103歳児・昇地三郎博士教育学者しいのみ学園理事長・園長 

トキメキラヂオ 人生の達人 篠山校区公民のご推薦です 

写真下 放送中 をクリックすると録音を聞けます  久留米2月  福岡2月   人生の達人目次

中島 満子 さん

(篠山公民館)

放送中

 

観世流松好会を率いて40年 1月5日放送

 天を被う黒煙・墨を流したような川の大牟田で育ったが、多趣味の父、慈愛の母、兄弟愛の中で伸び伸びと成長。三井物産に入社、戦前は海外雄飛・・大連・パレンバンに勤務。その後、終生敬愛する夫にめぐり合い、元気と明るさを周囲に振舞いながら、謡曲師範として、今も現役。

思い出の曲(鶴亀・羅生門

杉 茂 さん

(篠山公民館)

放送中

 輝く妻と力を合わせて50年 1月12日放送

 大正14年生まれ、母を12歳・父を17歳で亡くし、以後7人兄弟姉妹で支え合いながら生き抜いてきた。浮羽工業柔道部主将(2段)として厳しい稽古に励んだおかげ?で、シベリア抑留・強制労働を4年も耐え抜いた。50年間、相合傘で事業に励んできた最愛の妻の最初の印象・・「輝いて見えた!」喜多流謡曲歴40年、船弁慶・高砂などを大濠公園能楽堂で演じた。油絵の勉強で何度もフランス滞在の経験がある妻と金婚式記念に初めてヨーロッパ旅行を楽しんだ。

思い出の曲( 人生劇場・高砂

野中美智 さん

(篠山公民館)

 

放送中 

 お洒落な父、ロマンチストの兄と1月19日放送

 1929年(昭和4年)生まれ。平壌小学校・高等女学校卒業(現在の北朝鮮)。お洒落な父と街を歩くのが・・慶応大学を卒業したロマンチストの兄とは、洋画を見に行くのが楽しみだった。昭和27年、12歳離れた男性と結婚、二人三脚で事務用品会社を築き、切り盛りしてきた。この間商工会議所婦人部の役員として、女性の地位向上にも奔走してきた。

思い出の曲( 金剛石・ 雪の降る街を

尾形 克己 さん

(篠山公民館)

 

 放送中

 餓鬼大将・長じて町の環境委員1月26日放送

大正12年生まれ、子供時代は、石投げ合戦を取り仕切る等、餓鬼大将でならしたが、兵隊では終始顔が歪むほど殴られた。縁あって「久留米医大生」を預かる下宿屋を始めた。親身になって親代わりを務めた家内を慕って、当時の生徒との交流が続いている。人と人との心の絆を大切にしてきた人情一家・・今は、町の美化運動に余生の全てを掛けている。

思い出の曲(河内男節 千曲川

          放送      久留米平成13年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 

  福岡平成14年    福岡平成13年 4月 5月 6月 7月 8月  9月    トップに戻る