103歳児・昇地三郎博士教育学者しいのみ学園理事長・園長 

    3月の日記

3月1日「晴・寒」8時起床、9時綾部氏と朝食を取り食後雑談、綾部氏は11時50分善導寺駅発列車にて別府亀川に向う可く10時30分辞去せらる。午后2時30分信用組合に行き年賦金568円74銭也の入金を了し夫れより赤司、稲数、陣屋、中村、塚島、宮司、高島、を回診日暮れて7時過ぎ帰院、直ちに夕食10時過ぎ就寝す。本日左官喜蔵と瓦葺換えの件並びに古瓦売方の件を約束す。

3月2日「晴・暖」午前9時起床、本日は午后3時まで受診患者ありしため在宅、午后4時槙医師の請求により中村西方寺の隠居及び若坊守を立ち会い往診6時30分往診料金5円を得て帰院直ちに入浴次いで食事を取り7時40分より草野及び東京へ手紙を認め(草野には松樹君婚約成立の祝辞及び東京と感情上行き違いを生じたる件に付き融和を計られたる挨拶並びに俊夫君挙式に列席する事に取り決めたる報旨報告・・す。東京には円満なる挨拶及び3月15日挙式当日は2人共列席すべき旨を改めて回答す)午后9時8分発善導寺局に至り投函9時40分帰宅、夫れより高松氏へ松樹婚約成立に付き礼を認め夫れより27日以降の日誌を認め11時就寝す。

3月3日「晴・暖」8時30分起床、南島喜蔵瓦見本持参せしに付き検分平田製1枚3銭5厘(着値)のもの買い入れを決定す。10時30分中村より往診を求められ応診12時帰院す。11時空閑巌7年度上納米代金を持参午后4時辞去の予定なりし由なるも遂に今夜当家に1泊せり。午後4時より往診夕刻帰院6時40分夕食10時までラヂオを聞き夫れより2月分健康保険患者の診察報酬請求書の作成に着手12時終了直ちに就寝す。ラヂオの報ずる処に由れば本朝青森・宮城・盤手の三陸地方に地震、津波あり、死傷者、流出家屋、倒壊家屋、漁船の流出等多数を出し惨状を極め慶長年間より3回目の大地震大津波なりと云う。(恵利上納米ー昭和7年度ー6斗9升3合、金14円20銭ー1升につき20銭5厘宛て、空閑巌持参につき受領す。)

3月4日「曇・寒」午前8時30分起床、8時より南島喜蔵、光安勝両人裏の竹垣制作に来たり本日中に工事の約半分を終わり日没后辞去す。午后1時大濱光三来訪、大相撲番付及び広島名物三色昆布の土産を持参、午后3時半迄種々雑談、下川に行くとて辞去す、同人の談に由れば来る4月16日善導寺において大相撲興業の事確定せしと云う。午后4時酒見小春、淳の両人来訪小春様は夕刻より淳君を預け単独蜷川に行き明日淳君迎ひに再来久留米に帰寮の由なり。7時夕食10時までラヂオを聞き暫時雑談11時就寝す。

3月5日「曇・寒」午前9時起床業務に服す。午后1時より往診3時恩賜館に立ち寄り2月分健康保険診療報酬請求書を提出す。昨夕刻淳君を残し蜷川に帰宅中なりし小春さんは午后4時つや子同道来宅今夜当家に宿泊す。つや子は本日より愈々月7円の給料にて女中として雇入れする事に決す。朝来の雨模様も止みたるに由り午后1時より左官喜蔵、勝の両人竹垣工事に着手す。6時入浴夕食后小春、つや子等と雑談11時就寝す。午后2時より大城校に於いて時局講演会ありしも往診多忙のため聴講する事能わざりし。(全米モラトリアム−支払い猶予令・実施さる。米国取引市場は7日まで休止す

3月6日「曇・寒」1昨日午后来宅中なりし酒見母子は本朝9時辞去久留米に向け来たくす。  米国金融恐慌にて全米モラトリアム実施及び米国市場休止のため我国経済界の動揺甚だしく全然目安立たざる故を以て東西両株式市場を始め全国株式及び三品市場共一斉に立ち会いを臨時休止す、但し米穀市場のみ立ち会いを決行し四五十丁方の惨落を呈す。南島喜蔵光安勝の両人は本日も竹垣工事に来たり其9分通り進捗せり。日暮れて往診より帰宅夕食后ラヂオを聞き11時就寝す。(鏡山より正式に結婚式列席方の書状到着す)

