1999年11月26日(金)

紅葉写真集 starting up ...

垂れ幕が下がったよ!

 外からも見えて、学校祭の時には、演劇の垂れ幕が下がることがある一等地に、「全国高校ラグビー選手権大会出場」の垂れ幕が下がりました。

 他の高校でよく聞く話は、他の部の顧問教師のやっかみから垂れ幕を下げることが認められず、OBが最寄りの駅にお願いしてOB会として下げさせてもらうとかいった話です。学校中でラグビー部の優勝を、我がことのように祝っている、僕の高校の職員の間では、そんな話は無縁です。

 ちょうど、お昼休みに、写真を写そうとしていたら、次々と、部員たちが、様子を見に来ました。とても明るいキャプテンがポーズをとってくれたので、写させてもらうことになりました。もちろん、このサイトへの掲載も快諾!

 中央のキャプテンが、ノーサイド直前にトライを決めました。思い出すだけで感動がよみがえります。僕がうれしかったのは、彼の言葉です。ボールがたまたま僕の所に来たから、僕がトライすることになったけれど、これは、選手全員、応援している生徒卒業生保護者先生、みんなが、僕の所に、押し出してくれたんだ。だから、みんなでトライしたんだよ、という言葉に、二度泣けました。あのすごい声援も、彼を後ろから押す力になっていたのですね。

 発想は、まさにラグビーの思想のOne for All, All for One.。こんな気持ちで頑張る部員は、シード校と対戦して、きっと壁を破ることでしょう。

いよいよ紅葉写真集始まる

 今は、毎日続く締切を落とさないように、何かに追われるような日々を過ごしていますが、そんな中でも、あちこちで紅葉を味わうことは忘れません。今年も、紅葉写真集を作り始めました。明日には、公開出来ると思います。

 そこで、先行特別公開。去年の紅葉画像の中から厳選の三枚を選んだサイトを、特別公開。一枚目の「小さい秋見つけた」から、ご覧下さい。この画像は、98年10/17の"What's New"に使ったものの大画面版ですが、他の二枚は、このサイトで初めて掲載するものです。もちろん、画像だけではなく、随想の文章もあります。

 僕には絵を描く才能があるとは思えませんが、描けば、それなりのものは、誰でも描くことが出来るものです。僕が風景を写し取るのに、デジタルメディアを使うことには理由があります。このウェブサイトで、桐谷が切り取った世界を見て貰う時は、言葉と共に、その画像そのものを見てほしいのです。俳文は素晴らしいと思いますが、その世界そのものを味わうことにはなりません。

 一見、誰が撮っても同じと思われている写真も、同じ場所で同じカメラで写しても、全く違う作品が生まれます。もう四半世紀前、あるカメラメーカーが、フルオート機能を全面に押し出して、もうカメラマンに残っているのは哲学しかない、みたいなコピーを使っていましたが、そんなことは決してありません。同じ場所に立っている場合さえ、どの高さから(身長が影響しますね)、どの方面の、何を、どんな大きさに切り取るか、ということだけで、無限の組み合わせが生まれます。それに、どのようなモード(詳しい方なら、マニュアル設定)を選ぶかによって、さらに大きな無限(?)が生まれます。

 いつか詳しく書くつもりですが、動くことの出来ない大切な友だちが、十年ほど前亡くなりました。筋ジストロフィーが進行して、首から上しか動かなくなっていました。出会った頃は、日本中、そのうち世界中を飛び回るようになって、僕の足が遠のいてしまって、間もなく亡くなりました。生のオルガンコンサートを聴かせてあげたかったので、近くの教会で演奏しようとしたのですが、もう、車で動くのも大変になっていました。

 TV画面を通じて世界を見ていた姿を思い出すたびに、いつでも自由に動き回れる僕が、そんな人たちの目にもなることが出来たらなあと思うのです。

 目標は、これから、毎日、紅葉画像を掲載することですが、どこまで続くかな? テスト問題が、どこまで早く決断できるかにかかっていますね。

 CASIOのQVを使う大きな理由は今書いたことですが、Canonのデジタルビデオと、CanonのカメラEOSを使う理由は、また別の理由です。いつも背中には、Macintosh PowerBook G3、CASIOのQV-7000SX、Canon MV1、Canon EOSと、それぞれの交換電池、充電器、DVテープ、フィルムが入っているので、重い重い。いつか、僕の考える理想的な姿で、デジタルビデオとデジタルカメラが統合されるといいなあと思います。でも、そうなっても、EOSとフィルムは絶対に手放すことがないでしょう。その理由は、"Eyes Wide Shut"で示された、あの深い色と光です。


前回11/25「連帯」の内容を読む
11/24「嵐の前の静けさ」の内容を読む
11/23「大変だ! 締切の嵐がやって来る!」の内容を読む
11/22「いよいよ闘いの日々が始まる……。」の内容を読む
11/21「椿も咲いて」の内容を読む
11/20「祝ラグビー部県大会優勝!!!」の内容を読む
11/19「今朝のしし座流星群見た? 感動したね。」の内容を読む
11/18「Beaujolais Nouveauとともにヨーロッパしし座流星群歴史的大出現」の内容を読む
11/17「今もしし座流星群観測中」の内容を読む
11/16「しし座流星群今夜から観測」の内容を読む
11/15「発表は大成功!」の内容を読む
11/14「久しぶりの完(全)徹(夜)!」の内容を読む
11/13「晩秋の書斎」の内容を読む
11/12「悲しい日:涙雨」の内容を読む
11/11「『在位十年記念式典』に反対!」の内容を読む
11/10「たくさん働いた日」の内容を読む
11/09「豚さんとカエル」の内容を読む
11/08「シェイプアップ」の内容を読む
11/07「今年の紅葉」の内容を読む
11/06「校門前の桜並木」の内容を読む
11/05「子福桜も開花が進む」の内容を読む
11/04「雲は速いね」の内容を読む
11/03「心身の洗濯」の内容を読む
11/02「スケジュール管理」の内容を読む
次回11/27「八ヶ岳紅葉」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る