Chemdex,Incの生命科学製品取引
インターネット・マーケット

UPDATED:June 22, 1998 by Makoto


米国の生命科学製品市場をとりまく状況

 米国内の生命科学製品市場は、毎年15%の成長が見込まれる13億ドル規模 の市場である。 1,500社を超える化学製品製造元が、この市場に200社の流通業者を通じて 製品を販売している。買手とは、バイオテクノロジー会社、製薬会社、大学、 政府関連研究機関の研究専門学者である。  現在、生命科学製品市場に最も興味を持っている業界は製薬業界である。 その米国製薬産業は1997年総額で研究開発費に約200億ドルを費やした。 製薬業界における製品開発のリードタイムは極めて長く、誰かの優れた アイデアを医師の処方薬という形で昇華させるためには通常3億6000万ドル から5億ドルのコストが必要であり、平均開発年数は15年である。しかし ながら、米国食品医薬品局(FDA)が認可しない限り、その医薬品は米国 内で販売することができない。また、FDAが認可したとしても全く売り上げ に寄与しない場合もある。これまでに開発されたあらゆる医薬品の中で、 研究開発費を回収することができたのは全体の30%に過ぎないといわれている。 このような状況では、研究開発の期間短期化と原価低減をはかることができる ものは何でも歓迎される傾向がある。  ハイテク事業の双へきであるソフトウェア産業との大きな違いは、バイオ テクノロジー製品は、バグでユーザーを悩ますということが許されないこと である。コンピュータよりもより製品供給におけるシリアスさが要求される 市場といえよう。  また、ヒトゲノム・プロジェクトの発展から医薬の作り方、使い方まで が大きく変わる可能性が出てきた。すなわち、人の遺伝子の解析結果を 創薬、投薬に結びつけるものだ。つまり。遺伝子の塩基配列は個人によって 異なるため、塩基配列の違いにより生成されるたんぱく質は医薬品の代謝 反応が微妙に異なっている。これが副作用の原因であることがわかってきた。 これにより、投薬の副作用を減らせる新製品を開発する余地が格段に増えて きた。これは薬理学と遺伝子と科学を組み合わせたPharmacogenomics と呼ばれている。


Chemdex,Inc設立の動機

 ボストン近辺のバイオテクノロジー小企業で過ごした経験からDevid Perry は、バイオテクノロジー業界のあることを学んだ。それは、供給元と買手間の 流通は混乱の様相以外の何ものでもないことである。 数千の生化学製品製造元の多数は売上高が1,000万ドル以下であり、数ダース に及ぶカタログ上で生化学製品を販売していた。このやり方は、供給元にとっ ては非常に費用がかかり、逆にあまりにも多量の情報源上に散乱している製品 データに悩まされている科学者である買手にとっても非効率的であった。 Perryが設立した新会社は、供給元と売手の両者をウェブ上で相対させること により、この問題を解決しようとした。  Chemdex,Incの共同設立者であり代表取締役であるPerryのアイデアとは、 細分化された産業を一方に引き込むことによって市場を形成することであった。  「我々はたくさんのカタログを一つの大きなデータベースに集約しようと   している。我々はあらゆる供給元が電子商取引を行うことを可能にする。」  Chemdexの共同創立者であり、技術主幹であるJeff Leaneは、1995年世界 初のインターネット・ショップ商品価格比較用知的エージェントであるBargain Finderを開発し、後にインターネット電子商取引コンソーシアムである CommerceNetが「電子商取引の最も重要な発明の一つ」と評価したエージェント 型サーチ・エンジンidentifyとIDML言語を開発した有名人物であるが、今回は 自主開発を行わず、代わりにCONNECT,Inc社製品であるPurchase Streamを 利用することに決定した。


