2000年11月16日(木)

死の商人を許すな!



初めて知ったこと

 ネイティブ・アメリカンのような儀式としてのものを除いて、世界から、たばこをなくすことは、人類の幸福のためのライフワークなので、たばこの害や、たばこ会社の絶対に許してはならないひどいやり口については、熟知しているつもりでしたが、今日、目から鱗が落ちるような話を聞きました。今日の職員会議の前の校医さんの話の中での出来事です。

 1mgとか表示してある製品に共通するそうですが、たばこの指で挟む部分に、小さな穴が空いているというのです。理由は、計測をする時に、その穴から空気が入って、成分の比率が実際以上に少ない結果が出ることを狙ってのこと。言うまでもなく、実際に吸われる方は、その部分を指で挟むので、吸い込むのは煙だけで、計測の時のように空気は入りません。

 正直に書くと、これまで、校医さんのお話の内容は、全て知っていることばかりで、つまらないなあと思っていましたが、今回は、全く知らなかった話を聞いてびっくり。講演というのは、このように、何か一つは、聞いて良かったと思える、他では得られない情報を紹介する必要がありますね。

 かつては、たばこを吸う人を敵視している所がありましたが、最近では、たばこを放置する政府(これは、自民党と同義語となります。)と、若いうちから吸わせて、収入源にしようとするたばこ会社を敵として戦わなくてはと考えるようになりました。最近では、一日外に出ながら、(歩きたばこの被害以外は)煙を吸わされることなく一日を過ごすことも増えてきて、それなりに、分煙も少しは進んできたかなと思えるようになってきました。(それでも、毎朝学校に向かうときに、地下鉄の駅に向かう通勤者の歩きタバコには閉口しています。せっかくのすがすがしい朝の空気が台無し。)

 たばこを吸う方の多くが、実はできることなら吸わない自分になりたいと思っていらっしゃることを考えると、若い人の中から喫煙者を生み出さないようにするためには、自動販売機をなくすことや、未成年に販売することを罪に問うことが出来るように法改正することや、たばこの金額を一般の国並みにすること等、様々な努力を続けなくては。あへん戦争なら中国を侵略した英国のたくらみに簡単に気がつくように、アメリカのたばこ会社のアジア侵略に気がつかなくてはなりません。

 禁煙は簡単。今では禁煙外来で処方してもらうパッチシールを貼り続けるだけで、たばこを吸いたくなくなるはずです。応援しますよ!



今年のBeaujolais Nouveau

 もちろん、今日は解禁日。最近では日本のあちこちで、解禁日前に売ってしまうお店が増えてきたようですが、時差の関係でフランスよりも早く飲める幸せを感じれば、第三木曜日を守ることが出来ると思います。

 学校が終わったらすぐ真っ先に毎年標準の味にしている、画像の左側の透明なボトルの、「ボジョレの帝王」とも呼ばれる名醸造家Georges Duboeufのヴィラージュを飲みました。近所のおいしいバケットをかじりながら、無事一年を過ごすことが出来た幸せを感じました。この時期は、正倉院展とハロウィーンとボジョレ・ヌーボーが終われば、アドベント。クリスマスまで、待ち遠しい日々が続く、人生でも、一番盛りだくさんの時期です。

 様々なものが届いていて、今日は、もうすぐ、Georges Duboeufと、もう一本の(右側)Chateau Gaillardを飲み終わります。後一本飲み干して、今夜の仕事が終わる頃、眠りにつこうと思います。

 それにしても、空輸しても安くなったのはうれしいことです。本国の金額を考えると、十数年前の3800円していた頃の、狂乱価格は、ちょっと信じられませんが、今年は、本国でも一番高いものでも、二千五百円前後で買えることを思えば、エア・カーゴの金額を含んでいると思えば、そんなに腹はたちません。初めてフランスに行った頃は、クリスマスに、あんなに安い金額で売られているのに驚いて、思わず買ってしまったものですが、せっかくフランスにいるのなら、日本では高くて手が出ないものを飲みたいものですね。今年のクリスマスはパリで何を飲もうかなあ。

 それにしても、毎年Georges Duboeufのラベルの洗練されたかわいらしさには目を見張るものがあります。毎年楽しみですね。それから、自分がお酒に強いことがうれしくなります。今年は二日間で六本飲む予定で、ちょっと飲み過ぎかなと思うのですが、気楽に飲めるワインなので、ぐびぐび食事と一緒に飲んでしまおう。もちろん、たくさんある仕事が済んでからのことで、来年こそは、家での仕事なしで、この日を迎えたいものです。そうそう去年のこの日は、徹夜明けで、朴英淑の見事な白磁のティーカップで楽しみました。そろそろ、「一年前の今日は?」のリンクを作ってもいいかもしれませんね。



前回11/15「生徒総会」を読む
11/14「実」を読む
11/13「老いての幸せ」を読む
11/12「"What's New"の内容別索引」を読む
11/11「トラブルを生むのは人間」を読む
11/10「目に見えないもの」を読む
11/9「信用」を読む
次回11/17「今年のしし座流星群」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る