103歳児・昇地三郎博士教育学者しいのみ学園理事長・園長 

 

2月1日「曇り・寒」午前5時40分起床、宮地嶽参拝の準備をなし6時22分発1番電車にて出発す、本日は旧正月七日に付き所々鬼火焼き盛んにて美観を呈す、二日市付近より大降雪となり福岡着の際は既に約1寸の積雪となり新博多駅より宮地嶽着后神社参拝九時45分発にて箱崎宮に向かひ、八幡宮参拝を終へ11時頃漸く雪降り止む、悪天候にも不拘、本日は二月一日と旧正月7日なるを以て一般参拝者陸続として織るが如し、正午市場(株式)を見物に行きて同地にて85銭の昼食をなし午場閉場后一寸畑江宅に立ち寄り要談を済まし直ちに大宰府に向ひ天満神社参拝直ちに帰途に就く。帰家したるは正に六時30分なりき、夫れより入浴夕食、10時就寝す。矢ヶ部本日午前10時より実家に年賀に行き今夜一泊の筈。(溝上寿長魚屋へ金45円80銭を支払う・森山器機店に天秤代7円50銭を払う・矢ヶ部に金5円也を小遣い銭として支給す)

2月2日「曇り・寒」午前9時起床業務に服す、君子は久留米高松・平田両家に年賀の為午后2時22分発電車にて出発、今夜高松に1泊明3日夕刻帰宅の予定なり。本日東京鏡山宅より同一家族本年元旦の記念写真を送付し来る。午后2時20分往診3時40分帰宅す。山口氏宅より酒粕沢山を寄贈せらる。午后6時30分入浴夕食10時迄薬種通帳と伝票との引き合いを行い11時就寝す。昨朝来実家に正月あるき中なりし矢ヶ部は本日午前11時帰院す。

2月3日「晴れ・寒」午前9時起床久しぶりに太陽の光を拝するも寒さ依然として強く午后再び曇天となる。10時熊谷君より蜷川・木稲熊太郎孫娘(14才)の立会診察を求めらる、依って午后4時往診の旨を回答同時刻に蜷川の患家に行き立会診察、謝礼金3円を得て6時帰院す。午后6時稲数の診米を例の4人にて持参す、依って夕食を饗す、一同7時50分辞去す。入浴夕食の后稲数稲田伊次郎より依頼の逓信省提出所要(据置預金引き出しに要する)の診断書(母方2通)及び昭和6年前期以后の治療代金計284円40銭也の調書を作成午前1時終了直ちに就寝す。(稲数診米2石4斗、及び金2円90銭−未済家10戸

2月4日「曇り・寒」8時30分起床業務に服す。10時杉本博氏雉1羽を持参、本日佐田氏講の件公認のため久留米に行き帰途立ち寄るべき旨を告げらる。3時往診の途次肉1斤を求め帰来シチュウの調理に着手、次いで雉を料理し高島仁蔵方に馬鈴薯5斤の相談に行き萩尾宅に立ち寄り老母の小遣いとして例に由り金10円也を捧呈し均に今夕来宅すべき旨を告げ帰来す。6時30分杉本君、佐田君(鮪まぐろ持参)次いで萩尾来宅、4人にて雉・シチュウ・刺身等の肴にて晩餐会を催し11時半閉宴夫れより花合わせをなし一同辞去せしは正に2時40分なりし。

2月5日「晴れ・寒」9時起床快晴にして寒いとは云え頃日来の寒さに比べ大分凌ぎ良し。10時佐藤市太郎来訪、城区の薬買は農事組合に於いて完全に取りまとめ全部漏れなく納入すべきに由り通帳を発行せられたき旨の申し出あり、依って此に応諾を与え佐藤氏持参の通帳40冊に大神医院の印を捺し之を交付す、城区は以後この通帳持参するに由り投薬治療の都度之を記入して与ふる事に決定す。11時八幡市吉武ヤエ様来訪1泊せらる。夕刻往診より帰宅入浴夕食10時までラジオを聞き11時就寝す。

2月6日「晴れ・」9時起床午前中業務の傍ら吉武八重様と四方山の話をなし正午昼食、八重様は午后2時30分発にて福岡に向け辞去せらる。3時より往診5時帰宅直ちに熊谷君より申し込みの守部秋吉広人方に立会往診6時30分帰宅す。午后2時50分福岡平城シツエ来訪、今夜1泊明日帰福の筈なり、同人は鐘紡福岡支店医局看護婦として月26円にて就職の由、11時迄雑談一同就寝す。

