Nov.10. '96   (c)1994-96 桐谷育雄

第076章 NIKEは必ず手に入る!


 NIKE関連の最終回です。内容が盛りだくさんなので、今回は、印刷版を四ページに大増ページしてみました。出来れば、今後もこの分量を努力目標にしたいと思いますが、続けられるでしょうか?

 NIKEは大人気なので、今後とも、NIKEのコラムを続けようと思います。94年からの読者にもNIKEファンが多く、びっくりしています。

 今の若い子たちがNIKEの古いモデルを欲しがる気持ちを想像していて、自分の昔を思い出しました。四半世紀以上も愛し続けているPINK FLOYDとの出会いは、中学二年生の秋に"ATOM HEART MOTHER"が『原子心母』という日本題でリリースされた時でした。こんなにすごいROCKがあるのかとぶっとんで、その時までのアルバムを探しはじめたのです。それがPINK FLOYDとは知らずに聞いていた曲もあったけれど、ほとんどは、初めて聞く曲で、その素晴らしさに、自分はミュージシャンになるんだという決意を固くしました。

 たぶん、今の若い子が、写真で古いNIKEを見て、欲しくなる気持ちも、そんなものなのかなあと思います。僕が十年くらい前のNIKEを学校で履いていると、生徒がうらやましがる時があります。十年後には、今君が履いているNIKEを、今幼稚園に通っている子が大きくなって、うらやましがるよ、と話すと、納得してくれるのですが、僕が古いNIKEをかなり持っているのも、単に年をとっているからだけなのですね。

 シンセサイザーでも同じで、ライブの時に、KORGのMS-20とか、YAMAHAのCS-10とか並べて、Macintosh PlusでMIDIの音色管理とかしていると、うらやましがられますが、きっと10年の後には、今のKORGのTorinityなんかが、往年の名機として、うらやまれるのでしょう。

 生徒たちとNIKEの話をする時に、プレミア価格のモデルを買わずに、自分が生きる同時代のNIKEを履きこなす素晴らしさを語るのですが、自分がコレクターでないなら、現行のモデルの中に必ず見つかる自分好みのモデルを買うことが大切なのだと思います("Kirium"第18号pp.69「くたばれ! プレミアナイキ」参照)。

 僕の住む地方都市名古屋では、近頃、発売日当日でなくても、新モデルが買えるようになってきましたし、ようやく、充分な量が流通しはじめている感じになりました。多くのモデルが、アメリカ料金を1$=112円で計算して州税を加えれば、ほとんど日本の定価となり、内外価格差もなくなりましたから、日本で見つけたときに、気に入ったモデルを買えるようになりました。

 それでも、東京などでは、まだまだ入手困難なモデルもあるようです。そこで、いくつかの人気の出るモデルを入手するワザを紹介しましょう。

 海外のスニーカーのお店で、店員さんと仲良しになってしまえば、通信販売に応じないお店でも、送ってくれる時があります。西海岸のFoot Lockerで、仲良くなった店員のお兄さんが、お店の奥に連れていってくれて、これは、来月の二十日まで売ってはいけないんだけど、特別に見せてあげるよ、Coolだろ、と言いながら、別注品を見せてくれました。それ以来、お店に行くと、いつも最新のものを見せてくれるようになりました。

 あるお店では、発売日が何日か後だったので、支払いだけ済ませて、発売日に発送してもらうことが出来ました。海外に多く出かける方は、この方法を試してみては如何でしょうか?

 モデルによってはアメリカよりも安く買える国があります。お隣の韓国は穴場で、ナイキショップをのぞくと、内税がたっぷりついても、アメリカよりも安いモデルが多くあります。ましてや、デパート等で買って、71章「常に移ろふ Factory Bargains」で扱ったTax Refundの手続きをすれば、十数%の税金分の小切手が、帰国後日本に郵送されてきます(いつか詳しく扱います)。

 台湾で製造されたものは、やはり台北で買うと安くなります。ものやサイズも豊富で、Air More UptempoのPippenのオリンピックモデルも、結局台北で、アメリカ($139.99)の10%安のNT$3,465で買いました。夏と冬は、必ず欧米十数カ国もまわるので、どの国で買うかで本当に迷います。少しでも安く買いたいし、次の国で売り切れになっていたら困るし……。

 香港も穴場だと思います。二軒のナイキショップでは、あっという間に、売り切れてしまいますが、観光客が来ないスニーカー屋さんをのぞくと、かなり古いモデルが残っていますし、昔のように10%offにしてくれるお店もあります。穴場のお店も含めて、「香港探検指南」で、いつか扱うことにします。

