Oct.15. '96   (c)1994-96 桐谷育雄

第73章 今が旬! NIKEを買うなら、この国で。


  いよいよ、NIKEの章です。この一週間、生徒や卒業生の悩み相談と、Macintoshサポートで飛び回っていました。秋は、悩みの季節なんですね。それと、特に多かったのが、Power Book540c、550cのメモリとCPUの交換。
 メモリが夏の間に底値まで下がって、32M増設しても二万円台になって、CPUもPower PCの117Mhzが出回って、167Mhzも出荷される流れの中で、デザインが最も優雅な、540cの増設を考えるのは、無理もないことですね。十台以上も分解するうちに、様々な使われ方をしているのに驚きました。Power Bookは、これほどまでに、パーソナルなものなんですね。
 なれてきても、内蔵モデムの着脱だけは、嫌な気分になります。静電気を気にしながら、ほとんど完全に分解するわけですから。もちろん無料でサポートしていますが、次からは、僕の指定するボランティア活動のどれかに、「お志」を寄付してもらおうかなあ、とか思い始めています。
 不要になったメモリも、それぞれ中古市場に流れていったり、机に眠ったりしました。8Mをたくさんもらって、はんだごてでチップをはずして、空いている部分に差して、Kiriumブランドの大容量メモリを作ろうかなあ? それともCPUのドータ・カードに、はんだ付けする手もありますね。
 さて、とことん先延ばしにして、どう扱うかを悩みに悩んだNIKE情報です。たぶん三回連続で扱うことになるかなと、思っています。

 こんなにも悩むことになるとは、思いもしませんでした。今年の七月に、ある国で、早くもほとんどの国で品切れになったAir Max 96年モデルを発見して、料金を聞いて、$30の返事に驚いてから、どう扱うか、悩み続けました。

 もちろん、本物でした。NIKE生活も二十年を超え、初代から毎年Air Maxを愛用している僕の鑑定でも、まぎれもない本物でした。パーツも製造工程も、全て本物。唯一、足の裏の、中敷きだけは、ノーブランドものでしたが……。

 お店にたくさんある中には、明らかに印刷のずれた二級品も混ざっていましたが、かなりの数は、そのままアメリカの正規販売店で$129で売られる水準でした。

 なぜ悩んだかと言うと、以前のSWATCHブームの時に、世界のあちこちの在庫が豊富な所を軽い気持ちで教えていたら、いつの間にか、SWATCHビジネスの業者が買いあさるようになってしまったことを思い出すからです。僕の秘密のNIKE入手先も、今では、ブローカーたちの輸入先になってしまいました……。

 今回のNIKEブームは、数年前のSWATCHブームに本当に近い感じがしませんか?

 Coolで、身に付ける物で、昔から根強いファンがいて、限定モデルがあって、マニアは、何とか入手しようと必死になる。一部のマニアだけのものが、ある時、テレビや新聞を賑わすようになって、おじさまやおばさまも知るようになる……。良心的なお店もないわけではないけれど、多くは、ビジネスとして値段をつり上げて、ひたすら儲けようとする。一年くらいはブームが続いても、熱が冷めると、また、お店は減って行く……。

 幸い、どちらの会社も良心的で、必要十分な量を生産するので、遠くない先に、正常な状態になるのですが、噂によると、NIKEブローカーは、インターネットや、「パソコン通信」にアンテナをはって、最新情報をもとに、ひたすら入手困難なモデルを入手しようとしているとか……。少しでも、安く、リーズナブルな値段で、ファンが入手できるようにしたいのに、ブローカーが殺到して、入手できなくなるのは、本当に悔しいのです(この問題は、高校生向けの"Kirium"でもまとめて扱うつもりです。内容が重複してしまうことをお許し下さい。)。