2月7日「晴れ・暖」虚空蔵菩薩御日・7時起床洗面の后直ちに花立の虚空蔵様参拝に出発す、今朝霜強く把手を握る手もペタルを踏む足も凍へて疼痛を覚へ后には感覚を失ふに至る。8時少し前に花立山麓に到着自転車を預け直ちに登山参拝、同所にて針金切り(30銭)おこし2斤(50銭)リンチョ樹(10銭)を求め花柴を折り下山、自転車を受取り帰途に就き9時40分帰宅す。本日好天気の為参詣人多し、帰途道路の霜解には閉口せり。昨日午后来宅中の平城は10時辞去帰福の途に就く、依って同人に虚空蔵祭土産のおこし1斤を与ふ、伸代は午后3時より1泊の予定にて草野に行く。3時より往診夕刻帰宅、6時30分夕食10時までラジオを聞き直ちに就寝す。

2月8日「曇り・暖」午前2時北野井上商店より靖子高熱の故を以て正之君自動車にて迎えに来る、依って直ちに往診4時再び自動車にて帰宅直ちに就寝す。(井上より鴨壱羽(大)を土産に貰う)9時30分起床業務に服す。11時朝食11時30分昨日草野に行きし伸代帰宅す。午后各方面を往診4時30分帰宅、5時北野、中村、千代島よりの請診に由り再び往診日暮れて帰院す。7時30分夕食、食後2階老母居室の電灯故障を修繕燈火し9時就寝す。本夕は左義長(どんど)につき例年の通り村内の小児、竹藁などの徴発に来りたれども多忙のため竹を切る暇無く依って竹、藁代として金20銭を与えたるに由り一同の小児喜び勇んで辞去す。

2月9日「曇り・暖」旧正月15日午前9時起床伸代は年賀のため年玉を携え深井口シゲル方に行き午后5時帰宅す。10時30分蜷川平田の叔母さん委託販売の着物の算用に来たり11時半辞去す。本日は早朝より往診請求者多く細雨を犯して往診に奔走す。夕刻往診より帰宅夕食の后暫時ラジオを聞き就床、1日間奔走の労を慰す。本日午后中垣等方の新年宴会に臨席を従容せられたるも失礼欠席す。(吉武ヤエより礼状)

2月10日「晴れ・暖」9時起床業務に服す。本朝堀田為一氏より朝鮮土産として本鴨(牝)一羽の恵贈を受く、又福田芳太郎氏宅よりも小鴨一羽を頂戴す。正午より陣屋、稲数に往診1時20分帰院す。午后1時恵利の祖母様、見事の鮒及び年玉(真綿)を持参久方振りに来宅せられ今夜1泊せらる。午前中金島局に行き常磐生命(自分)医師共済生命(君子)の両社に保険金合計59円23銭也を払い込み、序を以て三井館の懸金5円20銭を支払ふ。又本朝高尾薬店に薬代金270円23銭を払ふ。午后2時22分の電車にて北野営業所に行き受信機故障の診断修理を行い4時帰院直ちに往診夕刻帰院入浴の後夕食11時就寝す。去る5日指値買注文せし大新20枚午場にて出合買整電着す。(古賀より大新20値103円買の電報午后3時到着す)

2月11日「曇り・暖」紀元節9時起床業務に服す。学校に於ける拝賀式には業務の都合上欠席し自宅より拝賀す。10時君子は恵利の祖母様同道久留米布屋に行き君子は午后4時帰宅す、恵利の祖母様は自動車にて恵利に帰宅せられし由なり。午后2時より往診5時30分帰宅せし処博多笹淵より生島君来訪佐田氏の件につき交渉ありたり、依って佐田氏の現状を具陳し笹淵に於ても見込みなき事は之を放棄し期待的態度に出づるを得策なる旨認示せしに之を諾として7時30分辞去す。昨日高松より送付し来る井上樋令嬢写真を本日草野に発送す。10時30分就寝す。野口林蔵山芋掘り1日備雇(手飯にて)

2月12日「晴れ・寒」午前8時30分起床業務に服す。11時山昭方二部長より昭和8年度医師会費及び部会費金10円也の徴収使者来れるに由り之を支払い納入す。 正午より1時30分まで濡縁の修理を行い三時より往診す。 夕刻帰宅入浴夕食9時40分迄ラヂオを聞き10時過ぎ就寝す。野口林蔵は本日も畑打ちに終日備使す。(福日社に川柳の応募ハガキ2枚発送