Chemdex,IncとCONNECT,Incの共同発表声明

Chemdex,Incは、米国シリコンバレーの中心地であるパロ・アルトに、科学者、 インターネット創立者、ビジネス・プロフェッショナルによるチームによって、 生命科学製品の売買いプロセスを劇的に改善することを目的として設立された。 1997年9月より、30万以上の製品品目を扱い、さらに市場変化の速度に追随 できるような、ウェブを活用した購買システムの評価を慎重に開始した。 1997年12月17日にChemdex,Incは、CONNECT,Inc製ソフトウェアである PurchasStreamを利用したインターネット購買システムを提供する計画を CONNECT,Inc と共同発表声明を行った。オンライン購買システムは、米国 内約30,000人の研究所勤務の科学者たちがChemdexのウェブ・サイトに アクセスし、2,000の異なる製造元から約250,000以上の特別なバイオ・ サイエンス製品を調査し、購入することを可能とするものである。 Chemdexは、1998年1月に売上10億ドルのサンフランシスコに位置 する大手バイオ・テクノロジー会社であるGenentech,Incにおいて最初 の試用サイトを運営し、2ヶ月内にさらに2つのサイトを追加試用、 1998年3月から本格的運用を行うものである。Chemdex,Incは、Purchase Streamシステムを10以上の仕入先が持つ特殊化システムと統合化させる予定 である。  バイオテクノロジーおよび薬学のための米国市場は製造元とエンドユーザー のレベルによって高度に細分化されており、大抵の場合、製紙カタログが印刷 されて配布される。通常、研究者はポストイットやページの折り目だらけの 古い日付の薬品カタログを多数所有しており、その検索作業に多大な時間を 費やしている。そして、注文は電話で行われる。 Chemdexのウェブ・サイトの利用により、デスクトップ・コンピュータを 利用し、より素早く容易に検索を行い、仕入先から直接に製品を発注する。 つまり、Chemdexが提供するシステムは、通常、手で膨大な数の分厚い薬品 カタログをめくったり、電話で購買発注を行う研究所の科学者たちと研究者 たちの購入プロセスを容易化するものであり、購買コストは、約50%削減 されると推定される。  顧客は、バイオテクノロジーと薬学に関する研究所、政府または公立研究 機関である。  Chemdexは、インターネット・ビジネスに特化したベンチャー・キャピタル の代表的存在CMG@Ventureから投資を受け、20%の株をCMG@Venture が保有している。さらに生命科学に特化した商業向銀行であるBay City Capital、また、1976年に設立された世界最初のバイオテクノロジー会社 Genetech社初代最高経営責任者(CEO)であるKleiner Perkinsが執行 するベンチャー・キャピタルK&E managementとChemdex,Incの共同創立 者であるDavid Perry(社長)とJeff Leane(技術主幹)が出資している。  Chemdexは急激に成長しつづけており、1998年1月から60以上の主要な 仕入先との関係を確立し、生択臨床医学(Biomedical)研究の全領域における 100,000以上の製品を扱っている。Chemdexの献身的で経験豊かなビジネス デベロップメント担当者によって、毎週4社の新規仕入先と毎月20,000品目 以上の新製品が追加登録されている。  1998年5月末、Chemdex,Incの従業員は25名である。


Chemdexが創造する市場と主なサービス

 Chemdexは、生命科学製品供給元からのリストを編集することによる市場 を生成し、生命科学製品の売手と買手の業界規模の関係を開発(関係編集)し、 真に効率的な検索エンジンと電子商取引インタフェースを提供する最新式 システムを開発している。  Chemdexは年間365日、一週間当たり7日間、一日24時間を顧客に売手の 門戸開放を行い、強力なセキュリティ機能とサーバーのバックアップ・システム を準備している。 買手にとって、Chemdexは研究用供給品の購入のための効率的なウェブによる システムを提供するものである。Chemdexは予算管理が厳しい研究組織における コストを大きく削減することができる。このシステムは、購買発注承認と好みの 仕入先を含むカストマイズされたカタログ、その他の製品注文に費やす労力を 減らすための様々な特長を持つ。 また、供給元にとって、Chemdexシステムは自ら情報化投資をすることなく、 電子商取引を効率的により広範囲に拡大することを可能とする。具体的に Chemdexがもたらす有益性とは以下である。  買手:   ・一回の注文当たりに通常手法によるコスト70〜120ドルを、Chemdex    とクレジット・カード利用による15ドルにコスト削減   ・研究者が製品を探す時間経費の低下   ・購入時におけるより多くの情報、より良い購入決定結果  売手:  ・新規顧客獲得のための到達範囲拡大  ・電子商取引機能の実現  ・顧客への販売  ・製紙カタログ以上にタイムリーかつ正確な技術情報の提供


SueperSrtreamを利用したオンライン購買手順

 製品名、製品分類、仕入先名、CAS番号、または一般的なキーワードから Chemdex Libraryの検索ができる。革新的な"多面指定(faceted)"検索機能 により、検索結果からさらに範囲を狭めた検索ができる。以下にChemdexの オンライン購買の手順を示す。 ■第壱段階  まず最初に生命科学製品の買手であるシュテファン君がChemdexにログイン  をした。彼は、モノクローン抗体(MAbs)であるインターレウキン-4を探す  ため、Chemdexのサーチ・エンジンに"IL-4"を入力した。

シュテファン君、いらっしゃい!

