たまきちについて
たまきち:

  本 名:北村俊樹
  年 齢:1958年生まれ
  居住地:東京都
  家 族:奥さんと子供達
  趣 味:パソコン、ガーデニング、ドライブ、電子工作、ソフト製作、楽器演奏、SF、酒はまったくだめ(饅頭こわくない?)

 最近はプランターや区民農園での野菜作りに精を出しています。ミニトマトにキュウリ、なす、オクラ、サニーレタス、さやえんどう、イチゴ、バジル、しそ、パセリ、セロリ、三つ葉、ジャガイモ、ミョウガ、あさつき、コールラビなど、プランターだらけになってしまいました。これらをねらうカラスとアブラムシとの戦闘中です。
 学校を移り、自転車通勤となりました。これと朝夕の水やりとで、いたって健康的な生活を送っています。そのせいか、物理の教材やプログラムを作る気が全く起こりません。こまったような、うれしいような毎日です。(1999.5.15)

 学校が学校インターネット3の指定校になったおかげで、授業用のプログラムを作る羽目になりました。仕事で作ると楽しくないなあというのが実感です。(2003.1.18)

 また、学校を移りました。今度の学校は、都心の学校で、前の学校と環境が大違いです。通勤も久しぶりに電車通勤ですが、人が多くてなかなか慣れません。これも、年のせいかなあ。(2003.7)

 楽器を使った音の授業をするという名目でいろいろな楽器に手を出しています。
 高校の時、あこがれだったGibson社のLesPaul Standardモデルや Martin社のAcoustic Guitar、鈴木ハモンドのHammond Organも仕事のためと言い訳しつつ、近年手に入れてしまいました。この夏はディジュリ・ドゥというオーストラリアのアボリジニの楽器を練習しています。
 区民農園は相変わらず続けており、白菜と大根の植え付けをしたばかりです。(2004.8)


最近は、自動演奏機能付きピアノを手に入れジャズピアノの練習を始めました。また中国の擦弦楽器の二胡(にこ)やオーストラリアのアボリジニの楽器ディジュリドゥ、アルトサックスにも手を出しています。(2006.1)

沖縄に旅行にいった時に、紫檀の三線を手に入れました。とっても心地よい響きがします。(2006.3)

鍵盤ハーモニカならぬ鍵盤パイプ笛「アンデス」、電子楽器「テルミン」を手に入れ、授業で使ってみました。(2007.1)

都立高校24年目にして、私立中高一貫校に転職しました。都立の生徒や教員は良いのですが、都教委のしめつけとくだらない書類書きや規則、仕事の数々、そして、日の丸君が代矯正教育、週案、職員会議の運営、自己申告書、生徒による評価、数値目標、支援センター制度など、もうこんなことにつきあっていられません。聖光学院ではこれらのことは全くなく、生徒と一緒に学校生活を楽しんでいます。中学生を教えるのも新鮮です。(2008.9)

ホームページへ 

たまきち(ぬいぐるみ)ご近影