1999年11月25日(木)

連帯

四季桜と紅葉

 今日の画像は、桜が咲いているすぐ横で、紅葉が見頃になっている画像です。毎年ねらい続けているのですが、なかなか、タイミングがあわず、この日の天気は雨だったし、理想的な姿には出会えませんが、いつも、それぞれの風情に、しみじみと感動します。

 見映えがする姿というのもあるのかもしれませんが、どんな時にも、その時だけの風情があるのは、うれしいことです。つい、心に描いた満開のイメージを優先してしまうのですが、今、目の前にいる存在の、いちばん、そのものらしい素晴らしさが、見える喜びは、理想的な姿に出会えるよりも、素晴らしいものです。

連帯

 今日は、とても疲れて帰りましたが、うれしい気分にもなりました。

 桐谷は、自分の考えと一致する人には、なかなか出会えず、話しても通じないだろうなあと思うことが多いのですが、似た考えを持つ人々と連帯している気持ちになりました。

 これからの人生、特に、2001年3/31までの一年四ヶ月を、民主主義、人権、人の気持ちをを大切に考える人々と連帯しながら、闘っていくことが出来るように感じています。

 どんな時でも、学校の主人公は生徒です。生徒が考えて、生徒が決定して、生徒が動かそうとすることを、教師生命を賭けて応援出来る教師であり続けようと決意しています。どんな権力にも屈しないよ。

 がんばるぞ。

さあ、いよいよ紅葉も実りの時を迎えます。

 今年は、去年同様、長い紅葉の見頃が続きました。通学の途上、仕事に缶詰になった場所、自分の青空書斎のある東山植物園、もちろん正倉院展の奈良、あちこちで、紅葉の画像の撮影を、QV-7000SXで続けて来ました。

 膨大な画像が蓄積しています。もうすぐ紅葉の見頃も終わってしまいそうですが、そうなる前に、春に桜を扱ったように、今年の紅葉のサイトを立ち上げます。

 週末は、テスト問題の完成をすることになりますが、どこででも仕事が出来るPowerBookの強みで、ちょっと紅葉狩りや雪景色を楽しみながら、働こうと思います。

 全国教研レポート製版原稿60ページも、今朝、無事完成しました。夜、自転車で往復20Km走るつもりでしたが、まだ余裕があるということなので、普通郵便で送ることになりました。

 旅の連載もがんばろう。


前回11/24「嵐の前の静けさ」の内容を読む
11/23「大変だ! 締切の嵐がやって来る!」の内容を読む
11/22「いよいよ闘いの日々が始まる……。」の内容を読む
11/21「椿も咲いて」の内容を読む
11/20「祝ラグビー部県大会優勝!!!」の内容を読む
11/19「今朝のしし座流星群見た? 感動したね。」の内容を読む
11/18「Beaujolais Nouveauとともにヨーロッパしし座流星群歴史的大出現」の内容を読む
11/17「今もしし座流星群観測中」の内容を読む
11/16「しし座流星群今夜から観測」の内容を読む
11/15「発表は大成功!」の内容を読む
11/14「久しぶりの完(全)徹(夜)!」の内容を読む
11/13「晩秋の書斎」の内容を読む
11/12「悲しい日:涙雨」の内容を読む
11/11「『在位十年記念式典』に反対!」の内容を読む
11/10「たくさん働いた日」の内容を読む
11/09「豚さんとカエル」の内容を読む
11/08「シェイプアップ」の内容を読む
11/07「今年の紅葉」の内容を読む
11/06「校門前の桜並木」の内容を読む
11/05「子福桜も開花が進む」の内容を読む
11/04「雲は速いね」の内容を読む
11/03「心身の洗濯」の内容を読む
11/02「スケジュール管理」の内容を読む
次回11/26「紅葉写真集 starting up ...」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る