■第弐段階  Chemdexのサーチエンジンは、"IL-4"に関係した製品を含む4つの分類項目  から216種類の製品を見つてきた。次項目において一致する製品の数が各行  に示されている。  シュテファン君は、モノクローン抗体(MAbs)を選択した。

"IL-4"検索結果

■第参段階  Chemdexは、キーワード"IL-4"を含む80種類のモノクローン抗体(MAbs)  一覧を出力してきた。さらに検索を詳細化するため、シュテファン君は、  彼のニーズを精確に示した三つの属性を設定した。すなわちホストはマウス、  抗原組織は人、そして同位体は"IgG1"である。

モノクローン抗体(MAbs)一覧

■第四段階  わずか2、3秒の三段階の検索により、シュテファン君は数十万種類の製品  から彼の特別な水準に合致した3つの製品にまで検索範囲を狭めることが  できた。彼は詳細情報を得るために、製品名の場所をクリックした。

モノクローン抗体/"IL-4"一覧

■第五段階  供給元が提供する製品仕様を確認した後、シュテファン君は、最小購入単位  である0.5ミリグラムを発注した。

Harlen社製"IL-4"購買発注

 この製品は、シュテファン君がクレジットカードまたは購買発注によって 支払われる注文票に追加された。Chemdexは即座に供給元であるHarlen社に 契約完了を通知し、受注充足の承認を得た。Chemdexが実現する購入プロセス の他に類を見ない迅速性と効率性から、買手であるシュテファン君が検索一致の 経過時間に不満を覚えることなく、厳密に正しい製品を見つけだすことができる。  現在、Chemdexは米国内のみの商品出荷サービスを行っている。現在、出荷 方法として以下の3つの方法を採用している。  ・翌日、・翌々日、・標準 出荷課金は、受注したパッケージ数、重量、必要な場合のドライアイス、 ブルーアイス料金、特定仕入れ先、または危険/有害物質取扱い料金が加算 される。通常は受注分は一つに梱包し、発送される。分割出荷の場合は、 さらに課金がなされる。 Chemdexに売手より商品が到着した同日に必ず売手に出荷されるが、 時差により、また仕入先受けつけ時間後の受注の場合、配達依頼場所に翌日 に発送できない場合がある。この場合、Chemdexの顧客サービス部門より、 あらかじめ顧客に遅延が通知される。  簡単なウェブ・ベースのインタフェースを通じて、Chemdexは顧客に各品目 の注文充足がどの段階なのかを追跡することができ、顧客はどのように注文 が充足されているかを知ることができる。また、Federal ExpressとUPS 情報システムとの密接な統合化により、パッケージ転送中であっても、すぐに 毎分に追跡することができる。 Chemdexは米国外への出荷も近い将来、実施する予定である。