 今回は前書きだけになってしまいましたが、次回は、もう少し具体的に、写真入りで、$30での発見の経緯を書くつもりです。買い物も、旅の醍醐味ですよね。


 いよいよ、秋たけなわです。今回は、九月に届いたE-Mailから紹介しようと思います。
「桐谷さん、こんにちは。  いよいよ、学校は新学期が始まり先生方も忙しくなっていくのでしょうね。社会人になると長期の休みを取得できる機会もすくないですから休みの期間を有効に利用することが重要になってきますよね。  今年の夏休みは仕事の関係で取れなかったので、10月の下旬に仕事+プライベートで東欧に行ってこようと思っています。毎回、楽しい旅のTips & Tricksを期待しております。」(栗田一成さんから)
 晩秋の東欧なんて、うらやましいですね。僕の業界では、長期休暇を取りやすい環境ですが、夏と冬以外は日本を離れにくかったりします。そんな中で、授業がある時期にも休暇を取って、同僚にあきれられていますが、時間割変更の影響で、空き時間なしで授業をしたり、留守中の課題(ビデオ番組を作ったりします)を用意したり、大変になります。

 仕事にうまくプライベートを組み合わすのは、最先端の社会人ならではの「有効利用」。プライベートの活用こそがexecutiveの条件になっている現代、栗田さんは、さすがですね。

 僕も充分な休暇を確保して、楽しい「旅のTips & Tricks」を目指します!
「桐谷さん、こんにちは!そして、お久し振りです。鈴木優子です。長い夏休みに旅行とは、本当に羨ましいっ!!

 先日、早速桐谷さんのホームページに入ってみました。まだ、バックナンバーが見れない時だったので、残念でしたが、今日の配信だと、もう見れるのかしら?この後早速入って見たいと思います。

 話は変わって、今回は香港のFactory Bargainのお話でしたね。実は、やっと念願の香港旅行が決まったのです!! 12月16日から、中国返還前最後のクリスマスを堪能してくる予定です。なので、今、香港情報に敏感になっているのです。

 (引用部分を省略)いいですねー。香港でスキーウェアとは、思いつきませんでした。12月に探してみようかしら?しかし、いったい何処にあったんですか?

   (引用部分を省略)そうですかー。桐谷さんの行かれたお店も引っ越してしまうかしら。

 香港旅行では、いろいろとやりたいことが山のようにあるのですが、まずは町歩きを楽しみにしています。みるからに活気のある町の中を、フェリーやトラムなどいろいろな乗り物に乗って闊歩してくるつもりです。

 友人からは、上海蟹を食べてきた方がいいとか、ピータンのお粥がおすすめとかいろいろ言われていますが、桐谷さんのおすすめは何ですか? 屋台にも行ってみたいのですが、衛生にちょっと不安が・・・。

 今回のお話のアウトレットにも寄ってみたいし、どんどん予定はふくらんでいきます。まだまだ先の話ですが、きっとあっという間にその日が来てしまうのでしょうね。

 それでは、また。桐谷さんの次号を楽しみにしております。」
 そうでした。夏休みに社会人の身で長い旅をするのは、贅沢なことでした。

 ホームページも63章以前は掲載の予定はないんです……。ごめんなさい。年内完成目標の印刷版総集編で読むのが唯一の方法です。

 香港旅行、うらやましいです。12月中旬は、航空券も安く、イルミネーションもきれいで、ぎりぎり上海蟹も食べることが出来るし、涼しくて最高の時期だと思います。ピータンのお粥は、おいしいお店は、ものすごくおいしいです! というか、ピータンそのものがおいしくて、ほっぺが落ちます。ああ、うらやましい。

 スキーウエアは、上海灘で有名なペダービルのお店が、最も安く珍しいものがあります。欧米物なら、オーシャンターミナル。

 紹介したいことがたくさんあるので、次号から香港マニュアルを連載しましょう。鈴木さんの参考になるとうれしいのですが、この前の冬に、お世話をした人のために、マニュアルを作ったので(旅は中止となりましたが……)、それに手を加えて決定版マニュアルを提案しますね。飛行機を降りてからなすべきワザをすべて公開します。週刊を目標にがんばるので、これからも、よろしくお願いします。

第74章「AirMax 96を$30でG・E・T!」を読む

旅の Tips & Tricks の目次へ戻る

What's New Kirium Wired! Home Books Music about us Back


ご意見やご感想はkirium@pisces.bekkoame.or.jpへどうぞ
* * * * * *
Presented by Ikuo Kiriya
(c)1994-6 桐谷育雄 All Rights Reserved.