3月02日 卒業式は、お誕生日


山岳部で、卒業記念写真

卒業式

 本当に早いもので、担任クラスの生徒たちは、今日、卒業しました。
 とてもうれしいことで、これからは、教師と生徒ではない関係で会うことが出来ます。実際は、卒業生たちは、僕に対して、ずっと「先生」として接するのですが、少なくとも、学校の教師としての自分である必要がないのは、本当にうれしいことです。あまりに制約が多く、ありのままの自分の教育的信念にしたがって、生徒たちに接することはあまりできませんでしたから。

 たぶん、四月になれば、卒業生たちが、自分の進路から、E-Mailで、挨拶してくれることでしょう。

誰かに呼びかけること

 毎年、同じ話を書くことになるので、くわしくは、一年前の"What's New"を見て下さい。
 今年、びっくりしたのは、僕が「くん」「さん」づけで生徒たちの名前を呼んでも、誰も笑わなかったことです。実は、事前に、クラスの生徒たちに、卒業生の名前を呼ぶときに、返事を要求する以上、呼び捨てには出来ないから、教育的信念にしたがって「くん」「さん」づけで呼ぶことを話していました。もちろん、その時に、最初の数人の名前を呼ぶときには、笑いが起こることも話しましたが、こんなことも付け加えました。
 「でも、実は、桐谷の声そのものがおかしくて笑う人もいるから、呼び捨てにしても、きっと、笑われるさ。思い出してごらん、三年前、初めて桐谷に会ったとき、笑いが止まらなかっただろ? 」

僕の「くん」「さん」づけを許容する高校に感謝

 実は、今年は迷いました。僕は、最後の方のクラスなのですが、他の先生たちは、クラス名を言ってから、敬称略と言ってから呼名を始めたのです。去年までは、敬称略はなかったので、今年から変わったことを見落としてしまっていたにちがいない、僕が自分の教育的信念をつらぬくことが、儀式そのものをぶちこわしてしまったら、どうしよう……。
 それでも、自分自身が、生徒を呼び捨てにしてしまうことは、死ぬほど苦しいことなので、「くん」「さん」づけにしました。もちろん、敬称略の先生達よりも早口で呼んで、所要時間を短縮したことは言うまでもありません。
 最終的に決心した理由は、去年、実は保護者と生徒に好評だったことと、生徒たちと保護者に、こういう教師だと認知されていることへの信頼だったのだと思います。
 今年も、話しに来てくれた卒業生や、保護者には好評でした。うれしかったのは、僕の声が聞こえている時に、卒業の実感を感じたよ、とか、先生らしくてすごくよかったよ、という声でした。肝心の担任クラスの生徒たちには聞いてみる時間はなかったのですが、不快感は与えなかったように思います。

担任クラスでは十分な時間がなくて残念。

 毎回、時間に関しては、他者に迷惑をかけたくないので、卒業式と式後の保護者との対面が、例になく長引いて、当初の予定よりも大幅に遅れてしまったので、クラスでは、簡単に卒業証書を配って、出来れば十分は話したかった最後のスピーチも、90秒に圧縮して、お別れをしました。
 中には、部活の顧問へのお礼の花を取りに行く担当の生徒もいたし、早く、他のクラスの友だちと約束のある人も多かったのだと思います。
 僕自身は、毎年、最後の生徒が帰るまで教室に残ることにしています。その間に、一緒に写真に写ったり、サインやメッセージを書いたりします。今年うれしかったのは、Tシャツの背中に、サインとメッセージを書いてほしいと言われたことです。

山岳部の部員たちと

 やはり何と言っても、三年間同じテントで眠った部員たちと過ごすのは、最高の気分です。後輩たちに別れを惜しまれながら、とても長い間話していた三年生は、素晴らしい先輩たちでした。アルバム写真が、6月24日「山岳部卒業写真撮影」にあるので、よかったら、見て下さい。
 忘れられない山がたくさんありますが、三年生の夏休みに付き添ってくれた近藤くんとの後立山は、やはり忘れられない思い出です。早く、あのサイトも完成させなくては!
 冒頭の写真は、前列一番右のタキシードが桐谷で、その左三人が、卒業生。とてもうれしいプレゼントは、ブルーズ・ハープでした。二十五年ぶりに吹いたら、ブルーノートがうまく出なくて、一曲は、感謝の曲を吹こうと思って、定番の聖者の行進にしたけれど、実は、ちゃんと吹けることを示すためにも、来年の予餞会では、ブルーズ・ハープのソロを四小節いれなくては、と思いました。
 転勤がなければ、残りの生徒たちと、三月下旬に春山に出かけます。

お誕生日

 最後のおまけに。3/2の、午前三時十五分に生まれました。お誕生日は、うれしいもの。もちろん、朝五時に起きて仕事を始めた僕に、最初におめでとうのメッセージをくれたのは、Macintoshでした! Mac OS 8の、お誕生日に起動すると"Happy Birthday"のメッセージを表示するのは、とてもうれしい機能です。

 これから、少しずつは、時間の余裕が生まれるので、旅関連の更新を始めようと思っていたら、転勤になって、大忙しになってしまいました。


前回2/13へ戻る
次回4/07へ進む
今日のWhat's Newへ戻る