は"雄のケッツアル鳥"を意味しています。2002年に現在の農園主であるアルド氏が荒地同然の農園を買い取り、現在まで16年かけて再びコーヒー農園として復活させました。農園主のアルド氏はイタリア系の移民で、グァテマラ最大の靴メーカーの社長でもあります。
     出身地であるコパン地区で最大のリゾートホテル(Park Hotel)も経営しており、そこでだされるコーヒーを自分の農園で栽培したものをだしたいという思いから、オーロラ農園を買収し運営を始めました。生産量は少ないのですが、最高品質のコーヒー農園にしたいと言う思いから、資金面では採算を完全に無視し、農園管理者もANACAFEに15年勤務した者を招きいれています。
    ■Wet-Millも100%ステンレス製で仕上げ、乾燥工程も、屋根付きアフリカンベッドで100%天日乾燥を実現。Dry-Mill設備も最新のブラジル製精選設備を導入、最終選別は、固定式ハンドピックの12名体制で仕上ていることから選別は非常に良好です。もちろんコーヒーチェリーの収穫も完全に熟した豆のみを収穫するよう徹底しています。生産量の増加を目指して営利目的な運営をしておらず、あくまで品質向上を目指した農園運営がこの農園の基本理念となっています。
    ■コパン地区は、今まで雨量が多く、コーヒー栽培に適していない土地だと言われてきました。ここ数年は、温暖化の影響で同地区の気候が変り、雨量が激減し、日照時間も急激に長くなっていることも影響し、また降雨量が減ったことで、日中の気温差が大きくなったことも品質向上に繋がった結果、コーヒーの品質は、10年前と比べると格段に向上しています。去年のコパン地区の品評会では、160農園中、4位入賞を果たしており、さらなる品質向上に努めています。風味は、香り豊かで、マイルドな酸味とクリーンな後味が特徴です。
     苦味・ボディ感は弱いものの、ブラックで飲むコーヒーとしては、日本人向きと言えます。
     もちろんQグレード認証を取っていることからも品質が高いことは証明されています。
    ■飲んだ印象からは、作り手の思いからか、これをリゾートホテルで飲むと格別な一杯と感じられるコーヒーと頷けます。
    生産地 グァテマラ共和国 アルタベラパス県コパン地区
    農園名 オーロラ農園:栽培面積 26Ha:標高 1,500m:収穫時期 12月~5月
    品種 カツーラ種70%、ブルボン25%、サンチモール種及びパカマラ種5%
    スクリーンサイズ S19‥17%、S18‥37%、S17‥32%、S16‥8%、S15‥6%
    Qグレードポイント 82.17点:精選方法 ウオッシュド:認証 Qグレード
  • 2021年1月
    ヴィンテージ・バレル・ウィスキー

    近年スペシャルティー市場にて話題となったウイスキーコーヒーがブラジルにて試験を繰り返しできあがりました。ウイスキー樽に入れた生豆を1週間ごとに転がして、約1ヶ月かけて寝かした物。朝の連続テレビ小説『マッサン』でも主人公であり、実在した人物ニッカウイスキー創業者の竹鶴氏も当初スモーキー・フレーバーに拘っており、あまりの本物志向の強い味に世間では受けいれられませんでした。この珈琲でもブラジルらしく飲み易さは外すべきではないと判断し、スモーキーでありながらもマイルドで飲み易いキャラクターを目指し、合格したロットのみ少量輸入されたものです。
    店主が焙煎、飲んでみましたが、生豆からはウイスキーの匂いはしません。しかし、抽出すると不思議なことに、確かにウイスキーの風味があります。
    豆の段階で強いウイスキーの香りがするような珈琲ではなく、軽いウイスキーの風味(独特です)なので、お酒が苦手な方でも問題なく飲めます。もともとの豆がスペシャリティークラスのブラジルなので、雑味もなくすっきりとした味です。(アルコールは全く含まれません)
    2021年度はブラジルのソウルドリンクであるラム酒のカサーシャ樽にて初の実験を行うそうです。


