1999年11月23日(火)

大変だ! 締切の嵐がやって来る!

紅葉もやっと見頃になりそう

 普通のひとよりも、たくさんのことをする方だと言われますが、秘訣は、昔からMacでスケジュール管理をしてきたこと。有能な秘書が、ぎりぎりまで、働かせてくれます。それなりに、たっぷりと休暇も生み出してくれるので、このスケジュールでも生きていけるのかもしれません。

 E-Mailに必ず一筆添えられているのは、「先生寝て下さい」だったり、"Sleep is Important!"だったりします。昔は、つらい思いで五時間睡眠の日々を過ごしていましたが、最近は、十二時に眠って五時前に起きる生活が普通になってしまいました。忙しい時は、二時に眠って五時に起きたりすることになります。この時期を神様が無事過ごさせてくださることを祈りながら、がんばろうと思います。

 というのも、はっと気が付くと、締切が連続する日々になっていました。今日11/23が、全国教研のテーマの提出日でした。明日11/24は、"Kirium"TNGの最新号の印刷日。本当は十日前に製版原稿が出来ていましたが、印刷時間が作れなかったのです。

 11/25は、全国教研のレポートの製版原稿提出締切。全40ページ以上になるのですが、校正も済ませなくてはなりません。学校では11/26は、僕の担当仕事の進路LTの予備討論日。今週中に、来週の一年国語現代、二年現代文、三年古文漢文のテスト問題も完成させなければなりません。『愛知の高校教育』の製版原稿提出締切も迫っているし、12/6の講演のためのビデオ編集とプレゼンテーション画面も完成させなくてはなりません。12/6までには、四クラス分の採点もしなくてはならないし、個人的な締切も入れると、毎日平均2.6の締切が続きます。『桐谷のセンター試験90%得点法』も、あと八講分、解説を完成させなくてはならないし、印刷もたっぷり待っています。

 毎年十二月はこんなもので、師走らしいのですが、今年はちょっと厳しいなあ。

更新は"What's New"中心

 というわけで、当分の間、更新は"What's New"中心になってしまうかもしれません。もうクリスマス休暇まで、30日を割ってしまいました。今年は積み残しがどれくらい出てしまうのだろうかと、そろそろ諦観の境地です。

 今日の画像は、東山植物園の薔薇園の夕暮れ時です。僕の高校も、まだ薔薇が咲いています。明日は、天気がよかったら、撮影しようかなあ。 


前回11/22「いよいよ闘いの日々が始まる……。」の内容を読む
11/21「椿も咲いて」の内容を読む
11/20「祝ラグビー部県大会優勝!!!」の内容を読む
11/19「今朝のしし座流星群見た? 感動したね。」の内容を読む
11/18「Beaujolais Nouveauとともにヨーロッパしし座流星群歴史的大出現」の内容を読む
11/17「今もしし座流星群観測中」の内容を読む
11/16「しし座流星群今夜から観測」の内容を読む
11/15「発表は大成功!」の内容を読む
11/14「久しぶりの完(全)徹(夜)!」の内容を読む
11/13「晩秋の書斎」の内容を読む
11/12「悲しい日:涙雨」の内容を読む
11/11「『在位十年記念式典』に反対!」の内容を読む
11/10「たくさん働いた日」の内容を読む
11/09「豚さんとカエル」の内容を読む
11/08「シェイプアップ」の内容を読む
11/07「今年の紅葉」の内容を読む
11/06「校門前の桜並木」の内容を読む
11/05「子福桜も開花が進む」の内容を読む
11/04「雲は速いね」の内容を読む
11/03「心身の洗濯」の内容を読む
11/02「スケジュール管理」の内容を読む
次回11/24「嵐の前の静けさ」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る