Jan.15. '97   (c)1994-97 桐谷育雄

第078章 人を見てならぼう


 第77章から、一ヶ月以上も間があいてしまいました。お問い合わせ下さった方々、心配して下さって本当にありがとうございました。もう一区切りついて、時間の余裕が生まれ始めたので、これからは、二週間に一度の定期発行が出来ると思います。

 毎年、新年第一回は、世界の最新情報をお伝えしていますが、今年は、ご質問が、たくさんたまっているので、お便り紹介コーナーを充実させることにします。

 入国審査を徹底研究すれば、かなり早く通過できるようになりますが、極意は、行列している人々を見て、並ぶ列を決めることです。

 時間がかかりそうな人が多い列は避けなくてはなりません。トラブルを起こしそうな人、マフィア系に(その国の感覚によると)見えそうな人、国によってはヒッピー(何となつかしい言葉でしょう!)風に見える元フラワー・チルドレン(僕もその一人。)も時間がかかったりします。

 このあたりはとても難しく、現地では一目でその筋の人とわかる雰囲気の持ち主も、多くの日本人にとっては、金持ちそうな紳士と見える場合も多いようです。逆に、日本のその筋の人も、外国では必ずしも、そうは見えない時もあるようですね。

 世界には、日本を始め不法就労者になりそうに見える人に対して、極めて厳しい国があります。そんな国では、びしばしと鋭い質問が延々と続きます。僕の場合で言うと、イギリスがそうで、ある時など、三十分も尋問を受け、いったん怪しまれると、帰りの航空券を見せても信じて貰えず、大変でした。正式な職業が、高校の国語の教師なので、正直に話すと、英国内で、日本語を教えて収入を得ようとしているのではないかと思われてしまいます。もっとも、胸に届きそうな長髪の怪しい人物に最初は思われるので、日本語の教師ということさえ最初は信じて貰えないのですが……。

 やっとのことで入国審査を終えても、パスポートと航空券をお尻に位置する貴重品袋にしまおうとぐずぐずしていて、自動ドアからすぐに出ずにいると、一難去ってまた一難、また別の遊撃審査員がやってきて、同じ尋問が始まります。やれやれ。

 安全の為に、入国審査場にいる間に、貴重品をしまおうとするせいなのですが、今では歩きながらしまって、逃げるように扉から出ます。

 夜行バスでフランスからロンドンに向かうときに、船からバスに乗って、ドーバーの入国審査を受けた時など、僕一人のせいで、バスの出発が大幅に遅れて、バスは僕を残して出発してしまったのではないかと、やきもきしたものです。つまり、僕のような人物がいる行列を避けることが大切なのです(ヒースロー等では、一列から分岐する行列ですが、ユーロスターやバスで陸路で入国すると、一つ一つのカウンターごとの行列になるので、後ろの人に影響が出てしまいます。)。

 次回も、この話を続けます。


 まずは、入国審査についてのお便りから紹介しようと思います。
 やはり、みなさん、様々に工夫されているんですね。とてもユニークなものばかりでした。最もインパクトのあったKobe Alphalpha Co.,Ltd.さんのお便りを代表に紹介させていただきます。


「入国出国審査の早い方法、わたしの経験(アジアの場合)

(1)その国の人の列の隣の外国人の列に並ぶ(帰国の人は審査が早いのですぐ呼んでくれます。)(帰国の場合、外国人の列の横の日本人の列)
(2)ややこしそうな国(聞いたこともない国、その国に入国するのにVISAのいる国)の人の後ろに並ばない。
(3)日本人、韓国人、の団体の後ろに並ばない。(仲間の人を呼んだり、サインをよく忘れているので)
(4)中国へ行かないこと。(係官がカメなみに遅い、よく途中で書類を詰め所に取りに行ったりする。)
(5)いいクラスの席に乗る(飛行機を降りるのが早いため)

 効果的なのは1か5ですね。2と3はちょっと矛盾しますが(4と5はなかなか実行できません。)」(Kobe Alphalpha Co.,Ltd.さんから)


 僕の場合は、逆に(3)が効果的なようで、バッジをつけた団体日本人観光客の後ろに並ぶようにして、ツアー客のふりをしてしまったりしますが、早く順番が来るためではなく、自分が速やかに処理される為ですね。詳しくは、次回に扱います。