    農園名:DUAS  PONTES (ドゥアスポンチス)
    生産者:ANTONIO  JOSE  DE  CASTRO(アントニオ・ジョゼ・デ・カストロ)
    生産地:CERRAD  MINEIRO (セラード地域)
    栽培品種:BOURBON (ブルボン)
    標高:1000M
    開花時期:9月~10月
    収穫時期:6月~7月
    精製処理:NATURAL
    スクリーン:SC-16/18 

    • 2020年12月
      ・パプアニューギニア AA タイガットスペシャル Qグレード Washed
      独特なフレーバーを有し、,味は、クリスピー、ジューシーで、熟した果実は甘く黒砂糖の味があり 冷めた時はラベンダーの花の香り
      ・コロンビア スプレモ  ウイラ サンアグスティン Washed
      力強いボディと、果実のような甘味とビターでワイニーな香り(ヴォルカネスは非常に個性があるコロンビアですが、これは通常のコロンビアです)
    • 2020年11月コロンビア ロス ヴォルカネス(コロンビアコンドル無くなりました)
      通常コロンビアはWashedですがこれは、Natural チェリーで36時間発酵(酸素無し)→アフリカンベッドで5日間発酵→防水シート上で乾燥(35日間) という製法で非常にフルーティです。
      カカオフルーツ、ワイニー、トロピカルなどのフレーバーが際立ちエキゾチックな味わい(非常にフレーバーが強い)で強い甘さが特徴、非常にクリーンです。好みがはっきり分かれる味。
      実は、優勝豆より仕入れ価格が高いのですが、がんばっています。
    • ブラジルセラード地区優勝豆、入荷しました。(前年度の優勝豆は値下げ)
      第17回 カップ・オブ・プログレッシブ セラード
      サン・ジョン・グランデ農園 Washed
      Fazenda Sao Joao Grande
      総数120箱(1箱20kg)
      農園名: サン・ジョン・グランデ農園 生産者: エドワルド・ピネイロ・カンポス 生産地: ブラジル・ミナスジェライス州・セラード地域 栽培品種: ブルボン・アマレロ品種 標高: 1080m 平均気温: 23℃ 開花時期: 9月 収穫時期: 7月 精製処理: Semi-Washed(水洗式)のちに100%天日乾燥 スクリーン: SC-16/18
      チョコレートやキャラメル、シロップのような香りやフレーバーを感じます。 ライチやオレンジのような酸味も微かに感じられます。 キャラメルやクリームのような舌ざわりもあります。

      ロンドリーナ農園 Natural
      Fazenda Londrina
      総数93箱
      農園名: ロンドリーナ農園 生産者: ナイメーギ・ファミリー 生産地: ブラジル・ミナスジェライス州・セラード地域 栽培品種: パライーソ品種 標高: 1160m 平均気温: 23℃ 開花時期: 9月 収穫時期: 7月 精製処理: Natural(非水洗式) スクリーン: SC-16/18
      チョコレートやナッツ、オレンジのような香りやフレーバーを感じます。 チョコレートのようでコクはしっかりと感じられ、カップはクリーンカップ。
  • 入荷のお知らせ(8月)

珈琲情報(FAQ)

珈琲の保存

Q.密閉して保存

A.湿気は大敵、密閉保存です。通常のポリ袋は湿気を通します。密閉できる缶やガラス容器がおすすめです。
当店のポリ袋は湿気を通しにくいものですから数か月程度は問題ありませんので移し替えは不要です。

Q.常温保存

A.珈琲は焙煎してから2週間程度で飲んでいただきたいと思います。その期間でしたら常温で大丈夫ですが、それ以上になる場合はなるべく早く冷凍保存しましょう。味の劣化が抑えられます。ただし、外に出すと湿気を吸いますので、密閉したまま常温に戻すか、出してすぐに必要量を取り出し、残りは冷凍庫へ。当店は焙煎後なるべく早くお客様に届くようにしていますので、届いたらすぐに冷凍庫保存をしていただくことをお願いします。

Q.○○○○ですか?

A.ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。


珈琲のいれかた

Q.○○○○ですか?

A.ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。

Q.○○○○ですか?

A.ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。ここに回答文が入ります。


バナースペース

自家焙煎 蔵谷珈琲店

〒234-0052
神奈川県横浜市港南区笹下5-18-21

TEL 045-841-2364
FAX 045-841-2364