1999年8月31日

新学期 (補足「祝PowerMacG4!」を含む)

夏休みも終わりました

 今年は、本当に長い長いと思っていた夏休みも、終わってみるとあっけないもので、やはり短かったなあと思います。"Star Date"というスケジュール表兼日記を見ると、様々なことをして過ごしたことがわかるのですが、「99年の夏休み」とまとめて眺めると、本当にあっという間に過ぎていったような気分になるものです。前回書いた「特別の一日の連続としての特定」について、もう少し詳しく書こうと思います。

 例えば、僕の大好物のワイン(この世においしいワインがなければ体重を、あと20kgは落とせます。)ですが、種類によって全く違う味がしますし、同じシャトーの同じワインで、ナンバーが連続していても、味が微妙に違います。保存状態が違ったのかもしれないし、様々な微妙な要素が影響するのでしょう。でも、逆に、酸化したひどいワインでも、本当に素晴らしいワインでも、ある部分では、一応、同じ「ワイン」と言える味が含まれているものです。昔、僕がピアノのレッスンを始めた頃、ある方が、「猫が鍵盤の上を歩いても、名ピアニストが弾いても、「同じ」ピアノの音がする」と言ったという話を聞きました。この内容自体、実は逆説的な深い意味が含まれていると思うのですが、今は、一つ一つの全く違う個性があるはずのものが、共通する特性があるせいで、同じものと認識されてしまう点について、話しています。

 夏休みの一日一日は、それぞれ、全く違う、かけがえのない一日なのですが、その一日をかけがえのない特別な一日とするのではなく、他の日と区別がつかないような、同じような日としてとらえてしまうことについての話です。

 もう一つの例は、学校での日常の日々です。僕の授業の場合は、毎回交代で生徒がスピーチをするので、三月までの残りの授業時数は、とても重要であって、それぞれの一日が特別の日になっているのですが、まだ若い生徒たちは、もしかすると、延々と続く日々のように感じているのかもしれません。それでも、実は、毎日どんどん時間がたってしまうような、そんな慌ただしい高校三年間なのです。

 うまく説明できないのが残念ですが、「時間」のテーマは、じっくりと、僕の『人生論メモ』で取り扱おうと思います。人生の残り少ない時間を豊かに過ごさなくては。

実りの秋

 びっくりしたのですが、稲は黄金色になっていて、新米の季節を迎えていました。僕自身も、毎年秋は、自分なりに実りを収穫する時期です。今年は、いつもよりは、少し自分のための時間が長かったので、ちょっとした刈り入れが楽しみです。

 その多くは人々の目にふれるものではありませんが、一つ、このサイトでも見ることが出来る、ちょっとした収穫があります。十月くらいには、公表する予定です。

 学校祭が終わったら、韓国へ行く予定があって、下旬からは、日本の旅をしたいと思っています。九月下旬からは、標高差3000mを移動する紅葉を味わう計画です。週末はずっとつまっていて、日本全国を西へ北へと動き回るので、そのたびに、QVで撮影するのが楽しみです。

計画変更

 始業式まで、あと十時間を割りました。生徒たちの元気な顔に会えると思うと、わくわくどきどきしています。もしも、リバプールのイベントで元The Beatlesの三人が演奏していたら、始業式は欠席するつもりでした。公式にその話が否定されて、次に迷ったのは、帰り道に無料でストップオーバー出来るサンフランシスコのSeyboldで、新しいPowerMacG4の発表を含む基調講演に参加することでしたが、こちらはインターネットでの実況中継を楽しむことにしました。どうせ今夜は眠れないので、どきどきしながら、発表の瞬間を待っています。

祝PowerMacG4!

九月一日午前二時半(西海岸は8/31 10:30)補足

 QuickTime4を利用したインターネット生中継で、Seybold Seminars San Franciscoの、Steve Jobsのkeynote speechを楽しみました。あと五時間後には学校にいるのですが、夏休みの時差ボケと、感動で、今夜は眠れないだろうから、このサイトを少し更新することにしました。

 とても鮮明な音声が流れて、時々とぎれた以外は、ほとんど聞こえない所もなくて、現場の臨場感が伝わってきて、本当に興奮しました。ほとんどの内容は以前から知っていることばかりでしたが、一番うれしかったのは、噂通りのPowerMacG4が、本当にクールなデザインで紹介された時です。"our new professional colors"という言葉にふさわしいデザイン。もうAppleのサイトで見ることが出来ます。十月まで待って、$3,499の500MHzに買い換えるつもりです。

 もう一つうれしかったのが、毎度の"... one more thing ..."として最後に付け加えられた、the Apple Cinema Display。新しいG4にぴったりのデザインのワイド画面。二倍の明るさと表示速度、三倍のコントラスト。flicker-freeの言葉も、とてもうれしく響きました。$3,999は少し高いので、すぐには買いませんが、ちょっと魅力的ですね。毎月十万円ずつ貯金を始めなくては!

 新しいコマーシャルフィルムも、本当にクールなものばかり! レトロなG4のものには、笑えました。

 僕の職業にとってうれしいニュースは、iBookのAirportが当初発表された十台から、五十台対応になったことです。これで、一学級分が、一台のAirportでまかなえるわけで、僕の高校の次のコンピュータ購入の時には、iBookを強く薦めたいなあと思います。

 もう、今日は、このまま徹夜ですね。昔、中学の時、Pink Floydの最新作"Meddle"の"Echoes"を、大阪の「深夜放送」で、眉村卓が全曲流してくれたのを、名古屋から聞きながら、興奮して感動して眠れなくなった時と同じ気持ちです。こんなに年をとったのに、十代前半の感動が味わえるなんて、うれしいことですね。


前回08/27「わくわくどきどきの日々」へ戻る
次回09/02「新学期は学校祭準備」へ進む
今日のWhat's Newへ戻る