2月13日「晴れ・暖」8時30分起床、9時5分市況を聞く諸株暴落4円50(平均)安にて寄りつき前引は更に又4円余の安値引、後場寄は又々更に4円余の安値にて大引は大阪博多は2円余引返えせしも遅引の東京は大阪より3円余の安値引にて止め東新は遂に161円40銭の大惨落に止む、此分なれば明日は又更に剰落を予想さる、午后3時30分古賀より追証400遅れの電報来る、午后3時佐田君1昨夜生島と交渉の件につき挨拶に来たり、4時30分辞去す。政府は今夕愈々寿府(ジュネーブ)の代表部に最後的回訓を発す、我代表の寿府引き上げは時日の問題のみとなる、愈々国難到来す、本日惨落せるは当然の事と思惟せらる、10時就寝す。

2月14日「晴れ・暖」午前8時30分起床、11時古賀より「ヘンナケレバゴバヒケニテジマイスル」の電報ありたるも其の後放任す。伸代は昼食后より大城校に於ける婦人会幹部会に出席5時帰宅す。午后1時深井口シゲル様来訪4時帰途に就かる。4時30分古賀より「ヘンナイユエダイシン20ネ94エンニテジマイス」の電報到着之にて一安心す。夕刻往診より帰宅夕食后ラヂオ聞く。8時40分草野鏡山咲代様来宅、今夜1泊せられ一同就寝せしは11時30なりき。野口林蔵本日竹切りに備入す。

2月15日「晴れ・暖」9時起床業務に服す、2時22分受信機故障受診の為北野営業所に行き修理を了り3時10分北野発にて帰院す。午前9時30分片の瀬野口貞一氏鴨壱羽を携え昨日送付せし紹介状に対して謝礼に来訪30分にして辞去す。午后5時往診より帰来直ちに鴨料理に着手す。5時30分中垣村長約束により鴨の葬式に来宅6時半より鴨葬式開始、2人差し向かいにて大いに飲に且つ喰らい久しぶりに快を尽くし中垣氏辞去せるは11時過ぎなりし。5時30分井上〆吉君ラヂオスイッチ故障の修理に来たり6時辞去す。午后2時鏡馬場ハツも来宅(酒1升を貰い)4時辞去す。

2月16日「曇り・暖」昨夜の酔宿にて9時30分迄就寝す。午前中宅診に従事す、君子は久留米瀬の下の空閑チヨ子に履歴書の件につき出来、午后3時帰宅す。母は10時過ぎより田主丸三夜様参詣に出発4時頃帰宅せらる。午后5時30分より履歴書押捺用認印受取のため恵利に行き7時40分帰宅直ちに入浴夕食の后10時までラヂオを聞き就寝す。伸代は今夜8時30分矢ヶ部同道空閑チヨ子の履歴書を携え中垣等君方に行き就職の件を依頼し9時30分帰宅す。本日は二十三夜様に由り蓬餅を搗き供養す

2月17日

2月18日

2月19日

2月20日「晴れ・暖」9時起床昨日午后実家に至りし矢ヶ部は9時帰院す。9時より南島左官人夫2人を連れコンクリート工事につきて夕刻迄に荒工事だけを終わり明日竣工の筈なり。午后3時より往診夕刻帰宅入浴夕食后8時、萩尾来宅11時迄雑談して辞去す。本日草野姉より来翰、明21日、日吉町停留所午前9時40分着、金丸高松訪問予定に付き同時刻迄に伸代に来米せられたき旨を申し来る、依って必ず出来すべき旨を電話にて回答す。(中旬入超2500万円・本日緊急閣議にて愈々連盟脱退議決す)

2月21日「晴れ・暖」9時起床伸代は昨日草野よりの請求により9時2分発電車にて久留米に向かい日吉町にて咲代姉さんと落ち合い2人同道金丸高松邸を訪れ次いで日吉町永田叔母さんを見舞い午后5時帰宅す。左官南島喜蔵は昨日同様2人の人夫と共々午前8時より就業午后6時半辞去す、同工事は明日竣成の筈なり、セメント2袋不足に付き購買す、14銭午后7時高松善吉宅より旧冬中借用の糯米7升代金1円75銭の請求あり、依って之を親君に支払う。7時30分夕食10時就寝す。本日午前10時迄市岡スミ、萩尾の女中に送られ年賀の品々を持参午后4時辞去草野に向け帰途に就く。