 日本のパスポートはビザが不要な国が多く、ブラック・マーケットでも高値で取引されるくらいですね。ビザが必要な人は、確かに長引くことが多いようです。


「はじめまして、福永と申します。ナイキのコラム大変楽しく拝見いたしました。さて、韓国のTAX REFUNDの記事ですが、近々韓国旅行に行く予定があるので詳しく教えてもらえないでしょうか?韓国観光公社に聞いてもわからないということです。大変お忙しいと思いますがよろしくお願いいたします。これからもナイキの情報、旅行情報を楽しみにしています。」(福永さんから)

「わたしも、よくデパートで買い物をするのですが、このような方法ができるのでしょうか。(中略)
>あと、最近、CDが安くなって、お薦めは、もとMIDOPAの地下一階。欧米のものも日
>本のメガショップ系より安いし、韓国製造の欧米ものは、激安です!
 質問ばかりで申し訳ありませんが、もとMIDOPAとは、どこなんでしょうか。」(上村信行さんから)


 かなりの方々から、韓国のTAX REFUNDSについて問い合わせがありました。いつか、世界中の税金割り戻しを扱うつもりですが、何故か韓国のTAX REFUNDSについては、どこのガイドブックにも出ていないので、今回少し、扱おうと思います。
 この前韓国へ行った時には、時間がなくて手続きをしなかったので、今でも継続しているかどうかはわからないのですが、もしもデパートで手続きできなかった時は、大韓民国国税庁附加価値税課長に照会してください。
 韓国では、「附加価値税」、「特別消費税」、「防衛税」が、商品の代金に、内税として含まれています。購入後三ヶ月以内に国外に搬出して、一回の購入総額が五万ウォン以上(それ以下だと、手数料を引くと、還付金がなくなってしまうのです。)の場合に、税金還付を申請出来ます。
 ロッテデパートなら、赤ちゃん用品売場の奧に外国人観光客物品販売確認所があり、そこに、パスポートとレシートを持って(何度か現物を確認されたこともあります)行くと、お姉さんが、物品販売確認書を作って、複写二枚分と切手を貼った返信用封筒を渡してくれます。
 出国するときに、出国審査の直前にある税関に、機内持ち込みとして、購入商品と共に、物品販売確認書と封筒を提出すると、スタンプを押して一枚返してくれます。もう一枚は、係官が封筒にいれて、デパートに郵送してくれます。
 帰国後、該当金額の小切手が送られてきますが、もちろん、返信用切手、国際郵便料金、送金手数料は、還付金から差し引かれます。金額は、日本円の他、US$、ポンド、マルク、フランが選択できます。
 僕の住んでいる名古屋には、小切手を発行した銀行がないので、有効期間内に東京へ行くついでに換金してきます。名古屋の都市銀行で換金すると、さらに手数料が引かれて、お金が全然戻らなくなってしまうので。
 ヨーロッパで買い物をするとき、一つのデパートの中で、出来るだけたくさんの物を買って、税金割り戻し手数料による目減りを少なくするようにするのですが、韓国でも同じです。以前に書いたように、韓国の免税店で買っても、空港渡しではなく、その場で渡される物は、免税になっていません。デパートで、まとめて買って、免税手続きをするに限りますね。
 ちなみに、僕が手続きをしたことがあるのは、ロッテと美都波と新世界です。この制度を発見したきっかけは、美都波の入り口に外国人観光客物品税金還付指定店みたいな看板があったことでした。受け付けのお姉さんに聞いてもわからず、その看板を持って行ったら、詳しい人を呼んでくれたのです。
 世界から全ての兵器が無くなることを願う僕にとって、自分の消費金額の中に、防衛税が含まれて、僕のお金が兵器の一部になるのは、耐えがたいことなので、少しでも取り戻す為に、今後は、忙しくても手続きをするつもりです。また、是非体験談等をお寄せ下さい。

