1999年11月06日

校門前の桜並木

桜並木も落葉さかん

 今日は、土曜日。授業が終わって、修学旅行写真を申し込みました。いろいろな所で写っていたので、十枚近く桐谷の姿がありました。実は、「修学旅行'99」を御覧になった方から、桐谷先生の姿も知りたいのですがと、メッセージをいただいたので、その写真が出来てきたら、桐谷の写っている部分を、少し掲載しようかなあと思います。一緒に写っている生徒たちの許可を求めなくちゃ。

 そういえば、ビデオ収録に専念する桐谷に、先生かわったげようか、とか、先生もとったげる、という声をたくさん聞きました。写真を写すときに、写す役ばかりになってしまう人に配慮するように、桐谷にも配慮してくれたのだと思いますが、やさしい生徒たちだなあと思いました。その中には、一部、桐谷も写っている所があって、見る間もなく、すぐにべたダビングして、生徒たちの間を回っていますが、いつか、自分でも懐かしい思いで眺めることでしょう。今回、写真を見ながら、一つ一つの断片が本当に懐かしかった。

 さて、肝心な話は、今日のモデルたちです。桐谷が下校時刻に、校門前で桜の葉のマクロ撮影を一所懸命していると、声をかけてくれて、今夜のサイトの写真を撮影していると聞くと、その瞬間にはポーズをとってくれていました。最初は、意味がわからずにぽかんとしてしまいましたが、すぐ中に写ってあげるよという意味だとわかって、桜の枝を背景に入れて撮影しました。

 この一年半、生徒たちの人なつっこさに、とても幸せな思いをすることが多いです。来週の大仕事が待っていますが、元気に毎日を過ごしています。

Reinhardt Sソbyeはすごい

 数年前に感動の出会いをして以来、ラインハルト・サビエのすごさに圧倒されています。

 名古屋市近郊の刈谷市美術館に、「まなざし――ラインハルト・ザビエ展」が明日11/7まで巡回中です。もう見に行く時間は作れないかなと思っていたのですが、土曜の午後、仕事以外に時間の拘束を受けなかったので、往復ともPowerBookを膝の上に置いて、出かけてきました。

 ご存じと思いますが、異色の経歴の持ち主で、オスロ生まれで、心理学を専攻した大学までずっとトップの秀才でしたが、最終試験の直前に絵を描くことに出会って、そのまま大学を離れて、独学で絵を描き続けた人です。日本への紹介も劇的で、1994年に、ある方の元に画廊で個展が開けないだろうかと写真入りの依頼が届いて、個展をひらくと、あの大ブーム。

 魂をえぐるような、マイノリティのしいたげられた叫びが、僕の心をつきぬける、すごい肖像画に圧倒されます。今回のポスターに使われた「スクレブニカから来たマドンナ氈vは、その深い悲しみに、現代人の乾ききった心が、しっとりとする思いです。何よりもすごいのは、その肖像画から伝わってくる、作者の共感というか、深いいつくしみですね。

 今回は、大回顧展で、最近までの十数年の作品がたっぷりと楽しめました。ノルウェーはよく出かける国なので、現地で、もっとたっぷりと見たいなあと思います。

 目的は、もう一つあって、それは、「絵本の100年展――子どもたちへの贈り物」。両方が一度に楽しめるのは、うれしいことです。僕自身の蔵書の中で、一番多いのは、実は絵本で、毎日一冊ずつ読んでも十数年かかるほどです。絵本に関する展覧会には積極的に出かけているのですが、今回も、当然新たな出会いと、前から見たかった原画との対面も出来ました。

 今日、絵本を創ろうという思いが、また新たになりました。習作が出来たら、とりあえず、このサイトで、草稿を発表する予定です。

「修学旅行'99」を少し更新

 「修学旅行'99」も、少し更新して、「夕食II」と「温泉」を掲載しました。

  明日は、日曜日。仕事の合間に、たっぷり更新できたらなあ。


前回11/05「子福桜も開花が進む」の内容を読む
11/04「雲は速いね」の内容を読む
11/03「心身の洗濯」の内容を読む
11/02「スケジュール管理」の内容を読む
10/31「Trick or treat? 教研終了」の内容を読む
10/30「Halloweenは研究発表:祝Mac OS 9 !」の内容を読む
10/28「修学旅行、終わっちゃった……。」の内容を読む
10/24「修学旅行に出発!」の内容を読む
10/22「修学旅行直前」の内容を読む
10/16「名古屋の花火」の内容を読む
10/14「NHKのドキュメンタリー収録」の内容を読む
10/12「三連休は秋晴れ!」の内容を読む
09/24「中秋の名月は雲の中……。」の内容を読む
09/22「帰国後はめまぐるしく……。」の内容を読む
09/19「無事帰国しました!」の内容を読む
09/13「韓国へ出発!」の内容を読む
09/10「学校祭は進行中」の内容を読む
09/06「坂本龍一の"LIFE"を見て」の内容を読む
09/02「新学期は学校祭準備」へ戻る
次回11/07「今年の紅葉」へ進む
今日のWhat's Newへ戻る