3月7日「曇・寒」午前8時喜蔵、勝の両人来着竹垣残工事に着手、正午完了午后より拡張花壇の開墾に従事6時辞去す、明日を以て全部完成の筈なり。1時より往診4時30分帰院花壇開墾の指図をなし6時30分入浴7時夕食8時30分大城に往診9時30分よりラヂオニュースを聞き11時就寝す。本日を以て来る15日福岡市に於いて挙行の俊夫結婚式列席の旨回答を発す。伊藤五郎君全治退院の祝慶状を発す。午后4時古賀製瓶社より送付の200cc瓶壱籠(320ヶ入り)大城停留所に到着せるに由り林喜勝を派しコレを取り寄す。

3月8日「曇・寒」午前9時過ぎまで小雪ふり寒さ強s。8時喜蔵、勝両人仕事に取りかかりたるにより夫れを指揮するため8時20分起床、午前中に花壇開墾及び花木植え付けを終了、午后より下便所前の竹垣工事に着し夕刻完成す。先日来井口シゲル宅に滞在中なりし母は本日午后帰宅せらる。午后2時より今寺、大城、高島、塚島、千代島、中村、陣屋、仁王丸を回診夕刻帰宅す。夕食後10時までラヂオを聞き11時就寝す。(米国モラトリアムのため6日より休会中なりし全国各市場は本日午后1時より一斉に開会主要株は10円−15円安にて寄り付き案外平穏に立ち会いを開始せり。

3月9日「曇后晴・寒」7時30分起床南島喜蔵、光安勝の両人従前の仕事残部整理のため来宅午前中にて一段落を告げたるを以て昼食后辞去す、此度の工事日数全5日間(延日数十日間)依って金10円也の日給を支給す。午后二時金島局に行き陽春園に花木注文のため金4園50銭也を振り替えにて送金し、序を以て大城、仁王丸、今寺を往診4時帰宅、夫れより青龍膏精錬に取り掛かり6時終了す。7時夕食次いで入浴9時就寝す。

3月10日「雨・暖」8時30分起床、陸軍記念日に生憎朝来雨降り各地の記念会に災いする事多大なり。午前10時赤司武田かをる卵を土産に来宅せしに由り無理に引止め今夕陸軍記念日の祝宴を開く事に決す。午后2時八重亀井上次吉方に往診萩尾宅に4時迄雑談夕刻より来宅する様打ち合わせ辞去、直ちに酒肴の調理に取り掛かり肉シチュ・フライ・刺身等を肴に7時より開宴大いに興を催したる頃9時に至り萩尾、佐田の両人来会せしに由り、かをるに三味線を弾かせ1時まで盛に賑合い酒約2升を呑み大いに酩酊就寝す。

3月11日「曇・寒」昨夜の宿酔にて頭上がらず午后1時まで就床す。昨夜1宿せしかをるは午前9時辞去す。午后2時30分より往診、先は山本好太郎方に至り溝上忠作方患者の件打ち合わせをなし溝上の懇望に依り同人方に至り患者を診察4時辞去、夫れより稲数・仁王丸・塚島・高島・今寺を回診夕刻帰宅す。空閑千代子久留米より帰途午后4時来宅当分滞在の由なり。母は鞍打に2−3泊の予定にて午后1時出向せらる、夕食后11時まで一同と共に雑談就寝す。

3月12日「晴れ・暖」9時起床八重亀井上勘七君宅より本日午后同人宅にて灸すゑ会開催の報に接し4時参会の旨を回答す。正午より往診途中北野局に行き樺二会社、綾部、高松氏等に手紙はがきを投函3時半回診を終え来宅す。4時38分の電車にて酒1升5合を携え井上勘七君宅に行き同君の酒肴の料理を行い5時30分秋山、井上又吉の両君来会6時より鶏ちり・鮪刺身・同煮付けその他の馳走にて開宴、例に依り互いに胸襟を開きて呑み且つ談じ時の過るを覚えず遂に酒1升を追加し一同大いに酩酊11時矢ヶ部、つや子の迎えを受け終電車にて帰宅1時就寝す。

3月13日「雪・寒」朝来牡丹雪降り時々1寸位積雪し終日降雪断続し寒気烈しく恰も極寒の候を思はしむ、昨夜八重亀に於ける灸すゑ会の酔宿にて10時迄床中にあり気分勝れざると天候の関係上稲数に急患を往診せし外終日在宅休養し新聞雑誌を読みて日を送る。7時夕食入浴の后11時就寝す。

   1月日記  2月日記  4月日記

  ホームページに戻る