1999年9月22日

帰国後は、めまぐるしく……。

帰国後の仕事の山

 最初からわかっていたことですが、帰国後は、仕事の山でした。まず、月曜日は、九月の実力考査の成績処理の仕事で、二日間で仕上げればよいのですが、様々な事情もあって、がんばって三年生だけは月曜日の午前中に仕上げたました。一年生と二年生は、今回が、今年最初の処理なので、トラブルの予感があったのですが、その通りになりました。もちろん、夕方には解決したのですが、詳しい話は、公務員の守秘義務もあるので、ここには書きません。

 曲も無事完成して、素晴らしいパフォーマンスをしました。韓国は明日月曜日早朝に台風が襲来する予報が出ましたが、いい時に帰国できました。もしも一日ずれていたら、大変になる所でした。正式な届けも出して出国したので、万が一帰れなくなった時も大丈夫なのですが、月曜日と火曜日の成績処理は、ともかく重要で大切な二日間なのです。

 金曜日までが訂正期間なので、点数の修正をする作業があります。これは、作業自身は、そんなに大変ではありませんが、絶対に間違いが許されないので、最高に神経を使います。僕自身も職員会議に報告する資料を作らなくてはならないし、細々とした進路の仕事も重なって、実際以上に、仕事の山があるように感じてしまいました。

 23日が、水泳部の付き添いで、休めないことも、多忙感覚に拍車をかけているようです。台風がどうなるのだろうかと心配です。

今年こそは学校祭サイトをまとめねば!

 自分自身の人生での時間は限られているのに、いくつかのことをしようとすると、「人生は何事をもなさぬにはあまりに長いが、何事かをなすにはあまりに短い」という警句にも実感がこもってきます。基本的に、削れるところは全て削って、人生を生きているので、時間に関しては、これ以上は生まれません。物理的な時間の長さは限られていますが、その限られた時間を、より深く豊かに生きたいものです。

 かなりの部分を切り捨てて生きてきましたが、人生の残りが見え始めてきた今、さらに、多くの部分を切り捨てて、自分の時間を大切にしなくてはと思います。

 発売直後にLDでしっかり見たのですが、DVDが発売になって、"Titanic"をまた見てしまいました。圧縮の限界の問題もあるので、映画館で見た画像ほど美しくはありませんが、我が家のDVDプレイヤーも、ハイビジョンモニターも、AVアンプも、基本的に一番よいものを使っているので、一流のホームシアターです。少しだけ見るつもりだったのに、つい引き込まれてしまって、最後の最後まで見てしまいました。脚本もよく出来ているし、様々なショットが実に見事で、この前見た"Eyes Wide Shut"ほどではありませんが、数少ない「完璧に近い所にある映画」の一本なのだと思います。

 桐谷には、監督自ら書いたJackの絵のような才能はないし、時間をかけて補わなくてはならない部分も多いので、桐谷が七年後には作り始める、人々が元気に人生を生きることが出来るようになる、人類を励ます映画の製作に向けての道を優先して、そちらに力を尽くすようにしなくてはなりません。

"Children of Heaven"について

 今年のアカデミー賞にノミネートされて、短い部分だけ見て、気になっていた、97年のイラン映画の"Children of Heaven"("Bacheha-Ye Asmen")も、夏休みが終わる頃、名古屋での上映が始まりました。僕の年代の人々にとってはとても身近に感じるイランの庶民の生活の中で、二人の子どもたちのけなげな姿は、本当に泣ける映画です。たいした特撮もないし、お金をかけたショットもないけれど、ささやかなショットの積み重ねが、大きな感動を呼び、神様の公平さに、人生の希望が膨らみます。天国は、幼子たちのようなもののためのものですね。こんな映画を作りたいなあと思います。もしも、"La Vita Bella"("The Life Is Beautiful")が、もう一年早ければ、外国語映画賞を受賞していただろうなあと思います。

 ちなみに、日本題は、『運動靴と金魚』となっていて、イラン映画であることと運動靴のエピソードを知らなければ、これが、あの映画とは気がつきませんでした。この映画を見るべき人が見終わった頃、この映画の評論をしてみたいと思っています。

 そうそう、今回の更新は、名古屋の「窓」です。名古屋の秋を、学校祭のファイアーフェスティバルで表現してみました。


前回09/19「無事帰国しました!」の内容を読む
09/13「韓国へ出発!」の内容を読む
09/10「学校祭は進行中」の内容を読む
09/06「坂本龍一の"LIFE"を見て」の内容を読む
09/02「新学期は学校祭準備」へ戻る
次回09/24「中秋の名月は雲の中」へ進む
今日のWhat's Newへ戻る