 さて、「もとMIDOPA」の事ですが、明洞と南大門路を挟んだ向かいにあるデパート「美都波百貨店」のことで、ちょうど、ロッテと新世界の間で、KALビルの隣です。規模が小さいこともあって、経営難に陥り、若者にターゲットをしぼることで差別化をはかり、今では、Metro Midopaという名前の日本で言うとPARCOのような雰囲気のおしゃれなファッションビルになりました。なんと、中には、プリント倶楽部のマシンがあったりもします。NIKEの品揃えも豊富ですが、一番のお薦めは地下一階のCDショップです。
 例えば、最新アルバムも韓国製造のものなら、10,900ウォン。常時8,500ウォンくらいから、欧米盤も扱っていて、日本のメガショップよりも安かったりします。欧米盤は、香港のKPSでクーポンをつかって、88HK$で買うのが一番安いと思うのですが、台湾と並んで、韓国は、CDが安い国になりました。昔は、LPが五百円くらいから買えたのですが、CDの時代になって、日本よりも高かったのですが、あっと言う間に、日本よりもはるかに安くなりました。アメリカでも、新作が最安値で$11.99して、州税がかかる今、韓国は、CD購入にもお薦めの場所になりました。
 ビデオも、日本やアメリカと同じNTSCなので、日本では入手できない韓国ものや、日本よりも早くビデオ発売されるアメリカ映画など、最近では、ビデオもいろいろ買って帰っています。余談ですが、今でも大切に見ているのは、天安の独立祀念館の紹介ビデオです。撮影禁止のショッキングな日帝侵略時代のジオラマも収録されていて、生徒たちに見せたりしています。

「1、各都市、(ロンドン・ローマ・パリ)やその近郊でお勧めのお店があれば教えてください。
 2、実際に品揃えってどうなのですか?東京よりよりもあるのですか?
 3、どの都市で買うのが一番お勧めですか?(ちなみにロンドン・ローマ・パリの順に回ります。)
 お仕事ご多忙と言う事をうかがい、非常に申し訳ありませんが、よろしければ、お答えしていただければと思います。よろしくお願いいたします。」(和田浩二さんからNIKEの質問)

 やはり、どこでもNIKE SHOPまたはNIKE TOWNが品揃えが豊富です。
 ロンドンの場合、デパートでも一般的なモデルは、よく見かけますから、免税の割り戻し額を増やすためにデパートで買う方法もありますが、例えばOxford Circusのスポーツ用品店の地下一階にあるNIKE SHOPは、東京で売り切れのモデルがほとんど揃っていました。ただ、金額的には、ポンドが200円になった今では、あまり安くないと思います。160円時代には、税金をクレジットカードの口座に割り戻して貰えば、日本よりも安くなったのですが、例えばAirmax 96は、今なお在庫は豊富ですが、109.9ポンドします。税金が全額戻っても一万八千円を超えるわけですから、日本よりも高くなってしまいます。
 パリの場合、例えば、Galeries Lafayetteで10%引きカードを使って、税金割り戻しを受ければ、23%引きで買うことができますが、Galeries Lafayetteのスポーツ館二回のNIKEコーナーは、種類が少ないのです。ところで、パリ最大の百貨店Galeries Lafayetteで10%引きのカードを作る方法は、『旅のTips & Tricks Wired!』を無料定期購読されている方には、E-Mailで教えます。Lafayetteという題名で、E-Mailで問い合わせて下さい。
 僕がまわった一般ショップで、一番種類が豊富だったのは、Forum des Hallesの中のスポーツ用品店でした。もちろん税金割り戻しを受けることが出来ます。
 ローマでは、少し安いのですが、僕の行った時は、日本ほどではないものの種類が残り少なかったようでした。ただ、品揃えに関しては、三都市とも、このクリスマス前の東京よりは、うんと豊富です。ただ、日本でも、流通状態は、かなりよくなって来ましたから、日本料金の二割引くらいで買える国でないと、あまりうれしくないかもしれません。
 2の、どの都市で買うのが一番お勧めですか、については、基本的に、自分が本当に欲しいものを見つけたら、それが日本で入手困難なモデルなら、即座にGETすることが肝心だと思います。誰もが苦い経験があるのではないでしょうか? 僕も、アメリカ経由でヨーロッパに往復する時に、ニューヨークで、ものすごく沢山在庫があったので、荷物になるし、帰りに買うつもりでいたら、帰りに立ち寄った時には、もう売り切れていたことがありました。わかっていたら、少し高かったけれど、ロンドンで買ってしまうのだったと、本当に後悔したものです。多少高くても、間違いなく入手するための手数料で、その日から履く利用料だと思えば、高くても腹は立たないと思うのです。
 最後に、ちょっとした裏ワザがあります。このワザは、印刷版にだけ書くことにしますが、安く確実に欲しいモデルをGETする方法です。


What's New Kirium Wired! Home Books Music about us Back

旅の Tips & Tricks の目次へ戻る


ご意見やご感想はkirium@pisces.bekkoame.or.jpへどうぞ
* * * * * *
Presented by Ikuo Kiriya

(c)1994-6 桐谷育雄 All Rights Reserved.