1999年12月14日(火)

今日はハイビジョンの修理

SONYのモニタについて

 今日は、サービスの方に来ていただいて、様々な調整をしてもらいました。徹底的に研究した結果、選択した、KW-36HDF9ですが、いまだに現行機種で、2/3の金額で売られているPanasonicのT(タウ)や、Mitsubishiの新製品と比べても、今買うとしても、やはり、この機種かなあと思っています。12万円高いだけならSONYにしようと言ってしまうくらいに、差が大きいのです。二年前からのモデルなので、D端子がついていないのは残念ですが、HDTV入力があるので、BSデジタルの時代が来ても、対応は出来るはずです。息の長いモデルというのは、うれしいことです。

 いつも、電気屋さんに行くたびに、様々なモニタを見るのですが、僕の目には、SONY以外は、モニタには見えません。他のメーカーさんは、見事にお化粧した映像を見せてくれますが、SONYは、お化粧しない、まさに、高忠実度画像です。他社のシャープすぎる画像は、見た瞬間に目が疲れるのですが、SONYの管は、本当に素晴らしい。我が家はMacのモニタも含めて、全てTrinitronです。今は、一日、16時間画面を見つめているので、モニタの品質はとても重要です。

 よく考えてみると、コンピュータ以外は、SONYブランドがあるものは、ほとんどSONYを使っています。CD、MD、ちょっと前までのビデオカメラ、DAT、家にはSONYロゴがあふれています。

 十五年前に買った、当時としては高級品だった21インチモニタも、十四年間、現役で美しい映像を楽しませてくれたし、このモニタも十五年は使えそうなので、今買えば、一年につき二万円ちょっとと考えれば、これは、買いですね。冬のボーナスで、テレビモニタの買い換えを考えていらっしゃる方は、SONY製品も見てみることを、強くお薦めします。

 ただ、正直に言うと、新製品を買いたい方に相談されることが多いのですが、そんな時に、だんぜんSONYを薦めるのですが、僕にとっては、そこがよくないという部分について、こっちの方が、くっきりとして美しいと言われることも多くて、ちょっと、がっかりすることがあります。これに似たことがあって、この味は、きつすぎて、あまり食べたい味ではないなあと思うときに、そんな味が、受けていることがよくあります。そんな時に、発見するのは、たばこを吸われる方には、人気の味なのかな、ということです。素材本来の微妙な味や、自然で正確な色合いを求めるのは、現代の大きな流れではないようです。

気になった症状

 三つ、気になっていて、一つ目は、空撮や、パンする画像の時に、画像の一部がぶれてしまう問題で、これは、ハイビジョンの圧縮の宿命なのですが、サービスの方も同じ意見でした。この症状は、いろいろな方に示しても、どこがおかしいの? と言われることが多く、微妙な部分で、あまり、普通の方は注目しない部分のようです。

 二つ目は、仕様によって起こるエラーメッセージで、合理的に、僕のシステムのBSアンテナ関連の設定を工夫して、あっという間に解決して下さいました。言われてみると、その通り。さすがにプロのわざでした。

 三つ目は、画面の歪みの問題で、直線の一部が微妙に曲線になってしまっていた問題で、蓋を開けて、徹底調整をして、リモコンを使ってサービスモードに入って、微調整を繰り返して、あまり気になりにくい状態にして下さいました。

 夜の遅い時間まで残業をしたわけで、本当に感謝。普通なら四時にサービス・ステーションに戻るのが基本ですが、最後に、我が家に来たために、七時過ぎにサービス・ステーションに戻ることになりました。

 これで、気持ちよく今後とも楽しむことが出来ます。

小説編の問題の印刷完了

 今日は、授業と会議が五時間連続の日。それでも、その合間に、がんばって、小説編の問題部分の印刷を完了しました。解説部分の印刷も、あと一時間もあれば、終わるでしょう。

 お昼休みに、ラグビー部のメンバーが、インターネットを見せてほしいと言ってきました。今日に限ってPHSとPowerBookを結ぶケーブルを持っていなくて、それでも、工夫して、何とかインターネットにアクセスしました。我が校のラグビー部は、今、投票で五位になっています! 卒業生や在校生に知らせて、みんなに投票してもらおうかなあと思いました。

 今夜のニュースでうれしかったのは、藤沢秀行名誉棋聖が、日本棋院の段位取得のあまりに高額な寄付金に反対して、独自の免状発行を始めるニュースです。応援しなくては。彼のみずみずしい心と、後進の育成への情熱は、本当に素晴らしい。

 今日の画像は、僕の飾り台。毎日のように置くものを変えていますが、今日は、世界中の国々の十二人のサンタと、ユダヤのろうそく、後ろのアドベント・カレンダーは、メトロポリタン美術館のステンドグラスのものです。

 今夜も二時間睡眠で、がんばろう。 


前回12/13 「やっとツリーが立った!」 の内容を読む
12/12 「出口に光が見えるよ 」 の内容を読む
12/11 「勤労奉仕の土曜日」 の内容を読む
12/10 "I've done it!" の内容を読む
12/09「いいこともあるさ」の内容を読む
12/08「採点は続く」の内容を読む
12/07「あと二週間」の内容を読む
12/06「講演は成功」の内容を読む
12/05「講演準備万端」の内容を読む
12/04「講演のアウトライン」の内容を読む
12/03「問題作成終了」の内容を読む
12/02「採点始まる」の内容を読む
12/01「一ヶ月続いたよ」の内容を読む
11/30「最後の一葉も風前の灯火」の内容を読む
11/29「三分一湧水」の内容を読む
11/28「続々更新」の内容を読む
11/27「八ヶ岳紅葉」の内容を読む
11/26「紅葉写真集 starting up ...」の内容を読む
11/25「連帯」の内容を読む
11/24「嵐の前の静けさ」の内容を読む
11/23「大変だ! 締切の嵐がやって来る!」の内容を読む
11/22「いよいよ闘いの日々が始まる……。」の内容を読む
11/21「椿も咲いて」の内容を読む
11/20「祝ラグビー部県大会優勝!!!」の内容を読む
11/19「今朝のしし座流星群見た? 感動したね。」の内容を読む
11/18「Beaujolais Nouveauとともにヨーロッパしし座流星群歴史的大出現」の内容を読む
11/17「今もしし座流星群観測中」の内容を読む
11/16「しし座流星群今夜から観測」の内容を読む
11/15「発表は大成功!」の内容を読む
11/14「久しぶりの完(全)徹(夜)!」の内容を読む
11/13「晩秋の書斎」の内容を読む
11/12「悲しい日:涙雨」の内容を読む
11/11「『在位十年記念式典』に反対!」の内容を読む
11/10「たくさん働いた日」の内容を読む
11/09「豚さんとカエル」の内容を読む
11/08「シェイプアップ」の内容を読む
11/07「今年の紅葉」の内容を読む
11/06「校門前の桜並木」の内容を読む
11/05「子福桜も開花が進む」の内容を読む
11/04「雲は速いね」の内容を読む
11/03「心身の洗濯」の内容を読む
11/02「スケジュール管理」の内容を読む
次回12/15「電気街は楽しい」 へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る