103歳児・昇地三郎博士教育学者しいのみ学園理事長・園長 

トキメキラヂオ 人生の達人 西国分校区公民のご推薦です 

  写真下・ 放送中 をクリックすると放送録音を聞けます   

4月出演者 久留米5月 6月 7月 8月 9月   福岡 4月 5月 6月 7月 8月  9月

猿渡 キミヱ さん・85才

(西国分公民館元館長)

今も学童保育運営委員長

放送中

「やさしさ」こそが「強さ」と「信念」を育てる   4月7日放送

       左下が猿渡 昭和6年(16才) 

久留米高女バレー部はこの年福岡県代表に選ばれた勉強よりスポーツ大好き!但し読書も大好き。43才の時に夫に先立たれ3人の子供を女で一つで育て上げた。思い出の曲(早春賦・月の砂漠

上野 隆 さん

(西国分公民館館長)

元少年院院長

放送中

何事も「相手を理解することが第一」   4月14日放送

 

久留米市生まれ。幼いときは、幼稚園を中途で退園するほどの控えめな性格だった。早稲田大学で心理学を専攻。この知識を生かすために希望して少年院に勤務。毎朝、校庭で生徒に訓辞するうちに声太の饒舌家に変心。非行少年の更正には、先ず少年の心を理解することが大切であることを体験。

思い出の曲(北国の春・芭蕉布

岡 リツ子 さん

(西国分・女性の会会長)

放送中

約束の時間の30分前に・・が、日頃の生活信条   4月21日放送

 

佐賀県鳥栖市生まれ。小学校時代、毎日4キロの道のりを歩いて通学。道すがら自然の中で遊びながら、生きる知恵と楽しさを学んだ。農家に嫁いで、人一倍仕事もしたが、農閑期には呉服関係のパート、夜は華道・日本舞踊の稽古に励み、2つの名取の免状を手にした努力家。過密ダイヤも一考に意に介せず20年来、婦人会活動にも専念している

思い出の曲(あざみの歌・湖畔の宿

高本 和男 さん

(西国分公民館)

放送中

「敬和」 自然を敬い・人を敬い、相和す   4月28日放送

 

下関出身。関門海峡を眼下に見ながら育った。当時の町のボスの薦めで東京に遊学・明治大学経済学部を卒業後は、大手家電メーカーの営業マンに。53才の時に久留米に転勤、関連会社の社長を拝命、喜んで赴任。3月末赴任した時、筑後川は菜の花盛り・・その美しさに見せられて定住を決意。今は地域の生活に密着した環境整備に余生を燃焼させる覚悟。

思い出の曲(もみじ・ああ紅の血はも燃ゆる

佐々木謙介

NHK勤務・通算36年・日本語の達人        司会者

昭和13年東京生まれ、一時長野県に疎開、田園、田舎生活を体験、大学時代から新聞マスコミ研究会に所属、NHK初任地は長崎、東京熊本などを転勤しながら福岡に魅せられて定住、趣味は俳句、カラオケ、落語

エフエムMiMiで俳句・川柳番組「エンジョイ五七五」を放送中、盲人の為の朗読教室講師、中村学園では言語学講師を勤め女子学生に美しい日本語、話し方を教授中

「人生の達人」人名索引へ戻る

久留米 4月 5月 6月 7月 8月 9月   福岡 4月 5月 6月 7月 8月  9月  トップに戻る