1999年12月31日(金)

いよいよMillennium生中継開始

日本経済の衛生版を入手。

 なぜか、日本経済新聞の衛生版12/31号が入手できて、スポーツ欄を見たら、しっかりと、僕の高校が負けてしまったことが書いてありました。次の次の試合には間に合うように帰る計画をたてていましたが、これで、目一杯、帰国を遅らせるつもりです。

 残念ながら、記録だけで、長崎南山の記事しか載っていませんでしたが、どうやら、間違いではないようです。素敵な夢を見たかなあと思いますが、これで、来年につながりますね。これから、毎年出場を続ける伝統校になると思いますが、人生の楽しみがまた一つ増えました。

London Eye

 今日の画像は、映画『哀愁』の舞台となって、原題でもある"Waterloo Bridge"の上から見た、London Eye、ミレニアム・サークルです。右には、ビッグベンが見えていて、左にはロイヤル・フェスティバル・ホールが見えるのですが、風が強く、かつ雨が降っていたので、QVでもうまく写せなかったのが残念です。

 これからの予定ですが、明日12/31の午後には、自由になるので(あっ、今、こちらは、12/30の夜十一時です。)、二時から、大晦日公演というか、バチカンの言う千年紀最後の特別ミレニアムイブ公演のロイヤルバレエの『くるみ割り人形』を見ます。ちゃんと、スーツケースには、タキシードとバーバリーの靴が入っているので、どんなガラでも、大丈夫です。ただ、今回はコートがないので、リムジンで乗り付けなくては。(大丈夫。コートを脱いで、巻いてしまって、さりげなくクロークに預けます。

 見終わってからは、人の流れが少なかったら、St. James's ParkのFairgroundを見て、Global Villageをぶらつきながら、一番いい場所(トイレも近い)を確保して、もうGlobal beaconは四時に点灯しているので、八時のLondon Eyeの光線とレーザーショーを楽しみます。上の画像でも、少し、光線が楽しめるのではないでしょうか?

 国中のビーコンが点灯した最後のクライマックスが、九時四十五分のBeacon Millenniumの点灯です。

 よくトラファルガー広場界隈で経験するのですが、Mass Countdownを楽しんで、いよいよ十二時の、六キロに渡るテームズ川を、二十秒で、花火が、つぎつぎと上がって、"River of Fire"と呼ばれます。そして、十五分に渡る、花火の大スペクタクルが続くのですが、宇宙からも見えるはずです。誰か、宇宙人が発見してくれないかなあ? The First Contactのきっかけになったら、すごいですね。

 日本では、元旦の朝九時が、カウントダウンにあたるので、是非、生中継を見て下さい。NHKの中継車を見つけたら、日本のみなさんに手を振ります。

香港返還を思い出しながら

 毎回思うのですが、世紀のイベントには、よく世界中に出かけます。香港返還の時に、一番感じたのですが、現地で目撃するよりも、日本のTVの中継を見た方が、その出来事の全体像がよくわかるのだと思います。

 実際に、自分がどこかに出かけて、それを見て学ぶよりも、書籍をたくさん読んだ方が、豊かな知識の持ち主になることとよく似ています。それでも、今回、ここで、目撃することが出来て、本当によかった! 今でも、香港返還の時のあの熱気が、肌で感じたままに、よみがえるように、きっと、いつでも、2000年のカウントダウンが、よみがえるのでしょう。

 コンコルドを、今回の旅でも見ましたが、コンコルドに乗っても、空港に行く時間を考えると、ロンドンとNYの両方で体験出来ないが残念です。今回一ヶ所にしぼるにあたって、世界で一番最初に新年を迎える場所か、NYか、パリか、ロンドンかで、最後まで迷いましたが、急にロンドンに行くことになって、そこで決まってしまいました。NYも世界の都。タイムズ・スクエアは、ものすごいけれど、世界の標準時になっているロンドンこそが、中心かなあと思うようになりました。

 それでも、自分のいる場所こそが、最高のお祝いの場所なのだと思います。あなたは、どこで新年を迎えますか?

 当時は、前の前のモデルのQV300を使ったので、画像が粗いのですが、よければ、まだ見ていない方は、未完成の、香港返還の実況中継を見て下さい。(いつか完成させよう)

 あんな感じにまとめてみようかと思っています。

 次の更新は、こちらの1/1の午前四時頃。日本時間の元旦午後になります。

 では、2000年が、あなたにとって、最高に素晴らしい素敵な年にすることが出来ますように! 


前回12/30「ロンドンはミレニアム直前」 の内容を読む
12/29「12/22からのミニ補足集」 の内容を読む
12/19 「一足早いクリスマスケーキ」 の内容を読む
12/18 「ちょっぴり酔拳」 の内容を読む
12/17 「死刑廃止を求めて」 の内容を読む
12/16 「木曜日はぐったり」 の内容を読む
12/15 「電気街は楽しい」 の内容を読む
12/14 「今日はハイビジョンの修理」 の内容を読む
12/13 「やっとツリーが立った!」 の内容を読む
12/12 「出口に光が見えるよ 」 の内容を読む
12/11 「勤労奉仕の土曜日」 の内容を読む
12/10 "I've done it!" の内容を読む
12/09「いいこともあるさ」の内容を読む
12/08「採点は続く」の内容を読む
12/07「あと二週間」の内容を読む
12/06「講演は成功」の内容を読む
12/05「講演準備万端」の内容を読む
12/04「講演のアウトライン」の内容を読む
12/03「問題作成終了」の内容を読む
12/02「採点始まる」の内容を読む
12/01「一ヶ月続いたよ」の内容を読む
11/30「最後の一葉も風前の灯火」の内容を読む
11/29「三分一湧水」の内容を読む
11/28「続々更新」の内容を読む
11/27「八ヶ岳紅葉」の内容を読む
11/26「紅葉写真集 starting up ...」の内容を読む
11/25「連帯」の内容を読む
11/24「嵐の前の静けさ」の内容を読む
11/23「大変だ! 締切の嵐がやって来る!」の内容を読む
11/22「いよいよ闘いの日々が始まる……。」の内容を読む
11/21「椿も咲いて」の内容を読む
11/20「祝ラグビー部県大会優勝!!!」の内容を読む
11/19「今朝のしし座流星群見た? 感動したね。」の内容を読む
11/18「Beaujolais Nouveauとともにヨーロッパしし座流星群歴史的大出現」の内容を読む
11/17「今もしし座流星群観測中」の内容を読む
11/16「しし座流星群今夜から観測」の内容を読む
11/15「発表は大成功!」の内容を読む
11/14「久しぶりの完(全)徹(夜)!」の内容を読む
11/13「晩秋の書斎」の内容を読む
11/12「悲しい日:涙雨」の内容を読む
11/11「『在位十年記念式典』に反対!」の内容を読む
11/10「たくさん働いた日」の内容を読む
11/09「豚さんとカエル」の内容を読む
11/08「シェイプアップ」の内容を読む
11/07「今年の紅葉」の内容を読む
11/06「校門前の桜並木」の内容を読む
11/05「子福桜も開花が進む」の内容を読む
11/04「雲は速いね」の内容を読む
11/03「心身の洗濯」の内容を読む
11/02「スケジュール管理」の内容を読む
次回01/01「Happy New Millennium!」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る