都理化教育研究会 教育機器専門委員会研究発表抜粋



 このページはあくまでも北村俊樹(たまきち)の得た情報とその抜粋・要約によって作製されています。したがって東京都理化教育研究会の公式な見解を示すものではありません。各情報の詳しい内容をお知りになりたい場合は、直接、発表者や委員会あてにおたずね下さい。

ホームページへ

都理化研ページへ


1990年度(平成2年度)研究発表抜粋


 「教育機器活用委員会氏名」
 委員長 :山崎達一郎(都立文京高校・物理)
 委 員 :吉澤純夫(都立日比谷高校・物理)
      金城啓一(東京学芸大学附属高校・物理)
      天良和男(都立広尾高校・物理)
      鳥居雄司(都立向丘高校・物理)
      内川 章(私立開成学園高校・化学)
      寺嶋康夫(都立江北高校・化学)
      富岡康夫(都立福生高校・化学)
      長田真一(都立東大和高校・化学)

 以下準備中

「目 的」


1.コンピュータ利用の考え方

2.コンピュータ利用のアンケート集計結果BR>

3.CAIの学習履歴分析


4.化学実験の理解を助けるコンピュータの利用(自動計測)


5.化学に於けるパソコンの活用の一例(シミュレーション)


6.理科教育における望ましいコンピュータの施設・設備について





ホームページへ

都理化研ページへ