売手と買手に提供されるサービス詳細内容

■Chemdexが買手に提供するサービス   購買発注依頼後、Chemdexを経由して各供給先に発注される承認番号が  買手に受け取れられる。供給元は製品品目を買手に直接、発送する。毎月、  全ての供給先からの請求を一括した請求書がChemdexから買手の経理部門  に送られる。依頼に応じて、内部承認プロセス、特定仕入先、費用分散記述  を扱った経理処理に適合するような請求処理が可能である。   Chemdexの"Jump Start"機能により、買手は容易に以前の注文分を複製  してから新規注文分を指定し、再発注することができる。買手は検索中に  Chemdex内にある製品を"お気に入り"として表記づけ(mark)できる。  いつでも、1ページにまとめて表示されるお気に入り品目一覧から製品を  即座に作成中の注文一覧内に引き当てること(drop)ができる。Chemdexは  "注文用意(standing order)"機能提供を準備中であり、一度に注文内容が  指定され、選択された一定間隔で自動的に再注文される。  受注状態はいつでもデスクトップ・コンピュータ上から簡単に見ることができる。  しかし、Chemdexは常に受注充足状態を追跡し、全受注処理作業とその遅れ  を取り戻せるようになっており大抵の場合、受注状態表示機能は利用される  ことはない。  また、Chemdexは自動的に電子メールで遅延理由および配送が遅れている  注文品目の通知を行う。   基本カタログ記述に加えて、多数の仕入先はChemdexが提供する製品安全  性データ表(MSDS:Material Safety Data Sheets)、品質管理データ、  技術詳細情報のオンライン・アクセス機能を利用して見込買手が外部情報資源  にアクセスするためのリンク情報を公開している。またChemdexのカタログ内  で供給元の技術サポート・センタ、専門研究領域を扱っている雑誌記事などの  リンクを見つけて利用することができる。   もし、注文品目の内のどれかが在庫切れになったとき、買手は注文品目が  全て揃うまで待つか、出荷可能な品目だけすぐに送らせて残りは注文中にする  か、注文自体を破棄するかを選択することができる。もし、注文品が30日  以内に出荷できないことが判明したとき、Chemdexは買手に電子メールで  通知し、注文を破棄するか、30日間を待ってもらうか選択してもらう。 ■Chemdexが売手に提供するサービス   製品テータ合併プロセスの管理方法は、Chemdexのデータ合併専門家チーム  が売手にアカウント番号を割り当て、データを詳細まで注意深く扱えるように  売手企業の代表と協動する。Chemdexが行う品質保証手順により、Chemdex  上で稼動する前に製品情報の言葉を売手が最終確認することになっている。  顧客がChemdex内で表記されていない製品情報が必要となる場合には、売手は  Chemdexの製品データから直接、売手のホームページか、Chemdex内の別  ページにリンクを張り、顧客が技術サポート代表に接触できるような情報を提示  することができる。Chemdexの柔軟なウェブ指向のフォーマットにより、  各製品表示に膨大な量の技術データと安全性データを追加させることができる。  これにより、売手のサービス部門への問合せ電話を減らすことができる。   Chemdexからの発注を売手の請求システムに入力することも可能である。  Chemdexへの製品発注は数秒後に売手の営業部門、経理部門、または出荷部門  に電子メール、ファックス、またはEDIを通じて転送できる。これは売手の望む  時間、場所、そして方法で転送できる。Chemdexが全請求項目をまとめて転送  することにより、売手の経理部門の紙作業の削減、Chemdexからの適時な支払  いを保証することができる。  また、海外からの顧客が米国価格で売手製品を購入するのを防ぐこともできる。  現在、Chemdexは製品を米国以外に住む売手に販売を行っていない。現在、  全製品の価格は米ドルで値づけされている。Chemdexは米国以外からログインし、  米国価格を見ようとする不正登録売手から遮蔽することができる。いかなる場合  において誰もChemdex内のカタログで提示された米国価格で購入した時に米国  以外に出荷を指定することはできない。  Chemdexは、仕入先を国際的買手を視点に入れた仕入先と国際的買手を視点  に入れていない仕入先に二種類に区分しており、近い将来にChemdexが国際  的市場を展開するときに、以下のような方針によって地域的価格紛争を  最小限にすることができる。


Chemdexによる利用者分類

Chemdexによる利用者分類は登録ユーザと未登録ユーザの二階層に分類している。 ■登録ユーザ  登録をするために、ユーザは有効な出荷先住所を明記しなくてはならない。  ユーザは仕入先、製品名とユーザの国別に編集された価格づけを見ることが  できる。このようにして、ユーザが製品と価格を見る能力は、Chemdexから  購入するユーザの国別に直接関連している。 ■未登録ユーザ  未登録ユーザは、国際的視点を持つ仕入先から情報編集(filtering out)  されたChemdex上で提示された製品情報を見ることができる。この情報編集  は以下の三種類のどれかが選択される。  1.国籍未確定のユーザに対して、何も情報を見せない仕入先  2.国籍未確定のユーザに対して、特定製品情報のみを見せる仕入先  3.国籍未確定のユーザに対して、特別価格表を見せる仕入先  Chemdexへの各仕入先は、国際的可視性に関する方針を定義する責任を持つ  ことになる。もし、制限された国際的可視性が選択させた場合、各特定地域  のための特別編集(customized)された製品と価格一覧を提供する。