 さて、海外に出かけない時は、海外の通信販売を狙うに限ります。いつか、海外通販のワザは、"Kirium"で詳しく扱うつもりですが、スニーカーワザを少しだけ紹介しましょう。まず、それぞれの分野のシューズなら、その分野のカタログが一番。自分の競技のカタログを申し込みましょう。品数も豊富です。次に、R.E.I.やL.L.Beanに代表される総合カタログも、品数が豊富だと思います。

 お薦めは、やはり親切でフレンドリーなEastbayですね。ファックスでも注文できますが、電話が一番。発売前のモデルでも、取りあえず電話してみて、発売日など聞いてみるとよいと思います。僕のことを憶えていてくれる人もいて、様々な便宜をはかってくれます。無料で郵送してくれるカタログは、http://www.eastbay.com/で申し込みが出来ます。ただし、郵送カタログが送られてきたら、その日のうちに注文しないと、ものがなくなってしまうこともあるので、要注意。

 通販の問題点は、関税で税金がかかる可能性が高いことです。登山靴は、27%で済みますが、革製の靴は、4,738円か、56.3%のどちらか高い方が適用されます。革製でなければ9.6%〜10%ですが、靴の関税は高いので、僕は出来るだけ、海外で注文して、別送品扱いにして、免税になるようにして靴は買っています。

 DHLやFederal Express等の航空貨物で発送してもらうと自動的に通関されて、税金を立て替えた上で配達されるので、必ず税金を払うことになりますが、船便で送られて、金額が一万円にも満たない小さな荷物の場合には、なぜか、税金が取りこぼしになって、無税で配達される時もあるようです。僕自身も、何度か遭遇したことがあって、本当は、こちらから税関に申告しなくてはなりませんが、税関職員も、忙しいだろうからと思って、そのままにしてしまう時もあります。

 少し罪悪感も感じますが、Federal Expressで別送品として送ってもらった時に、税金がかかってしまって、別送品の申告書を添えて、別送品だから税金の払い戻しを受けて欲しいと訴えたのに、もう支払ったから無理だと言われ、逆に、こちらが悪いことをしているかのような剣幕であしらわれたことも何度かあるので、その時の、間違った徴税の合計金額を考えれば、まだまだ税金をたくさん払いすぎているようなので、もうしばらく、このままにするつもりです。


 今回は、NIKEに関するお便りをたくさん紹介します。あまりに多く届いたので、耳寄りな情報を中心に何回かに分けて紹介させていただきます。これからも、情報、質問など、是非、お寄せ下さい。


「初めてメールします。

 出張で広州に行きました。NIKEのスニーカーがとても安かったです。トライアックスが日本円で7000円くらいです。AIR MAXはありませんでしたが(市内を探せばあったと思います。)AIR ZOOMやペニーなどのホリディーモデルは、たくさんありました。

 友人にZOOMを買って帰りましたが、考えてみれば中国の人の月収の2倍のスニーカーになります。そりゃみんなかわんわな。

 又、香港のことメールします。」(Kobe Alphalpha Co.,Ltd.さんから)


 すばらしい情報、ありがとうございました! Triaxは、夏にアメリカで、$89.99でしたから、約三割引といった所ですね。特に最近は、中国大陸製のNIKEが、ぐんぐん増えていますから、市内を探せば、かなり安くで調達出来ることでしょう。僕も、香港へ行ったついでに、御馳走を食べがてら、広州まで足をのばしてみるつもりです。

 ホリデイモデルがたくさんあったなんて、日本で入手できなかった人は、さぞ羨ましいことでしょう。でも、本当に考えてみると、現地の人々の収入の二倍のスニーカーだと考えると、複雑な気持ちになりますね。僕も最初は喜んで、たまたま経済的に今豊かな国に生まれただけで、南北格差を最大限利用している自分に気がついて、悲しい気持ちになりました。少しでも現地が潤う買い物をしているつもりですが。

 これからも、香港の情報どしどし送って下さるようよろしくお願いします。


「はじめまして、私40歳になる妻子ある男性です。インターネットを初めて、まだ6ヶ月の初心者です。NIKEの靴に魅せられて、まだ4ヶ月程です。それでいて、もう50足ぐらい買込んでしまいました。妻には、文句を言われっぱなしだし、新しいモデルは次から出てくるし困った物です。

 ところで、話は変わりますが、先日、95のイエローを買いました。家の傍のディスカウントショップで、本物だと聞いて買ったのですが、2、3日はいていたら底の部分が剥がれてきました。近所の手前文句も言わず返品しましたが、そこの主人が言うには、韓国に言ってリブロダクト社で買い付けて来たとの事でした。NIKEの下請けをやっている会社で、コピーではないからとは言っていましたが、余りの粗雑さにビックリしていました。今、出回っている95MAXは、本物がほとんどないと聞きましたが本当ですか? 今まではプレミアムのついた値段で買っていましたが、ここに来て個人通販で買えるようになりました。また、最近では定価割れした商品も買っています。 

 出来るだけ、色々な物を、集めていきたいと思っています。この年になってと笑われるかも知れませんが、NIKEのデザインには、特別しびれています。

 それと、今度11月18日から韓国に店の旅行で行きます。AirMax95モデルとかは、安く売っていないでしょうか? 

