1999年7月11日

Macintosh PowerBook G3 Java 400MHzに買い換え!

一ヶ月以上の更新の遅れ

 この春からは、せっせと更新を続けてきたのですが、一ヶ月以上も更新が遅れてしまった理由を考えてみました。

 帰国後すぐ、6/7から始まる定期考査の準備に追われたことが、第一の理由でした。早めに候補設問を作るのですが、いつも、たくさん作りすぎて、取捨選択に時間がかかることになります。もちろん、考査後は、採点に追われることになりました。6/5は、教職員組合の定期大会に学校の代表の一人として参加したこともあって、その忙しさもありました。

 第二に、飲み会が多かったこともあります。学年会、進路課と続きました。夕方の時間に何も出来なくなってしまって、おまけに、飲み過ぎると、いつものようには、深夜に仕事をがんばることもできなくなります。もう一回、英語のアシスタントのカレンさんのお別れ会もあります。

 第三は、締め切りが迫っていて、よりよいものを作ろうとがんばりすぎたことです。高校の名前を平仮名にした定期刊行誌から、「今お薦めの映画」というタイトルでの原稿の依頼(発行後にこのサイトに掲載します)を受けました。とてもうれしいことで、発行が七月中旬なので、その段階で夏休みに上映する映画を調べた上で、実際20本ほど観ていたので、その中から、高校生に是非見て欲しい四つの映画を推薦することにしました。次回の原稿依頼は、僕自身が書きたいと思う、他の誰にも書けないことについてならうれしいなあと思います。高校生に語りたいことは、山ほどあります。

 もう一つの締め切りは、進路課の仕事で、第一回進路研究会での研究発表でした。もちろん、New Power Bookを使ってのプレゼンテーションをしましたが、様々なデータの解析作業に追われていました。もちろん、プレゼンテーション自体は大成功でした。学生時代の演習の発表のような感じで、重大な発見や深い内容はなかったのですが、Macによるプレゼンテーションは、感動を呼んだようです。

 心配や励ましのお便りを下さった方々へ、お礼を一言。本当に、ありがとうございました。

夏の計画

 Mac World Expo/NYは、もちろんですが、一番楽しみにしているのが、WoodStockです。五年前のTシャツは今でも大切にしていて、SANTANAと、最後のPeter Gabrielが忘れられません。今回も"I was there"Tシャツを買いたいと思います。

 毎年出かけているArena di Veronaですが、ドミンゴ・ガラのチケットを入手しました。出校日後の旅では、到着後に『カルメン』を楽しんで、ドミンゴの翌日に『蝶々夫人』を見て、夜行で出発という日程になりそうです。

 何とか、後半の旅の帰りに、ビーチで一週間のオフを過ごそうと、がんばっています。振り返ってみると、もう半年以上も、ぼーっと過ごす休日が一日もありません。このままでは寿命を縮めてしまいそうなので、本当に何にも煩わされない、完全なオフの一週間を実現するのが目標です。何年か前の冬休みにビーチでオフを過ごしたのですが、結局、毎日PowerBookで原稿を書き続けることになりました……。

 夏休みの終わりは、リバプールで過ごそうと計画を変更している所です。8/30にマージー川に船を浮かべて、"Yellow Submarine"を三人が演奏するとあっては、これは、行かないわけにはいきません。問題は、始業式に遅れてしまうことです。やはり、これは我慢かな?

PowerBookを買い換えました!

 6/12に、新しいPowerBook G3が、日本でも発売になって、もちろん、発表と同時に予約してあったので、そのお店の初回入荷の400MHz二台のうちの一台は、僕のものになりました。

 前期中間考査の最終日が、指定休という休日(週休二日のはずの土曜日に勤務した分のまとめどり)だから三連休になって、もちろん旅に出ましたが、一日も早く使いたかったので、帰るのを早めて入手して、使い始めました。もう、一ヶ月使っていますが、どこにいても、自宅のデスクトップと同じ環境が実現できるので、時間が更に有効に使えるようになりました。

 Macintoshがうれしいのは、古いPowerBook G3から、ドラッグコピーするだけで、環境がそっくり移せることです。普通は、コンピュータを変える時は、かなり、環境設定を変えるための苦労がついてまわるそうですね。Macを使っていて、本当によかった。

世界最速が、さらにさらに速く!

 このPowerBookの処理速度は、今発売されているの「パソコン」(Macintoshはパーソナル・コンピュータであって、「パソコン」ではないと考えています。)の一番速いものよりも、倍近く速いのです。

 もちろん、デスクトップのMacintoshと比べると少しだけ遅いのですが、画像処理が一瞬で終わってしまうのはうれしくてたまりません。特に、デジタルビデオの編集が外出先で出来てしまう快適さは最高ですよ。Windowsのノートとは違って、処理速度が速いので、コマ落ちも発生しません。

 これまでもMacintoshの世界では、持ち運び用のPower Bookは、他社をはるかにしのぐ、世界最速の処理速度でしたが、デスクトップタイプのPower Macintosh G3と比べると、二割ちょっと、遅かったのです。今回はデスクトップと同じ速さになりましたが、発売直前に、デスクトップタイプが450MHzになって、やはりデスクトップタイプより一割ちょっと遅くなってしまいました。

 でも、Macintoshが快適なのは言うまでもありません。これから、職場でMacintoshの素晴らしさを、積極的にアピールし続けようと思います。

今回の更新

 今回の更新は、この三月から発行を続けてきた"Kirium"のThe Next Generation版を、五号まで掲載しました。Kirium Wired!から見て下さい。


前回06/04「天安門」へ戻る
次回07/14「義憤! 『東芝サポート問題』を許さない!」へ進む
今日のWhat's Newへ戻る