Chemdexが提供する仕入先へのソリューション

 Chemdexは、研究所向製品のマーケティング革命を起こすための売手に地球 規模の電子カタログを提供する。売手の販売と運営コストを削減すると同時に 数千の研究所に届く超効率的なチャネルである。通常の検索エンジンよりも遥か に強力なChemdexの類を見ない"知的エージェント"ソフトウェアは、これまで になく容易に特定の生命科学製品を見つけだし、購入することができる。 Chemdexの利用により、顧客が売手の特別な製品を在り処をすぐに見つけること ができなかったり、製品を理解できなかったことによる販売機会の消失は決して 起きなくなることになる。  Chemdexはどんな製紙カタログよりもより迅速に完全な製品情報を提供できる。 売手が新製品、特別な申し出または次期の広告宣伝行事についての声明の準備が できたとき、その情報をChemdexに通知することにより、全世界の研究業界に 知れ渡ることができる。もし、製品カタログに詳細情報を追加したいときも、 すぐに実現できる。製紙カタログにおける限界も存在せず、Chemdex内の 製品カタログは任意長であり、高解像度のグラフィック情報や望まれる ハイパー・リンク情報も含まれる。  容易な電子商取引を可能とするウェブサイトの構築と維持には、数百万ドル はかからないとしてもまだ数十万ドルはかかっている。スタンドアロン型サイト では、独自に通信経路を作成しなければならない。Chemdexの世界最上級の インフラストラクチャに移譲することにより、売手は商取引を可能とする サイトを構築するときの費用や諸問題を避けることができる。さらに完全な 生命科学コミュニティにおいて、保証された高度な可視性を獲得することができる。  Chemdexでは購入の際の費用、月間使用料、ソフトウェアまたはハード ウェアに同意署名の必要は全くない。売手が製品の広告宣伝をする時、初期設定料、 月間使用料、固定費は全くかからない。Chemdexは各注文成立毎に事前交渉 された、内部販売費用または販売代理業が上乗せする額よりも遥かに低い額 の取引経費を課金する。


Chemdex,Incの課金方法

 バイオテクノロジー流通業者は、最大200%まで価格を割り増ししていた。 Chemdexは、これを約50%まで低い価格を提供することができる。 Chemdexへの売手の製品登録と利用、および買手の参加登録と利用の料金は 無料である。Chemdexは、取引成立毎に売手に対して、取引高の5%を手数料 として請求する。これに製造元受注処理が含まれる。さらにChemdexからの 出荷配送料金が別途、課金される。 Chemdexは、クレジットまたはVisaまたはMasterCard購入カードを通じて 支払いを受け付けている。  出荷済みのの解約は、手数料として20%を支払ってもらうことにより、 受け付けている。また、一度電子発注した分を後の発注分と累積させたりする ことはできない。  また、返品の扱い方として、商品を受け取った48時間以内に顧客サービス 部門に事前連絡することにより、損傷品またはその他の手違いがあった商品 を返送できる。この場合、返送料金はChemdexが負担する。もし、顧客側 の発注ミスであった場合、20%の手数料が取られる。


売手と買手の使用限定保証

 売手からChemdexを通じて出荷された製品は、研究所での研究目的に限定 利用されることが求められる。このとき、製品ラベル記載内容、売手による 製品カタログ、他の買手向けの記載にかかわらず、他の目的に利用すべきで はない。しかしながら、ヒト、動物または商業目的のために食品、医薬品 および臨床医学品の科学機材内検査を限定するものではない。 買手は売手のあらゆる記載事項にかかわらず、製品が、に食品、医薬品、 臨床医学品、化粧品、他の商業的使用に対する安全性および効率性が十分に 試験されていないことを了解するものとする。買手は売手から購入した製品 を正しく試験、使用、製造を行い、市場参入することを保証する。  買手は、売手から購入した製品を専門領域に精通しており、各種の法規制 を遵守している専門家が扱うことを保証する。  買手は、売手からの製品のいかなる記載にかかわらず、研究目的で製品を 使用し、連邦食品、医薬品および化粧品法(FEDCA: Federal Food, Drug and Cosmetic Act)の意味を適用すべきではないことを売手に保証する。 また、毒物規制法(TSCA: Toxic Substance Control Act)も適用すべき でないことを認識する。  買手は売手の製品による人身事故や損傷と思われる何らかの事故や事象が 発生した15日以内に書面で売手に通知を行わなければならない。さらに、 買手は、調査と事故原因の究明において売手に十分協力し、売手による あらゆる声明、レポートと試験が可能となるようにしなければならない。


