103歳児・昇地三郎博士教育学者しいのみ学園理事長・園長 

トキメキラヂオ 人生の達人 室見公民館のご推薦です  

   写真下 放送中 をクリックすると放送録音を聞けます   「人生の達人」人名索引へ

4月出演者  福岡 5月 6月 7月 8月  9月 平成14年 久留米平成13年4月 平成14年

飯地 大蔵 さん

(室見公民館館長)

放送中

思い出の曲

荒鷲の歌・戦友

24歳で自立・公民館率先奉仕20年   4月8日放送       

 昭和18年の家族写真

農家の長男に生まれる。70才。室見の生き字引。

学校の手違いで現修猷館夜間部に5年通学・24才の時父が倒れ、以来一家を支えてきた。若くして戸主を果たした実直さが買われ、20年間福岡・室見公民館館長を務めている。 

波多江 豊子 さん

(福岡市) 

放送中

80歳・傘寿にタンゴを舞う   4月15日放送             

大正10年山口生まれ、製塩業の父に連れられて渡満、普蘭店(ふらんてん)小学校、大連弥生高等女学校、東京杉野ドレスメーカー女学院卒、冬季凍った川・海でスケートを楽しんだ、戦後引き揚げてからは、洋裁店の当主として腕をふるう、給与袋をほしさに48歳の時からご主人に代わりサラリーマン生活を12年、この時得た蓄えで、今は社交ダンス三昧、16年間毎日20分づつレッスンを続けてきた、去年から今年に懸けて3度も傘寿の舞いを披露、今は天国社のコマーシャルにも出ています・・

思い出の曲(浜辺の歌・ミカンの花咲く丘

大鶴 博紀 さん

(福岡市)

放送中

 

人生は覚悟だ!勝負は相手の目を見よ!4月22日放送

大正14年生まれ、台湾嘉義中学卒業、19歳の時初めて内地に、20年4月海軍少尉任官、終戦当日は放心し、訳もなく滑走路を徘徊、 少年期、父親の書棚から夏目漱石初め内外の名著を熟読、今は佐藤愛子の随筆集を愛読中若者に贈る言葉は・・と問えば「若者よ何でも良いから世界の名著を読みなさい」        雲海を見るために台湾阿里山で1週間アルバイトした思い出、筑紫河童共和国大統領として那珂川河川公園に河童像の寄贈を試みたロマンチックな思い出の持ち主   思い出の曲(ダンチョネ節・春の小川

松井 ツギヱ さん

(室見公民館)

放送中

 

地域婦人会・詩吟教授歴30年  4月29日放送

大正12年前原生まれ、レンゲの花に埋もれて育つ、山一つ越えて室見に嫁ぐ、室見川河畔の嫁ぎ先で奨められた「白魚の躍り食い」に仰天、今も喉に通らない、ドイツに長年留学し博士号を取得した一人息子を癌でなくしたが、公民館活動、婦人会活動の友人、知人に励まされて立ち直り、今も地域活動に励んでいる

思い出の曲(こいのぼり・詩吟天草灘に泊す

佐々木謙介

NHK勤務・通算36年・日本語の達人   司会者          

昭和13年東京生まれ、一時長野県に疎開、田園、田舎生活を体験、大学時代から新聞マスコミ研究会に所属、NHK初任地は長崎、東京熊本などを転勤しながら福岡に魅せられて定住、趣味は俳句、カラオケ、落語。エフエムMiMiで俳句・川柳番組「エンジョイ五七五」を放送中、盲人の為の朗読教室講師、中村学園では言語学講師を勤め女子学生に美しい日本語、話し方を教授中。

10月からはRKBラジオ「スイングライフ」キャスター日曜朝9時半から

「人生の達人」人名索引へ戻る

久留米  平成13年 4月 5月 6月 7月 8月 9月   

福   岡  平成13年 4月 5月 6月 7月 8月  9月  トップに戻る     

トキメキラヂオを支える

 ボランティア・スポンサー 募集中

    個人 年会費 1万円

    企業・団体 1ヶ月 20万円

     (福岡・久留米で 一月16回 コマーシャルを放送)

 出演者への放送記念品およびスタッフへの差し入れとして、

     お手持ち商品や利用権等の提供も大歓迎です。

 

放送エリアの人口は、およそ100万人です。

  お問い合わせは  企画制作 九州アジア記者クラブ

           電話 092−741−7366

        トップに戻る