Aug. 27. '99   (c)1994-99 桐谷育雄

第91章 ソウル発券再入門:中級編「実際に購入」



 どこの国でも、一番一般的な航空券購入方法は、航空券を販売する数多い旅行代理店の中から一軒のお店を選んで、そこで購入する方法です。今回は、初めて海外発券に挑戦される方向けに、僕自身のソウル発券の歴史をまとめながら、ソウルで実際に航空券を購入する方法を紹介しようと思います。

 単に初心者向けの方法ではなく、海外発券経験が豊富な方にとっても、とても便利な方法で、僕も、今なお利用することの多い方法です。




昔は大韓航空のオフィスで

 若かったころは、行きも帰りも釜関フェリーで韓国に通っていましたが、ある夏の終わりに飛行機を使うことに目覚めました。台風が接近してフェリーが欠航しそうになって、始業式に間に合うために、急遽釜山から飛行機に乗ることにしました。今にして思うと、これが初めての海外発券でした。

 8/30の大韓航空釜山支店には日本人おじさんがあふれていました。お金が足りるだろうかと心配していたら、クレジットカードも使えて、おまけに、金額の安さにびっくり。お姉さんは、本当に往復を買わなくてもいいのと、繰り返し聞いてくれました。まわりの日本人は、みな往復の航空券を買っていました。つまり、航空券の安い韓国で往復の航空券を買って、韓国に通い続けていたんですね。まだ純真な青年には、その方々に実は目的があることも、想像もしませんでした。

 次の旅では、フェリーでソウルに向かって、帰りに大韓航空のメインオフィスで、名古屋往復の航空券を買って帰って、それ以来、ずっと、航空券を買い続けています。四季の様々な時期に様々な場所に出かけて、様々な景色や味が味わえるようになって、今では、全土をヒッチハイクで歩き回った日本と同じくらいに、詳しくなりました。

 日本でも最近まで、航空会社のオフィスでは安い航空券を買うことが出来なかったのですが、世界のほとんどの国では、オフィスでも代理店でも、金額が変わらない場合が多いのです。さらに、航空会社でしか発券できない航空券もあって、僕は韓国では、ずっとクレジットカード払いでも金額の変わらない航空会社のオフィスで購入し続けました。

JCBプラザで発券

 JCBプラザは、いつか詳しく紹介したいと思っていますが、クレジットカードのJCBが、日本人観光客の多い都市に開いている会員向けの様々なサービスをするラウンジのようなものです。

 日本の新聞の衛生版が置いてあるし、ショッピングパスポートというJCBカードで支払うと割引になったりプレゼントのもらえる小冊子が置いてあるので、僕も、時間の余裕がある時は必ず立ち寄るようにしています。現地採用の日本語の上手な方が、様々な相談にのってくれるのも魅力です。

 さて、90年代に入ってからのことですが、ソウルのJCBプラザに行くと、ソウル発の航空券を売っていることが掲示してありました。試しに金額を聞いてみると、航空会社発券の特別運賃と同額。行列と発券を待つ時間を考えると、JCBプラザで買うのが合理的に思えて、早速申し込みました。その時は、近くの免税店を回って一時間後に戻ると、航空券が届いていました。

 仲良しになって、いつも色々と聞いてくれる大韓航空のお姉さんに申し訳ない気もしましたが、それ以来、JCBプラザでよく買うようになりました。ある時は、帰国する日のお昼にJCBプラザで申し込んで、受け取った航空券で帰国したことがあります。

JCBプラザソウルのメリット

 JCBプラザで発券すると得をするポイントは、いくつかありますが、一つ目は手間がかからないことです。JCBカードを持つ人は、滞在中きっと立ち寄るので、そのついでに航空券が買えてしまいます。中心部のロッテホテルにあるという地の利もありますが、ソウルでは、その界隈に航空会社も代理店も集まっているので、それはあまり関係ないかもしれません。

 二つ目は営業時間です。ソウルの一般的な旅行代理店の営業時間は土曜は半日、日曜は休みですが、JCBプラザは、日本人観光客の都合に会わせているので、土曜の午後も日曜日も営業しています。日曜日に帰国する時に航空券を受け取ることが出来るのは、うれしいことですね。

 三つ目は価格です。ソウル発名古屋往復のキャンペーン運賃の設定がなくて、ノーマル運賃にするしかないときも、JCBプラザの金額は、代理店と同じで、少し割引された金額でした。最初の頃に、どこで発券をしているのかを聞いてみたのですが、いろいろな代理店の中で、一番安い所を探して、その都度発券するという答でした。実際、今僕の手元にあるJCBプラザで発券していただいた航空券はTOP LAND TRAVELがPlace Of Issueですし、以前はH.I.S. Seoulの時もありました。

 もう一つ、クレジットカード払いが出来ることもメリットですね。一般的に海外発券でクレジットカード払いをすると、金額が5%前後高くなる(実は高くするのは店舗とカード会社の契約に反します。)のですが、この場合は、もちろん高くはなりません。ポイントもつきますし、韓国でカードを使った総額に応じてプレゼントがもらえるキャンペーンの時も、航空券分も対象になります。

 実際には、旅行代理店でも日本語の上手な方がいますが、JCBプラザでは日本人スタッフ以外の現地スタッフも、本当にものすごく日本語が上手です。英語や現地語が苦手な方には、JCBプラザ発券は、よい方法だと思います。

実際の購入方法

 以下の方法はJCBカードを持っていなければ使えない方法です。僕はいくつかのカードを使っていて、ポイントが一番得をするカードはJCBではなく、そのカードを使うと、千円の消費につき、最高6.25%分の商品券が返ってきます(第14章「クレジット・カードもとくとく」参照)が、JCBカードのメリットは、お金には換えられないJCBプラザのサービスです。

 まだJCBカードをお持ちでない方は、検討してみるとよいかもしれません。もしもどこかのゴールド・カードを持っていなくて、旅行のたびに、旅行保険に加入される方は、JCBグランデ(第9章「旅行保険は、少しでも安くしたい……。」参照)が、お薦めです。

 さて、JCBカードをお持ちである前提のもとに、実際の方法を説明します。

(1)計画をたてる。

 海外発券を始める方は、少なくとも今後一年、できれば二、三年の旅行計画のビジョンを持つ必要があります。直前では予約も入らないことがあるので、少しでも早く動くことが大切です。

(2)JCBプラザに電話する。

 時差がないソウルへの電話は、休日の国際電話が安くなる時間にすると安くなります。最初にクレジットカード番号と名前、航空券を買いたいことを話します。時期と行き先を話して、金額を調べてもらってから、後程こちらから電話をして、金額などを聞きます。決まったら予約を入れてもらいます。

(3)片道航空券、激安ツアーの帰国便放棄、フェリーなどの方法でソウルに行き、JCBプラザで航空券を受け取ります。

 次回は、ソウル発券になれた方が使う、便利なワザを扱います。

次回第92章ソウル発券再入門:上級編「日本の国内線」を読む

前回第90章ソウル発券再入門:中級編「日本ストップオーバー」を読む

 
What's New Kirium Wired! Home Books Music about us Back

このサイト全体のホームページを見る

旅の Tips & Tricks の目次へ戻る


ご意見やご感想はkirium@pisces.bekkoame.ne.jpへどうぞ
* * * * * *
Presented by Ikuo Kiriya

(c)1994-9 桐谷育雄 All Rights Reserved.