2月22日「晴れ・暖」7時起床左官来着前にコンクリート基礎瓦を運輸し8時左官人夫1人を連れ来着せしにより宅診の傍ら是が手配をなす。午后3時より往診夕刻帰宅す。1昨日来着手せし表通りのコンクリート工事は本日を以て完成すに仍て左官人夫に夕食を饗応す、工事着手后連日の晴天にて幸運なりし。7時夕食后入浴10時までラヂオを聞き就寝す。本日畑江宛て配当金送付の申し込みに対しては応諾し難き旨の返書を投函す。古賀店より代用北炭の売却を従容し来る。儘し短期決算に充当せし為ならんも当分市況推移を見て処決せしと思考す。

2月23日

2月24日旧2月朔日 「曇り・暖」昨夜来の小雨も払暁と共に止みたるも曇天勝ちにて気温は前日と大差なし。9時起床午前中宅診正午より往診途中散髪を行い4時帰院、直ちに玄武膏の製錬を行い6時40分入浴7時夕食、夜業に破敵膏2磅(ポンド)を調整10時30分就寝す。午后1時赤司城区より診米8斗2升を持参、例に依り昼食を饗す。2時30分田中・山口両夫人来訪平野副会長(婦人会)へ記念品贈呈の件を談合3時30分辞去せらる。本日古賀商店に代用北炭売却の件は当分市況の推移を見て処決する旨返信を発す。

2月25日「曇り・寒」火傷患者に起こされて8時起床、午前中宅診に従事す。午后2時往診に出かけしとせし際、高松直之氏草野吹代姉様と同道来訪、福岡の縁談順調に進捗し、27日久喜茶を入るる運びなる旨を告げ、種々打ち合わせを行ふ両氏に三献を呈し高松氏は5時、咲代姉は6時夫々辞去せらる。5時30分酒見小春様定期貯金切り替えの件につき来訪6時30分付属病院に向け辞去せらる。6時より陣屋中村方面に往診日暮れて帰院8時夕食11時就寝す。

2月26日「曇り・寒」午前8時起床、8時30分左官南島喜蔵先日来の表通コンクリート工事の後始末に来たり午后3時完了4時辞去す、同左官に支払いたる金額15円35銭也。伸代は乙丸婦人連中の灸すえ参加のため午后4時より向隣り高松宅に行き夕刻帰宅す。4時半より往診夕刻帰宅入浴夕食の后10時までラヂオを聞き就寝す。

2月27日「晴・暖」午前8時30分起床伸代は9時より大城校に於ける婦人会総会に列席す。午后2時より往診4時30分帰宅せしに朝鮮の綾部甚三郎氏種々土産を持参し13年振りに来訪しあり、依って互いに旧濶を啼し山積せる話に時の過ぐるを知らず、雑談に花咲き7時より珍客を遇すべく粗宴を張り2時過ぎまで呑み且つ談じ大いに快を娯し就寝せしは正に午前3時なりしと云う。綾部氏は母堂25年回忌法会のため帰来したる由にて帰途亀川の買地を検分帰鮮の予定なる由、同氏は相変わらず元気なるも頭は大いに禿たるは稍々目につく程なり、何時会っても誠に好々の人格者なり。朝鮮にては成功者の部に入れる由(本人は云わねども)然もありなんと首肯せらる。鏡山松樹君の婚約成立し本日久喜茶の納入を完了す。

2月28日「晴・暖」9時起床、綾部氏と朝食を共にし宅診の傍ら同氏と種々雑談、昼食后綾部氏は1時55分発汽車(善導寺駅発大分行き)に乗る可く辞去せしとせられしも無理に引き留め2時より綾部氏共々高良神社に参拝、夫れより久留米水天宮に参拝、帰途久留米公会堂に於ける衛生博覧会を見物し帰途公設市場にて種々雑品を求め7時20分日吉町停留所に至り電車待合中、高松夫人伸代草野より帰宅の途次会合7時40分の電車にて8時帰宅、夫れより入浴夕食綾部氏は今夜余り酒進まざるに由り約30分にして切り上げ11時就寝す。去冬より大橋鏡山宅に差遣せし、つや子は本日午后2時武俊及び隣家の娘に送らして帰来、武俊らは約2時間にて辞去せしめ伸代は草野に行き其の帰途丁度日吉町にて会合同道帰宅す。(下旬輸入超過 1400万円)林・木枝下ろし)」

  1月に戻る   3月に進む   初めに戻る