Chemdexの特長と実績

 Chemdexはハイパー・リンク型オンライン・カタログを生命科学市場に おける売手と買手に提供することに成功した。膨大な製品品目のオンライン カタログは高価であり、煩雑に更新されるためにChemdexは電子メール、 または製品一覧の製紙カタログによる提供は不可能だと発議している。  Chemdexには、売手の製品データを正確にChemdex市場に表現すること を保証するデータ編集専門家チームがおり、あらゆるフォーマットの図や写真 も生命科学製品データベースのために利用できるようにした。この結果と してChemdexを利用する科学者たちは、分厚いカタログの代わりに生命 科学製品に特化したインターネット検索エンジンを持つことができた。 さらに、費用を大幅に削減できることになる。  Chemdexは最新の情報技術を活用し、連結請求と連結帳票作成といった 売手と買手とのビジネス・プロセス統合化を実現した。これはまさしく Chemdex市場システムと呼ぶべきものであり、一日当たり数千の注文プロセス を遂行でき、正確な課税、出荷と注文充足情報を提供できる。Chemdexの 仕入先は製品品目ごとに詳細な月末の取引帳票を要求でき、数百の製品毎の 会計請求の代わりにChemdexに一括集約して請求することができる。  Chemdexが扱う製品は、危険物質/有害物質である場合もあるため、 売手と買手の匿名性情報は基本的に存在しない。


B 2 Bインターネット・コマース垂直型市場

 Chemdexの共同創立者であり、技術主幹であるJeff Leane は、 B 2 B インターネット・コマースにおいてどの垂直型市場を選択するかが最重要 であるという。彼は以下のように述べている。  「 B 2 Bインターネット・コマースには、市場の選択が最も重要なのだ   と私は考えている。常に存在する問いとは、"私はどのような付加価値   を提供できるか"とか、"何の問題を私は解決できるのか"といったよう   なものだ。   例えば、細分化された市場では、エージェントは多数の付加価値を提供   できる。だが、細分化されていない市場ではエージェントなど誰が必要   とするだろうか?   Chemdexの存在は理にかなっている。なぜなら、2,000以上の小規模   企業が生命科学製品を製造しているからだ。   さらに例をあげよう。技術的に洗練化された市場ではエージェントは   多くの市場シェアを得ることができるだろう。もしほとんどのユーザー   が技術的に無知であった場合、エージェントが市場シェアを得るような   ことはない。この点でもChemdexの選択は適切であるといえるだろう。   なぜなら、研究科学者たちは常にインターネットに接続しているからだ。」


参考文献

[1] Chemdex, Inc [2] CONNECT,Inc、"CHEMDEX TO CREATE WORLD"S LARGEST ONLINE MULTI-VENDOR MARKETPLACE"、December 17 1997 [3] CMG information Services,inc.、"@Ventures: Chemdex data sheet" [4] Jone Evan Frook、"Missing Link Emerges:Inventory Mgmt"、INTERNETWEEK、 March 9, 1998 [5] Thom Weidlich、  "Business to Business: Bringing Life Science Products to the Web" [6] Kevin Jones、"Chemdex Targets Chemical research"、Intere@ctive Week、  January 26,1998 [7] マイケル・グルーパー、"創世紀第二章 バイオテック企業最前線"、  ワイアード vol.4.07、1998.7、株式会社DDPデジタルパブリッシング [8] 奥野由実子、"特集 ベンチャー続々、バイオチップ戦国時代"、  日経テクノフロンティア、No.88、1998.5.25、日本経済新聞社 [9] 松本正剛監修、"情報文化の学校 ネットワーク社会のルール・ロール・ツール"、  1998、NTT出版


B to B ICホームページに戻る