2000年11月12日(日)

"What's New"の内容別索引



索引の意味

 索引は、とても便利なものです。学生時代に、ノート持ち込みのテストの対策として、自分のノートの索引を作って、テストで大成功したことがあります。何かのチャンスに書いたことがあるでしょうか? 大学時代は、学問に、ものすごく励んだので、授業料免除に加えて、さらに授業料分の奨学金をいただく苦学生でした。高校の教師になったので、大学院時代の日本育英会奨学金も含めて、ほとんどが、返還免除になりましたが、その分は、十分未来の人々の教育に関与して、ご恩返ししたように思います。

 さて、索引の話ですが、この力は絶大です。大学院の時に、恩師が、アルバイト代も出して下さって、ある作品の和歌索引を作る仕事を下さいました。自分なりに必死の思いで、丁寧に作業をして、和歌の全ての句の索引を作ったのですが、その仕事によって、ものすごい読解力がつき、さらに、いくつかのヒントを得ることになって、実は、恩師が弟子を鍛えるために、仕事を下さったことに気がついたのは、作業が終わりに近づいた頃でした。本が出来てきた時に、僕の名前も書いてあって、本当にうれしい気持ちになりました。

 あれあれ、さらに話が脱線してしまいました。学生時代にお世話になったのは、雑誌の記事のテーマ別索引です。そこで、自分が調べようとしているテーマの論文を検索して、その論文の全てに目を通すと、その分野の成果が概観できて、自分が、何をしていけばよいかが見えてきたものです。

 また、索引ではありませんが、「パソコン通信」を始めた頃、新聞の記事を、有料ですが検索することが出来て、そのおかげで、新聞のスクラップから解放されました。まだインターネットが生まれる前の話です。学生時代に、日本国憲法の授業で嫌煙権について論文を作った時には、新聞の縮刷版を、全ての月について調べて、その索引で、嫌煙権に関する記事を調べました。

 とりあえず索引には、全てを通読する時間の余裕がない時に、自分が興味を持っている分野に関する所だけを、簡単に探し出す力があります。この"What's New"も、これだけ何年も続いてくると、何回か関連するテーマについて書いたこともありますし、Macを使わない方のために、テーマ別索引を完備していってもよいかなあと思い始めています。もちろん、Macを使う方なら、優秀な検索機能Sherlockを使えば、普通に話すことばで、インターネット上で、検索することなど、何年も前から出来ました。最近Sharpだったかな、コマーシャルで、自然な話し言葉で検索する機能を宣伝しているのを見ると、今頃やっと、その程度のことが出来るようになったのかと、Macを使わない方が、かわいそうになってきます……。

 このサイトは、Macを使わない方は、サポートの対象にしていませんが、関連分野を一度に見ることが出来るようなリンク集を作ることによって、当初のプランでもある、大きなビジョンのもとの、草稿の集まりという意味が、深くなってくると考えて、サービスのための"What's New"索引を作ろうかなと考えています。当然少しずつの作業ですが、重要な分野について、関連記事が一つに集まれば、全体の姿が見えてくると考えています。少しずつ頑張ろう。



十一月上旬の柿

 今日の画像は、十一月上旬の柿です。通学のルートで、とても高い柿の木ですが、QV-2800UXのズーム機能は、あんなに高い木の柿を、こんなに間近に撮影することが出来ます。

 これから、葉が落ちて、柿が、だんだん熟して、いい色になってくると、夕方の光を浴びて、たまらない気分になります。最近は、帰りが遅いので、夕陽に映える柿を撮影することは出来ませんが、今度土曜日に狙ってみようかな、と考えて、気がついたのですが、今週の週末は、土曜も日曜も、空手の東海大会の付添。来週は保護者会だし、当分、自由になる時間は生まれそうにありません。

 そうそう、PTAの新聞の原稿の依頼が来ていました。カナダのホームステイの報告で、写真も使えるということなので、"Live from Canada!"から、名場面を集めて、書いてみようと思います。締切は水曜日。火曜日の夜は、例によって徹夜モードになりそうです。



前回11/11「トラブルを生むのは人間」を読む
11/10「目に見えないもの」を読む
11/9「信用」を読む
11/8「飛火野」を読む
11/7「増頁」を読む
11/6「速記録」を読む
11/5「睡眠三時間で締切を守ったよ!」を読む
次回11/13「老いての幸せ」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る