2000年11月09日(木)

信用



大切なものは……

 最近経験したあることは、僕にとってはよくあることで、そんなことをいちいち気にしていては、生き続けていくことなんて出来ないのですが、同じような目にあう人もいるかもしれないので、そんな人を励ます気持ちを込めて書こうと思います。

 ふと思い出すと、ちょっと前に直面した、ある出来事と共通する所があるので、その話から。

 夏休み前のことですが、ある方に、『星の王子さま』の中の、大切なものは目に見えないという一節について、正確な文章をインターネットで調べたいという相談を受けました。言うまでもなく、そのような作業は、インターネットよりは、実際に本を見た方がはやいので、よかったら、自宅のCD-ROMからペーストしてすぐお知らせしますよ、と答えました。言うまでもなく、僕の愛読書であって、フランス語版はもちろん、先に出版された英語版も、しっかり熟読しています。

 次の日はお休みしたので、ファックスで、XXVI章の後半のその場所を送信しました。

 けれど、王子さまは、ぼくがきいたことには答えないで、こういいました。
 「たいせつなことはね、目に見えないんだよ……」
 「うん、そうだね……」


 翌日お会いしたら、この一節は話の一部に使うけれど、一般的な解釈とは違う使い方をするということを話されました。ご趣旨は、大切なものは、目に見えないというけれど、やはり、目に見える形から入ることが大切だ、ということのようでした。

 サンテグジュペリの深い言葉は、誰もに理解できるものではないと思いますが、是非、一度読んで欲しいなあと思いました。


信用

 さて、その出来事ですが、その目に見える形にとらわれてしまって、人間の本質を見抜けなかった出来事です。ある必要があって、その信用金庫に口座を開こうとしました。僕の場合は、複数の家があって、クレジットカードの住所も、海外からの通信販売の関連もあって、複数の住所を使い分けています。高校の職員証を見せて口座を開こうとしたのですが、職員証の住所は口座の住所にしたい住所ではありませんでした。

 もう一度持ってくるようにということで、今度は再度パスポートを持っていったですが、パスポートの最後のページの、日本の居住地の欄が、昔のままになっていました。もちろん、この部分は自由に書く部分なので、その場で修正すればよいのですが、支店長のような男性は、御自身のパスポートをお持ちではないようで、これでは駄目なので、別の証明が必要だとおっしゃいました。

 保険証を示せと言われたのですが、ちょうど、保険証は、県で、検印を受けている最中。とりあえず、また、帰ってきたら示すことになりました。

 問題は、対応です。僕の育雄という名前の漢字を間違えて、郁雄という名前で通帳を作ってしまったために、再発行しようとして、電話したところ出なかったので、実際に住所まで三日行ってみたというのです。もちろん、最近のハードスケジュールで、当然夜遅くまで留守だったのですが、そこでますます疑ったようで、学校にも電話してきました。

 最初はわからなかったのですが、その男性の話を聞くうちに、僕が、高校の教師であることを疑っていたということがわかりました。出来るだけ我慢して応対したのですが、このような所に、僕が口座を開くことによって儲けさせることはないと考えて、口座を解約することにしました。そこは、愛知万博を推進する信用金庫でもあったので、やはり、口座を作るべきではなかったのかもしれません。僕たち庶民が、間違った企業に対抗する唯一の方法は、そこの企業の利益になるようなことをしないことしかありません。

 世間一般の方は、髪が長くてラフな服装で口座を開きにいった僕に問題があると考える方が多いのでしょうね。でも、顧客を相手にする商売なら、少なくとも口のきき方にまで、お前を疑っているぞということは表すべきではありません。書類の条件を整えることは大切ですが、あくまでも事務的な作業として行うべきでしょう。僕の場合は、住所まで押し掛けるのではなく郵便で知らせるべきでしたし、せめて一度だけの電話で判断せずに、もう一度電話すべきだったでしょう。

 信用は財産だと言われます。桐谷を少し知っている方は、多くの場合信頼して下さっているように思います。その信用金庫は、僕の信用を失って、ビジネスチャンスを失いました。もしも仲がよい人が、そこに口座を開こうとした時には、あそこでは、こんなことがあったのだよと、このページには書いてない出来事を話して、僕が体験した不愉快なことを体験しなくてもすむように助言することでしょう。

 明日は、この続きで、だからこそ、髪を伸ばさなくてはならないという話を書きますね。それから今日の画像の種明かしも、明日に。



前回11/8「飛火野」を読む
11/7「増頁」を読む
11/6「速記録」を読む
11/5「睡眠三時間で締切を守ったよ!」を読む
11/4「正倉院展サイト大幅更新」を読む
11/3「髪についての連載開始」を読む
11/2「祝:毎日更新一周年!」を読む
次回11/10「目に見えないもの」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る