2000年10月24日(火)

修学旅行前の積み残し



慣れっこになった積み残し

 もう、旅立つ前の積み残しには、慣れっこになってしまいました。たぶん、どうしようもない問題で、自分の人生に許された時間は有限なのに、まわりの様々な人々に頼まれる仕事は、その時間の全てを使っても、とてもこなしきれない分量があるのです。そんな中でも、この方のことなら最優先したいと願うものもあって、少しずつ、溢れていってしまうというわけです。

 今回も、修学旅行前に、ここまで終われば楽なのに、と思う部分があったのですが、睡眠時間を削ってがんばったのですが、そこまで終わることは出来ませんでした。最近では、保護者の方や、ちょっとした知り合いの方や、卒業生のE-Mailには、必ず、十分眠って下さいね、という言葉が添えられるようになりました。

 以前は、いつ眠っているのですか? みたいな質問が多かったのですが、インターネットが普及して、僕自身の生活の一部が、インターネットでわかるようになると仕事は不充分でいいから、眠ってね、というメッセージが届くようになりました。

 修学旅行中は、たぶん、一時近くまで夜の打ち合わせが続きますし、サイトの更新をその夜のうちに済ませようとすると、寝るのは二時になるので、寝不足になると思います。それでも、修学旅行が終わったら、最低五時間睡眠の確保を目指します。

 それでも、積み残しがこんなにたくさん出てしまうと、修学旅行あけが大変になりそうです。修学旅行中に、少し、余裕が生まれて、仕事をする時間が生まれるとよいなあと願っています。



今年のコスモス

 そう言えば、今年は、まだコスモスの画像を、このサイトには掲載していなかったようです。運よく別荘仕事の途中に立ち寄れる場所で、コスモス祭があったり、立ち寄った場所で思いがけない満開のコスモスが迎えてくれたこともあって、コスモスには恵まれた年だったなあと思います。

 以前勤務した高校で、掃除区域でコスモスを植えたことがあったのですが、その時は、思いがけない御批判をうけることになって、びっくり。その方はJRCの顧問でもあったようで、普通ならJRCがやらなければいけない仕事だがと切り出されて、はっと気がついたら、桐谷批判でした……。官僚的な社会では、何をするのも、本当に難しいものです。コスモスを見ると、時々、その時のことを思い出します。この話は、いつか、「他山の石」で扱いたいなあと考えています。

 というわけで、今日の画像は、コスモス。見渡す限りの満開のコスモスでしたが、まだまだ咲いていない蕾が多かったので、これから見頃を迎えることでしょう。また、この次に見るチャンスがあったら、満開のコスモスの画像を、もう一度撮影するつもりです。




前回10/23「前班、修学旅行に出発!」を読む
10/22「秋の橋脚」を読む
10/21「空手はおもしろい」を読む
10/20「よくある質問」を読む
10/19「秋のラヴェンダー」を読む
10/18「ちひろさん part II」を読む
10/17「ちひろさんについて」を読む
次回10/28「人生最高の修学旅行」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る