103歳児・昇地三郎博士教育学者しいのみ学園理事長・園長 

                                                                              

飯塚・嘉穂劇場・・江戸情緒を残そう・・     初めに戻る   被災前の嘉穂劇場

8月19日の集中豪雨で背丈まで浸水。桟敷・花道・舞台は勿論、嘉穂劇場にしか残っていない

貴重な資料や道具類まで被害を受けました。(下の写真は被災4日目・被災視察団の記録です)

被災から4日目の劇場内部

正面が舞台

下左・真奈美さん 右・英昭さん

ずれた円形廻り舞台

水に濡れた貴重な資料

窮状を訴える伊藤英子さん(下)

伊藤英子さん、英昭さん、真奈美さん親子が、守り抜いてきた、

個人経営で日本最古・最大の芝居小屋です。9月に予定されていた

恒例の「全国座長大会」「全国芝居小屋大会」は、関係者の尽力で、飯塚で開催予定ですが、

嘉穂劇場への支援は、文化・芸術に対する、私達の理解・認識・感心の高低を試されています。

嘉穂劇場・復興支援 ボランティア に期待します。

嘉穂劇場のホームページ