 無粋な事ばかり言って、大変申し訳有りませんでした。これからも購読致しますので、ガンバッテ下さい!」(若林謙司さんから)


 airmax95についてのお便りは、本当に多かったのですが、若林さんのE-Mailが、一番内容が豊かだったので、代表に使わせていただきました。

 50足なんて、本当にすごいですね。一週間に三足の計算ですが、きっと定価以下で安く買ったものも多いのでしょうし、我々の年代ならではの哲学による素敵なコレクションになっていることでしょう。僕も、いよいよ今度の三月二日で、40歳になります。30歳になった日を昨日のように思い出すのですが、年を重ねることは、決して老化ではなく、人生をより素敵に豊かに味わうことが出来るようになる素晴らしい体験だったので、来る40代にわくわくしています。若林さんのように瑞々しい感性を磨き続ける40代を目指さなくては!

 さて、airmax95の蛍光黄色について。街で、履いている若者の足下と、置いてあるお店をチェックしているのですが、ここ数カ月、偽物ばかりしか見なくなりました。履いている人は、新しいものほど、偽物のようです。一目でわかる偽物(偽物として作って、外観が少しずつ違うもの)は別として、巧妙な偽物には、「"airmax"の文字が、ちゃんと"aimax"になっているものの、右半分の"nax"の部分だけが蛍光黄色になるはずなのに、色分けがない」、エアの部分に「両脇の"25 PSI"や後ろの"5PSI"がない」、「底の接着があまりに雑すぎる」等の特徴があります。

 ところが、最近では、NIKEの契約工場が製造契約終了後にも関わらず、本物と同じ方法でパーツから作った偽物が出回っています。この見分けは本当に難しく、しろうとには、本物に見えてしまうと思います。

 秋に韓国に行ったときの体験ですが、新世界デパートの二つの館の間の道を南大門市場に向かって歩く途中に食事の屋台が集まっている所の北側にある、スニーカーの屋台のお店に、最高に巧妙なairmax95が売られていました。

 金額は、韓国語で5万ウォン(七千円程度)の言い値から始まります。交渉次第で、もっと安く売る気配でしたが、巧妙にも、初めに、あきらかな偽物を示して、こっちは、「本物」だよと売ろうとするのです。ちなみに、その偽物版の方は、三千円前後から交渉が始まります。「本物」版は、エアも、しっかり入っていて、製造データも、本物と全く同じで、"950608 T2-1 (c)"となっていて(copyright circleを括弧で代用しました)、爪先部の接着が少し雑であったことと、靴の底のゴムが、ほんの少し黒すぎること以外には、僕の履いていた本物とも、見分けがつきませんでした。

 去年出荷するときに、やや難ありで、はねられたものか、残ったパーツで作ったものかと想像したのですが、どうやら同じ方法で契約工場が復刻製造したもののようです。万が一、偽物だった場合に、商標権を侵してしまうので、買いませんでしたが、あの商品が、日本に入ったら、ほとんどの人は、見分けられないと思うので、本当に注意しなくてはなりません。もしかすると本当に本物なのかもしれないと思って、その「本物」を写真に撮ってよいか聞いてみたら、強い語気で駄目だ駄目だと言ったので、たぶん、暗黒世界のいわくのある何かなのでしょう。ちなみに、ソウルのその屋台では、去年までに韓国製造された様々なモデルの本物そっくりの偽物を売っています。

 というわけで、韓国で定価で本物のairmax95を購入するのは、ほとんど不可能です。ただし、秋に、友人の息子が、Air・CB34の黒を欲しがっていて頼まれていたのですが、ソウルからバスで一時間程度の利川のNIKE SHOPで、日本定価の半額近くで買いました。ソウルの地方都市は、本当に、穴場だと思います。所々で旧モデルを割引で売っているのを見かけました。もちろんすぐ日本に国際電話して、欲しいかどうか聞くことになります。ちなみに、NIKE SHOPの黒い紙袋には、韓国全土のNIKE SHOPのリストがついています。国内をバスで移動するときには、その中の街で乗り換えることにして、いろいろなお店を見ています。めずらしいお宝に出会える確率、大ですよ。

What's New Kirium Wired! Home Books Music about us Back

旅の Tips & Tricks の目次へ戻る


ご意見やご感想はkirium@pisces.bekkoame.or.jpへどうぞ
* * * * * *
Presented by Ikuo Kiriya

(c)1994-6 桐谷育雄 All Rights Reserved.